【屋根塗装の相場】300人の利用実績でみるリアルな費用相場 | 最も多い費用は?

【投稿日】

【更新日】

本記事では300件のヌリカエ利用者の実績をもとに、一戸建ての屋根塗装の費用相場を公開します。 また、費用相場だけでなく屋根塗装を成功に導くために必要不可欠な「安く・品質高く屋根塗装するコツ」・「業者選定のコツ」も解説します。

安心して、適正価格で屋根塗装をするために、リアルな費用相場を見ていきましょう。


【公開】300人の屋根塗装の相場はいくら?
目安価格帯は30万円~70万円

まず、戸建て住宅の屋根塗装の費用相場をみてみましょう。 以下の図は、ヌリカエの300件以上のデータをもとにした、屋根塗装の費用分布です。

【図:屋根塗装工事を行ったヌリカエ利用者の工事費用分布*】

※上記グラフの価格は、30坪~80坪の住宅が対象で、足場設置費用も含みます
ヌリカエ利用者の実績をもとに筆者作成

屋根塗装を行った場合、「30万~70万円が屋根塗装の相場目安」となります。

そして、最も多い価格帯は40万~50万円でした。これらの価格が目安となるでしょう。

屋根塗装の相場はなぜバラつきがあるのか?

屋根塗装の相場は30万~70万とご紹介しました。「費用に結構なバラつきがあるけど、なぜ?」と思われた方が多いのではないでしょうか。

屋根塗装は、「屋根材に使用する塗料」・「⾜場の設置費用」、「職人の人件費」が費用の原価になります。屋根の塗装プランに応じて、塗料の種類(グレード)は異なりますし、塗る面積も屋根の形状等によって⼤きく異なります。 また、職⼈や営業マンの⼈件費も、業者それぞれの考え⽅や経営⽅針によって様々に変わってきます。

そのため、外壁塗装の相場は⾮常に「条件次第」となり、費用もケースバイケースとなります

【図:屋根塗装の原価の構成要素】

実際の屋根塗装の相場は80万~120万?その理由とは

上記で屋根塗装の相場は「30万~70万」と解説しましたが、ヌリカエを利用される多くの方は、「最初は屋根塗装だけで検討していたが、同時に外壁塗装もすることにした」というケースが多いです。

外壁塗装と屋根塗装を同時にした場合の費用相場は「80~120万」*となります。

【図:坪数別 外壁・屋根塗装の平均費用】


日々、お客様から屋根塗装の相談を受けている我々としては、屋根と同時に外壁塗装するケースが多いため、「80万~120万程度の費用はかかる可能性がある」、こう考えるのがよいのではないかと考えます。

なぜ、屋根塗装と外壁塗装を同時にするケースが多いのかは「工事のコツ:外壁塗装と同時にする」で解説します。

*ヌリカエの1000人以上の利用者の実績に基づきます。詳しい費用の解説については以下の記事をご覧ください

本章のまとめ ●屋根塗装の目安は30万~70万
●ただし、相場は条件次第。塗料・足場費用・業者の方針により費用は大きく変動する
●外壁塗装と同時にした場合は80万~120万が目安の費用となる

【事例】:ケース別 屋根塗装の費用

上記で述べた通り、使用する塗料・屋根の大きさ・業者の方針・・・等々により実際の費用は異なります。 そこで、実際にヌリカエでの施工事例を2つご紹介します。

ご自宅に近いケースがあれば、ぜひご参考にしてください。

ケース①:屋根塗装工事のみをしたケース

項目 内容
家の大きさ 50坪
屋根材 スレート屋根
屋根の塗装面積 86㎡
使用塗料 ASTEC スーパーシャネツサーモSi(3回塗り 2,200円/㎡)
状況 築10年経過し、スレート屋根にコケ・汚れが発生。 遮熱性のある塗料を使用
費用 702,853円
工事名称・内訳 数量 単位 単価 金額(円)
仮設工事
仮設足場工事 225 800 180,000
屋根塗装工事
スーパーシャネツサーモSi 92 2,600 239,200
タスペーサーW工法 86 300 25,800
付帯部
軒天塗装工事 35 1,500 52,500
破風板塗装 65 900 55,800
雨戸戸袋塗装 12 1,500 14,400
雨樋塗装 83 300 24,900
高圧洗浄
高圧洗浄機使用(バイオ洗浄) 86 200 17,200
諸経費
上記金額合計の5% - - - 30,990
小計(税込み) 702,853

ケース②:30坪の戸建てで屋根塗装+防水工事をしたケース

項目 内容
家の大きさ 30坪
屋根材 スレート屋根
屋根の塗装面積 86㎡
使用塗料 SK化研 ヤネフレッシュSi(3回塗り 2,400円/㎡)
状況 築15年経過し、スレート屋根にひび割れが発生。
下地も劣化しているため補修工事を実施
費用 779,400円
工事名称・内訳 数量 単位 単価 金額(円)
仮設工事
仮設足場工事 187 900 74,800
屋根塗装工事
下塗り マイルドシーラーEPO 60 800 48,000
中塗り ヤネフレッシュSi 60 800 48,000
上塗り ヤネフレッシュSi 60 800 48,000
縁切り工法 60 300 18,000
防水工事
コーキング 撤去・新設・打増 200 9,00 180,000
防水 ベランダ・玄関↑ FRP防水 1 80,000 80,000
雨樋 シリコン塗装 38 800 30,400
鉄部 水切りシャッターBOX4個 1 50,000 50,000
軒天・破風 1 65,000 65,000
木部(窓・玄関・玄関扉周り木部) 1 80,000 80,000
ポリカーボネート脱着 1 20,000 20,000
高圧洗浄
高圧洗浄機使用(バイオ洗浄) 86 200 17,200
諸経費
産業廃棄物処理費 1 20,000 20,000
小計(税込み) 779,400

品質高く・安く屋根塗装するコツとは?

「できることなら、安く・品質よく屋根塗装をしたい」、多くの方はこのようにお考えでしょう。 魔法の杖はありませんが、以下の4点を抑えることで、屋根塗装を安く・品質高く実現できると考えております。

品質よく・安く屋根塗装するコツ ①大規模な工事になる前に屋根は定期的にメンテナンスをする
②外壁塗装と同時にやる
③実績のある専門業者に依頼する
④補助金が使えないか?自治体に確認する

以下、説明いたします。

定期的なメンテナンスをする

屋根塗装をせず放置した場合、屋根の防水性が失われ、雨水が浸入して雨漏りを起こして建物の内部を傷めてしまいます。 そのため、屋根材を新しいものに交換する「カバー工法」や「葺き替え工事」をする必要がでてきて、高額なリフォームとなることがあります。

新しい屋根材に変える工事の場合、塗装の2倍~4倍ほどの費用がかかるため、長期的に見た場合は屋根を放置せずに定期的にメンテナンスすることで費用を抑えることができます。

以下、各屋根材の塗り替えのするタイミングの目安・耐用年数を紹介します。屋根の防水性を保ち、大規模な工事になることを防ぐために、定期的なメンテナンスを心がけましょう。
*屋根材をクリックすると各屋根材について解説した記事に移ります

【表:住宅向け屋根材 簡易比較表】
項目 スレート屋根 ガルバリウム鋼板(金属屋根) 陶器瓦(釉薬瓦) アスファルトシングル
外観
耐用年数 25年~30年 25年~30年 50年~60年 20年~30年
塗装の目安 10年~15年ごと 20年ごと メンテナンスフリー 10年~15年ごと
※耐用年数はメーカーの公表値を参考にしています

屋根材の種類について、詳しく以下の記事で解説しているので、そもそもどんな屋根材があるの?という方はご覧ください

工事のコツ:外壁塗装と同時にする

「外壁も同時に塗装したら、余計に費用がかかるのでは?」初めての方はこのように思うかもしれませんが、屋根と外壁を一緒に塗装することはむしろ費用を安く抑えるメリットがあります。理由は、「足場」が一石二鳥になるからです。

屋根・外壁塗装は高所での作業が多く、常に転落の危険性と隣り合わせです。 そのため、国が定めた労働安全衛生法では、2m以上の高所で作業をするときは安全対策として、足場の設置が義務づけられています。戸建住宅はたとえ平屋であっても外壁は2m以上となるため、住宅の外壁塗装では、職人の安全を守るためにも足場は必ず設置しなければなりません。

さて、お気づきの方も多いかと思いますが屋根と同様、外壁も10年程度を目安に塗装をする必要があります。 そのため、屋根塗装のタイミングで外壁も塗装することで、別々に工事をするよりも足場の費用を抑えることができます

一般的な戸建住宅の大きさである30坪で屋根・外壁塗装をした場合、足場費用は15万~20万程度となるため、その分費用が安く・お得になります。

業者選びのコツ:実績のある専門業者に屋根の診断を依頼する

「ハウスメーカーから定期診断の際に屋根塗装を薦められたので、そのままお願いしようと思う」、このように「安心・安全なイメージがある」「定期点検で案内がきたから」という理由で、ハウスメーカーなどの⼤⼿リフォーム業者に⼯事を依頼する⽅は少なくありません。

しかし、正直なところ、⼤⼿業者はあまりオススメできません。理由は2点あります。

①高額な中間マージン




⼤⼿業者は、地元の名もない下請け業者に⼯事を依頼し、⼯事⾦額に上乗せした50万円〜150万円程度の⼿数料を工事費用にのせています。

そのため、同じ工事内容でも金額が割高となります。

もちろん、全ての下請け施工が悪いわけではありませんが、「あわよくば品質も良くて価格も安い業者に頼みたい」というのが正直なところではないでしょうか?

②施工品質の高さ

施工の品質を重要としている業者であれば、「営業力」「広告宣伝」よりも品質を高めるために、職人教育に力を入れています。

なぜなら、ブランド力や集客ノウハウで大手企業に劣るため、品質の高さを「ウリ」にするからです。

上記の理由から、⼤⼿業者に安易に⾶びつかず、

・塗装を専⾨としている
・自社施工をしている
・施工実績が豊富

これらを満たしている業者に屋根塗装を頼むことが「品質高く・安く」することにつながります。

補助金が使えないか?自治体に確認する

意外に知られていない外壁塗装をお得にする方法として、自治体の「補助金・助成金を活用する」方法があります。

地域により、細かい条件や金額は異なりますが、外壁・屋根塗装は補助金の対象となるケースがあり、多くは断熱・遮熱塗料のような省エネ効果のある塗料を使用することを条件にしたケースが多いです。

そのため、まずはお住まいの自治体でどのような補助金・助成金制度があるのか調べることをおススメします。 外壁塗装が補助対象となっている場合は、条件にあうか確認して、補助金の申請を検討することをオススメします。

外壁塗装の補助金を受け取るための条件・自治体の制度の検索方法については、詳しく以下の記事で解説しているので、補助金に興味がある方はご覧ください

相場が分かれば、何をすべきか?

さて、屋根塗装の費用相場がわかれば次に屋根の診断と業者選定を始めることおススメします。 当然、ただやみくもにすればいいわけではございませんので、ステップごとに何をすればよいか説明します。

Step1.専門業者に診断を依頼しよう。いい診断が、いい工事に繋がる

屋根の劣化状況を自分で調査するのは時間と労力がかかります。また、不具合を発見したからといって「屋根塗装する必要性が本当にあるのか?」素人で見極めるのは、非常に難しいです。

外壁であれば、自分で触ってみてチョーキングや剥がれなど、塗装が必要な劣化のサインを見つけやすいですが、屋根は目に見えない部分が多いため、プロに診断して「屋根塗装すべきか?」判断してもらうことをオススメします

もちろん、「業者選びのコツ」で解説したとおり、診断してもらうのは大手業者ではなく、実績のある専門業者にしてもらうことをおススメします。

Step2.複数の業者を比較検討する

一般的な大きさである30坪の戸建住宅で屋根塗装を施した場合、目安の価格は30万~70万となります。この30万~70万という⾦額帯の中では、「安いほど質が悪い、⾼いほど⾦額が良い」とは⾔えず、しっかりと相⾒積もりをして「良い業者を探せたかどうか」が最終的な工事の満足度を左右します。

そのため、「付き合いのあるハウスメーカー1社のみ」・「知り合いの業者」だけではなく、複数の業者に相談し見積もり取得することをおススメします。

Step3.焦らず、じっくり検討して信頼できる業者を選定する

屋根の診断・複数業者の比較ができれば、じっくりと検討し「信頼できる業者」を選定しましょう。屋根塗装を成功させるために何よりも⼤事なことは、「焦って契約をせず、じっくりと考える」ことです。

慌てて⾒積もりを取って悪徳業者に騙されてしまう、などどいうことにならないためにも、ぜひ、早めに複数の専門業者に相談し、相⾒積もりを試していただけたらと思います。

【補足】火災保険を使ってゼロ円で
屋根塗装ができるケースとは?

火災保険とは、建物・家財の損害を補償してくれる保険です。 屋根は建物に該当するため、火災保険を適用することができます。以下の様な被害を被った場合は、火災保険により屋根塗装の費用に対して保険金がおりる可能性があります。

・火災による損害
・台風・落雷・破裂・爆発・風・ひょう(雹)・雪災による損害
*洪水・高潮・集中豪雨などによる土砂崩れなどの水害は適用外となります

なお、「火災保険に適用かどうか?」を判断する人は、申請者でも保険会社でも塗装業者でもありません。火災保険を申請すると、調査のために損害保険登録鑑定人と呼ばれる専門家が保険会社から派遣され、鑑定と審査が行われます。

そのため、台風などの被害にあった場合は、まず屋根修理業者に連絡することがオススメです。 火災保険の取り扱い経験のある専門業者であれば、保険会社への申請の出し方などをアドバイスしてくれます。

火災保険の条件や申請については以下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

最後に:迷ったら、業者選びのプロにご相談を

屋根塗装、業者選びで迷うなら‥

本記事を通して、屋根塗装の費用相場について理解してもらえたでしょうか?

屋根塗装の費用相場がわかれば、次に実績のある優良業者から提案を受けることをおススメします。
私たちヌリカエは、無料での相談窓口を設置しており、お客様の要望に沿って全国の優良業者の紹介を行っています。

インターネットサービスでの紹介は不安だと感じる方もいるため、窓口で以下のようなご質問を頂くこともあります。

「強引な営業電話が来たりしないの?」
「紹介業者から見積もりをもらったら、断れないのでは?」

このような事を不安に思われる方がいますが、一切ないのでご安心ください。

私たちのサービスが提供することは以下です。

塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリング
あなたの地域の優良業者を複数ご紹介、見積もりを複数比較できる
・業者へお断りの連絡代行

もちろん、「まだ検討段階で屋根塗装する予定はない」という方でも問題ございません。

屋根の塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、どんな方でも気軽にお問い合わせください。


関連記事

関連サービス

ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください
TOPへカエル