屋根塗装の費用相場はいくら?見積もり例や金額が高い原因も解説

  • 【更新日】2022-11-28
屋根塗装の費用相場はいくら?見積もり例や金額が高い原因も解説

本記事は「屋根塗装をしたいけれど、相場がわからなくて契約していいか分からない…」という方へ、

  • 屋根塗装にかかる費用は通常いくらか?
  • 屋根塗装の費用を安くする方法はあるか?

 

などについて解説しています。

最後まで読めば、悪意のある業者にひっかからず、質の良い塗装工事を適正価格で契約できる知識が見につきます。
屋根塗装単独ではなく、外壁塗装と同時に屋根塗装を考えている方にも役立つよう作っていますので、どうぞご覧ください。

Point
  • 屋根塗装のみの工事は60~80万円が相場
  • 他の工事と同時の場合、総工費のうち屋根塗装代は30~40万円が相場
  • 費用を抑えるには「相見積もり」や「助成金の申請」が有効

私の家だといくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

屋根塗装の費用相場は?

屋根塗装の総額は計60~80万円

屋根塗装を行う場合、ほとんどの方が外壁塗装など他の箇所の工事と一緒に行うのではないでしょうか?
そこで本記事では「外の工事と一緒に行う場合の、屋根塗装部分の相場」と、「行う工事が屋根塗装のみ場合の相場(総額)」の2通りの費用を算出しました。

なぜ金額が変わるの?

たとえば外壁塗装と一緒に行う場合、足場が屋根・外壁で共通して使えるため1回分で済みます。そのため、費用にも足場約1回分の差がでてきます。

工事が屋根塗装のみ:60~80万

家の工事を屋根塗装単体で行う場合は、足場代や諸経費、消費税などが加わって総額60万~80万円が相場です。
この費用は平均的な30坪前後の住宅の場合の金額となります。

30坪住宅の屋根塗装相場について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

家の大きさ別の屋根塗装の費用相場

30坪以外の広さの家の屋根塗装費用の相場・目安額は、以下の表のとおりです。

坪数別の屋根塗装の費用相場
建築面積 屋根面積の目安 工事費用相場(総額)
20坪 36~50㎡ 30万~40万円
25坪 62~87㎡ 50万~70万円
30坪 74~104㎡ 60万~80万円
35坪 87~122㎡ 75万~105万円
40坪 100~140㎡ 85万~120万円
45坪 118~165㎡ 95万~135万円
50坪 124~174㎡ 100万~155万円

40坪の屋根塗装の相場について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

他の施工と一緒の屋根塗装:30~40万

他の住宅メンテナンス工事と同時に行う場合、費用総額のうち屋根塗装代が占める金額は30万~40万円が相場です。

私の家だといくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

屋根塗装工事の見積もり例

平均的な大きさの一戸建ての屋根塗装の見積もり書を公開します。
これから工事をお考えの方は施工費用の把握に、すでに見積もり書を持っている方は金額は適正かの確認にお役立てください。

相場に沿った見積もり書の例

平均的な30坪前後の住宅の屋根塗装工事を屋根のみ単独で依頼した場合の、標準的な見積もり書の内容は以下のとおりです。

建物の条件

延床面積:32坪 屋根面積:100㎡(うち板金部30㎡
足場仮設面積:258㎡ 使用塗料:シリコン樹脂系塗料
工程 単価 数量 金額
足場仮設 700 258(架㎡) 180,600
シート養生 200 258(架㎡) 51,600
高圧洗浄 180 100(㎡) 18,000
下地調整(板金部) 130 30(㎡) 3,900
さび止め塗布(板金部) 780 30(㎡) 23,400
下地調整(屋根部) 400 70(㎡) 28,000
屋根塗装(シリコン系塗料) 2,400 100(㎡) 240,000
縁切り(タスペーサー) 250 100(㎡) 25,000
諸経費 全体の5%加算 28,525
消費税 10% 59,903
合計 658,928

出典:一般社団法人 経済調査会『積算資料ポケット版 リフォーム編2022』P.198をもとに、実勢価格を考慮のうえ編集部作成

費用全体のうち、屋根塗料と塗装作業にかかる費用は全体「約35%」、足場にかかる費用も全体「35%」、塗装以外の作業費経費・税がどちらも「約15%ずつ」となっています。

「下地調整」とは?

