収納を増やすキッチンリフォームの費用相場は?|失敗しないポイントも紹介

  • 【更新日】2020-11-30

キッチンを使っていると収納が欲しいと思うことはありませんか。近年では調理家電や調理器具が増えていることで、キッチン周りにものがあふれています。これによってそれまで使っていたキッチンでは使い勝手が悪く感じることがあります。

今回はそんなキッチンの収納について不満を解消し収納が増やせるキッチンリフォームについて解説していきます。ぜひ、キッチンをリフォームして余裕のある収納を手に入れてください。

POINT

  • リフォームでキッチンの収納を増やす方法は、吊戸棚を取り付ける、背面収納のリフォーム、床下収納の設置、収納力のあるキッチンに交換するなどの方法がある
  • キッチン収納を増やすリフォーム費用は、吊戸棚で10万~20万円程、背面収納で20万円~50万円程、床下収納で10万~20万程、キッチンの交換で10万~100万円程かかる
  • キッチン収納のリフォームを行う際は、本当に必要なのかをじっくりと考え、依頼するリフォーム業者は複数の見積を取って比較して選ぶと失敗しにくい
お住いの地域のリフォーム相場、知ってますか?

キッチンリフォームで収納を増やす4つの方法

キッチンの収納量を増やしたい場合には以下の4つの方法が有効です。

  • 1.DIYで吊り戸棚を取り付ける
  • 2.リフォームで背面収納を広くする
  • 3.リフォームで床下収納を増設する
  • 4.戸棚・キャビネットを収納力の高いものに交換する

まずは、収納の種類とメリットやデメリットを把握して、どれが適しているのか考えてみてください。

方法 メリット デメリット
吊り戸棚 DIYで作業可能
費用が安い
下地が木材である必要あり
耐荷重量が小さめ
背面収納 調理中に手に取りやすものが増える キッチンの道幅が狭くなる
床下収納 キッチンの見た目が変わらない
道幅が狭くならない
マンションなどでは施工できない場合あり
出し入れがしづらい
キッチン設備の交換 デザインや機能が一新できる 費用が高額

DIYで吊り戸棚を取り付ける

キッチンの吊り天井

安く済ませたい人、いまのキッチンに吊り戸棚がない人に

簡単にキッチンリフォームを行いたい場合や、デッドスペースを有効活用したいなら吊り戸棚がおすすめです。こちらは、下地が木材であるなどの設置の条件を満たせば、DIYでも取り付けられるので、業者に設置を依頼しなくてもすみます。そのため、安価にキッチン収納のリフォームを行いたい人や、家に他人を入れたくない人に向いているでしょう。

また、本来キッチンのデッドスペースとなる、天井付近のスペースを使えるというメリットもあります。これは、吊り戸棚というものがキッチン上方の天井や壁などに設置するものであるためです。したがって、すでにキッチンに棚などが置いてあったり、有効活用できるスペースがあまりなかったりする場合に、吊り戸棚はうってつけの方法です。

ただしこの吊り戸棚には、重量制限や踏み台が必要になるなどデメリットがあります。吊り戸棚は、天井付近のスペースに後付けで設置するので、収納できる重量には制限があるのです。そして、高所に設置するため収納したものを取り出す際には、踏み台などが必要になることも覚えておきましょう。

また、重量制限にも気を配らねばなりません。おおよそ10kg以上のものを収納しようと考えているのなら、吊り戸棚の製品によっては耐荷重量を超えてしまう場合もあるので、購入前に確認をオススメします。また、高所に設置することに関しては、季節的に使うキッチン用品を収納するなど、吊り戸棚の利用頻度を抑えるようにしましょう。

吊り戸棚の設置がオススメなのはこんな人

  • 安く済ませたい、他人を家に入れたくない
  • 今のキッチンに吊り戸棚がなく、天井の下地が木材である

背面収納の設置・拡張リフォーム

キッチンの背面収納

調理中に操作できる家電や、出し入れできるお皿を増やせる

すっきりとした調理家電の配置を行いたいのなら、ラックやキッチンボードなどの背面収納のリフォームがおすすめです。

調理家電といえば、かつては炊飯器や電子レンジといったものが一般的でした。しかし、最近ではさまざまな新しい調理家電が生まれており、これによってキッチン周りが乱雑になってしまっています。そのため、これを解消するために、キッチンの背面側に調理家電を配置でき、皿などもしまえる背面収納の需要が高まっています。

なお、おすすめの背面収納は、大皿がしまえる程度の奥行があり、棚の高さが変更できるものです。これは、もっている家電や皿などの大きさに合わせられるからです。

ただし背面収納に関しては、キッチンの広さによって扉の開き方に注意する必要があります。具体的には、狭いキッチンの場合に、フルオープンタイプなど開閉にスペースが必要なものを選ぶと、体を狭める必要が出てきたりと使い勝手が悪くなります。

したがって、キッチンの広さに余裕がなければ、引き戸タイプなど、開閉にスペースを取らないものを選んでいきましょう。

背面収納の設置・拡張がオススメな人

  • 頻繁につかうもの(調理家電や皿)を置くスペースを増やしたい
  • 今のキッチンの通路幅に余裕がある

床下収納の設置

キッチンの床下収納

キッチンの見た目を変えずに収納力をアップ

収納を増やしたいけれど、キッチンの見た目を変えたくないのなら、床下収納がよいでしょう。吊り戸棚や背面収納といったキッチンリフォームは、棚などを増設したりすることで、キッチンが狭くなりがちです。しかし、床下収納なら、そのような問題は起こりません。

そのため棚の増設によって、キッチンを狭くしたくない人などに向いているキッチンリフォームであるといえます。ただし、お住いの住居が分譲マンションの場合には、このリフォームができないことがあります。分譲マンションでは、床下がすぐコンクリートの可能性があり、その場合には収納を物理的に増やせないためです。

したがって、これに当てはまっている場合には残念ですが別のキッチンリフォームを検討する必要があります。

床下収納の設置がオススメな人

  • キッチンが狭い、キッチンの見た目を変えたくない
  • 住居が持ち家の戸建てである

キッチンの収納設備の交換リフォーム

システムキッチンと収納

キッチンの収納部分をまるごと新しいものに

思い切って、システムキッチンの収納部分を新しいものに交換することでも、収納力をアップできます。

最新のキッチンでは、キッチン本体のデッドスペースをなくすことで、収納力が大きく向上しています。例えば、上段から下段まで隙間なく収納ができたり、扉や引き出しの開閉が少ない力でできたり、収納したものを立体的に取り出せたりする機能などです。

ただし、キッチン自体を交換することには、それ相応の費用がかかってしまうデメリットがあります。しかし、かなりの年月現在の古いキッチンをお使いなら、利便性が大きく向上した最新式のキッチンを、一度検討してみてはどうでしょうか。

収納設備の交換リフォームがオススメな人

  • 予算に余裕がある
  • 現在古いシステムキッチンを使っている
  • 最新のキッチンの機能に興味がある

キッチン収納リフォームの流れ

キッチンリフォームを行って収納を増やす手順は以下の3つです。

  1. どんなリフォームをしたいのかを計画し決める
  2. リフォーム会社を決めて依頼する
  3. 工事を行い、引き渡し

どんなリフォームをしたいのかを計画し決める

収納を増やすキッチンリフォームを行うのであれば、どれだけ収納を増やしたいのかや、予算はどれだけかけられるかについて考えてみましょう。

例えば、ちょっとしたキッチン用品を収納したいのであれば、吊り戸棚などが向いていますし、とにかくいろいろなキッチン用品を収納したいなら、キッチン本体を交換してしまうのがよいです。このように考えていけば、おおよそどのキッチンリフォームを行えばよいのかわかるでしょう。

次に決めるべきは予算です。例えば、予算が100万円であればキッチン本体の交換もできますが、吊り戸棚や背面収納などの設置を複数行って収納を増やすことも可能です。

リフォーム会社を決めて依頼する

キッチンリフォーム計画を立てたら、次はリフォーム会社を決めて依頼を行いましょう。具体的にはまず、リフォーム計画をリフォーム会社に相談します。次にリフォーム会社はそれを受けて、プロの視点で現実的な形にしていきます。

そして、業者によるキッチンの現場確認を受け、最終的な計画を決定するのです。最後に、リフォームプランや費用を確認してから契約を行います。

工事を行い、引き渡し

契約が行われると、リフォーム会社はキッチンリフォーム計画に沿って工事を行い、工事が終われば依頼者に引き渡します。工事は養生を行ったうえで、キッチンの解体工事や取り付け工事などを行うのが一連の流れです。

なお、引き渡しの際には、仕上がり具合や問題なく使えるかをチェックしましょう。これは施工に問題がなかったかを確認することと、どうすればしっかりと収納できるのかを知るために行います。そのため、何か問題があったり、わからないことがあったりした場合は、リフォーム会社に聞いてみましょう。

収納を増やすキッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームを行ううえで気になるのが、どれくらいの費用がかかるのかということでしょう。たとえ収納が増やせたとしても、費用対効果に見合っていなければ、キッチンリフォームに成功したとはいえません。したがって、収納を増やすキッチンリフォームの費用相場を押さえていきましょう。

なお、費用相場は以下の表のとおりになっており、それぞれの方法で約10~100万円と幅広くなっています。そのため、詳しい内容とともに、予算内でもっとも収納を増やせるキッチンリフォームがどれなのかを考えていきましょう。

収納方法 費用相場
吊り戸棚 約10~20万円
背面収納 約20~50万円
床下収納 約10~20万円
キッチン設備の交換 約10~100万円

吊り戸棚:費用相場は約10~20万円

吊り戸棚を設置して収納を増やす場合には、本体価格と設置費用を合わせ約10~20万円が相場です。吊り戸棚本体を購入すれば、DIYで設置することもできるため、費用はキッチンリフォームの中では安くなっています。ただし、吊り戸棚の本体価格に関しては、手動や電動といったタイプの違いで、価格に差が生まれています。

また、キッチンリフォームが完了するまでの期間は短く、多くは当日に終わることが多いでしょう。これは、作業が主に吊り戸棚を設置する場所の補強を行うだけだからです。したがって、吊り戸棚でキッチンリフォームを行い収納を増やすと、費用面と設置までの期間の面で、メリットがあります。

背面収納:費用相場は約20~50万円

背面収納を設置して収納を増やす場合には、費用相場は約20~50万円となっています。設置費用よりも本体価格の比重が大きいため、「本体価格=費用相場」と考えておいてください。なお、実際の費用は材質などによっても変わってきます。

したがって、予算が潤沢であれば好きな素材を使ったり、オーダーで作ってもらいましょう。また、そうでないなら既存のキッチンボードを購入するなど、検討してみてください。ただし、どちらの場合でも使い勝手を考慮して、実際のキッチンの広さに適したものを選び、設置後に使いづらいということがないようにしましょう。

床下収納:費用相場は約10~20万円

床下収納を設置して、収納を増やす場合の費用相場は約10~20万円です。この床下収納には、収納を隠すふたの構造の違いなどといった差異がありますが、それ以外にはどれもあまり変わりがありません。

したがって、使い勝手がよさそうなものや、中の収納の構造がよいと思ったものを選ぶとよいでしょう。ただし床下収納は、下がコンクリートになっている場合には、物理的に設置が不可能というデメリットがあるので、設置が可能であるのかをしっかりと確認することが大切です。

キッチン設備の交換:費用相場は約60~180万円

キッチンを新しいものに交換して、収納を増やす場合の費用相場は、本体と設置費用込みで約60~180万円です。こちらに関しては、本体のグレードと収納を増やすオプションによって、大きく費用が変わります。例えば、本体価格は安いものでは20万円台のものもありますが、高いものは100万円を超えます。

そのため、適度に収納を備えたものを考えれば、最上級のものは例外とすると、おおよそ30~70万円が相場になるでしょう。また、収納を増やすオプションは数万円ほどで行えますが、食洗器を内蔵する場合には20~30万円ほどかかってきます。

もちろん、メーカーや素材、キッチンのタイプによっても価格は上下するので、予算と使い勝手を考えながら検討してください。なお、リフォームが完了するまでの期間については、単純なキッチン本体の交換なら、遅くても4日程度でできます。

ただし、それ以上のリフォームを行う場合には最低でも1週間かかり、間取りも含めてキッチン本体の交換を行う場合は、3週間はかかってしまいます。そのため、リフォームが完了するまでの期間がどれくらいかかるのかを確認し、計画をしっかりと立てておきましょう。

快適なキッチン収納リフォームを行う6つのポイント

快適なキッチン収納リフォームを行うためにも、ポイントを押さえてリフォームを行いましょう。

収納位置は簡単に取り出せる状態にしておく

使い勝手を考えれば、収納位置は簡単に取り出せる状態にしておきましょう。これは、収納位置が高すぎたり低すぎたりすると、そこに収納したものは使わなくなってしまうためです。せっかく買った調理家電や調理器具も、使わなければ無駄となってしまいます。

そのため、収納位置を考えたキッチンリフォームを行いましょう。なお、高さで問題となる吊り戸棚の場合には、費用がかかりますが電動昇降式にすることで、この問題を解決できるので検討してください。

昇降収納はアイレベルに合わせた高さで調整する

キッチンの収納が手の届く場所にあれば、ものの出し入れがスムーズにできて便利です。そして、キッチンでの収納をアイレベル(目線の高さ)にすると、手が届きやすくて中のものも見やすくなります。
しかし、吊戸棚はどうしても、アイレベルより高い位置になってしまいます。そして、高さによっては踏み台がないと棚にものを置けないこともあるでしょう。そのため、吊戸棚を設置するときには、手動で昇降できるタイプの吊戸棚がおすすめです。
昇降できるタイプだと、棚を目線の高さに持ってくることができるので、出し入れがしやすく、中に入っているものの確認もしやすいです。なお、昇降タイプの吊戸棚には電動のものもありますが、価格は手動のものよりも高くなります。

収納する家電の位置によって電気工事も追加する

キッチンリフォームで調理家電を収納するのであれば、収納する家電の位置によって、電気工事も追加するのがよいでしょう。最近では、以前と違ってキッチン周りの家電が増えているため、コンセントが足りなくなったり、タコ足配線になってしまったりすることがあります。

これらのような場合では、キッチンの見栄えは悪くなり、安全性や利便性に欠けています。使い勝手などを考えるなら、コンセントの口を増やしたり、電源の容量を増やしたりすることが望ましいです。したがって、キッチンリフォームでは、場合によっては電気工事の追加も検討しましょう。

収納扉の開閉種類はスペースに合わせて選ぶ

キッチンでは水がはねたり、油がはねたりと汚れがつきやすいので、扉付きの収納がおすすめです。ただし、背面収納の扉を選ぶ際には注意したいことがあります。キッチン自体が狭い場合には、観音開きの扉は全開にできなかったり、扉を開くと人が通れなかったりして、使いづらい場合があるということです。
そのため、スペースに余裕がない場合には、引き戸タイプにすれば扉を開けていても邪魔にならないのでよいでしょう。また、スペースに余裕がある場合は、フルオープンにできる折れ戸タイプなら中が見やすく、中のものを把握しやすいのでおすすめです。

カウンターのダイニング側を収納スペースに

対面キッチンの場合には、ダイニング側のカウンター下に収納スペースを設置して利用できます。カウンター下に棚を設置すると、リビングやダイニングで使用するものを収納できて便利です。
ダイニングで使用するランチョンマットや、カトラリーを収納することもできるほか、文房具や新聞、薬など日常生活で使う細々としたものも収納できます。このようにカウンター下に収納があると、リビングに散らかりがちな細々としたものを収納できるので、部屋の片づけがしやすくなります。

食生活に合わせたパントリー収納の設置

パントリーとは、キッチンで使う食料品や食器を収納できる、小部屋や収納スペースのことです。キッチンで使う家電や日用品なども収納できるので、パントリーがあるとキッチンの収納にも余裕ができて、使いやすくなります。
ただし、パントリーは奥行が深いと奥のものが見えづらく、使い勝手がよくないので、奥行は30cmから45cm未満がおすすめです。また、間口も狭すぎると家電を収納する場合には出し入れしにくくなるので、80cmから90cmの間口があるとよいでしょう。

収納リフォームを失敗しない4つのポイント

キッチンリフォームを行ううえで大切なことは、失敗せずにキッチンの収納を増やすことです。収納を増やす際には、ポイントを押さえていなければ、予算的な問題を抱えたり、無駄なリフォームを行ってしまったりすることがあり得ます。

また、使い勝手を考えた場合に考えておくべきことや、やっておいたほうがよいことがあります。ここでは、それらについて詳しく解説していきます。

依頼するリフォーム業者は見積もりで比較

予算を抑えるためには、依頼するリフォーム業者は、複数の見積もりを出してもらい、比較したうえで選ぶようにしましょう。同じ施工であっても、リフォーム業者によって費用は異なるものです。そのため、1社のみの見積もりでは、それが最適の価格であるのか判断ができず、場合によっては損をすることもあります。

また、その際のアドバイスとしては、水回りのリフォームが得意な業者を選ぶようにしましょう。やはり、キッチンリフォームを専門としているような業者に依頼すれば、予算が抑えられて満足のいくものになりやすいです。なお、簡単に複数の業者に相談できる一括見積もりサイトがあるので、信頼できる業者を見つけるために利用してみましょう。

お住いの地域のリフォーム相場、知ってますか?

本当にリフォームが必要なのかを再確認する

リフォームを依頼する前には、一度計画を見直してみましょう。これは、収納を増やすという観点からキッチンをみていくと、特にリフォームが必要ないこともあるためです。例えば、市販のラックを置いたり壁にものをかけるだけでも、収納スペースは増えます。

したがって、これらの方法で収納を増やせる場合は、リフォームではなく、こうした方法を取るのもよいでしょう。

キッチンの使い勝手を考えて収納を増やすリフォームを行おう

キッチンリフォームには吊り戸棚や背面収納、床下収納、キッチン本体のリフォームがあります。それぞれメリットやデメリット、費用相場が異なるので、ふさわしい方法はどれなのかを検討していく必要があります。

また、キッチンリフォームの手順をしっかりと確認し、失敗せずにキッチンリフォームを成功させるポイントについても押さえておきましょう。大切なことは、キッチンの使い勝手を考えて収納を増やすということです。これさえ踏まえれば、きっとうまくいくでしょう。

お住いの地域のリフォーム相場、知ってますか?
リフォーム あなたの地域の相場は?
TOPへカエル