キッチンリフォームの費用相場や工期は?施工事例・オプションの種類と価格も紹介

  • 【更新日】2024-03-27
キッチンリフォームの費用相場や工期は?施工事例・オプションの種類と価格も紹介

「キッチンリフォームってどんな工事ができるの?」「何にどれくらい費用がかかるの?」と気になる方も多いでしょう。
この記事ではキッチン・台所のリフォームにかかる費用の決まり方、キッチンの素材・オプションの種類や価格など、リフォームを検討する際に知っておきたい情報をご紹介します。

50万円以下から250万円以上まで、当社経由で行われたキッチンリフォームの事例も紹介していますので、費用のイメージを掴む参考にしてみてください。

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

【予算別】キッチンリフォームで可能な工事

キッチンのリフォーム工事は50~150万円の範囲におさまるのが一般的です。そこでまずは予算を「50万円未満」「50万円~150万円」「150万円超」の3パターンに分けて、その価格帯で可能なリフォーム工事を見ていきましょう。

50万円未満で可能なキッチンリフォーム

50万円未満の予算で可能なキッチンリフォームは、主に小規模な工事に限られます。例えば、コンロやレンジフード(換気扇)、食洗機の取り替えや新設などは、通常30万円以下で行うことができます。

また、ワンルームの賃貸物件に見られるミニキッチンの交換も、おおむね50万円以下で実施できるでしょう。

>>換気扇交換の費用・方法
>>ビルトイン食洗機を後付けする条件・費用
>>ミニキッチンのメリット・デメリット、製品例

50万円~150万円で可能なキッチンリフォーム

キッチンでもっとも一般的なリフォームである「キッチン本体を新しくする工事」は、ちょうどこの50万円~150万円の範囲で行うことが可能です。

具体的な費用は、選択するシステムキッチンの大きさ、搭載機能、製品グレード、さらに壁紙や床の張り替えを同時に行うかや、キッチンの位置を変える必要があるかなどの要素により変動します。

レイアウト別のキッチンリフォーム費用の違い
工事前 工事後 リフォーム費用
壁付け 壁付け 50~150万円
壁付け 対面 65~200万円
対面 壁付け 65~200万円
対面 対面 50~150万円

キッチンのタイプ(形状)も位置を変えない場合、中価格帯以下のグレードのキッチンを選べば100万円以下で施工できるケースが多いでしょう。

一方で、壁付けの「I型」や「L型」キッチンを、対面スタイルの「ペニンシュラ型」や「アイランド型」に変更すると、通常100万円以上の費用がかかります。
対面スタイルのキッチンを壁付けタイプに変更する工事も、同じくらいの費用で可能です。

オーダーメイドやカスタムメイドの造作キッチンでも、素材のグレードを落とせば、これらと同じ価格帯での設置が実現できることもあります。

タイプ(形状)別のキッチン本体価格の違い
形状 本体価格
I型 40~90万円
L型 48~130万円
ペニンシュラ型 52~145万円
アイランド型 70~150万円

>>I型キッチンの特徴や製品・デザイン集
>>L型キッチンの特徴や製品例
>>ペニンシュラキッチンって実際どう?特徴や製品例
>>アイランドキッチンって実際どう?特徴やデザイン例

150万円超の予算があるキッチンリフォーム

キッチンリフォームで費用が150万円を超えてくるのは、キッチンの移動に加えて水道、ガス、電気の配管工事が必要となる場合、が考えられます。
特に、キッチンを建物の1階から2階に移動させる場合は、200万円から250万円以上の予算を見積もることが望ましいです。

>>キッチンを移動させるリフォームの費用

他に考えられるパターンでは、オーダーメイドや高級メーカーのキッチンを使用したり、広い範囲にわたる内装の張り替えを同時に行う場合などがあります。
これに構造の補強なども加わると、費用が300万円を超えることもあるでしょう。リフォームの総費用は、実施するリフォーム会社に事前によく確認することが重要です。


次章からは、当サイト『ヌリカエ』に加盟するリフォーム会社が手掛けたキッチンリフォームを、予算ごとに紹介しています。実際にかかったコストや工事期間、さまざまなデザインやスタイルなどの詳細も是非ご覧ください!

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

50万円未満のキッチンリフォーム事例

レンジフード交換と壁パネルを張り替え

施工価格帯 ~50万円
施工日数 即日
住居タイプ 一戸建て
築年数 40年

長年使用したレンジフードを交換。同時に、コンロ奥側の壁を掃除がしやすいようにキッチンパネルで張り替えました。

>>この事例を詳しく見る
>>換気扇交換の費用・方法
>>キッチンの壁紙を張り替える費用相場

カップボード(食器棚)の新設

施工価格帯 ~50万円
施工日数 即日
住居タイプ 一戸建て
築年数 1年

キッチンのデザインに合わせたカップボードを新設。合わせて使う家電の位置や数をもとにコンセントの位置変更も行いました。

>>この事例を詳しく見る

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

50~100万円のキッチンリフォーム事例

キッチン本体をクリナップ「ラクエラ」に

施工価格帯 50万~100万円
施工日数 2日間
住居タイプ 一戸建て
築年数 20年

水栓からの漏水があったのをきっかけに、キッチン本体・床材・床下の断熱材を交換。キッチンは普及価格帯グレードで人気のクリナップ「ラクエラ」を使用しました。

>>この事例を詳しく見る
>>クリナップ「ラクエラ」の特徴・機能

キッチン本体・壁クロス・床材を交換

施工価格帯 50万~100万円
施工日数 2日間
住居タイプ マンション
築年数 25年

キッチン本体に加えて、壁紙、床のクッションフロアなどキッチンルームを全体的にリフォーム。使用キッチンはマンション用のパナソニック「リビングステーション Vスタイル」です。

>>この事例を詳しく見る
>>パナソニック「Vスタイル」の特徴・機能

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

100~150万円のキッチンリフォーム事例

食洗機つきのホーローキッチンへ交換

施工価格帯 100万~150万円
施工日数 2日間
住居タイプ 一戸建て
築年数 25年

築25年目のキッチンの総入れ替えリフォーム。タカラスタンダードの中級価格帯キッチン「トレーシア」に、食洗機・家事らくシンク・ガスコンロのガラスコート・両面焼グリルなどオプションも豊富に選択したためこの価格帯になりました。

>>この事例を詳しく見る
>>タカラスタンダード「トレーシア」の特徴・機能

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

150~250万円のキッチンリフォーム事例

キッチンをL型からI型へ変更。勝手口も移動

施工価格帯 150万~200万円
施工日数 5日間
住居タイプ 一戸建て
築年数 30年

大きすぎたキッチンをL型からI型に変更し、スッキリとした動線を確保。同時に勝手口の場所も見直し、使い勝手の良い位置にもってきました。

>>この事例を詳しく見る
>>キッチンに勝手口は必要?メリット・デメリット

リノベーションで対面キッチンを新設

施工価格帯 150万~200万円
施工日数 28日間
住居タイプ マンション
築年数 20年

部屋の隅の壁を取り払い、元々廊下だった空間とつながった対面キッチンを新設しました。奥に見える白い棚は既製品を設置したものではなく、間口に合わせて造作したものです。

>>この事例を詳しく見る
>>対面キッチンにリフォーム費用やメリット・デメリット

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

250万円超のキッチンリフォーム事例

高価格帯キッチンへ交換+照明・床・壁交換+床暖房新設

施工価格帯 250万~300万円
施工日数 6日間
住居タイプ 一戸建て
築年数 30年

30年使ったキッチンを、TOTOの高価格帯システムキッチン「ザ・クラッソ」へリフォーム。同時に照明をダウンライトに変え、床もフローリング化。壁紙も一新しています。写真ではわかりませんが、床暖房も新設しています。

>>この事例を詳しく見る
>>TOTO「ザ・クラッソ」の特徴・機能
>>床暖房の取り付け費用相場・後付け方法

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

キッチンの費用は扉材・オプション選びで削減可能

キッチンリフォームにかかる費用を知って、高いと驚かれた方も多いかもしれません。
しかし、そんな場合でも工事価格を抑える方法は存在します。

例えば、キッチン本体を価格帯の低いものに変える扉の無地のカラーにする天板をステンレスにするオプションを付けずにシンプルな構成にするといった方法です。

また、キッチンのリフォーム費用の要素をおさえることも重要です。通常、キッチンの改修費用には以下の費目が含まれます。

  • システムキッチン本体の価格
  • 既存のキッチンの解体および廃棄料金
  • 給排水や排気の配管工事の費用
  • コンロ周りの壁(パネルやタイル)、天井の修理や交換の費用

 

これらの中で最も費用がかかるのは、システムキッチン本体です。そのため、キッチンの各パーツの素材や追加機能を賢く選ぶことで、予算を抑えつつリフォームすることができるのです。

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

キッチンの素材・オプションの種類と価格

キッチンリフォーム費用を左右する収納扉、ワークトップ、シンクの素材や、水栓、レンジフード、コンロや食洗機などのオプション機能に関して、それぞれの種類や目安価格を解説します。

扉材と取っ手の種類

画像出典:LIXIL

キャビネットや吊り戸棚の扉材には、天然木・ホーロー・ステンレス・メラミン化粧板・オレフィン化粧板などがあります。
価格は天然木が最も高く、オレフィン化粧板がもっともリーズナブルです。このなかで最も普及しているのはメラミン化粧板で、リーズナブルな価格ながら表面が傷や汚れにじゅうぶん強いのが特徴です。取っ手の素材も、木や鉄などから選ぶことができます。

扉のデザインも価格に影響を与えます。一般的には、木目や石目などの柄のあるものより単色カラーのほうが安価です。

>>キッチンの扉交換の費用・種類

ワークトップ(キッチン天板)の素材

画像出典:トクラス

ワークトップとは、調理の作業スペースとして使用される上面の部分です。素材には天然石(クォーツストーンなど)・セラミック・アクリル系人造大理石・ポリエステル系人造大理石・ステンレス・樹脂板などがあります。天然石が最も高価で、樹脂板は最も手頃です。

>>キッチン天板の種類とそれぞれの特徴

シンクの素材

画像出典:クリナップ

シンクの素材には人工大理石・カラーステンレス(セラミックコーティング)・ステンレスがあり、ステンレスが一般的に最も低価格です。

>>キッチンシンクの種類と選び方

水栓の選択や浄水器の有無

画像出典:パナソニック

吐水口がのばせるシャワータイプの水栓は一般的なタイプよりも価格が高くなります。浄水器を追加する場合、高性能タイプは高価ですが、一般的なグレードなら数万円の追加費用で選択可能です。

>>キッチンの蛇口の種類と選び方

レンジフードの種類

画像出典:タカラスタンダード

レンジフードは排気ファンとフードから構成されます。プロペラファンが最も経済的であり、シロッコファンはやや高価ですが、設置環境によってファンの種類は自動的に決まることがほとんどです。

フードのデザインは、スリムなタイプなどデザイン性に優れたものは高くなります

>>換気扇交換の費用・方法

ビルトイン機器の選択

画像出典:TOTO

ビルトイン機器のうち、加熱調理機にはガスコンロ・IHクッキングヒーターの選択肢があります。また、食器洗い乾燥機8~20万円オーブン12万円~25万円程度の費用でキッチンに追加可能です。

また、ガスコンロからIHへの変更や食洗器の新設には、追加の電気工事が必要になることもあり、その場合は施工費用も高くなります。

>>IHヒーターとガスコンロはどちらが良い?
>>ビルトイン食洗機を後付けする条件・費用


最適なキッチンリフォームを目指す際は、費用と機能性のバランスを考慮し、リフォーム会社のアドバイスを参考にしながら、適切な組み合わせを選ぶことが大切です。

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめてみました。

キッチンリフォームの一般的な費用はいくらぐらい?

50万円以下から250万円以上まで様々ですが、一般的には「50~150万円」の価格帯が最も多い傾向があります。くわしくは【予算別】キッチンリフォームで可能な工事をご覧ください。

キッチンリフォームの実例を見たいです。

かけた費用別に、「50万円未満」「50~100万円」「100~150万円」「150~250万円」「250万円超」に分けて、壁付けキッチンや対面式キッチンのリフォーム例を紹介しています。クリックしてそれぞれの紹介にジャンプできます。

システムキッチンの素材やオプションにはどんなものがありますか?

キッチンの素材やオプションの選択は、性能や価格に大きく影響します。天板などの素材には「人工大理石」や「ステンレス」などがあり、オプションとしては食洗機、浄水器、オーブンなどのビルトイン機器が挙げられます。くわしくはキッチンの素材・オプションの種類と価格をご覧ください。

【関連記事】
>>お風呂リフォームの費用相場
>>洗面台リフォームの費用相場
>>トイレリフォームの費用相場
>>水回りリフォームの費用相場

私のリフォーム費用はいくら?

※1時間以内に74人が ヌリカエで料金診断しました。
キッチンリフォーム あなたの場合の金額は?
TOPへカエル