上記見積もり例で2箇所でてくる「下地調整」とは、塗装前に行う汚れの除去やヤスリ掛け作業です。あとに塗る塗料の耐久性の確保と仕上がりが美しくなる効果があります。

「シリコン系塗料」「塗料の種類」について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

屋根塗装費用が高くなる場合

上記の見積もり例よりも金額が高かった場合、原因として以下の5つのいずれか、あるいは複数の該当が考えられます。

①屋根が大きい家の場合

同じ延床面積の家でも、屋根の大きさや形状はさまざまです。
上記は屋根面積を100㎡として試算しましたが、30坪住宅の場合は74~104㎡程度の範囲のバラつきは許容範囲と考えられます。

一戸建ての坪数ごとの屋根面積の目安
坪数(延べ床) 屋根面積の目安
20坪 36~50㎡
25坪 62~87㎡
30坪 74~104㎡
35坪 87~122㎡
40坪 100~140㎡
45坪 118~165㎡
50坪 124~174㎡

②高級な塗料を使う場合

見積もり例で使用しているシリコン樹脂塗料は、住宅用としては4つのランクのうち上から2番目のグレードの製品で、さらに上があります。
さらに樹脂のグレードを上げるだけでなく特殊な機能をもつ塗料を選ぶと、1㎡あたり5,000円以上まで上がることもあります。

③遠方の業者に依頼した場合

同じ作業でも、業者の所在地が遠方なほど運搬費や人件費(拘束時間)がかかり、結果として屋根塗装代も高くなります。
料金を安くする上では、なるべく近い業者に依頼するのが合理的です。

④ハウスメーカー等に依頼した場合

新築時のハウスメーカーに屋根塗装を依頼しても、作業は都合のあう下請け業者が派遣されてきます。
ハウスメーカーに依頼した場合は、施工業者に直接発注したときに比べて中間マージンがかかるぶん、1.2~1.5倍以上は費用が高くなると言われています。

⑤悪意のある業者に依頼した場合

塗装業者には、それと施主に分からせず相場より大幅に高い工事料金を提示する業者も存在します。
そういった業者に引っかからないよう、じゅうぶん注意しなければなりません。

くわしい事例は国民生活センターの紛争事例などをご参考ください。

私の家だといくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

屋根塗装の工程ごとの単価相場

つづいて、見積もり書の項目ごとに、屋根塗装費用の相場を見ていきましょう。

屋根塗装工事は①足場、②高圧洗浄、③コーキング、④タスペーサー、⑤屋根塗装、⑥諸経費の6つの工程に分けることができます。

それぞれ価格はいくらが適当で、作業はどのようなものなのか解説します。

①足場

足場代=700~1,000円/㎡ ×(足場の架設面積)

屋根塗装は高所作業になるため、家の周りに仮設足場を設置する必要があります。
足場の組み立て・解体・運搬にかかる諸費用の相場は、1㎡あたり600円~800円です。

これに加えて、高圧洗浄水や塗料が隣の家や前面道路に飛散しないように足場をメッシュシートで覆って養生する必要があります。

このシート代は1㎡あたり100円~200円です。

②高圧洗浄

高圧洗浄代=200~350円/㎡ (屋根塗装面積)

高圧洗浄とは、勢いよく噴射した水で屋根の表面の汚れを落とす工程のことです。

この工程を行うことで屋根の表面が綺麗になり、塗料がなじみやすくなります。

高圧洗浄は、塗装面積1㎡あたり200円~350円です。

③コーキング

コーキング代=500~900円/m ×(補修長 [m])

コーキングは屋根材のひび割れ箇所を埋めるために使用するゴム材です。
シリコンやウレタンなど安価な素材でできているので施工費は高くはありませんが、1mあたり500~900円ほどかかります。

④タスペーサー

タスペーサー代=400~600円/㎡ ×(屋根塗装面積)

タスペーサーは、スレート屋根の塗装の際などに用いられる道具で、塗料が屋根材同士の隙間を塞いでしまうのを防ぐ役割があります。

屋根材と屋根材の間には適切な隙間を設ける必要があり、ここが埋まってしまうと雨漏りに繋がります。

以前はタスペーサーではなく「縁切り」という工程で隙間を作っていましたが、屋根材の傷みにつながる可能性があることから、昨今ではタスペーサーを使用する業者が多いです。

タスペーサーは、塗装面積1㎡あたり400円~600円です。

⑤屋根塗装

塗装代=塗料により(1,400~5,500)× (屋根塗装面積)

