【優良業者の見分け方】いい屋根修理業者は「画像で原因報告」「見積りが詳細」

【投稿日】

【更新日】



屋根から雨漏りが…そんな時、どこに屋根の修理を依頼するか迷ってしまうことはありませんか?

屋根の修理ができる業者は工務店・屋根工事業者・防水工事業者・リフォーム業者など色々あります。しかし、修理しても雨漏りが治らなかったり、高額な修理代を請求されたりといったトラブルも多く発生しています。

原因は悪徳業者です。国民⽣活センターによると、塗装に関するトラブルで、なんと1⽇15件以上もの相談が寄せられています。トラブルから身を守るためには、信頼できる業者を見分けることが大切です。


信頼できる業者を見分けるには、以下のような特徴に注目しましょう。

  • 地域で実績がある
  • しっかりした調査を行い、画像にして提示する
  • 見積り金額に納得のいく説明ができる
  • このような特徴を持つ業者は、信頼できる屋根修理業者の可能性が高いです。


    この記事では、屋根の修理業者に依頼する前に知っておきたい、優良な屋根修理業者の見分け方と、信頼できる業者の特徴を解説します。


    「悪徳業者の手口」について知りたいという方は下記記事をご覧ください。

    目次


    1.屋根の修理はどこに依頼したらいい?

    瓦が飛んだり、雨漏りが起こった場合など、屋根に不具合が発生したらどこに依頼したらいいのでしょうか?

    新築から10年未満の住宅なら「瑕疵(かし)担保責任期間」なので、ハウスメーカーに相談しましょう。

    取り決めにより、住宅を建てたメーカーが無償で修理をする責任があります。


    しかし...

  • 新築から10年以上過ぎている
  • 任意の長期保証も付いていない
  • 中古住宅なので建築業者がわからない
  • このような場合は、「屋根工事業者」に依頼しましょう。


    屋根工事業者とは、瓦やスレート・金属板など、屋根を葺く工事を行う業者で、雨仕舞いの専門知識や屋根材を現場で加工するなどの高い職人技術が要求される屋根の専門業者です。


    工務店やリフォーム業者に依頼しても、実際の工事は下請けの屋根工事業者が担当するため、中間マージンが発生する仕組みになっています。 費用を抑えるためにも、信頼できる屋根工事業者に直接依頼しましょう。

    2.優良な屋根修理業者に出会うのは難しい!?

    工事業界全般にいえることですが、優良業者との出会いは難しいものです。特に屋根は、住人にとって見にくい箇所であり、どの程度の損傷があるのか非常にわかりにくい部分ですよね。

    そのため、一般の人が屋根の専門的な知識がないのをいいことに、軽微な損傷でも重大な損傷があるようにいって高額な見積りを出す業者もいます。

    訪問販売では、このような詐欺まがいの悪徳業者もいるため、注意が必要です。

    悪徳業者に騙されないためには、悪徳業者のパターンを知り、回避することが大切です。

    3.優良な屋根修理業者と悪徳業者の違い

    優良な屋根修理業者と、悪徳業者の違いとは何でしょうか?


    まず優良な屋根業者とは、

  • ぼったくりをしないこと(相場価格の範囲内)
  • きちんと修理ができること(雨漏り修理なら雨漏りが止まるなど)
  • 修理に責任を持てること(アフターフォローも含め)
  • 見積り通りに修理・請求すること(特別な理由がある場合を除く)
  • これらをしっかり実行してくれる業者が優良業者になります。

    依頼する側は、これらの全てを要求するのが当然のことなのですが、残念なことに、このような当然のことを実行できない(しない)業者が予想以上に多いのが実状です。


    これらの中で数個、または全ての項目に当てはまらないならば、悪徳業者に入るでしょう。

    1つだけなら何かしらの事情が考えられるため、悪徳業者とは言えない場合もあります。しかし、全ては工事完了後にわかること。後でわかっても取返しがつきません。


    事前に、業者を見る目、騙されないための知識を身に付けておきましょう。

    4.「悪徳業者」の4つの手口、「優良業者」の3つの特徴

    セールストークが上手な業者は、一見すると優良業者に見えます。

    そして、口下手で無口な業者なら「何だか頼りない…」と感じるのが普通です。

    ですが、セールストークが上手い業者を信頼してしまうと、後で取り返しのつかない事態に陥ってしまうかもしれません。

    セールストークに惑わされないためにも、悪徳業者の手口やパターンを知っておくことが大切です。

    4-1. 悪徳業者の手口・パターン

    悪徳な屋根修理業者の手口としては、以下のようなパターンがあります。

  • 訪問販売する業者が多い
  • 「火災保険で修理ができます」と言ってくる
  • 「無料で屋根を点検します」と言ってくる
  • このような手口は、悪徳な屋根修理業者の可能性が高いです。どのようなパターンなのか、具体的に見てみましょう。


    訪問販売する業者が多い

    訪問販売をする全ての人が悪徳業者とは言い切れませんが、悪徳業者の多くは訪問販売で顧客を獲得します。なぜなら、知名度も、地域の信用もないため、訪問販売しか顧客を獲得できないためです。

    また、悪徳業者はクレームがつきものなので、一か所で営業活動をしても顧客を獲得できません。そのため、営業場所を変える必要があり、地域での信頼も蓄積することなく、知名度も低いままです。

    そのため、以下のようなセールストークで、顧客を獲得しようとします。

  • 「屋根に不具合が見られます」
  • 「お宅の屋根瓦、ずれていますよ」
  • 「板金が外れかかっていますよ」
  • 「放置すると大変なことになります」
  • このようなセールストークをする訪問販売は注意しましょう。


    悪徳な業者は、住人が簡単に屋根へ上がれないことを知っています。もし、訪問販売の業者に「一度上がって見てあげましょうか?」と言われ、屋根に上がらせたら最後です。

    屋根に上がらせた瞬間、屋根に損傷があってもなくても、住人を不安にさせる言葉の数々を吐き出し、無理にでも修理させようとするでしょう。

    訪問販売系の業者は、屋根に上がらせないほうが無難です。


    「火災保険で修理ができます」

    台風の後に「火災保険を利用すると、屋根を無料で修理できますよ」と言ってくる訪問販売業者がいます。

    確かに、台風や自然災害(地震は除く)の被害があった屋根は火災保険での修理が可能です。しかし、悪徳な業者は被害を大きく見せるため、わざと屋根を破壊して、高額な保険金を狙うことがあります。これは紛れもなく保険金詐欺です。

    リフォーム工事に見せかけた保険金詐欺は、くれぐれも注意しましょう。


    「無料で屋根を点検します」

    「キャンペーン期間中のため、無料で屋根点検サービスを実施しています」これも、訪問販売する悪徳業者のよく使う手口です。

    「無料なら、やってもらおうか…」とは思わないでください。

    「タダほど怖いものはない」と言われるように、点検して「お宅は大丈夫です。修理の必要はありません」という業者はいません。必ず、何らかの不具合を見つけてくるでしょう。

    しかも、小さな損傷を、まるで重大な損傷のように言うことで、高額な修理費を請求される可能性もあります。


    4-2.信頼できる屋根修理業者の特徴

    信頼できる屋根修理業者は、以下のような特徴があります。

  • 地域で実績がある
  • しっかりした調査を行い、画像にして提示する
  • 見積り金額に納得のいく説明ができる
  • このような特徴がある屋根修理業者は、信頼性が高いです。具体的に、どのような特徴なのか見ていきましょう。


    地域で実績がある

    屋根修理業者は、地域で実績がある業者を選びましょう。なぜなら屋根は、素人ではわかりにくい箇所であるため、騙しやすいからです。

    例えば、屋根に損傷があると言われても、自分で見ることは難しいですよね?なので、悪徳業者は逆手にとり、本当は小さな損傷も大きな損傷と言って、それがまかり通ってしまうのです。

    これでは、見積りが安くても、実体のない業者に依頼するのは不安です。

    そのため、信頼性が重要になります。地元で長く屋根工事業を営み、実績のある業者なら安心です。同じ地域で長く続けられるということが、実績の積み重ねにつながり、信頼性の証だからです。


    しっかりした調査を行い、画像にして提示する

    屋根修理業者は、しっかりとした調査を行い、画像を提示してくれる業者を選びましょう。なぜなら、原因が「屋根」だけとは限らないからです。

    例えば、雨漏りの修理の場合、原因が外壁のサイディング割れや、野地板の腐食である場合もあります。そのため、完全に雨漏りを直すには、しっかりとした調査が必要です。

    丁寧な調査によって問題の原因を突き止め、その原因を画像で見せながら説明してくれる業者は、信頼できます。


    見積り金額に納得のいく説明ができる

    屋根修理業者は、見積り金額に納得できる説明をしてくれる業者を選びましょう。

    なぜなら、屋根の修理には、損傷の具合によって高額な費用がかかる場合があるからです。

    そのため、どのような場合においても、業者は依頼主が納得できるまで丁寧な説明をしなくてはなりません。

    また、依頼主からの質問にも、丁寧な回答が求められます。説明が詳しく、見積もり額の内訳が細かい見積もりをくれる業者ならば、信頼性は高いでしょう。

    5.信頼できる屋根修理業者を探す3つの方法

    信頼のおける屋根工事業者を探す方法は、

  • インターネットのホームページ
  • 一括見積もりサイト
  • 知人などの紹介
  • 上記3つの方法がありますが、それぞれの方法ごとに工事業者を選ぶポイントを紹介します。


    5-1. インターネットのホームページから

    インターネットのホームページから、信頼できる業者を探しましょう。

    なぜなら、最近はインターネットから様々な情報を入手できるようになったからです。

    そのため、自社のホームページを開設している屋根修理業者も多く、地域の屋根修理業者も見つけやすくなっています。


    さらに信頼できる業者のホームぺージの見分け方として、会社の情報(住所・電話番号・代表者の氏名・創業年月日・資格など)が漏れなく記載されているか確認しましょう。

    費用の目安や施工事例、代表者やスタッフの顔写真も掲載されているとより信頼性が高くなります。

    反対に、大袈裟な広告やキャンペーン情報ばかりで内容が伴わないホームページには注意しましょう。


    5-2.一括見積もりサイトから

    一括見積サイトを使って、信頼できる屋根修理業者を探しましょう。

    これは、サイト運営側が地域の屋根修理業者の見積もりを一括で送ってもらえるため、信頼できる業者の見分けが簡単になるからです。

    これなら、複数の業者から金額だけでなく、実績、営業年数の比較も簡単になります。

    一括見積サイトを使い、信頼できる屋根修理業者を効率的に探しましょう。


    5-3.知人や友人の紹介

    知人や友人の紹介から、信頼できる屋根修理業者を探しましょう。これは、業者に対して満足したから紹介しているため、信頼できる可能性が高いです。

    ただし、紹介してくれた業者が他の現場でも、施主の希望通りに行ってくれるとは限りません。

    現場が違えば、修理箇所や工事内容が異なるためです。

    また費用が高額になる場合は、他の業者との相見積もりを取ることをおすすめします。

    6.まとめ:優良で良心価格な業者に出会うため「相見積もり」を

    優良な業者に出会えたとしても、屋根の修理費用は、見積もりをとった業者によってバラバラなのが普通です。

    その理由は、屋根の修理は専門性が高く、「業者の得意・不得意が大きい」からです。
    同じ工事でも、業者によっては金額が倍近く変わることも珍しくありません。
    提案された修理内容がベストな選択肢であるかは、素人には判断がつけられないでしょう。

    屋根の修理費用は、予測することが非常に難しく、同じ坪数の家でも、屋根の形状や傾斜によって面積が大きく変わるため、家の大きさが工事費用の目安になりません。

    そこで活用したいの相見積もりです。相見積もりをとることにより、

  • 優良な業者に出会う確率を高める
  • 金額的・作業的に納得できる工事を受ける
  • ことに確実に近づきます。
    相見積もりの結果を受け、一番費用や工事内容に納得のいく業者を選ぶことで、コスト的にも効果的にも最適な工事を行うことができるのです。




    関連記事

    ご相談はこちら
    無料で相談する
    屋根修理は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら
    Q. あなたのお家は
    一戸建てですか?
    建物種別
    必須
    希望工事箇所
    必須
    電話番号
    必須
    電話番号を正しく入力してください
    ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。
    外壁塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    TOPへカエル