ヌリカエ雨漏りはなぜ起こる?部位別の原因と対策を全解説

雨漏りはなぜ起こる?部位別の原因と対策を全解説

【投稿日】

【更新日】

『我が家に突然の雨漏り!?どうしたらいいのかわからない、、、』という方も多いのではないでしょうか?
雨漏りの原因は軽度のものから重度のものへと様々です。
そして、原因によってや対策は変わります。
また、雨漏りが進行すると、木部や金属部まで腐食が進み、カビやシロアリが発生する危険性もあります。
中には放って置くと二次災害が発生し、住宅の寿命を縮めてしまう可能性があります。
そういった事態を防ぐために、まずは雨漏りの原因と対処方法について知り、どうすればいいのかを理解しておくことが大事です。
この記事では、雨漏りの原因と対策・修繕方法について解説していきます。

Point
  • ①雨漏りの原因と修繕方法は多岐に渡る
  • ②雨漏りの発生箇所は主に「外壁」「屋根」「ベランダ」の3箇所である
  • ③プロに状態を見てもらう前に、様々な工法があるということを知っておくことで業者とのやりとりがしやすくなる
  • ④雨漏りの原因特定は難しいため、プロに雨漏り診断という形で相談することがおすすめ

早く自宅の修理費用を知りたい方はこちらをご利用ください(完全無料です)。


▼最短1分!チャットに答えるだけ

▼最短1分!チャットに答えるだけ



1.雨漏りの原因には何がある?

雨漏りはどこから発生しているのかわかりにくいため、原因特定が難しいです。
雨漏りは「屋根から発生している」というイメージがありますが、必ずしも屋根からだけとは限りません。雨漏りの発生箇所として主に外壁屋根ベランダの3箇所があります。
それぞれの発生箇所ごとに雨漏りの原因を説明します。

1.1.屋根からの雨漏り

屋根材の経年劣化屋根のひび割れ瓦屋根のズレ板金の浮きが主な原因です。

屋根本体の経年劣化

屋根材の寿命は屋根材ごとに異なります。
古くなったコロニアル屋根の場合、水を吸収し湿潤状態になり、最終的に水を通すようになります。

屋根のひび割れ

災害の影響などで屋根にヒビやが生じるケースがあります。その部分から雨水が侵入します。

屋根材のズレや浮き

地震などで大きな負荷が建物にかかってしまった場合、屋根材がずれてしまったり、浮いてしまうケースがあり、水が侵入します。

板金の浮き

強風や劣化の影響で屋根の板金部分が浮いてしまい、浮いた部分から雨水が侵入します。

1.2.外壁からの雨漏り

外壁のひび割れコーキングの劣化が主な原因となっています。

外壁のひび割れ

外壁の劣化が進むと外壁にひびが発生し、そこから雨漏りが発生する場合があります。
幅1ミリ程度のヘアクラックと呼ばれる髪の毛のように細かいひび割れや小さい穴であれば、雨水が侵入することは可能性は低いです。
しかし、幅3ミリ以上のヒビになると外壁の向こう側まで貫通している場合があります。

コーキングの劣化

コーキングの劣化が進むと割れや剥がれが発生し、そこから雨水が侵入してきます。
コーキングの耐用年数は10年程度と言われており、外壁材より短いので注意が必要です。

1.3.ベランダからの雨漏り

防水層の劣化排水口の劣化・詰まりが主な原因となっています。

防水層の劣化

雨水にさらされたり、歩いたり、ものをおいたりしているとベランダの床に張られている防水シートや防水塗装が経年劣化してきます。
その結果、ひび割れや剥がれ、破れという現象が起き雨漏りが発生します。

排水口の劣化・詰まり

排水口は水の通り道で、常に雨水や太陽にさらされているので負荷が大きく、劣化しやすい箇所です。 歳月を経て排水口が劣化すると、周りの防水層が剥がれて隙間が生じます。
その隙間から雨水が入り込み、建物内部に浸透していきます。
また、排水口にゴミや枯れ葉が貯まっていると排水口が塞がれ、水が溢れだしてしまい、ベランダの水嵩が増してしまうことで、施工したベランダ防水の防水層を超えてしまい、階下に水が漏れてしまいます。

2.雨漏りの修繕方法は?

雨漏りの原因はこのように多岐に渡ります。
修繕方法は雨漏りの箇所と原因によって変わってきます。
最終的にはプロに状態を見てもらい、判断することが一番だとは思いますが、色々な工法があるということを知っておくことで業者との相談もしやすくなります。
ここでは、それぞれの修繕方法・修繕期間・修繕金額について説明します。

2.1.屋根からの雨漏り

屋根本体の経年劣化

屋根の本体の経年劣化の修繕には葺き替えカバー工法があります。


葺き替え

葺き替えは今ある屋根を解体して、新しい屋根材を設置する工事です。
平均的な家のサイズ30坪の施工と仮定すると、施工費は95~240万円が相場です。
メリットとして、『下地の補修点検ができるため、屋根の寿命が長くなり、強風や大雨に強くなる』ことが挙げられます。
デメリットとして、『高額の費用がかかる』『工期が長い』ことが挙げられます。



カバー工法

カバー工法は今ある屋根を解体せず、上から新しい屋根を被せる工事です。
平均的な家のサイズ30坪の施工と仮定すると、施工費は70~90万円が相場です。
葺き替えよりも短い施工期間かつ比較的安い金額での施工が可能です。
メリットとして『葺き替えに比べて安い』『既存屋根の撤去、下地の補修を行わないので施工が早くなる』があります。
逆にデメリットとして『下地の状態を確認できないため、トラブルがあっても気づきにくい』があります。

屋根のひび割れ、ズレや浮き


葺き直し

ひび割れが入ってしまったり、ずれてしまったり、浮いてしまった屋根材だけを施工し直すことです。
一部だけ新しい屋根材を補充する場合は、既存の屋根材と寸法や形状が合わないことがあるため施工の際には注意が必要です。

板金の浮き


板金の葺き直し

浮いている部分を叩いて浮きを改善させても再発してしまう可能性があります。
ですので、板金と下地を取り除き新しいものを設置します。

※約30坪の建物の費用相場です。扱う材質や業者によって金額は変わります。
修繕方法 修繕期間 価格
葺き替え 2~8日 60~200万円
カバー工法 1~6日 80~120万円
葺き直し 3~10日 1~5万円
板金の葺き直し 1~2日 3~10万円
出典:「屋根工事に関する工事別必要日数」
出典:「屋根修理の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報」

2.2.外壁からの雨漏り

外壁のひび割れ


塗装補修

ひび割れが発生してしまった場合は専用のカッターでVカットし、コーキング剤などで補修した上で塗装補修を行います。
ヒビの部分のみを塗装補修すると施工後の補修部分が目立ってしまうので、外壁全体を塗り直しすることをおすすめします。

コーキングの劣化


コーキングの打ち直し

コーキングの割れや痩せが原因で雨漏りが発生している場合は、コーキングの打ち直しが必要です。

※約30坪の建物の費用相場です。扱う材質や業者によって金額は変わります。
修繕方法 修繕期間 価格
塗装補修 7~12日 60~80万円
コーキングの打ち直し 半日~2日 5~50万円
出典:「外壁の修理費用って?相場を知らない人が騙されないための情報」

2.3.ベランダからの雨漏り

ベランダの排水口に詰まりがある場合は、掃除しゴミや枯れ葉などを取り除くことで解決できます。
掃除で解決できない場合は排水口や防水層の劣化が直接の原因になるので、修繕が必要になります。

排水口や防水層の劣化


防水層の補修

ベランダの防水層の劣化が原因での雨漏りの場合、①FRP防水②ウレタン防水③シート防水④アスファルト防水の4つがあります。
どの防水層でも、既存の防水層を剥がし、下地処理の上新しい防水層を施工します。
既存の防水層の劣化が軽度の場合は、新規の防水層をかぶせます。

※約4㎡のベランダの費用相場です。扱う材質や業者によって金額は変わります。
修繕方法 修繕期間 価格
防水層の補修 1~4日 7~30万円
出典:「ベランダの防水工事の基本知識【費用や業者選びの注意点】」

雨漏りの修理費用についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。


▼最短1分!チャットに答えるだけ

▼最短1分!チャットに答えるだけ


3.対策・応急処置ってあるの?

これまで雨漏りの原因と修繕方法について説明してきました。
雨漏りは放って置くと二次災害が発生し、住宅の寿命を縮めてしまう可能性があります。
また、雨漏りが進行すると、木部や金属部まで腐食が進み、カビやシロアリが発生する危険性もあります。
そういった事態を未然に防ぐためにも業者に依頼するのが一番ですが、まずは自分ができる範囲で応急処置を施すことでその後の住まいの状況が変わってきます。

3.1.バケツや雑巾を置き、天井と床のカビを防ぐ

雨漏りが発生してしまったら、雨漏りしている箇所の下に新聞紙やタオルを敷き、その上にバケツをおいて水で床が濡れるのを防ぎましょう。
水が溜まってくると、水しぶきが周囲に跳ねてしまうのでバケツの周りにもタオルなどを敷いておくのがいいでしょう。

3.2.ブルーシートを被せる

屋根の雨漏りの原因を特定するのは業者でも難しいため、応急処置として広範囲に被せるのが良いでしょう。
その際に、雨風に飛ばされないようにテープや土嚢袋などのおもりを置き、固定します。

3.3.防水シートで塞ぐ

ベランダの防水シートの破れや屋根の雨水の流入部分の応急処置として使います。
まずは雨漏りしている箇所を雑巾などできれいにしましょう。
埃や砂、油などがあるとテープに粘着性がなくなり、すぐ剥がれてしまいます。
綺麗にしたあと、雨水の流れる方向の下流から上流に向かってテープに空気が入らないように貼ります。

出典:雨漏り事例

4.雨漏もりの原因特定はどうすればいいの?

今まで雨漏りの原因や修繕方法を紹介してきましたが、読者の皆様の中には「どのように雨漏りの原因を特定すればいいのだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。
基本的に雨漏りは、梯子や足場がないと確認することが難しいため、雨漏り診断という形で一度プロに相談してみるのがいいでしょう。
ここでは、雨漏り特定の調査方法について紹介していきます。

4.1.目視調査

原因となっていそうな部分の雨シミやカビの発生箇所から雨水の侵入口を特定します。
目視調査は基本的には無料で行なえますが、これだけで雨漏りの原因箇所を完璧に特定するのは難しいです。
雨漏りの原因特定を無料で行えるのは目視調査のみです。

4.2.散水調査

雨水の侵入口と推察される箇所にホースで散水し、雨漏りを再現させることで原因箇所を特定する方法です。
一つの箇所に10~30分程散水し、雨漏りが再現できなければ、次の箇所と繰り返していきます。 こちらの費用の目安としましては、3~15万円程です。

出典:一般社団法人全日本雨漏調査協会

4.3.発光液調査

雨水が侵入していると思われる箇所に発光液を流し込み、屋根裏から紫外線を当てます。
発光液が漏水していると紫外線で発光するため、原因を特定できます。
発光液は数日で発光がなくなるので、建材などの退色や変色は起こりません。
費用としましては、10~20万円程です。

出典:一般社団法人全日本雨漏調査協会

4.4.赤外線カメラ調査

赤外線サーモグラフィー調査とも呼ばれ、赤外線カメラが表面の温度差を色分けし、判断します。
同じ建材であれば同じ温度を示すはずなので極端に温度が低い場合はそこが雨漏りの原因箇所であると特定できます。
雨漏りの原因を高い確率で特定でき、建物にも負荷をかけずにできる調査方法ですが、費用は高く18~30万円程です。

出典:一般社団法人日本サーモグラフィ協会

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
雨漏りの原因、修繕方法、応急処置、調査方法についてご紹介してきました。
雨漏りは軽度のものから重度のものへと様々です。
そして、原因によって対処方法は変わります。
中には放って置くと木部や金属部まで腐食が進み、カビやシロアリが発生するという二次災害が発生し、住宅の寿命を縮めてしまう可能性があります。
そういった事態を防ぐためにも、まず応急処置をし、早いうちにプロに相談してみるのがいいでしょう。


▼最短1分!チャットに答えるだけ

▼最短1分!チャットに答えるだけ




関連記事

外壁塗装
相見積もり」が重要
【ヌリカエの特徴】
無料で複数業者から一括見積もり可能
中立の立場からスタッフがご相談対応
優良業者紹介・キャンセル代行も可能
この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
TOPへカエル