外壁のチョーキング現象の原因とは?|放置の危険性と対策法

【投稿日】

【更新日】


「チョーキング現象って何なの?」
「どうしてチョーキング現象になるの?」
「チョーキング現象は放っておくと、どうなるの?」

外壁のチョーキング現象について、こんな疑問をお持ちではありませんか?

実は、チョーキング現象とは外壁の劣化症状です。外壁の塗装が紫外線などの理由から劣化が起こり、白い粉が表面に現れてきます。

そして、このチョーキング現象は放っておくとカビやコケ、ひび割れの原因になり、最悪、建物全体に影響を与えるため、早急な対策が必要です。

この記事では、チョーキング現象について悩んでいる人ために、チョーキング現象の原因、建物に与える影響、さらに対策方法まで解説します。

これで、もうチョーキング現象について悩む必要はありません。ぜひ、ご覧ください。


外壁の劣化症状について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

Point
  • チョーキング現象とは、外壁の劣化症状
  • チョーキング現象は、紫外線などの理由から劣化が起こる
  • チョーキング現象は放っておくと、カビ・コケ・ひび割れなどの原因になり、建物全体に影響与える可能性がある

  • ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ



    1. チョーキング現象とは?


    チョーキング現象(白亜化)とは、外壁を触ると白い粉が付着する現象です。

    これは、塗装が紫外線や施工不良により、塗膜が劣化して発生します。

    もし、外壁にチョーキング現象が起きているか確認したい場合、一度触ってみましょう。手に白い粉が付けば、チョーキング現象です。

    チョーキング現象は放っておくと外壁を脆くしてしまうため、早めの対策をおすすめします。

    2.チョーキング現象の原因

    外壁にチョーキング現象が発生する原因は、主に3つです。その3つとは、紫外線、施工不良、立地条件になります。以下の表をご覧ください。

     
    原因 概要 対策
    紫外線 紫外線の影響で、塗膜が分解されて粉状になる。 定期的なメンテナンスを行う。
    施工不良 塗装の前準備、塗装の作業手順が十分でない。 信頼できる塗装業者に依頼する。
    立地条件 積雪や塩害などが多い立地だと、塗料の特性が合わない場合がある。 立地条件に合った耐候性の塗料を使う。

    それでは、これらの点を具体的に解説します。

    2-1.原因1|紫外線による影響

    紫外線によって、外壁にチョーキング現象が発生します。これは、外壁に紫外線が当たることで、塗膜が分解されてしまうからです。

    分解された塗膜は、含有されている顔料が粉状になって表面に出てきます。

    しかし、すぐにチョーキング現象が起きる訳ではなく、日当たりの良い場所に6~10年受け続けることで発生する現象です。

    紫外線の当たる、日当たりの良い場所には注意しましょう。

    2-2.原因2|施工不良による影響

    施工不良によって、外壁にチョーキング現象が発生します。

    これは、外壁塗装前に塗料を十分に混ぜていなかったり、塗料の調合・乾燥など作業手順を守らなかったからです。

    施工不良の場合、紫外線による影響とは違って、早くからチョーキング現象が発生してしまいます。

    施工不良の例として、塗膜にムラがあったり、目で見て分かるほどの穴があった場合は注意が必要です。

    施工不良を防ぐには信頼できる業者に依頼することが大切です。慎重に業者を見分けましょう。

    2-3.原因3|立地条件による影響

    立地条件によって、外壁にチョーキング現象が発生します。

    これは、塗料の特性が立地の環境と合っていないからです。

    例えば、積雪や塩害、排気ガスといった影響により、早くからチョーキング現象が発生してしまいます。

    もし、周辺の立地環境が特殊で、早くからチョーキング現象が起きている場合、耐候性の塗料がおすすめです。

    3. チョーキング現象が建物に与える影響


    チョーキング現象を放置しておくと、建物全体に影響を与えてしまうかもしれません。

    なぜなら、チョーキングが起きたということは、外壁の防水性が著しく低下しているからです。

    では、具体的にどのような影響を与えるのか、以下にまとめました。

  • チョーキングは南面やバルコニー廻りなど、日当たりの良い場所に起きやすい。
  • チョーキングが発生すると、塗膜の防水性が低下する。
  • 防水性が低下すると、外壁が水分を吸収してカビ・コケ・ひび割れの原因になる。
  • ひび割れを長期間放置すると、雨漏りの原因になる。
  • 雨漏りを放置すると、シロアリ被害を受けて建物全体にダメージを受ける可能性も。
  • チョーキング現象が発生したことにより、連鎖的に建物へダメージを受けることが分かりますね。建物全体に被害が及ぶ前に、早急にチョーキングを対処しましょう。


    ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ


    4. チョーキング現象の対策方法

    チョーキング現象に対策するため、耐候性の高い塗料を選びましょう。

    なぜなら、耐候性の高い塗料を使うことで、チョーキングの発生を遅らせることができるからです。

    耐候性の高い塗料を選ぶ場合、フッ素系塗料、シリコン塗料といった塗料を選びましょう。

    もちろん、チョーキングの発生を遅らせるだけで、防ぐ訳ではありません。

    そのため、耐候性の高い塗料はチョーキングの発生を少しでも遅らせたい人におすすめです。

    5. まとめ

    ここまで、チョーキング現象の原因、建物に与える影響、対策方法について解説しました。

    チョーキング現象は、紫外線、施工不良、立地条件によって塗装が劣化することで発生します。早急にチョーキング現象を対処しないと、建物全体まで被害が及ぶかもしれません。

    外壁のチョーキング現象に気づいたら、すぐに対処して、安心できる家を目指しましょう。


    ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ



    関連記事

    チョーキングの補修は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル