断熱塗料とは?遮熱塗料との違いを徹底比較!特徴・代表的な塗料

【投稿日】

【更新日】


遮熱塗料が熱を反射するのに対し、
断熱塗料は、太陽熱を塗膜にためこむことで熱の伝達を抑える働きを持つ塗料です。
本記事では、断熱塗料の特徴や遮熱塗料との違いを図を用いて解説します。

Point
  • 断熱塗料は、「夏は涼しく、冬は暖かい」優れた塗料!
  • 遮熱・断熱塗料の効果を最大化するには、「熱伝導率」「断熱性能」に注目!
  • 代表的な断熱塗料は「ガイナ」

  • 1. 【比較】断熱塗料と遮熱塗料の特徴

    断熱塗料 遮熱塗料
    性能 熱伝導率が低いので、
    冬場は室温を保温できる
    熱を反射するので、
    冬場は室温を保温しにくい
    耐用年数 15~20年 10~15年
    メリット ● 遮熱塗料より
    耐久性・機能性に優れる
    ● 一年中快適な室温を保てる
    (夏涼しく冬暖かい)
    ● 省エネ効果により、
    光熱費を削減できる
    ● シリコン塗料と同じくらい
    安価に施工できる

    ● 室温上昇を抑制し、
    光熱費を削減できる
    デメリット ● 耐久性・機能性に優れる分、
    遮熱塗料より価格が高い
    ● 冬季は建物内が寒くなりやすい

    2. 遮熱・断熱塗料の効果が発揮しやすい家とは?


    2.1. 金属屋根の家

    金属屋根の家は、屋根材の熱伝導率が高いので、表面温度が伝わりやすく、夏場は室内が高温になります。そのため、ほかの屋根材よりも遮熱効果が発揮しやすいといえます。
    (金属屋根の家の例:亜鉛メッキ鋼板(トタン)、ガルバリウム鋼板などが使われている屋根)

    2.2. 屋根直下にリビングがある家

    家族が長時間過ごすことの多いリビングルームが最上階にある家では、屋根や外壁に遮熱塗料を塗る事で電力削減効果が期待できます。

    2.3. 断熱性能が低い家

    工場や倉庫などの鉄板屋根、あるいはトタン屋根の場合、遮熱効果が体感しやすくなります。
    また一般住宅の場合は、小屋裏(屋根裏)空間が狭い家、屋根の勾配が緩い家、天井断熱材がない家、小屋裏換気がない家、屋根の軒の出が少ない家、勾配天井の家などがこれに該当します。
    加えて、黒っぽい色の屋根や外壁の家は熱を吸収しやすいので、室内の温度も高くなりがちですが、遮熱塗料を塗ることで表面温度の上昇を抑えることができます。

    2.4. 【こんな方は断熱塗料が最適!】「夏は涼しく、冬は暖かく」過ごしたい方

    断熱塗料は熱伝導率が低く、遮熱塗料に比べて、外壁の保温性が高いです。
    そのため、夏場室温を下げるだけではなく、冬場は暖かい空気を外に逃げにくくし、室温の保温効果もあります。


    3. 断熱塗料:代表的な塗料 「ガイナ」


    ガイナとは、断熱塗料の中でも最も普及している塗料です。 これは、日進産業が最先端宇宙技術を基に開発した塗料で、 その最大の特徴は断熱と遮熱の両方の効果があることです。

    以下で、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

    3.1. メリット

    1. 保温機能
    遮熱塗料とは異なり、冬季でも暖かい空気を逃さず、保温でできます。
    2. 遮熱機能
    遮熱塗料には及びませんが、日射を反射し、室内の熱の発生を抑えます。
    3. 防音機能
    ガイナは一般塗料と比較し、塗膜表面積が大きいので、音を効率的に反射します。
    4. 消臭機能
    ガイナを建物内側に塗装すると、静電気により付着する臭いや汚れ物質の影響を抑えます。
    5. 結露の抑制
    ガイナの塗膜は、周辺の温度変化への適応性が高く、温度差が縮まり、結露発生を防ぎます。
    6. 建物の耐久性向上
    紫外線吸収率が高い(93~95%)ので通常の塗料の2~3倍の耐久性を持ちます。
    7. 安全性
    ガイナは有機溶剤等の危険物を含まず、塗料独特のシンナー臭が発生しないので安全です。

    3.2. デメリット

    1. 汚れやすい
    ガイナは表面がざらざらした塗膜になっており、汚れが付着しやすいです。
    2. ツヤあり仕上げができない
    「ツヤ消し」しかないガイナ塗料は、光沢のある塗膜を好む方には不向きな塗料です。
    3. 濃い色には対応できない
    ガイナは基本的に白に色を混ぜてカラーを作っていくので、薄めの色になります。
    4. 塗膜がフラットにならない
    ガイナには中空ビーズ(これにより高い断熱・吸音効果が発揮できる)が含まれているので、
    どうしても塗膜表面に細かい凹凸ができてしまいます。
    5. 防カビ機能がない
    シリコン樹脂系やフッ素系塗料に備わっている防カビ機能がガイナにはありません。
    防カビ機能を持たせたい場合には、別途ガイナ抗菌防カビ材を使用する必要があります。
    6. 費用が高い
    ガイナは、一般塗料の1.5倍ほどの金額で、1㎡あたり3,800円~4,500円が相場です。
    7. 塗料の使用期間が短い
    一般塗料の多くが使用期間3~4年であるのに対し、ガイナは使用期間3カ月です。

    >>より詳細にガイナを知りたい方はこちら!
    ガイナ塗料の特徴や他の塗料との違いなどを詳しく解説しています。
    ガイナの費用対効果は?メリットとデメリットを徹底解剖



    4. ※参考※ 遮熱塗料:代表的な塗料

    遮熱塗料についても詳しく知りたい!という方は、以下のページがおすすめです。ぜひご覧ください。

    >>こちらも合わせて読みたい!
    遮熱塗料の特徴やおすすめの遮熱塗料について解説しています。
    遮熱塗料の特徴・効果・メリット・価格、すべて解説!

    >>こちらも合わせて読みたい!
    遮熱塗料の種類が豊富な日本ペイントの屋根塗料について詳しく解説しています。
    日本ペイントの魅力と屋根塗料全ラインナップをチェック!種類と価格を徹底解説



    外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら
    Q. あなたのお家は
    一戸建てですか?
    建物種別
    必須
    希望工事箇所
    必須
    電話番号
    必須
    電話番号を正しく入力してください
    ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。
    外壁塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    TOPへカエル