フッ素塗料の費用対効果は?メリット・デメリットを徹底解剖

【投稿日】

【更新日】


現在、住宅の塗装工事で主流になっているシリコン塗料よりも上級グレードに位置付けされているフッ素塗料。 15~20年の耐久性があるとされていますが、戸建て住宅ではまだそれほど普及していません。

フッ素塗料とはいったいどんな塗料なのか?
メリットとデメリットにはどのような点があるのか?
どんな場合に使用すれば効果的なのか?

など、フッ素塗料について徹底解説いたします。

Point
  • ・フッ素塗料は、多数実績がある「本物」の塗料。
  • ・ただし採用する際は、欠点も把握しておかないと効果がないことも。
  • ・フッ素塗料は、「屋根」や雨樋・軒天などの「付帯部分」に特にオススメ!



1. フッ素塗料の特徴


1.1. 高い耐久性と耐候性

フッ素塗料の一番の特徴といえるのは、耐久性・耐候性の高さです。 しっかりと外壁に密着するため、長期間風雨に晒されても、隙間をつくらず強固に家をガードします。
現在主流のシリコン塗料の耐用年数が10~15年といわれているのに対し、
フッ素塗料の耐久年数は最低でも15~20年といわれています。
また、家の屋根や外壁を紫外線のダメージから守る耐候性の高さも魅力のひとつです。
フッ素樹脂は、炭素とフッ素の結合が非常に強固なので、紫外線で破壊されにくいのが特徴です。紫外線を受けても色あせや劣化の進行を抑えることが可能です。

1.2. 親水性

親水性とは、水に濡れやすく密着しやすい性質のことをいいます。
空気中の物質やホコリなどが外壁面に付着しても、フッ素塗料で塗装した表面は高い親水性塗膜が形成されており、汚れと塗膜の間に雨水が入り込み、汚れを洗い流す効果があります。
この性質のことを、汚れが落ちやすいことから低汚染性ともいいます。

1.3. 防藻性、防カビ性

フッ素塗料には塗膜に防藻性や防カビ性があるため、太陽の光があまりあたらない北面の壁や湿気がこもりやすい壁でも、藻やカビの発生を抑える効果があります。 カビや藻の付着によって建物の美観を損なわず、綺麗な状態が長く続きます。

1.4. 耐摩耗性

フッ素塗料は耐摩耗性が高く、長期間光沢を保ちます。 フッ素塗料の塗膜の光沢保持力は非常に優れていて、光沢は20年でわずか10%しか減少しないといわれています。

1.5. 耐薬品性

フッ素塗料は、耐薬品性にも優れています。
近年問題となっている酸性雨にも強い効果を発揮します。


2. フッ素塗料のメリット・デメリット


2.1. メリット

1.フッ素塗料の耐用年数は信頼性が高い

前項でも触れましたが、フッ素塗料は一般的な塗料の中では最も高い耐用年数を誇ります。 塗料の中には光触媒塗料や無機塗料など、耐用年数が20年を超えるといわれている塗料もありますが、これらはまだ販売開始後の実績が乏しいため、やや信頼性に欠けます。
実際に20年以上経過した実例がまだほとんどないため、ほんとうに20年以上もつのかどうかわかりません。その点、フッ素塗料には十分な実績があるので、15年~20年といわれている耐用年数は、比較的信頼性の高い数値です。

2.メンテナンスコストが削減できる

塗料の耐用年数が長ければそれだけ塗り替え回数を少なくすることができ、メンテナンスサイクルが長くなればその分のコストを抑えることが可能です。
新築してから30年経過すると、シリコン塗料を使用した場合には2回目の塗り替えが必要になりますが、新築時からフッ素塗料を使用していれば、2回目の塗り替えはさらに10年後まで先延ばしすることができます。

3.光沢のある仕上がりになる

フッ素塗料は親水性を高めるため、ツヤあり塗料になっています。 塗装すると、光沢のあるピカピカの外観になるので、古い家でもまるで新築の様になります。


2.2. デメリット

1.価格が高い

フッ素塗料は、数ある塗料の中でも高価な部類の塗料になります。
塗料の種類別価格相場の目安は、以下の通りです。

グレード 耐久年数
アクリル 1,400円~1,600円
ウレタン 1,700円~2,200円
シリコン 2,300円~3,000円
フッ素 3,800円~4,800円
無機塗料 5,000円~5,500円

※ちなみに無機塗料の耐用年数は20年~25年といわれています。

耐用年数が15~20年と非常に長いフッ素塗料ですが、耐用年数が10~15年のシリコン塗料と比較すると価格が1.6倍以上になるので、メンテナンスサイクルやトータルコストなどを考えると必ずしも費用対効果が高いとはいえません。
また、採用にあたっては外壁や屋根、シーリング、付帯設備を含めた家全体のメンテナンスサイクルも考えなければいけません。外壁にフッ素塗料を使用しても、他の部分が先に劣化してしまえば、無駄に高いコストが発生することにもなりかねません。

2.ツヤあり塗料しか選べない

フッ素塗料は、塗膜の親水性の高さによりメリットを発揮するため、塗装するとピカピカな光沢のある仕上がりになります。 しかしフッ素塗料においてはツヤあり塗料しか選べないので、マットな艶消し仕上げを希望する方には不向きです。

3.塗膜が硬いため、追従性に劣る

フッ素塗料は、非常に耐久性の高い塗料である反面、他の塗装に比べて塗膜が硬いため伸びにくく、外壁のひび割れが発生すると塗膜も一緒に割れてしまうことがあります。
モルタル外壁などの動きのある素地へ塗装する場合、特に注意が必要です。


3. フッ素塗料の代表的製品

本章では、塗料メーカーごとの主なフッ素塗料をご紹介します。


▼ 日本ペイント ▼
製品名 価格 適用下地
ファイン4Fセラミック 15kg 50,000円 サイディング・モルタル・コンクリート・ALC・ 鉄部(アルミ・ステンレス等)
ピュアライド UVプロテクト4Fクリヤー 15kg 35,000円 セメント素地(コンクリート・モルタル)、金属(鉄面・ステンレス・アルミ)硬質塩ビ、FRPなど)
サーモアイ4F 15kg 45,000円 スレート・波形スレート屋根、金属屋根・トタン、住宅用化粧スレート屋根
ファイン4Fベスト 15kg 40,000円 住宅用化粧スレート屋根、波形スレート

※15kgで 100~120㎡ ほどの塗り面積となります。


▼ エスケー化研 ▼
製品名 価格 適用下地
クリーンマイルドフッ素 15kg 40,000円 コンクリート、セメントモルタル、押出成形セメント板
スーパーセラタイトF 16kg 60,000円 コンクリート、セメントモルタル、ALC、PC部材、スレート板、GRC板、押出成形セメント板、各種旧塗膜など
クールタイトF 16kg 50,000円 薄型塗装瓦、トタン屋根、スレート屋根
ルーフスターF 16kg 15,000円 カラー鋼板、カラートタン、ガルバリウム鋼板

▼ 関西ペイント ▼
製品名 価格 適用下地
セラMフッ素 16kg 65,000円 コンクリート、モルタル、鉄部、亜鉛めっき、アルミニウム、窯業サイディング
アレスアクアフッソⅡ上塗 15kg 83,000円 コンクリート、モルタル、スレート、窯業サイディング、鉄部、亜鉛めっき
スーパーフッソルーフペイント 14kg 35,000円 金属屋根(トタン、ガルバリウム)
アレスクール2液F 15kg 40,000円 金属屋根、新生瓦(窯業屋根)、波形スレート

この中から、特に代表的なフッ素塗料を3つご紹介します。


3.1. ファイン4Fセラミック(日本ペイント)



ファイン4fセラミックは、外壁塗料の中でもトップクラスの品質を誇り、フッ素塗料の中でも、最も普及しているスタンダードなフッ素塗料です。耐久性が高く汚れが付きにくいため、外壁の美しさを長く保つことができます。また、耐候性、耐熱性にも優れているため、特殊な気候の地域でも活躍してくれるでしょう。


3.2. クリーンマイルドフッ素(エスケー化研)



クリーンマイルドフッ素は、耐久性に優れ、汚れが付きにくいことに加え、防カビ性・防藻性にも優れるため、長期にわたって衛生的な環境を維持します。
また、弱溶剤で構成されているため、強溶剤塗料に比べて臭気が少なく旧塗膜の種類を問わずに使用できるのが特徴の一つです。


3.3. セラMフッ素(関西ペイント)



セラMフッ素は、高耐候低汚染形セラミック変性ターペン可溶フッ素樹脂塗料で、外装の上塗りに使用されます。耐久性、耐候性、耐汚染性に優れているのはもちろんのほか、外壁塗装だけでなく、内部塗装にも適応性があり、幅広く使用可能です。


4. フッ素塗料は、こんな方にオススメ!

4.1. 塗り替え時期を先延ばしし、トータルコストを節約されたい方

フッ素塗料の耐久性の高さを活かして塗り替え回数を減らせば、足場の架設費用や高圧洗浄などの費用も節約することができます。
条件次第では、長期的に見ればコストを削減できる可能性が高くなるので、メンテナンスサイクルや足場の費用などの付帯工事費用を含めて、他の塗料で塗り替えるケースと比較して欲しいと思います。


4.2. 光沢のある仕上がりがお好みの方

フッ素塗料は、ピカピカな光沢のある仕上がりが特徴で、艶のキラキラしたような外観がお好みの方には最適な塗料です。
ただし、環境によっては「安っぽく見える」という声も少なくないので、その点も注意してご判断されるのが望ましいでしょう。


5. フッ素塗料は、こんな部位にオススメ!

フッ素塗料は高価なので、家の全てをフッ素塗料で塗装すると、予算をはるかにオーバーしてしまうケースが多いと思います。そのような場合は、まず特定の部分のみをフッ素で塗装することをオススメします。

5.1. 住宅の部位の中で最も劣化しやすい「屋根」

屋根は住宅の部位の中でも、最も風雨や紫外線の影響を受ける場所なので、劣化しやすく、メンテナンス周期が最も短くなる場所です。また普段目につきにくい場所なので、知らないうちに予想外に経年劣化が進行していたというケースも多いものです。
屋根を耐久性の高いフッ素塗料で塗装することで、他の部位と同時に次の塗り替え時期を迎えることが可能になります。

5.2. 実は劣化が早く進んでいる「雨樋・派風・幕板・軒天」など

通常、外壁や屋根には注意が向けられるのですが、その一方で雨樋などの付帯部分には、外壁や屋根とはコストを抑えるためにとにかく安い塗料が使われがちです。
しかし、実は、ほとんどの付帯部分が外壁と同程度、もしくはそれ以上のスピードで劣化しやすいとも言われており、付帯部分こそ耐用年数の長い塗料で塗装することをオススメします。




関連記事





関連サービス



ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください