外壁塗装で断熱したい!おすすめ塗料の種類や特徴などを解説

【投稿日】

【更新日】



「塗装塗りなおすついでに断熱もしたい」
「断熱と遮熱って何が違うんだろう」
「ガイナって名前は聞いたことあるけどどういうもの」

と思う方、本記事をお読みください。外壁塗装と断熱を同時に実現するには断熱塗装が理想的です。ただ、断熱と遮熱という言葉には違いがあります。
上の図で解説していますが、塗料で加工したときに遮熱塗料が熱を反射するのに対し、断熱塗料は、太陽熱を塗膜にためこむことで熱の伝達を抑える働きを持つ塗料です。
本記事では、塗料の効果が発揮しやすい家、塗料の種類について解説します。

Point
  • 断熱塗料は、「夏は涼しく、冬は暖かい」優れた塗料!
  • 遮熱・断熱塗料の効果を最大化するには、「熱伝導率」「断熱性能」に注目!
  • 代表的な断熱塗料は「ガイナ」

  • 💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート


    1. 【比較】断熱塗料と遮熱塗料の特徴

    断熱塗料 遮熱塗料
    性能 熱伝導率が低いので、冬場は室温を保温できる 熱を反射するので、冬場は室温を保温しにくい
    耐用年数 15~20年 10~15年
    メリット 遮熱塗料により 耐久性・機能性に優れる
    1年中快適な室温を保てる(夏涼しく冬温かい)
    省エネ効果により、 光熱費を削減できる
    シリコン塗料と同じくらい安価に施工できる      
    室温上昇を抑制し、光熱費を削減できる  
    デメリット 耐久性に優れる分、 遮熱塗料より価格が高い 冬季は建物内が寒くなりやすい

    一般的な塗料についての記事もあるので合わせてご覧ください。

    2. 遮熱・断熱塗料の効果が発揮しやすい家とは?


    2.1. 金属屋根の家

    金属屋根の家は、屋根材の熱伝導率が高いので、表面温度が伝わりやすく、夏場は室内が高温になります。そのため、ほかの屋根材よりも遮熱効果が発揮しやすいといえます。
    (金属屋根の家の例:亜鉛メッキ鋼板(トタン)、ガルバリウム鋼板などが使われている屋根)

    2.2. 屋根直下にリビングがある家

    家族が長時間過ごすことの多いリビングルームが最上階にある家では、屋根や外壁に遮熱塗料を塗る事で電力削減効果が期待できます。

    2.3. 断熱性能が低い家

    工場や倉庫などの鉄板屋根、あるいはトタン屋根の場合、遮熱効果が体感しやすくなります。
    また一般住宅の場合は、小屋裏(屋根裏)空間が狭い家、屋根の勾配が緩い家、天井断熱材がない家、小屋裏換気がない家、屋根の軒の出が少ない家、勾配天井の家などがこれに該当します。
    加えて、黒っぽい色の屋根や外壁の家は熱を吸収しやすいので、室内の温度も高くなりがちですが、遮熱塗料を塗ることで表面温度の上昇を抑えることができます。

    【こんな方は断熱塗料が最適!】「夏は涼しく、冬は暖かく」過ごしたい方
    断熱塗料は熱伝導率が低く、遮熱塗料に比べて、外壁の保温性が高いです。
    そのため、夏場室温を下げるだけではなく、冬場は暖かい空気を外に逃げにくくし、室温の保温効果もあります。

    3. 断熱塗料の種類

    断熱塗料といってもいろいろな種類があります。
    またそれぞれの塗料の特徴もあります。似ている部分も多いですが、違いの部分を見て求めている塗料に合うものを見つけましょう。 ただ、自分のみで決めることはおすすめしません。塗料のHPを見ても違いが少なく、どれを選んでいいのか疑問が残るでしょうし、実際の価格もあまり差はありません。
    それを踏まえた上で、以下の3種類の断熱塗料について説明します。

    3.1. ガイナ



    ガイナとは、断熱塗料の中でも最も普及している塗料です。 これは、日進産業が最先端宇宙技術を基に開発した塗料で、その最大の特徴は断熱と遮熱の両方の効果があることです。そのほかにも消臭や防音機能等がある優れものであり、壁の塗り替えをするときにするシンナー臭がほとんどない塗料でもあります。

    ただしデメリットもあります。高性能であるがゆえに価格が高いです。フッ素塗料よりも少し価格が低い程度ですが、シリコンのものよりも1.5倍程になっています。それでもその価格に見合ったスペックを持っているため、最初は高いとしても、最終的には満足のいく結果になるのではないでしょうか。また、ツヤあり仕上げができないことや汚れやすい、濃い色にできない等はデメリットでしょう。
    デメリットの部分は追加加工で金額はかかりますが、改善できる部分もあります。

    3.2. キルコ

    キルコは、断熱・遮熱効果を持ちガイナと同程度~少し安価な塗料です。以前は「キルコート」という名称で、「キルコ」に変更になっています。
    ガイナとの大きな違いは、つや出しをトップコートを重ねることでできるという点ではないでしょうか。トップコートを使用することで、より長期間塗膜を守ることにつながります。
    これだとキルコの方がいいのではないかと感じる方が多いと思いますが、キルコは選べる色の種類で劣ります。また、トップコートを塗らないで仕上げると汚れがつきやすくなるようです。室内であれば問題ないですが、外で雨風にさらされる状態だと雨染みが目立ってしまいます。

    デメリットは、乾くまでの時間が長い点と、水性塗料のため、きめ細かい仕上げができない点です。均一に仕上げるのが難しいかつ、塗膜を確保するために厚く塗りすぎてしまうことなどが原因であるようです。

    3.3. ロハスコート

    ロハスコートは、断熱性はもちろん、耐久性に特徴があります。高い伸縮性・粘着力・耐候性を持つため、様々な環境下で耐性を発揮します。粘着力と対候性についてはわかりやすいかもしれませんが、伸縮性があると良い理由は、温度変化・振動等で起こる建物の動きに合わせて伸縮が起き、割れにくいからということです。割れた部分から塗料の機能が落ちていくので、伸縮性は重要な機能といえるでしょう。
    また、キルコ同様にトップコートを使用することで、ガイナと比べてつやのある仕上がりになるというのも特徴です。美観がいいというのは塗料を使うにあたって重要な部分であり、つやがあることを気にされる方はロハスコートもいいのではないでしょうか。
    そして使用期限がガイナよりも長くなっています。ガイナは未開封でも3か月しかもちませんが、1年間持つというのは大きなで違いしょう。

    デメリットとしては、乾燥時間が長い・高価格・ガイナと同じく濃い色にも対応できないようです。断熱塗料は塗装の厚みを維持する必要があり、乾くまでに時間がかかることはしょうがない部分かもしれません。また、ガイナよりも少し価格が高いです。その分少し性能は良いのですが、予算を考えて決めるのをお勧めします。

    4. ※参考※ 遮熱塗料:代表的な塗料

    今回の記事では、断熱塗料をメインに説明していたので触れませんでしたが、
    遮熱塗料についても詳しく知りたい!という方は、以下のページがおすすめです。ぜひご覧ください。

    5. 最後に

    ここまで断熱と遮熱の違いや、塗料についての説明をしてきました。自分に最適なものは例えば塗料から見つけるのか、塗装業者の人を見てその人から探すのか、いろいろあると思います。見積もりを取ってみて価格で判断することも重要でしょう。ヌリカエでその相場を見ることも可能です。人生の中でそこまで頻繁にすることのないものですから、十分に検討しましょう。


    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート

    💬塗料の正しい選び方がわからない…

    カンタンな診断で最適な塗料がわかる >無料診断スタート




    関連記事

    外壁・屋根塗装 あなたのお家は一戸建てですか?
    塗料って どれも同じ? ピッタリの塗料 診断します 無料診断スタート
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル