ヌリカエ外壁塗料メーカーはどこがいい?特徴・代表的塗料・オススメを公開!

外壁塗料メーカーはどこがいい?特徴・代表的塗料・オススメを公開!

【投稿日】

【更新日】


「どんな塗料メーカーがあるのか知りたい」
塗料メーカーについて調べた人は、こんな疑問が湧いてきませんか?

この疑問を解決するために...
塗料メーカー9社の特徴をまとめてみました!

さらに、どの塗料メーカーが良いのか分からない人のために...
ヌリカエが選ぶ、おすすめの塗料メーカーを紹介しています。

最後まで読めば、自分にぴったりな塗料メーカーの選び方も解説しているので、ぜひ、ご覧ください。


Point
  • 外壁塗料メーカー9社
  • ▶ 日本ペイント
    ▶ 関西ペイント
    ▶ エスケー化研
    ▶ ロックペイント株式会社
    ▶ 神東塗料株式会社
    ▶ アステックペイント
    ▶ AGCコーティック
    ▶ 日進産業
    ▶ 菊水化学工業

  • ヌリカエが選ぶBEST:3
  • 【1位】日本ペイント
    【2位】日進産業
    【3位】ロックペイント

  • 塗装メーカーの選び方
  • ▶ ブランド力があるか?
    ▶ 最新技術を使っているか?
    ▶ コストを抑えているか?

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    1.外壁塗料メーカー9社と特徴

    主な外壁塗料メーカー9社をまとめてみました。以下をご覧ください。

  • 日本ペイント
  • 関西ペイント
  • エスケー化研
  • ロックペイント株式会社
  • 神東塗料株式会社
  • アステックペイント
  • AGCコーティック
  • 日進産業
  • 菊水化学工業
  • それでは、塗料メーカーの詳しい特徴を見てみましょう。

    1.1. 【日本ペイント】

    日本ペイントは1881(明治14)年創立(前身は光明社)の老舗メーカー。日本初の塗料メーカーであり、137年に渡り塗料業界をけん引するリーディングカンパニーです。

    汎用塗料(住宅から大型建造物まで)・自動車用塗料・工業用塗料・船舶用塗料・家庭用塗料などを製造販売。日本国内にとどまらず海外にも幅広く展開しています。

    1.2. 【関西ペイント】

    関西ペイントは1918(大正7)年創立。日本ペイントに次ぐ歴史のある塗料メーカーです。

    1926年には国産初のラッカー「セルバ」を発売。建築用塗料・防食用塗料・自動車補修用塗料・工業用塗料・船舶用塗料などを製造販売する総合塗料メーカーです。

    1.3. 【エスケー化研】

    エスケー化研は1955(昭和30)年創立。2017年度の建築仕上げ塗材の国内シェアは53%に達し、建築塗材においては最も多く採用されているメーカーです。

    エスケー化研は建築仕上げ塗材事業の他、耐火断熱材事業・各種化成品や省エネ型建材等の製造・販売なども行っています。

    1.4. 【ロックペイント株式会社】

    ロックペイントは1931(昭和6)年創立の総合塗料メーカー。ラッカー性塗料の製造から始まり、車両用塗料・建築用塗料・工業用塗料・家庭用塗料を製造販売。

    特に車両塗料分野では国内業界でトップクラスを誇るブランドです。

    1.5. 【神東塗料株式会社】

    神東塗料は1933(昭和8)年創立。工業用塗料・建築用塗料・防食用塗料・道路塗料・軌道用材料などの製造販売や塗装工事その他各種建設工事の設計・施工・監理なども手掛けています。1964年には、電着塗料を初めて発売。

    また、取り扱い製品の80%以上が環境対応型塗料となっていて、環境対応製品のパイオニア的塗料メーカーです。

    1.6. 【アステックペイント】

    アステックペイントはオーストラリアの塗料メーカー。2000年10月にアステックペイントの日本総代理店として創業したのがアステックペイントジャパンです。

    アステックペイント社のECシリーズの輸入・販売だけでなく、2015年には自社開発の「低汚染リファインシリーズ」を発売しています。

    1.7. 【AGCコーティック】

    AGCコーティックは1963(昭和38)年創立。事業内容は、建築用・工業用・防食用各種フッ素樹脂塗料の製造販売、建築用仕上げ塗料・塗材の販売、電子部材・フィルムなどのフッ素樹脂コーティング材の製造販売など。

    フッ素樹脂樹脂塗料のリーディングカンパニーとして信頼性の高い企業です。

    1.8. 【日進産業】

    日進産業は1977(昭和52)年設立。断熱塗料の研究・開発を長年続け、JAXAが開発した断熱技術を応用し、塗装で断熱できる「断熱セラミックガイナ」を開発。

    ISO認証取得・岩谷直治記念賞・東久邇宮記念賞など数多く受賞。最新技術で注目されている塗料メーカーです。

    1.9. 【菊水化学工業】

    菊水化学工業は1959(昭和34)年創立。事業内容は、特殊機能性材料・建築仕上げ材の製造販売、建築・土木材料、機械器具の製造販売を行っています。

    業界で唯一、下地調整材からデザイン性に優れた仕上げ塗材まで幅広く開発。また、キクスイはカラーが豊富なことでも知られています(1200色のオリジナルカラーを用意)。

    2. ヌリカエのおすすめ塗料メーカーBEST:3

    「どこの塗料メーカーがオススメ?」という人のために、ヌリカエが独自の基準で選んだ「おすすめ塗料メーカーBEST:3」を紹介します。

    今回おすすめの塗料メーカーを選ぶにあたって、以下の基準を参考にしました。

  • ブランド力があるか?
  • 最新技術を使っているか?
  • コストを抑えているか?
  • この基準で選んだ塗料メーカーは、こちらです。

    1位
    日本ペイント
    2位
    日進産業
    3位
    ロックペイント

    それぞれの塗料メーカーを詳しく見てみましょう。

    2.1. 【1位】日本ペイント

    ヌリカエがもっともオススメする塗料メーカーは「日本ペイント」です。

    歴史・実績・技術力の高さ、そして圧倒的なブランド力から1位に選ばれました。

    ほかの塗料と比べると価格は高いですが、3大メーカーの中でも知名度が抜群なので安心感があります。塗料で迷っている人がいたら「日本ペイント」がオススメです。

    2.2. 【2位】日進産業

    2位に選ばれたのは「日進産業」です。なぜなら、最先端技術を使った「ガイナ」を開発・販売しているからです。

    この塗料は塗るだけで、簡単に断熱できます。ここまで高性能なのは、ロケットの熱にも耐えられるJAXAの断熱技術を活用しているからです。

    そのため、塗料に断熱性を求めるなら、日進産業の「ガイナ」を使ってみましょう。

    2.3. 【3位】ロックペイント

    3位に選べれたのは「ロックペイント」です。なぜなら、塗料の性能を落とすことなく、低価格で販売しているからです。

    特に、ロックペイントのフッ素系塗料は、ほかの企業と比べて安い特徴があります。

    低価格で塗料を選びたい人は、「ロックペイント」がオススメです。

    2.4. おすすめは「日本ペイント」

    ここまで、おすすめの塗料を紹介しましたが、もっともオススメなのは「日本ペイント」です。日本ペイントなら、ブランド力が高いため、安心して選べます。

    もちろん、塗料の品質も問題ありません。

    ヌリカエがおすすめの塗料メーカーを、ぜひ、検討してみてください。


    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    3. 塗料メーカーの選び方は?

    「自分で塗料メーカーを選ぶとき、どう選べばいいの?」という人のために、塗料メーカーの選び方を解説します。

    塗料メーカーを選ぶときは、以下の基準に沿って選ぶと失敗しません。

  • ブランド力があるか?
  • 最新技術を使っているか?
  • コストを抑えているか?
  • それでは、以上の選び方を一つずつ紹介します。

    3.1. ブランド力があるか?

    塗料メーカーは「ブランド力」で選びましょう。なぜなら、ブランド力が高いメーカーは「歴史・実績・技術力」がともに十分だからです。

    例えば、塗料3大メーカーの「日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研」はブランド力が高く、おすすめです。

    もちろん、ブランド力によって塗料の性能が落ちる訳ではありません。しかし、確実に安心できる塗料メーカーを選ぶなら「ブランド力」のあるメーカーを選びましょう。

    3.2. 最新技術を使っているか?

    塗料メーカーは「最新技術」で選びましょう。なぜなら、最新技術を使っているメーカーの塗料は、高機能で、コストパフォーマンスが良い場合があるからです。

    例えば、アステックペイントの塗料は、最新技術を活用して、高い耐候性と防水性を実現しました。

    そのため、塗り替え回数が抑えられるので、コストパフォーマンスが良くなります。

    もちろん、最新技術を使っていれば良い訳ではありません。しかし「最新技術」を使い、高い効果を発揮している塗料もあるため、無視できないポイントです。

    3.3. コストを抑えているか?

    塗料メーカーは「コスト」で選びましょう。コストを抑えた塗料を選べば、負担が少なく済みます。

    例えば、「エスケー化研」の塗料は、塗料3大メーカーの中では低価格なので、コストを抑えられます。塗料の機能も大事ですが、できるだけコストを抑えた塗料を選びましょう。

    3.4. その他

    塗料メーカーを選ぶとき、明確な「目的」を決めましょう。そうすると、塗料を選ぶ負担が少なくなります。

    例えば、暑い地域なので、部屋の暑さを抑えたい人なら、「遮熱・断熱」機能を持つ塗料の製造が得意なメーカーを選びましょう。

    他にも、塗り替え回数を抑えたい人は、「フッ素系塗料」が得意なメーカーがおすすめです。

    このように、明確な目的を持っていると、塗料メーカー、そして塗料を簡単に選べます。

    4. 塗料メーカーの代表塗料

    塗料メーカー別の代表塗料を紹介します。以下の表をスクロールしてご覧ください。

    塗料メーカー 日本ペイント 関西ペイント エスケー化研 ロックペイント 神東塗料 アステックペイント AGCコーティック 日進産業 菊水化学工業
    塗料名 ニッペパーフェクトセラミックトップG アレスダイナミックトップ SKプレミアムシリコン サンフロンアクア 水性ハイテントップ EC-5000PCM-IR ボンフロン ガイナ キクスイロイヤルシリコン
    特徴
  • パーフェクトシリーズの一つ
  • 低汚染性
  • フッ素樹脂塗料を超える超高耐久性
  • ▶ラジカル制御技術
    ▶セラミックハイブリッド技術
  • 樹脂性能を引き出すラジカル制御技術を採用
  • フッ素並みの高耐候性
  • 低汚染性
  • 高湿度でも施工ができる「全天候型アクリルシリコン塗料」
  • ラジカル発生を抑制
  • ▶高気密無機シールド層
    ▶高気密有機シールド層
    ▶超耐候形特殊ハイブリットシリコン樹脂

  • 耐候性
  • 防汚性
  • 作業性
  • 高い耐候性
  • ▶フッ素樹脂が主成分
    ▶特殊コーティングチタン顔料
    ▶ラジカル吸着安定剤
  • 1液水性低汚染形アクリルシリコン樹脂塗料
  • 高耐候性を持つ「自己架橋形アクリルエマルジョン」
  • 紫外線・熱に強いシリコンの「UVダブルブロック効果」
  • 溶剤系シリコン塗料と同等の塗膜性能
  • 防水性・耐候性に優れた「ピュアアクリル樹脂」
  • 遮熱効果
  • 優れた耐候性を持つ「フッ素樹脂ルミフロン」
  • 超耐候性フッ素樹脂塗料
  • 寿命が約20年なので、塗り替え回数を大幅に削減できる。
  • JAXAの断熱技術を採用
  • 特殊セラミック層で構成
  • 多くの機能を持つ
  • ▶断熱性
    ▶遮熱性
    ▶遮音性
    ▶防音性
    ▶防露性
    ▶不燃性
    ▶空気質改善
    など...
  • 独自技術の「トリプルブロックシステム」を採用
  • 高い耐候性
  • 「マイクロレベリング技術」で自動車塗装並みの光沢

  • 表を参考に、あなたに合った塗料を選びましょう。

    5. まとめ

    ここまで「外壁塗料メーカー」について解説してきました。

    まとめると、以下の通りです。

  • 外壁塗料メーカー9社
  • ▶ 日本ペイント
    ▶ 関西ペイント
    ▶ エスケー化研
    ▶ ロックペイント株式会社
    ▶ 神東塗料株式会社
    ▶ アステックペイント
    ▶ AGCコーティック
    ▶ 日進産業
    ▶ 菊水化学工業

  • ヌリカエが選ぶBEST:3
  • 【1位】日本ペイント
    【2位】日進産業
    【3位】ロックペイント

  • 塗装メーカーの選び方
  • ▶ ブランド力があるか?
    ▶ 最新技術を使っているか?
    ▶ コストを抑えているか?

    以上を参考に、塗装メーカーを選んでみて下さい。

    もし、どこの塗装メーカーを選べばいいのか分からない人は、業者に相談してみましょう。


    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート



    関連記事

    塗料って どれも同じ? ピッタリの塗料 診断します 無料診断スタート
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル