外壁塗装の耐用年数は10~20年!塗料・外壁材ごとの耐用年数まとめ

  • 【更新日】2021-09-16

外壁塗装の耐用年数は一般的には10年と言われていますが、使用している外壁塗料・外壁材などで実際の耐用年数は変わります。
そのため「いつまでに外壁塗装をすべきか」と考えている場合、ご自宅に合った適切なタイミングを知りましょう。
この記事では、耐用年数の観点から以下の点を中心に解説します。

  • 塗料・外壁材別の耐用年数
  • 外壁塗装を塗り直すべき劣化症状

外壁塗装はメンテナンス時期を見誤ると、建物ごと建て直す必要が出るかもしれません。
修繕費用を抑えるためにも、外壁塗料の耐用年数を把握しておきましょう。

私の家だといくら?

無機塗料は長め!外壁「塗料」の耐用年数

塗料ごとに素材や成分の配合量が異なるため、塗料の種類によって耐用年数も異なります。
塗料の種類別に特徴や耐用年数をまとめましたので、ご自宅にどの塗料が使われているか確認しながら耐用年数を参考にしてみましょう。

アクリル塗料

アクリル塗料
アクリル塗料は、発色が良く重ね塗りが可能で、低価格であることが特徴になります。
しかし、汚れやすく耐久性に劣り、ひび割れ(クラック)が生じやすいです。
耐用年数が5~7年と短いため、現在はほとんど使用されていません。

▼「アクリル塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> アクリル塗料の特徴とは?他塗料と比較したメリットデメリット

ウレタン塗料

ウレタン塗料は密着性に優れ、価格・耐久性・施工性などのバランスが良い塗料です。
しかし、防汚性・紫外線への耐性は他の塗料に比べると劣ります。
耐用年数は8~10年と短めです。

▼「ウレタン塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> ウレタン塗装は何にするもの?塗料の特徴と塗装できるものを詳しく解説

ピュアアクリル塗料

コンクリートブロック塀の塗装作業
ピュアアクリル塗料は、極めて純度の高いアクリル樹脂を使用しており、防水性・遮熱性にも優れています。
ですが、汚れやすいうえに価格が高いことがデメリットになります。
耐用年数は12~15年程度です。

シリコン塗料

シリコン塗料は艶のある仕上がりが特徴で、耐久性とコストバランスを重視したい方向けの塗料です。
ただ、アクリル塗料やウレタン塗料に比べると費用が高く、ひび割れしやすいことが懸念材料となります。
耐用年数は7〜15年です。

ラジカル塗料

ラジカル塗料(正式名称はラジカル制御型塗料)は、防汚性・防藻性・防カビ性に優れ、耐候性が高い点がメリットです。
2012年に発売された新しい塗料なので施工例が少なく、耐用年数に信頼が置けるか不安視される場合があります。
耐用年数は12~15年です。

▼「ラジカル塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> ラジカル塗料ってなにがすごいの?メリット・デメリットを徹底解説!

フッ素塗料

フッ素塗料
フッ素塗料は防汚性・防寒性・耐熱性を有している高機能な塗料です。
しかし、その分コストが高いため塗り替えサイクルを長くしたい商業施設や橋梁などに多く使用されていますが、一般住宅への普及率は低いです。
耐用年数は15~20年と長めです。

光触媒塗料

コンクリート塗装
光触媒塗料とは、太陽光で汚れを浮かせて雨で洗い流す効果がある、メンテナンス性に優れた塗料になります。
耐久度に信頼が置けて人気である反面、コストが高い点でデメリットです。
耐用年数は15~20年と長めです。

▼「光触媒塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 光触媒塗料のメリット・デメリットは?代表商品の特徴・価格相場も解説

遮熱系塗料

遮熱系塗料は耐久性が高く、太陽熱を反射するため室内の気温を快適に保つ効果があります。
地球温暖化などの環境問題を視野に入れた次世代塗料であり、自治体によっては補助が受けられる場合があります。
耐用年数は15~20年と長めです。

▼「遮熱系塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 【2021年】遮熱塗料のおすすめ商品6選!特徴と効果を徹底解説

無機塗料

無機塗料
無機塗料はセラミックやケイ素などの無機物(炭素を含まないもの)を主成分としているため、紫外線や雨風などに晒されても劣化が起こりにくい性質を持ちます。
無機物の配合比率が高ければ耐久性が高くなりますが、柔軟性は有機塗料に比べて劣るためひび割れやすいです。
耐用年数は20年以上と、塗料の中でもトップクラスの長さを誇ります。

▼「無機塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 無機塗料って?メリット・デメリットと価格、代表的な塗料名を解説!

私の家だといくら?

壁材も要チェック!「外壁材」の耐用年数

外壁塗装の塗り直しを考える際には、塗料の耐用年数と共に外壁材の耐用年数にも注目してください。
いくら外壁表面の塗装のメンテナンスをきちんと行っていても、外壁内部の基材が傷んだままでは元も子もないです。
外壁材も種類ごとに特徴と耐用年数を紹介しますので、塗装と併せて定期的にメンテナンスしましょう。

モルタル壁

モルタル壁
モルタル壁は、セメントと水を練り合わせたものをコテで塗り付けた壁です。
ひび割れしやすいのが欠点であるうえに、職人が手作業で塗るため施工不良となる可能性が少なからずあります。
メンテナンス周期は8~10年、耐用年数は30年ほどです。

▼「モルタル壁」について詳しく知りたい方はコチラ
>> モルタル壁の基本知識 | 時期・劣化のサイン・補修方法とは?

窯業系サイディングボード

窯業系サイディングボード
窯業系サイディングボードは、主にセメント質と繊維質を原料として板状に形成した外壁材です。
デザインのバリエーションが豊富で耐火性に優れているといったメリットがある一方、熱が蓄積しやすく素材自体に防水機能がないというデメリットがあります。
メンテナンス周期は7~8年、耐用年数は30年ほどです。

▼「窯業系サイディングボード」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 窯業系サイディングとは?メリットとデメリット、費用やデザインを比較!

金属系サイディングボード

金属系サイディングの外壁
金属系サイディングボードは、柄付けされた金属板と断熱効果のある発泡樹脂の裏打ち材によって構成された外壁材です。
軽量で断熱性・耐震性が高い点がメリットですが、金属板の種類によって耐久性や価格に差が出ます。
メンテナンス周期は10~15年、耐用年数は40年ほどです。

▼「金属系サイディングボード」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 金属サイディングとは?種類、メリット・デメリットと代表商品を解説

ALC壁

単色塗りで施工されたサイディング外壁
ALC壁はケイ酸質・石灰質・アルミニウム粉末を主原料として、高温高圧で蒸気養生された軽量気泡コンクリートパネルです。
遮音性・断熱性が高いものの、防水性がほとんどないので、劣化したまま放置すると雨漏りする危険性があります。
メンテナンス周期は10~15年、耐用年数は40年ほどです。

コンクリート壁

コンクリート塀の塗装作業
コンクリート壁は、セメント・水・砂・石を混ぜて塗装した、高い強度が持ち味の壁です。
メリットは耐火性・防音性に優れていることで、デメリットは外気の影響を受けやすいため室温の調整がしづらいことでしょう。
メンテナンス周期は10~15年、耐用年数は60~100年ほどです。

▼「コンクリート壁」について詳しく知りたい方はコチラ
>> コンクリート塗装の方法や時期は?床・壁ごとのDIY手順と使用塗料を解説

私の家だといくら?

外壁塗装の耐用年数を過ぎたときの劣化症状

塗料メーカーが公表している耐用年数は目安であるものの、実際には何を基準に耐用年数が過ぎているかを判断すれば良いのでしょうか。
以下では外装塗装の劣化症状を、重症度が高い→低い順に6つ紹介します。
もし症状が生じていたら、塗料の耐用年数を過ぎている可能性があるので気をつけてください。

ひび割れや剥がれが発生している

構造クラック
外壁にひびが入っていたり、塗膜が剥がれているようなら、塗装が劣化している証拠です。
雨漏りや虫の侵入といった点が懸念され、かなり危険な状態となります。
ひび割れや剥がれを見つけたら自力での修復は困難ですので、塗装の耐用年数は気にせずに早急に業者へ連絡してメンテナンスを行ってください。

▼「外壁のひび割れ」について詳しく知りたい方はコチラ
>> クラックの補修方法は?クラックの幅別に3つの最適解を解説。DIY手順も!
▼「塗装が剥がれ」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 塗装が剥がれる原因は?直し方や保証、剥がれにくくする方法について解説

鉄部に錆びが発生している

外壁に使用された鉄部が錆びている場合、塗料の雨水を防ぐ効果が失われています。
長期間にわたって錆を放置すると、最悪の場合、ご自宅を一から建て直さなければならなくなるでしょう。
ひび割れ・剥がれと同様、自力での修復は難しいため業者に連絡しましょう。

チョーキング現象(白亜化)が発生している

チョーキング現象(白亜化)が発生している
外壁を触って手に白い粉が付いたら、チョーキング現象が起こっています。
チョーキングは外壁の経年劣化や施工不良によって発生します。
塗料の防水機能が損なわれているため、早めに外壁を塗りなおしてください。

雨筋や油汚れが付着している

雨筋や油汚れが付着している
窓枠の端から出た雨筋や、レンジフードの換気扇から垂れた油汚れにも気を付けましょう。
防水性や防汚性が弱まっているため、放っておくと雨漏りなど更なる劣悪な症状に発展する場合があります。
ひび割れやチョーキングと比べると症状は軽いですが、「たかが雨筋」「ちょっと油で汚れているだけ」と見くびらずにメンテナンスしましょう。

▼「外壁の汚れ」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 【予算別】外壁の汚れの落とし方は4つ!汚れの種類・原因ごとの適切な洗い方

色褪せが生じている

色褪せが生じている
外壁に色褪せがあったら、水を吸っていて防水性が失われている可能性が挙げられます。
色褪せか判別しづらければ、実際に壁にバケツやジョウロで水をかけてみましょう。
水を弾けば問題ありませんが、吸い込んでいるようなら修繕が必要です。

カビ・コケ・藻が付着している

カビ・コケ・藻が付着している
陽が当たりづらく湿気が多い立地では、外壁にカビ・コケ・藻が発生することがあります。
壁の表面に付着している程度であれば、自力でスポンジなどで洗浄しましょう。
ただし、いくら擦っても落ちない、発生範囲が広くて対応できないといった場合は業者への相談をおすすめします。

▼「外壁のコケ」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 外壁のコケを除去&予防したい方必見!コケに関する対処法をご紹介します!

私の家だといくら?

補修しないと建て直しが必要になるかも

補修しないと建て直しが必要になるかも
外壁塗装のメンテナンスをせずに放置すると、外壁塗膜の効果が失われたり、最悪の場合には建物ごと建て直しが必要になったりします。
外壁塗装には、紫外線・雨風などの影響で少しずつ確実にダメージが蓄積されていき、塗膜や基材に影響を及ぼします。
防水や防汚など建物の基材を保護する役割がある塗膜の機能がなくなれば、基材が損傷・露出してしまう危険性がある点に留意してください。
基材が劣化したまま放置すると、雨漏りや害虫の侵入、塗装の剥がれやひび割れといった被害が出る可能性があります。
劣化が酷い場合は建物ごと建て直しが必要になり、高い修繕費がかかってしまうこともあります。

定期的に適切なメンテナンスを行うことが建物を長持ちさせることにつながり、結果的にメンテナンスコストの削減にもなるのです。

▼「外壁塗装にかかる期間」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 外壁塗装にかかる期間はどれくらい?画像付きで工事ステップごとに期間を解説!

私の家だといくら?

外壁塗装の耐用年数が過ぎた際に必要な工事とは

もし外壁塗装の耐用年数が過ぎている場合、塗装業者に依頼して工事してもらいましょう。
工事には以下の2種類が挙げられます。
業者とよく相談のうえ、自宅の外壁に向いている工事方法を選んでください。

塗り替え

塗り替え
外壁塗装の耐用年数が過ぎていると分かったとき、まず考えられる工事方法は塗装の塗り替えです。
外壁についた汚れなどを高圧洗浄機で取り除き、下地を塗ってから塗料を塗り替えます。
外壁材はあまり劣化しておらず、塗料に「チョーキング」「色褪せ」などの軽度の劣化症状がある場合に用いられます。

外壁材の交換

サイディング張り替え工事の様子
外壁にひびが入っていたり剥がれていたりする場合は、外壁材ごと交換する必要があります。
ひび割れや剥がれは劣化症状の中でも特に危険度が高く、塗り替えでは対処が不十分です。
交換方法としては、古い外壁材の上から新しいものを付ける「カバー工法(重ね張り工法)」や、古い外壁材を全部剥がして新しいものを貼る「張り替え工法」が挙げられます。

私の家だといくら?

外壁塗装の耐用年数を長くする4つのポイント

外壁塗装の耐用年数を長くするポイントは次の4点です。
せっかく塗られた塗料を長持ちさせるためにも、メンテナンスが終わったときに後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

日頃から簡単な掃除を行う

日頃から簡単な掃除を行う
常に小まめに掃除をすることも、塗料を長持ちさせる方法として有効です。
汚れやカビが付着したまま長期間にわたり放っておくと、塗料はおろか外壁材の傷みが進んで交換が必要になる場合があるからです。
日頃から外壁の様子に目を配り、自分でできる範囲で掃除をすると塗料の劣化を遅らせることができます。
食器用や風呂用などの柔らかいスポンジを使って、優しく擦って汚れを落としましょう。
ただし、ゴシゴシと強く擦ったり高圧洗浄機を使ったりすると、塗膜が剥がれる恐れがあるので控えてください。

コストパフォーマンスの良い塗料を選定する

コストパフォーマンスの良い塗料を選定する
コストパフォーマンスの良い塗料を使用したい場合、耐用年数は最低でも10年以上のものを選択しましょう。 外壁塗装の工事費用のほとんどは、職人の人件費と足場代です。
そのため外壁塗料の単価が多少高くても、塗り替えを行う回数を減らして人件費や足場代を削った方が、長期的に考えるとコストダウンになるケースが多いです。

ただし、耐用年数ばかりにこだわり過ぎずに、意匠性・機能・光沢なども加味して総合的に判断することも大切です。
外壁がモルタルであればひび割れしにくい弾性塗料を、カビや藻が発生しやすい環境であれば防カビ機能に優れたラジカル塗料を、夏場の暑さを解消したいのなら遮熱塗料を採用するなど、目的にあった塗料を選んで住みやすさも考慮しましょう。

▼「外壁の塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
>> 【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方

塗料は3回塗ってもらう

塗料は3回塗ってもらう
塗装業者には、外壁に塗料を3回塗ってもらいましょう。
一度目の下塗り、二度目の中塗り、三度目の上塗りは塗装業界では基本的な塗り方とされており、塗料メーカーも三度塗りをしたときに最も耐久力が発揮されるように設計して製造しています。
下塗りは中塗りの塗料との密着度を高め、中塗りは塗膜に厚みを持たせ、上塗りは仕上げるために塗りますので、どれか1つでも工程が省かれたら塗料の効果が現れにくくなります。
きちんと3回塗りになっているのか、見積もりの段階で業者にしっかり確認を取ってください。 万が一、ハウスメーカーや工務店が「高品質の塗料を使うから二度塗りで大丈夫です」などと三度塗りをしない方針をとる場合は、手抜き工事をする可能性があるため注意しましょう。

業者選定を慎重に行う

業者選定を慎重に行う
どんなに性能の良い外壁塗料を使用しても、施工がいい加減だと塗料の性能を十分に発揮することができません。
以下のような手抜き工事が原因で、本来の耐用年数が来る前に塗り替えが必要になることもあります。

  • 脆弱な旧塗膜の上から塗装を行う
  • 規定の塗布量を守らずに塗料を薄めて使用する
  • 下塗りに手を抜いたため、中塗り・上塗りとの密着度が低くなる
  • 規定の乾燥時間を守らない
  • 契約した塗料よりも安い塗料で塗装する

塗装工事は他の建築工事と比べて手抜きを行いやすいですので、塗装業者には常に高いモラルが求められます。
外壁塗装やリフォーム費の安さだけにこだわらず、しっかりとした丁寧な工事を行ってくれる業者を探すことが重要です。
複数の業者を比較しながら、誠実な提案をしてくれる経験豊富な業者を探しましょう。

私の家だといくら?

最後に:定期的なメンテナンスで家とお金を守ろう

最後に:定期的なメンテナンスで家とお金を守ろう

外壁塗装の耐用年数を左右する大切な要素を要約すると、以下の4点が挙げられます。

  • 1.外壁塗料と外壁材の耐用年数
  • 2.外壁塗装の劣化症状の確認
  • 3.外壁塗装の定期的なメンテナンス
  • 4.塗装業者の技術レベルとモラル

メンテナンスをする際には外壁塗料の耐用年数ばかりに注目してしまいがちですが、優良業者を探すことが重要なポイントになることを忘れてはいけません。

最後に、本記事の要点を振り返ってみましょう。

外壁塗装の耐用年数は何年ぐらい?

外壁塗装の耐用年数は、アクリル塗料は5~7年、ウレタン塗料は8~10年、ピュアアクリル塗料は12~15年、シリコン塗料は7~15年、フッ素塗料は15~20年、ラジカル塗料は12~15年、光触媒塗料は12~15年、遮熱系塗料は15~20年、無機塗料は20年が目安です。詳しく知りたい方は無機塗料は長め!外壁「塗料」の耐用年数をご覧ください。

外壁材自体の耐用年数は?

外壁材自体の耐用年数は、モルタル外壁・窯業系サイディングボードは30年目、金属系サイディング・ALC外壁は40年、コンクリート壁は60~100年が目安です。詳しくは壁材も要チェック!「外壁材」の耐用年数をご覧下さい。

外壁塗装の耐用年数が過ぎているかの判断方法は?

外壁塗装の耐用年数が過ぎている場合、色褪せ・ひび割れや剥がれ・チョーキング現象の発生などの劣化症状が出ます。詳しくは外壁塗装の耐用年数を過ぎたときの劣化症状をご覧ください。

外壁塗装の耐用年数を長持ちさせるには?

修繕する際には、耐用年数の長い外壁塗料を使うことと、施工技術が高く誠実な対応をしてくれる業者を選ぶことが重要です。詳しくは外壁塗装の耐用年数を長くする4つのポイントをご覧ください。


外壁塗装 あなたの地域の相場は?
TOPへカエル