FRP防水とは? メリット・デメリット、かかる費用を徹底解説

【投稿日】

【更新日】


本記事は、ご自宅のベランダや陸屋根(屋上)の防水工事をお考えの方に向けて、

・FRP防水とはどんな工事か?
・他の防水工事との差は何か?
・FRP防水を選ぶべき人は?

という判断できる解説を行いました。

特に、FRP防水「以外」の工事方法についても、特徴紹介と性能や費用の違いについて比較を行っています。
読者の方の希望に対して、FRP防水が向いているのか、そうでないのかを判断できる内容になるよう努めました。


本記事のポイント
  • FRPとは「防水用のプラスチック繊維」のこと
  • FRP防水は軽くて丈夫。防水性も高いのが特徴
  • FRP防水は費用が少し高いのと、施工できる場所をやや選ぶのが弱点

  • ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ



    1. FRP防水とは?

    1-1. FRPとは?

    FRPとは、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です。
    FRPは、バスタブや自転車のボディパーツ、ロケットなど、防水性に加えて「軽さと強度」が同時に求められる場面で使われています。

    1-2. FRP防水とは?

    [ 画像出典(キャプチャ元) ]

    FRP防水とは、木やコンクリートで作られた床の上にFRPを敷き、その上に樹脂を塗って硬化させる方法です。
    硬さの感じられる床面になります。
    住宅のベランダやバルコニーのほか、ビルやマンションの屋上などにも幅広く使われています。

    FRP防水の工程

    1. 床面の清掃
    2. プライマー(下塗り材)の塗布
    3. FRPを敷く
    4. ポリエステル樹脂を塗る
    5. 「3.」「4.」をもう一度繰り返す(重ね張り)
    6. 保護仕上げ材(トップコート)を塗る

    FRP防水の工事は、1~2日で済むのが特徴です。
    これは防水工事のなかで最も短い工期となります。

    2. FRP防水のメリットは?

    メリット① 高い水密性(防水性)

    FRPは風呂の浴槽や宇宙ロケットなど、建築物よりもはるかに防水性が求められるものにも使われている素材です。
    水を通さない力においては他の防水工法よりも高い「水密性」をもっています。

    メリット② 非常に丈夫

    FRP防水が施された床面は、固くて丈夫な仕上がりになるため、耐荷重性・耐摩擦性に優れています。
    そのため、人や車の往来が多い屋上駐車場にも使用される防水工法です。

    メリット③ 最も軽量

    FRP防水層は、1平米あたり4kg前後と他の防水層に比べて非常に軽量です。
    そのため、築年数が経った住宅のベランダなど、重さに弱いであろう住宅に向いています。

    メリット④ 工期が短い

    FRP防水は、塗膜の乾燥を待つ工程が少ないのも特徴です。
    唯一、乾燥待ちが必要なトップコートの樹脂も、数時間程度で乾燥します。
    そのため、トップコートを何層か塗り重ねる工事であっても、わずか1~2日で防水工事が完了します。

    3. FRP防水のデメリットは?

    デメリット① 費用がやや高め

    FRPは防水工事の方法のなかでも、施工費用・メンテナンス費用がやや高めです。
    詳しくは、次章で解説しています。

    デメリット② 施工場所をやや選ぶ

    FRP防水は、「木造」かつ「広い面積」(10㎡以上目安)の床面には施工できません。
    理由は、FRPの防水層は固くて伸縮性が少ないためです。
    もしそのような場所をFRP防水で工事すると、熱や湿度による変形ですぐにヒビが入ってしまう可能性があります。


    ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ


    4. FRP防水にかかる費用は?

    30年間でみた「FRP防水」にかかる維持費用

    メンテナンスは5~6年に一度、表面の樹脂(トップコート)を塗り替えていく作業を行います。
    FRP自体の寿命は10~12年です。
    30年間でみたメンテナンス費用は、1㎡あたり「24,300円」と、安さでは4工法中3位になります。

    【表:「FRP防水」の維持費用シミュレーション(30年間)】
    経過年数 メンテナンス内容 メンテナンス費用(1㎡単価)
    0年目 新規施工 約5,800円
    6年目 トップコート塗り替え 約2,300円
    12年目 寿命・張り替え 約5,800円
    18年目 トップコート塗り替え 約2,300円
    24年目 寿命・張り替え 約5,800円
    30年目 トップコート塗り替え 約2,300円
    累計 約24,300円

    FRP防水以外の工事との比較

    ベランダや陸屋根に用いられる防水工事には、FRP防水のほかに「ウレタン防水」「シート防水」「アスファルト防水」の3種類があります。
    それぞれにかかる費用と一緒に、メリット・デメリットも比べてみましょう。

    比較項目 FRP防水 ウレタン防水 シート防水 アスファルト防水
    メリット ・軽くて高耐久
    ・上を歩きやすい
    ・場所を選ばず工事可 ・施工費用、維持費用ともに安い ・高耐久
    デメリット ・メンテナンス間隔が短い
    ・伸び縮みに脆い
    ・耐用年数がやや短い ・場所をやや選ぶ ・重くて工事が大掛かり
    工事できない場所 ・木造かつ広い床面 ・幅広く施行可 ・凹凸や傾斜のある場所
    強風の多い場所
    ・高重量が想定されていない場所
    工事費用 4,000円~7,500円/㎡ 3,000円~7,000円/㎡ 2,500円~7,500円/㎡ 5,500円~8,000円/㎡
    維持費用(30年) 24,300円/㎡ 19,200円/㎡ 16,800円/㎡ 24,750円/㎡
    ▼「ウレタン防水」について詳しく知りたい方はコチラ
    >> ウレタン防水のメリット・デメリットは? 他の防水工事と特徴・費用を比較  

    5. FRP防水がオススメなのはどんな人?

    これまでご紹介した「メリット・デメリット」「費用の比較」をもとに、FRP防水がもっとも向いている場合を整理しました。

    「FRP防水」はこんな人にオススメ

    • ● 工事場所によく人が出入りする
    • ● 施工場所に重いものを置く

    「FRP防水」はこんな人には向かない

    • ✔ 床面が木造かつ面積が広い(15~20㎡以上)
    • ✔ メンテナンス間隔が短いとイヤ

    6. FRP防水工事をすすめる前に知っておきたいこと

    以上が、FRP防水工法についての解説と、他の防水工法との比較になります。

    最後に1点、FRPの防水工事を検討中の方によくある不安を解消したいと思います。
    防水工事をする際、業者の腕や提示費用に不安がある場合は、複数の業者から「相見積もり」をとることがオススメです。

    3社ほどの業者から相見積もりをとることで、

    • ・適正金額が見えてくる
    • ・業者の説明力や人柄が比べられる
    • ・感じの悪い業者を避けられる

    というメリットがあります。

    とくに、熟練した業者に依頼する必要性の高いウレタン防水をご検討中の場合、1社だけとやりとりをして決めてしまうのはややリスキーと考えられます。


    「そんなにたくさんの業者に心当たりがない…」という方は、よろしければこのページの相場チェックから、相見積もりの照会をぜひご利用ください。
    当サービスを経由して相見積もりをしていただいた方へのサービスとして、業者へのキャンセル連絡が必要な場合に、お客様にかわって当社が連絡をお引き受けいたします。

    相見積もりを進めていく中で「この業者は感じが悪いな」と思ったり、「他の業者に決めてしまった場合の連絡が気まずい」という場合も、喜んでご連絡を代行させていただきます。

    以上、本記事があなたのご自宅の防水工事の検討に役立てば大変幸いです。

    コラム:防水工事の用語集

    FRP防水に関わるもの以外にも、防水工事の種類や用語をまとめてみました。業者の説明や資料が分からない、防水工事について自分でもっと深く調べたい場合などにお役立てください。


    防水工法・関連用語など 用語の意味
    ウレタン防水 ウレタンゴムを床面に塗布して防水層を作る工法。耐用年数は10~13年程度。6~7年目にメンテナンス(トップコートの塗り替えなど)が必要。
    FRP防水 床面にプラスチック繊維を敷いたあとに樹脂で固めて防水層を作る工法。耐用年数は10~13年程度。5~6年目にトップコートの塗り替えが必要。
    アスファルト防水 床面にゴム系のアスファルトを溶かしながら敷いて防水層を作る工法。屋根・室内・地下などに使われる。重量があるため、ベランダには使われない。耐用年数は10~15年程度。6~7年目にトップコートの塗り替えが必要。
    アクリルゴム防水 一般的に外壁に使用される。ベランダには使われない。耐用年数は10~15年程度。
    セメント防水 床・壁・木造のベランダ・水槽・地下防水などに使用される。ベランダには使われない。耐用年数は10~15年程度。
    塩化ビニル系シート防水 シート防水の中では近年主流になっている。歩行可能で、小規模な建物や戸建て住宅・小面積の屋上などに多く採用されている。耐用年数は13~20年程度。
    合成ゴム系シート防水 シート防水の一種。かつては屋上で多く採用されていたが、密着工法のみで複雑な形状に対応しにくく、近年はあまり採用されていない。耐用年数は10~15年程度。
    ポリオレフィン系シート防水 屋上の防水工事で使用される。耐用年数は10~15年程度。
    エチレン酢酸ビニル樹脂系シート防水 屋上の防水工事で使用される。耐用年数は10~15年程度。
    塗膜防水 液状の樹脂などで防水層をつくる工法。「ウレタン防水」「FRP防水」などが当てはまる。
    複合防水 塗膜とシートの両方を用いて防水層を作る工法。
    メンブレン防水 建物の表面を皮膜で覆う防水工法の総称。特定の防水工法ではない。「FRP防水」「シート防水」「ウレタン防水」ともにメンブレン防水に含まれる。メンブレン防水以外には、壁材などのつなぎ目を線状に埋めて防水する「シーリング防水」がある。

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ



    塗装・防水工事 あなたのお家は一戸建てですか?

    関連記事

    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル