外壁塗装のベストな塗り替え時期・季節とは?全季節のメリットデメリット徹底解説

【投稿日】

【更新日】

外壁塗装の塗り替えは「10年」を目安と一般的にいわれていることですが、

「何故一様に10年なの?」
「10年過ぎたらどうなる?」

など、疑問をお持ちの人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装は10年を目安という認識は間違っていませんが、すべてが10年程度持つものではありません。

メンテナンス次第では、5年程度で塗り替えが必要な劣化が来るものや、防水性が高く15年程度持つものなどさまざまです。

今回、外壁塗装の適切な時期やメンテナンスのタイミング、外壁塗装に適した季節について解説します!

↓↓外壁塗装の耐用年数について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓

1. 築10年が外壁塗装のタイミングといわれている理由

築10年が外壁の塗り替え時期といわれている理由の1つが、塗料の耐用年数の平均が10年程度だからです(最短で5年程度、最長で20年程度)。

また、外壁材の種類によっては10年程度経過するとひび割れが発生したり、コーキングが劣化したりと不具合が発生する時期です。

さらに、こけや藻の発生、外壁の色あせや防水性の低下も10年程度でかなり目立ってきます。

また、建物の外壁は、直射日光や風雨などの過酷な自然環境に晒される場所。外壁の塗膜やコーキングが建物を守っています。

塗膜やコーキングの劣化を放置しておくと壁面の防水性が低下し、雨水が侵入するなど壁の内部ばかりか大切な構造体まで腐食させてしまう可能性があります。

そうなってしまえば、大掛かりなリフォームが必要になり、費用も高額になります。10年程度ごとに住宅の劣化状態をチェックし、早めのメンテナンスを実施することが大切な住宅の寿命を延ばすだけでなく、余分な費用をかけないためにも大変重要です。

2. 外壁塗装の時期は、外壁材の種類や性能・使用されている塗料・環境による

外壁塗装が必要になる時期は、使用されている外壁材の種類や性能、塗られている塗料、建物の環境などによっても大きく変わってきます。

塗料の種類別塗り替えサイクルは以下が目安になります。


グレード 耐久年数 価格 使用状況
アクリル 5~7年 1,400円~1,600円 めったに使われない
ウレタン 8~10年 1,700円~2,200円 ベランダ防水工事に使われる
シリコン 10~15年 2,300円~3,000円 最も頻繁に使われる
フッ素 12~15年 2,500円~3,000円 比較的大きな家で使われる

↓↓塗料全般について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓

そして、外壁材の種類や性能によっても塗り替えの時期は異なります。

近年、住宅でもっとも多く採用されているサイディングには、窯業系・金属系・木質系・樹脂系などの種類があります。

中でも、一般的な窯業系の化粧サイディングは10年程度で塗り替えが必要な時期が訪れますが、サイディングの製造方法によって性能に違いがあり、フッ素コートやプラチナコートされたサイディングは高性能で超耐久性があります。

さらに、塗膜の20年保証や30年保証されているものもあります。

木質系のサイディングも一般的な窯業系サイディングと同じ程度(10年)でメンテンスが必要です。


金属系サイディングの場合は、雨水の滲み込みやひび割れの心配がないため、少し長めの10年~15年程度がメンテンス時期のタイミングです。


樹脂系サイディングは日本ではあまり採用されていませんが、表面処理を施す必要がないため、メンテナンスフリー(耐久性30年程度)といわれています。

しかし、確実にリフォームの必要がないというわけではないので、放置せずに定期的な診断をプロに頼むことが必要です。

モルタル壁の場合は、建物の動きに対しての追従性が少なくモルタル自体にひび割れが発生しやすいため、8~10年程度外壁塗装メンテナンス時期のタイミングです。


↓↓外壁材全般について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓


3. 外壁塗装のタイミング・セルフチェック

新築から10年程度が経過したら、外壁の塗り替え時期を知るためにセルフチェックを行いましょう。

以下のような症状が見られたら、住宅のメンテナンスのタイミングです。

光沢の低下、色褪せ

新しい塗膜は、光沢やツヤがありますが経年によって徐々に失われてきます。

また、紫外線が多く当たる南側の外壁は色褪せが早く発生します。光沢の低下や色褪せ状態が著しくなった場合は、外壁の塗り替え時期が来たことを判断できます。

チョーキング(白亜化)現象

チョーキングとは、外壁に触ると手に白い粉が付く現象です。

紫外線などの影響により塗料の劣化が進むと、塗料の成分である顔料が粉状になって表面に現れます。

白い粉の付着の程度によって塗り替えのタイミングを計りましょう。(薄っすらと付着する場合は2~3年
以内、真っ白に付着する場合はなるべく早く塗り替えが必要
)。

クラック(ひび割れ)がある

クラックは、大きさによってメンテナンス時期を判断できます。ヘアークラック(髪の毛程度のひび割れ、幅0.3mm以下、深さ4mm以下)の場合は、緊急性を要しませんが、放置すると更なるひび割れを引き起こすため、早めのメンテナンスをオススメします。

こけや藻が発生している

外壁にこけや藻の発生が見られる場合も、塗膜の保護機能が低下している証拠です。

こけや藻は、常に水分を含んでいる状態なので、放置しておくと益々発生が広がり、塗膜の劣化を早めてしまいます。

こけや藻の発生が見られたら、直ちに塩素系漂白剤などを水で薄めたものをかけ、スポンジなどを使用して洗い流しましょうすか、プロの業者に高圧洗浄を頼むこと検討しましょう。

それでもすぐに再発生する場合は、外壁塗装をおこなうことで塗料による防水性が向上し、こけや藻の発生を防ぐことができるため、プロに依頼することを検討しましょう。

塗膜の膨れやはがれ

塗膜が部分的に膨らんでいたりはがれたりしている場合は、塗膜の保護機能&防水機能が著しく低下しているため、危険な状態といえます。

部分的なものならその箇所だけの補修もできますが、全体的に膨れやはがれがある場合は早めの塗り替えが必要です。

コーキングの痩せやひび割れ破断など

大切なお家は、塗膜とコーキングによって守られていますから、塗膜の状態だけでなくコーキングのチェックも大切です。

コーキングに痩せやひび割れ破断などが見られたら、コーキングの打ち増しまたは打ち替え工事を実施しましょう。

基本的に、コーキング工事をおこなった場合は、外壁塗装をすることでコーキングの上から塗料を重ね塗りすることができます。

そうすることで、塗料、コーキングの防水性が向上するため、メンテナンスを考えるときは、一緒におこなうことをおすすめします。

4. 外壁塗装に適した時期は?季節ごとのメリット・デメリット

外壁塗装を実施する際は、季節にも注意が必要です。塗装が可能な条件は、気温5℃以上、湿度85%以下となっています。真冬日(気温が5℃以下)や雨の日(湿度が85%以上)は、塗装ができません。

その他にも、季節ごとのメリットやデメリットを以下にご紹介します。

春(3・4・5月)

春は塗装にもっとも適している季節です。メリットは、空気が乾燥しているため塗料の乾燥が早く、職人さんの作業環境も良好なこと。

デメリットは、この時期、塗装会社の営業活動が活発になるため塗装を依頼する人が多くなります。希望の日程で工事することが難しい場合も発生します。

夏(6・7・8月)

6月の梅雨時は塗装に適した時期ではありませんが、まったく不可能ではありません。

しかし、雨によって工期が延びる可能性が大きくなります。

7月&8月は気温が高く、日照時間も長いため塗料が乾きやすいメリットがあります。

デメリットは、高温のため職人さんの作業環境が悪くなること。とくに、屋根は日中上がれなくなるほど高温になることもあります。
また、工事中は窓を閉め切る必要があるため、夏は施主側も工事を避けることが多くなります。

秋(9・10・11月)

秋は乾燥しているため、塗料が乾きやすく作業環境も良好なことがメリットです。

ただ、地域によっては秋の長雨や台風に注意が必要です。もっとも気候が安定しているのが晩秋。この時期は外壁塗装のベストシーズンといえるでしょう。

冬(12・1・2月)

気温が5℃以下になると作業ができなくなりますが、冬は乾燥しているため塗装に問題はありません。

ただ、日照時間が短く作業時間が少なくなったり、気温の低すぎる日が続いたりした場合は工期が延びる可能性があります。

年間を通して塗装は可能ですが、やはりベストシーズンは3~5月の春と、晩秋から冬にかけてです。

この時期はスムーズに塗装作業が進み、窓を閉めていても問題なく過ごせるのでオススメです。しかし塗装のベストシーズンは業者にとっても繁忙期。余裕を持って早めに依頼した方がいいでしょう。

反対に、夏や冬の季節は外壁塗装の依頼が少ない時期でもあることから、あえてこの時期を選ぶことで、値引きを期待することもできます。

工期が延びる可能性はありますが、工期が延びたとしても料金は同じというのが一般的です。

近年は、塗料の性能が向上し、日本の四季を考慮して設計されています。

そのため、季節によって極端に仕上がりが変わることは少なくなっています。

しかしながら、水性塗料の場合は湿度や気温の影響を受けやすく、1日経ってもまだ乾燥が足りない場合もあるため、注意は必要です。

まとめ

外壁の塗り替えは、適切な時期を選んで実施することが大切です。

適切なタイミングを知るには住宅の外壁材(屋根材)の種類や性能を知り、定期的なセルフチェックを心がけましょう。

そして「塗り替えよう」と思ったときが本当のベストタイミング。「季節が悪いから、次の機会に…」と考えていては、なかなか実施できません。

外壁塗装に適した時期を逃さないことがお家の耐久性を維持し、ムダな費用の削減にもつながります。

関連記事





関連サービス




ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください