屋根塗装の相場はいくら? あなたの家の坪数でしっかりガイド

【投稿日】

【更新日】



本記事では、ヌリカエ利用者300人のデータをもとにした、一戸建ての屋根塗装の費用相場を公開します。

屋根の塗装費用は、費用の相場化が難しい情報とされています。
なぜならば、同じような大きさの家でも、屋根の形状や傾斜によって作業量が異なるため、坪数と費用が関係しないからです。
同じ坪数の家でも、屋根塗装の費用が20~40万円の差がでる場合も、少なくありません。

そこで本記事では、ヌリカエユーザーの実際の施工価格を統計化して「もっとも信頼できる屋根塗装の費用相場」を作成しました。
ご自分のお宅の広さが分かれば、「他の多くの方はどのくらいの金額で済んだか」がわかるようになっています。

また、300人のデータから分かった、屋根塗装の費用節約方法や、お得に塗装ができたワザなどもご紹介したいと思います。

はじめて屋根塗装をお考えの方、上がってきた見積額が妥当かどうかを確かめたい方、節約のコツを知りたい方に、お役立ていただければ幸いです。

Point
  • 屋根塗装の相場は、30坪の住宅で「40~50万円」がもっとも一般的。
  • 足場が必要な他のリフォームを同時に済ませるとお得。
  • 屋根の形状や傾斜により、同じ坪数の家でも費用が大きく変わるので注意。

  • 1. 屋根塗装、みんなの工事費用はどのくらい? 300人データ公開

    ・ヌリカエ利用者が支払った屋根塗装の費用は「40~50万円」が最多
    ・世間の相場より10万円ほど安い。相見積もりのメリットが出た結果

    まず、戸建て住宅の屋根塗装の費用相場をみてみましょう。 以下の図は、ヌリカエの300件以上のデータをもとにした、屋根塗装の費用分布です。

    【図:屋根塗装工事を行ったヌリカエ利用者の工事費用分布*】

    ※上記グラフの価格は、30坪~80坪の住宅が対象で、足場設置費用も含みます。

    まずは、住宅の坪数を区別せず、300人全体の屋根塗装をもとに傾向を出しました。
    その結果、最も多い価格帯は40万~50万円でした。

    ボリュームゾーンの30万~70万円が、屋根塗装の相場目安となるでしょう。


    世間の相場は実は「60万円」。ヌリカエユーザーが安く済んだ理由

    ネットの口コミや他の記事をみると、屋根の塗装には「だいたい40~80万円かかった」という声が多くあります。
    悪徳業者による高額な工事費用が平均を底上げしているにしても、ヌリカエユーザーの平均に比べると、高い金額です。

    ヌリカエユーザーが安く屋根塗装を済ませられた理由は、
    ・施工店に直接依頼できるので、中間マージンがかからない
    ・相見積もりで複数の業者の価格を比べるので、良心的な業者に出会いやすい
    ことが挙げられます。

    家の大きさが費用の目安にならず、業者の得意・不得意も大きい屋根工事をするにあたっては、「相見積もり」をとって価格やその説明に納得のいく業者に出会う確率を増やすくことが、非常に重要。



    2. 自分の家の屋根塗装の費用相場は? 30坪・40坪・50坪の例

    ・30坪で「35万」、40坪で「43万」、50坪で「47万」が大まかな目安
    ・屋根塗装の価格を決めるのは「屋根面積」「塗料」「屋根の凹凸」

    続いて、建物の坪数の費用傾向を見ていきましょう。

    屋根塗装の施工費用を決めるのは、
    ・屋根面積(坪数にある程度比例)
    ・使用する塗料(ウレタン、シリコン、フッ素等)
    ・屋根材(凹凸の有無で、面積に対する塗料の使用量が変化)
    の、おもに3つの要素です。

    屋根の塗料は、価格が高いものほど耐用年数が長くなる傾向があります。
    安いものほど工事費用が安くなりますが、同じ期間で見た工事回数(メンテナンス費用に直結)は高くなります。

    グレード 耐用年数 材工価格 特徴
    アクリル樹脂 5~6年 1,400~1,600円 塗り替えには
    あまり使われない
    ウレタン樹脂 6~8年 1,700~2,200円 防水性に優れる
    シリコン樹脂 8~12年 2,300~3,000円 費用と耐用年数の
    バランスが良い
    フッ素樹脂 15~20年 3,800~4,800円 樹脂としては
    もっとも高級

    *「耐用年数」は屋根に塗装した場合。

    塗料のグレードと特徴について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    屋根の凹凸による塗装係数について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。


    「平らな屋根」の塗装費用相場【30坪~50坪】

    平滑な屋根とは、スレート、コンクリート瓦、ガルバリウム、瓦棒葺きトタンなどが当てはまります。
    ほとんどの場合はこの分類に当てはまります。

    坪数 屋根面積目安 ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料
    30坪 60㎡ 35万円 37万円 52万円
    35坪 70㎡ 39万円 41万円 59万円
    40坪 80㎡ 44万円 46万円 66万円
    45坪 90㎡ 48万円 50万円 73万円
    50坪 100㎡ 52万円 55万円 80万円


    【30坪】の屋根塗装工事の費用

    30坪・屋根面積45㎡の費用例

    屋根材 ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料
    平滑な屋根全般(スレート等) 324,280円 351,505円 438,350円
    トタン屋根 382,650円 415,030円 517,253円
    洋風コンクリート瓦 324,280円 351,505円 438,350円

    費用内訳の例(スレート屋根)

    屋根塗装
    費目 単価 数量 金額 備考
    足場代 750円 200㎡ 187,500円
    養生代 200 200(㎡) 40,000円
    塗装材工費 2200 45(㎡) 99,000円 シリコン塗料を使用の場合
    業者諸経費 - - 29,050円 10%
    合計 - - 351,505円 消費税10%込み

    屋根塗装には、塗料の価格と塗装人件費以外にも、「足場代」「周囲の養生代」「業者経費」が必要です。
    費用は、もっとも安価な「平滑な屋根・ウレタン塗料」の場合で「324,280円」、もっとも高価な「トタン屋根・フッ素塗料」の場合で「517,253円」となっています。
    30坪の場合では、内訳のほとんどを足場代が占めていますが、安全性・精度の面からも「足場ナシでの屋根工事」は考えないようにしてください。

    また、屋根のリフォーム時に用いられることがほとんどない「アクリル塗料」については、データがないため以降の解説でも割愛しています。


    【40坪】の屋根塗装工事の費用

    40坪・屋根面積60㎡の費用例

    屋根材 ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料
    平滑な屋根全般(スレート等) 391,435円 434,995円 551,155円
    トタン屋根 461,893円 513,294円 650,362円
    洋風コンクリート瓦 391,435円 434,995円 551,155円

    費用内訳の例(スレート屋根)

    屋根塗装
    費目 単価 数量 金額 備考
    足場代 750円 200㎡ 187,500円
    養生代 200 200(㎡) 40,000円
    塗装材工費 2200 60(㎡) 132,000円 シリコン塗料を使用の場合
    業者諸経費 - - 35,950円 10%
    合計 - - 434,995円 消費税10%込み

    40坪の住宅の場合では、もっとも安価な「平滑な屋根・ウレタン塗料」で「391,435円」、もっとも高価な「トタン屋根・フッ素塗料」の場合で「650,635円」となっています。
    屋根面積(目安)が60㎡に達し、塗料代の占める割合が大きくなってきました。


    【50坪】の屋根塗装工事の費用

    50坪・屋根面積75㎡の費用例

    屋根材 ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料
    平滑な屋根全般(スレート等) 420,475円 474,955円 620,125円
    トタン屋根 496,160円 560,446円 731,747円
    洋風コンクリート瓦 420,475円 474,955円 620,125円

    費用内訳の例(スレート屋根)

    屋根塗装
    費目 単価 数量 金額 備考
    足場代 750円 200㎡ 187,500円
    養生代 200 200(㎡) 40,000円
    塗装材工費 2200 75(㎡) 165,000円 シリコン塗料を使用の場合
    業者諸経費 - - 35,650円 10%
    合計 - - 474,955円 消費税10%込み

    50坪の住宅の場合では、もっとも安価な「平滑な屋根・ウレタン塗料」で「420,475円」、もっとも高価な「トタン屋根・フッ素塗料」の場合で「731,747円」となっています。
    足場代・養生代はほぼ固定であるぶん、屋根の塗料代が大きく価格に影響を与えています。



    3. 相場並みの費用でどこまで直せる? 同時にメンテナンスすると安くなる箇所は?

    ・屋根塗装に合わせて、屋根付近の修繕を済ませると長い目で見てお得になる
    ・「雨どいなどの修理」「ベランダ防水補修」「外壁の塗替え」などを同時に済ませる場合が多い

    前述の通り、屋根の塗装工事には「足場代」がかかります。
    そのため、数年以内に必要になる修理・修繕の目処が立っている場合は、屋根塗装と同時に済ませることで足場代を節約することができます。

    ヌリカエユーザーで多く見られるのは「雨どいの修繕」「ベランダ防水塗膜の補修」「外壁の塗装」です。
    それぞれ、個別にかかるはずだった足場代と養生代「約20万円」が節約できる計算になります。
    費用例は以下のとおりです。


    「屋根塗替え」+「付帯部分」+「ベランダ防水」

    30坪住宅・屋根面積86㎡・シリコン塗料使用・スレート屋根の場合

    項目 内容
    家の大きさ 30坪
    屋根材 スレート屋根
    屋根の塗装面積 86㎡
    使用塗料 SK化研 ヤネフレッシュSi(3回塗り 2,400円/㎡)
    状況 築15年経過し、スレート屋根にひび割れが発生。
    下地も劣化しているため補修工事を実施
    費用 779,400円
    工事名称・内訳 数量 単位 単価 金額(円)
    仮設工事
    仮設足場工事 187 900 74,800
    屋根塗装工事
    下塗り マイルドシーラーEPO 60 800 48,000
    中塗り ヤネフレッシュSi 60 800 48,000
    上塗り ヤネフレッシュSi 60 800 48,000
    縁切り工法 60 300 18,000
    防水工事
    コーキング 撤去・新設・打増 200 9,00 180,000
    防水 ベランダ・玄関↑ FRP防水 1 80,000 80,000
    雨樋 シリコン塗装 38 800 30,400
    鉄部 水切りシャッターBOX4個 1 50,000 50,000
    軒天・破風 1 65,000 65,000
    木部(窓・玄関・玄関扉周り木部) 1 80,000 80,000
    ポリカーボネート脱着 1 20,000 20,000
    高圧洗浄
    高圧洗浄機使用(バイオ洗浄) 86 200 17,200
    諸経費
    産業廃棄物処理費 1 20,000 20,000
    小計(税込み) 779,400

    屋根塗装に加えて、雨どい・ベランダ防水・軒天などの「付帯部分」の補修・交換を同時に依頼した場合の費用例です。
    屋根の塗替えと同時に、まわりの部品も一新されることで、美観もよくなるでしょう。


    「屋根塗替え」+「外壁の塗替え」の場合

    30坪住宅・屋根面積50㎡・シリコン塗料使用・スレート屋根の場合

    項目 内容
    家の大きさ 30坪
    屋根材 スレート屋根
    屋根の塗装面積 50㎡
    使用塗料 日本ペイント サーモアイSi(3回塗り 2,300円/㎡)
    日本ペイント パーフェクトトップ(3回塗り 2,200円/㎡)
    状況 築15年経過し、スレート屋根にひび割れが発生。
    屋根の塗替え時期も来ているため、一括塗装を依頼。
    費用
    工事名称・内訳 数量 単位 単価 金額(円)
    仮設工事
    仮設足場工事 200 750 150,000
    高圧洗浄
    高圧洗浄機使用(バイオ洗浄) 170 200 34,000
    屋根塗装工事
    下塗り マイルドシーラーEPO 50 800 40,000
    中塗り ヤネフレッシュSi 50 800 40,000
    上塗り ヤネフレッシュSi 50 800 40,000
    縁切り工法 50 300 15,000
    外壁塗装工事
    下塗り パーフェクトフィラー 120 600 72,000
    中塗り パーフェクトトップ 120 800 96,000
    上塗り パーフェクトトップ 120 800 96,000
    諸経費
    業者諸経費 10 % - 44,800
    小計(税込み) 542,080

    屋根面積、外壁面積ともにコンパクトな住宅の「屋根+外壁」塗装の費用例です。
    屋根塗装に、外壁塗装を合わせて依頼する場合のほぼ下限の金額と言えるでしょう。



    4. 相場より安くおさえる方法は? 削ってはいけない費用は?

    前章の「足場が必要な工事を同時に済ませる」というテクニック以外に見つけた、屋根塗装を含むリフォーム費用を抑える秘訣をご紹介します。
    また、反対に必要以上に安くおさえると後悔することが多い費用もご紹介します。


    屋根塗装の費用を安くすませる4つの方法

    ① 相見積もりをとる

    屋根工事は、業者によって得意・不得意の差が激しく、同じ工事でも依頼先によって大きく費用が変わってきます。
    それを踏まえて、最低でも3社からは見積もりをとり、費用や説明の誠実さなどを比較することで、安く確実な施工に繋がります。


    ② トラブルが起きる前にメンテナンスをする

    屋根塗装で行えるのは、美観の回復も含めた「異常が起こる前のメンテナンス」が主になります。
    実際に異常がおこった場合の、屋根材の全交換工事(「葺き替え」)は、費用が約200万円と、塗装の4倍程度になることも珍しくありません。
    屋根材の交換まで必要な異常が起こる前に、定期的なメンテナンスをすることで、結局は住宅の維持コストを下げることが出来ます。

    各屋根材の塗り替えタイミングは以下のとおりです。


    *屋根材の名前をクリックすると各屋根材について解説した記事に移ります
    【表:住宅向け屋根材 簡易比較表】
    項目 スレート屋根 ガルバリウム鋼板(金属屋根) 陶器瓦(釉薬瓦) アスファルトシングル
    外観
    耐用年数 25年~30年 25年~30年 50年~60年 20年~30年
    塗装の目安 10年~15年ごと 20年ごと メンテナンスフリー 10年~15年ごと
    ※耐用年数はメーカーの公表値を参考にしています

    屋根材の種類について、詳しく以下の記事で解説しているので、そもそもどんな屋根材があるの?という方はご覧ください


    ③ 中堅の施工店に直接依頼する


    新築時のハウスメーカーに依頼するよりも、地域の施工店に直接依頼をしたほうが、工事の品質は変わらずに、価格は安く工事をすることができます。
    その理由は、ハウスメーカーや大手の施工店にリフォームを依頼しても、「結局施工に訪れるのは地域の中小の施工店である場合が多い」からです。
    施工をする工務店に直接依頼をすることで、ハウスメーカーがとる中間マージンを発生させずに、同様の工事を受けることができます。


    ④ 自治体の助成金を利用する

    「遮熱塗料」と呼ばれる、省エネ効果の期待できる塗料で屋根を塗装することで、約10~30万円の補助金を受け取れるケースがあります。
    「高反射率塗料等材料費助成」などの制度名で、お住いの自治体のホームページなどを調べてみてください。

    屋根塗装で受け取れる助成金について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    コラム:屋根の塗装で「火災保険で修理できる」と言われている場合は要注意

    屋根の工事で保険が使えるのは、台風などの風災被害の原状回復のためである場合が原則です。
    そのため、屋根材の補修にまでは至らないことがおおい「塗装」では、保険金が下りるケースはまずありません。万一、保険金が下りることを売り文句に、塗装工事を勧められている場合は、悪徳業者の可能性が高いと思われます。そのため、その業者とはすぐに契約せずに、他の業者から見積もりをとってからご判断ください。


    屋根塗装で、削ってはいけない費用

    ズバリ「点検費用」!

    「無料点検をします」は、悪徳業者に多い営業手口です。
    屋根の劣化やトラブルは、見えない部分に原因がある場合も多く、経験を持つプロでも時間がかかる作業です。
    それを考えると、無料点検をうたう業者の怪しさが分かってくるはずです。

    「足場代を無料にします」も悪徳業者のサイン

    同じく、「足場代をサービスします」という文句も、訪問営業系の悪徳業者に多い売り文句です。
    大掛かりな部材と、組むための技術が必要な作業が無料で済むのはおかしいはずです。家主の判断力を奪うための定番フレーズとなっています。


    5. 自分の家の屋根面積を知るには? 計測や図面なしで知る方法はある?

    屋根塗装の費用に大きく関わる「屋根面積」。
    しかし、家によって形状や傾斜がさまざまであるため、業者の実測前に面積を知るのは難しいと、繰り返しお伝えしてきました。

    しかし、あくまで目安ではありますが、「1階面積」が分かれば、屋根面積の概算を知ることはできます。
    勾配が緩めの屋根ならば「1階面積✕1.2」、勾配が急ならば「1階面積✕1.5」が、屋根面積にあてはまる傾向があります。

    屋根面積の計算方法について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。



    最後に:屋根塗装の決断前にこそ、費用の相見積もりをオススメする理由

    「屋根塗装の費用と節約のコツ」について、内訳や事例なども交えてご説明してきました。
    最後に、一番注意をしていただきたい話をお伝えしたいと思います。

    塗装に限らず、屋根の工事は「相見積もりをとる前に決断をしないほうが無難」ということです。

    その理由は、屋根の工事は、業者による得意・不得意の差が激しく、自分たちの得意な工法のなかでしか提案をしない業者も残念ながらあるため、最適ではない工事に誘導されるケースが起こりやすいからです。

    とくに、
    ・屋根塗装を勧めてきたのが訪問営業の業者である(悪徳業者が多い)
    ・部分的な修理で済むと思っていたのに、屋根全面の塗装を提案されている

    場合などは、できれば3社ほどは調査・見積もりをとることを強くオススメします。

    本記事が、屋根塗装をご検討中の方々のお役に立てば幸いです。




    関連記事

    屋根塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    TOPへカエル