ガルバリウム屋根に変えて後悔しない?メリット・デメリットとあなたに合った製品を判定

  • 【更新日】2021-09-16

近年、一戸建ての屋根材として人気のガルバリウム鋼鈑。
高い評判に反してデメリットもあるのでは?…と不安に思っているのではないでしょうか?

本記事では、自宅をガルバリウム屋根に変えようか検討中の方に向けて、

  • ガルバリウム屋根のメリット・デメリット
  • 希望や条件別のおすすめガルバリウム屋根材
  • ガルバリウム屋根に変えるコスト

などについて、これまで2万人以上の方のリフォームをお世話してきた当社の事例から、包み隠さずお話ししたいと思います。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

ガルバリウム屋根のメリット

リフォーム・新築ともに現在人気のガルバリウム鋼板屋根には、主に6つのメリットがあります。

ガルバリウム屋根のメリット
  • 軽量で耐震性が高い
  • 金属だがサビに強い
  • 防水性が高い
  • 汚れがつきにくい
  • 形状やデザインが自由

メリット①軽量で耐震性が高い

ガルバリウム鋼板の重さは、スレート屋根の5分の1、瓦屋根の20分の1と非常に軽量です。
このことから、ガルバリウム屋根は建物に荷重がほとんどかからず、地震が来ても重みで家が潰れる心配がほぼ無いことが大きなメリットです。

「スレート屋根」「瓦屋根」について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
>>「スレート屋根とは? 特徴・修理方法・メンテナンス周期・費用を全解説」
>>「瓦屋根の修理方法は4種類! 工事の選び方、費用、業者の決め方は?」

メリット②金属だがサビに強い

金属屋根といえばさびやすいイメージがありますが、ガルバリウム鋼板はキズや穴あきが起こらなければ30~40年以上は使い続けられる丈夫な外装材です。
これは、ガルバリウム鋼板の表面に施されているメッキには、トタンで使われていた「亜鉛」に加えて「アルミニウム」「シリコン」「マグネシウム」が使用されており、防食性が飛躍的に高まっているからです。

メリット③防水性が高い

ガルバリウム屋根は雨水が溜まりづらいため他の屋根材より雨漏りを起こしにくい素材です。
さらに、ガルバリウム屋根の種類のうち「縦葺き」を選ぶと、防水性はもっとも万全になります。

メリット④汚れがつきにくい

雨水が溜まりづらいことによって、コケやカビなどの汚れが発生しにくいというメリットがあります。
いずれも、ガルバリウム鋼鈑は金属で水分を吸収しないことによるメリットです。

メリット⑤形状やデザインが自由

ガルバリウム鋼鈑は、厚さ1mmに満たない薄い鉄板です。
そのため、軽量で加工がしやすいことから、複雑な形状の屋根でも施工することができるので、デザイン面の希望が叶いやすかったり、建築上の制限をクリアしやすいことも嬉しい点です。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

ガルバリウム屋根のデメリット

一方で、ガルバリウム屋根には以下のようなデメリットも存在します。
なおデメリットのうち解消する方法があるものは同時に解説しますのでご安心ください。

ガルバリウム屋根のデメリット
  • 価格が高め
  • 断熱性が低い
  • 通気性が低い
  • 雨音が大きい
  • 表面が傷つきやすい

デメリット①価格が高め

ガルバリウム鋼板の施工単価は1㎡あたり6,000~12,000円が目安です。

新築時で最もよく用いられるスレート屋根は「4,200~7,000円/㎡」が相場ですので、ガルバリウム屋根が価格が比較的高い屋根材であると言えます。

デメリット②断熱性が低い

薄い金属板であるガルバリウム鋼鈑は、日射や天候で表面温度が変わりやすい屋根材です。
そのため、ガルバリウム屋根の家の室温は外気の影響で暑くなったり寒くなったりしやすいと言われています。

しかしこのデメリットは、断熱材つきのガルバリウム鋼板を使ったり、屋根裏や天井裏に断熱材を設置することで解消できます。

デメリット③通気性が低い

金属板同士をぴったりとはめ合わせるガルバリウム屋根は、隙間がないぶん他の屋根材よりも湿気が外に逃げにくい外装材です。
そのため、そのままでは住宅に結露が起きやすいと言われています。

しかしご安心ください。このデメリットは、屋根の「通気工法」で施工することで解消できます。

デメリット④雨音が大きい

薄い鉄板であるガルバリウム鋼板は音が鳴りやすく、他の屋根材と比べて雨音が大きく聞こえます

しかし、多くのガルバリウム屋根材には吸音材が貼り付けられているので、実際にはほとんど気にならない意見が多いので、こちらも心配は要りません

デメリット⑤表面が傷つきやすい

ガルバリウム屋根は頑丈ですが、表面にやや傷が入りやすいというデメリットがあります。
傷を放置するとサビの発生につながるので、台風通過後などに異常を感じたら早めに点検と補修をしたほうが無難です。


メリットとデメリットを総合して、ガルバリウム屋根は価格の安さを重視する人以外には幅広くおすすめできる、総合力の高い屋根材と私たちは考えています。

ガルバリウム鋼板と、スレート屋根・瓦屋根の特徴を比較すると以下のようになります。

屋根材の種類 メリット デメリット
ガルバリウム鋼板
  • 軽くて丈夫
  • 防水性が高い
  • 形の自由度が高い
  • 価格がやや高い
  • 断熱材・遮音材が必要
  • 通気性の確保が必要
スレート屋根
  • 価格が最も安い
  • 色やデザインが豊富
  • 施工業者が多い
  • ひび割れやすい
  • メンテナンス頻度が高め
瓦屋根
  • 最も高耐久
  • 塗り替えが不要
  • 価格が最も高い
  • 高重量

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

【条件別】ガルバリウム屋根のおすすめ製品

数あるガルバリウム鋼鈑の屋根材の中から、屋根に求める性能や予算別に、3種類の製品解説します。

商品名 メーカー 価格
横暖ルーフS ニチハ株式会社 5,720円/㎡
スーパーガルテクト アイジー工業株式会社 6,210円/㎡
スマートメタル ケイミュー株式会社 3,905円/㎡

価格が安く性能も充分な「横暖ルーフS」

横暖ルーフS

画像引用:ニチハ公式HP「リフォーム住宅施工例

横暖ルーフSは、ニチハが製造するガルバリウム鋼板の中で最もベーシックな商品です。

厚み0.35mmのポリエステル塗装高耐食ガルバリウムめっき鋼板を使用しており、薄型ながら耐久性の高さが魅力の商品です。

また、遮熱効果を持っているので、夏の暑さを軽減した方におすすめです。

夏場に快適な「スーパーガルテクト」

スーパーガルテクト施工例

画像引用:アイジー工業公式HP「スーパーガルテクト

スーパーガルテクトは、ガルバリウム鋼鈑のトップメーカーであるアイジー工業が販売する、屋根用のガルバリウム鋼鈑です。

めっきにマグネシウムを使用しており、耐久性が強化されているという特徴があります。

また断熱性能の向上のため、遮熱性塗装や断熱材の使用などの工夫がなされています。

このためスレート屋根と比較して、屋根の表面温度が10℃低くなる効果があると言われています。

耐久性が高い「スマートメタル」

スマートメタル施工事例

画像引用:ケイミュー公式HP「施工事例

スマートメタルは、外装材大手メーカーのケイミューが販売する屋根用ガルバリウム鋼鈑です。

スマートメタルは錆にくさに定評のあるGLめっき鋼板の3倍の錆にくさを誇るエスジーエルという素材を含んでおり、サビへの強さが特徴的です。

また、左右どちらからでも重ねることができるので、葺き方にこだわりたい方におすすめです。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

ガルバリウム屋根の葺き方

先述の通り、ガルバリウム屋根には「葺き替え」と「カバー工法」の2つの工法が考えられますが、それに加えて葺き方でも3種類に分けられます。

ガルバリウム屋根は「縦葺き」「横葺き」「差し込み葺き」の3種類の葺き方が可能であり、それぞれ特徴が異なるので注意が必要です。

また、現在の屋根の状態によってどの葺き方ができるかも変わるので、一つ一つ確認しておきましょう。

屋根の「縦葺き」と「横葺き」の違い
項目 縦葺き 横葺き
施工例 ガルバリウム鋼板屋根(縦葺き) ガルバリウム鋼板屋根(横葺き)
屋根材の溝 縦(垂直)方向 横(水平)普通
防水性 高い 普通
デザイン ややワンパターン パターン豊富
施工費用 6,000円/㎡~ 7,000円/㎡~
対応勾配 0.5寸~ 2.5寸~
耐久年数 30~40年 30~40年
備考 縦葺きの中でも「立平葺き(縦ハゼ葺き)」と「瓦棒葺き」に分かれる 和風瓦風の葺き方の横葺きを「瓦調葺き」と呼ぶことがある

画像出典:村賢瓦店(宇都宮市)宮本工業(西東京市)

縦葺きガルバリウム屋根

縦葺きとは、屋根の傾きと同じ方向に溝が切られている屋根です。

縦葺きは横葺きよりも工事費用が安いため、新築の場合は縦葺きを採用することが多いようです。

縦葺きの中でもさらに、「瓦棒葺き」と「立平葺き(縦ハゼ葺き)」という2種類の張り方がありますが、現在では立平葺き(縦ハゼ葺き)が主流となっています。

雨水は軒先まで留まることなく流れ、板金のつなぎ目もないため、雨漏りしづらい屋根であるほか、太陽光パネルの設置などに最適と言う特徴もあります。

デメリットとしては、デザインのパターンが少ないことなどがあげられます。

瓦棒葺き

瓦棒葺きの施工事例

画像出典:三晃金属工業株式会社「施工事例」

「瓦棒」とは、屋根の斜面に沿うようにして等間隔に設置する角木材(芯木)の上に屋根材を固定する縦葺きのことを指します。

日本では、トタン屋根の葺き方として採用されていることが多いです。

経年劣化で芯木が腐食する可能性がありますが、緩勾配でも施工が可能で工事がしやすいため、かつて流行しました。

立平葺き(縦ハゼ葺き)

「立平ロック」を使った縦ハゼ葺き屋根

画像出典:セキノ興産 オンラインカタログ

立平葺き(縦ハゼ葺き)とは、瓦棒の代わりに、屋根材の重なり部分を折り曲げて施工する縦葺きのことです。

屋根の下に木材が入らないため、木材の腐食などが起こらず丈夫であるという特徴があります。

横葺きガルバリウム屋根

横葺きとは、水平方向に張る葺き方を指します。

屋根材に断熱効果などをつけやすいという特徴があるので、リフォームなどでよく採用される葺き方です。

デザインのパターンが豊富というメリットももっています。

ガルバリウム鋼鈑ながら和瓦のようなデザインをした商品も販売されており、和瓦風に葺かれたガルバリウム屋根を「瓦調葺き」と呼ぶこともあります。

【瓦調葺きの施工例】

瓦調葺きの施工例

画像引用:福泉工業株式会社公式「クレスパルーフ

横葺きは縦葺きよりも若干工事費用が高く、勾配が緩やかな屋根には対応していないというデメリットがあります。

横葺きにするには屋根の勾配が2.5寸ほど必要で、これは角度で表すと14度ほどです。

差し込み葺き

差し込み葺きとは、コロニアル屋根のリフォームにのみ施工することのできるガルバリウム屋根の葺き方です。

リコロニー、Cガードといった特殊形状のガルバリウム鋼鈑をコロニアルに貼り付けることで、ガルバリウム屋根に葺き変えます。

なお、差し込み葺きの場合、屋根材の下の防水シートの劣化を治すことができないという欠点があります。

防水シートが傷むと雨漏りにつながるので、もし差し込み葺きを行うのであれば、防水シートに問題がないことを確認してから施工を依頼しましょう。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

ガルバリウム屋根に変える費用

スレートや瓦などの屋根からガルバリウム屋根にリフォームするには、「葺き替え」と「カバー工法」の2つの方法があります。

それぞれどのような場合に選べばよいのか、費用はいくらくらいなのかを見ていきましょう。

また、ガルバリウム屋根のメンテナンスにかかる費用についても、この章で解説します。

カバー工法でガルバリウム屋根に変える費用

カバー工法とは、今の屋根をそのままに、上からガルバリウム鋼板で新しい屋根を作って覆う工事です。

表面は新しくなりますが、元の屋根も内側に残るので、ガルバリウム屋根の特徴である耐震性の向上のメリットはなくなります。一方、断熱性について以前の屋根材と同等の効果が得られるでしょう。

現在の屋根材が「スレート」「トタン」などの方に適しています。

カバー工法リフォームにかかる工事費用は8,000~14,000円/㎡ほどです。

一般的な30坪の2階建ての家の場合、80万~140万円ほどの工事費用がかかります。

葺き替えでガルバリウム屋根に変える費用

葺き替えとは、現在の屋根材をすべて撤去し、すべてガルバリウム鋼板に交換する工事です。

多くの場合、屋根の重さが軽量化するので、耐震性が向上し、地震の際に感じる揺れも小さくなります。

現在の屋根が「スレート」「瓦」などの方に適しています。

スレート屋根や瓦屋根から金属板であるガルバリウム鋼板に変わった場合、影響が大きいのは断熱性と遮音性です。

しかしこれらは、天井裏・屋根裏で対策工事が同時に行われることがほとんどですので、あまり心配はありません。

カバー工法リフォームにかかる工事費用は、12,000~20,000円/㎡ほどです。

一般的な30坪の2階建ての家の場合、120万~200万円ほどの工事費用がかかります。

▼「屋根の葺き替え」について詳しく知りたい方はコチラ
屋根葺き替えの費用相場はいくら? 工程ごとの単価も公開

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

ガルバリウム屋根に必要なメンテナンス

ガルバリウム屋根は耐久性の高い屋根材ですが、メンテナンスが一切不要というわけではありません。

具体的には、以下のようなメンテナンスが必要になります。

必要なメンテナンス 屋根塗装 屋根材の交換
メンテナンスのタイミング 施工後10年~20年 施工後30年~
工事費用 40万~70万円 120万円~200万円

※工事費用は30坪の戸建て住宅の場合の相場を記載

それぞれのメンテナンスの詳細について、以下で確認していきましょう。

屋根塗装【施工後10年~20年】

ガルバリウム鋼鈑自体の耐用年数は25~30年ほどですが、表面を保護する塗膜は10年~20年で劣化してしまいます。

塗膜が劣化するとそこから雨水が内部に侵食し、屋根材自体の寿命を縮めることに繋がります。

塗膜の防水性が落ちる前に塗装をして、ガルバリウム鋼鈑を長持ちさせましょう。

なお、塗料はグレードによって耐用年数が異なるので、メンテナンス回数を減らしたい方は耐用年数の長い高グレード塗料で塗装をしましょう。

一般的なシリコン塗料で屋根を塗装する場合、40万円~70万円ほどが費用相場になります。

▼「塗料」について詳しく知りたい方はコチラ
【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方

屋根材の交換【施工後30年~】

ガルバリウム鋼鈑の耐用年数はおよそ25~30年なので、施工後30年をすぎると、塗装や修理だけでは対応しきれない状態になっていることが多いです。

その場合は、新たにカバー工法を行うか、葺き替えを検討しましょう。

ただし、カバー工法でガルバリウム屋根にした屋根に再度カバー工法を施すのは不可能なので、その場合は葺き替えを行いましょう。

先述の通り、ガルバリウム屋根の葺き替え工事の費用は120万円~200万円ほどが相場です。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

まとめ

ガルバリウム屋根は、そのコストパフォーマンスのよさや耐震性の高さによって人気が高い屋根です。

しかしデメリットも存在するので、自分の希望に合う屋根材なのかどうかはじっくり検討した上でリフォームを決めましょう。

なお、「ガルバリウム屋根にすべきかどうか意見がほしい」という方は、ヌリカエを使って専門家の意見を聞くのがおすすめです。

ヌリカエなら、全国1000社以上の業者の中から、屋根リフォームの得意なリフォーム会社に絞ってご紹介することができます。

屋根材は決まった!工事金額はざっくりいくらだろう?

▼インターネット
屋根葺き替えお助け隊 スレート屋根の塗装で屋根の耐用年数が延びるか?

屋根葺き替えお助け隊 スレート屋根の耐用年数、葺き替え時期

▼書籍
Housing Tribune 2018.22「変革期に入る屋根材市場」
日経アーキテクチュア2012.1.25「経年劣化の少ないスレート屋根の代名詞」
最もくわしい屋根・小部屋の図鑑  株式会社エクスナレッジ
積算資料ポケット版 住宅建築編 2019年度版 一般社団法人経済調査会

▼専門家(ヒアリング)
株式会社POD 代表 長谷川佳広 氏



屋根リフォーム あなたの地域の相場は?
TOPへカエル