屋根塗装は、文字通り屋根の塗装の工程を指します。

屋根塗装にかかる費用は、塗装に使用する塗料の種類で大きく変化するので注意が必要です。

塗料のグレードは主に7つに分かれ、価格帯と特徴は以下の通りです。

グレード 耐久性 単価(㎡)*3回塗りの合計
アクリル塗料 5~7年 1,400~1,600円
ウレタン塗料 8~10年 1,700~2,200円
シリコン塗料 10~15年 2,300~3,000円
ラジカル制御型塗料 10~15年 2,500~3,000円
フッ素塗料 15~20年 3,800~4,800円
光触媒塗料 15~20年 4,200~5,000円
無機塗料 20~25年 4,500~5,500円

日本の屋根で頻繁に使用されるのはシリコン塗料です。

初めて屋根塗装をする場合は、まずシリコン塗料をメインに見積もりを取ることをおすすめします。

⑥諸経費

ここまでの合計金額の5~10%上乗せ

上記で解説したもののほかに、諸経費として、工事金額の5~10%が上乗せされます。

諸経費とは、移動費・現場管理費・廃棄物処理費用・消費税などをまとめたものです。

⑦消費税

一律10%

最後に、諸経費までを合計した金額に、さらに10%の消費税がかかります。

私の家だといくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

屋根塗装工事の見積もり事例

ここからはよくある屋根塗装工事の見積もり事例を紹介します。

紹介する事例は、よく使用されるシリコン塗料・フッ素塗料を使って、20~40坪の住宅で屋根塗装工事をした場合を想定しています。

どれもよくある事例をピックアップしましたので、あなたの状況に近い実例がきっと見つかるはずです。
ぜひ参考にしてください。

20坪シリコン塗料の見積もり例<465,505円>

20坪シリコン塗料の見積もり例<465,505円>

20坪フッ素塗料の見積もり例<537,577円>

20坪フッ素塗料の見積もり例<537,577円>

30坪シリコン塗料の見積もり例<680,734円>

30坪シリコン塗料の見積もり例<680,734円>

30坪フッ素塗料の見積もり例<845,206円>

30坪フッ素塗料の見積もり例<845,206円>

40坪シリコン塗料の見積もり例<826,576円>

40坪シリコン塗料の見積もり例<826,576円>

40坪フッ素塗料の見積もり例<1,048,336円>

40坪フッ素塗料の見積もり例<1,048,336円>

よくある事例に絞って、紹介をしました。

屋根塗装の費用相場は、自宅の大きさ(屋根の大きさ)・使用する塗料・足場代によって、費用が変わることがお分かりいただけたかと思います。

それぞれ、費用が変動する理由について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

▼「自宅の大きさ(屋根の大きさ)」について詳しく知りたい方
>>屋根面積がすぐわかる方法!図面不要・手順や計算もやさしく解説

▼「使用する塗料」について詳しく知りたい方
>>屋根塗料の種類は多種多様!それぞれの特徴を解説

▼「足場代」について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
>>足場代の相場はいくら?外壁・屋根塗装の足場はなぜ高い?

私の家だといくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

記事のおさらい

最後に、本記事の要点を振り返ってみましょう。

屋根塗装の費用相場はいくら?

平均的な30坪住宅の場合、屋根塗装単体で行う場合の費用は「60万~80万円」が相場です。詳しく知りたい方は工事が屋根塗装のみ:60~80万をご覧ください。

外壁塗装と一緒にする場合の、屋根塗装ぶんの相場はいくら?

外壁塗装などの他の工事も含めた総額のうち、屋根塗装代が占める金額は30万~40万円が相場です。詳しくは他の施工と一緒の屋根塗装:30~40万をご覧ください。

屋根塗装の工程ごとの単価相場はいくら?

塗装費用が2,300~3,000円(シリコン塗料)、足場やシート養生が700~1,000円/㎡、高圧洗浄が200~350円/㎡などです。詳しくは屋根塗装の見積もりと単価の相場をご覧下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼書籍
  • 菊池克弘『住宅リフォーム重要事項32選』都市環境建設 2015
  • 建築工事研究会『積算資料ポケット版 リフォーム編 2022年度版』一般社団法人経済調査会 2021
  • みんなの建材倶楽部『使える!!内外装活用シート 2016-2017』エクスナレッジ 2016
  • 田村誠邦・甲田珠子『プロのための住宅・不動産の新常識』エクスナレッジ 2019
屋根リフォーム あなたの地域の相場は?
TOPへカエル