シリコン塗料の費用対効果は?特徴や選び方を解説!

【投稿日】

【更新日】

主な外壁の塗料は、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料の4種類ですが、近年の主流となっている塗料の一つがシリコン塗料です。
本記事では、シリコン塗料の特徴や費用対効果・人気の種類などをご紹介します。

Point
  • ・シリコン塗料は最もスタンダードで、コスパが良く、初心者でも安心して使える塗料
  • ・シリコン塗料を選ぶ際は、特に、「1液型・2液型」「水性・油性」に注意!
  • ・シリコン塗料を選ぶ際は、シリコン樹脂の含有率に注意!


1. シリコン塗料の特徴

1.1. シリコン塗料の基本的性質



シリコン塗料は、シリコン樹脂が主成分の塗料で、現在外壁塗料として、
最もスタンダードに使われ、コストパフォーマンスが高いとされる塗料です。
そのため、塗料に迷ったらシリコン塗料にしておくことをオススメします。
アクリルやウレタン塗料は6~8年程度で塗り替えが必要ですが、シリコン塗料の耐用年数は10年~15年とはるかに耐久性が高く、コストパフォーマンスが優れていることも人気の理由になっています。またシリコン塗料は光沢・ツヤのある仕上がりになり、汚れにくいため長期間美観を保つことができます。

また、シリコン樹脂は他の塗料と比較し、以下のような特徴があります。

1.耐熱性

塗料の種類次第では、600℃前後の環境下でも耐えられる塗料も存在します。

2.耐水性

臭気・VOC(揮発性有機化合物)の発生を低く抑えられ、塗り替えに最適です。

3.耐候性

緻密に結合した分子構造の働きで、外壁の劣化を最小限に抑え、高い耐候性を発揮します。


1.2. 他グレード塗料との価格・耐用年数の比較



シリコン塗料は、一般的なアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料の4種類の塗料の中では中級のグレードに位置しています。

グレード 耐久年数 価格 使用状況
アクリル 5~7年 1,400円~1,600円 めったに使われない
ウレタン 8~10年 1,700円~2,200円 ベランダ防水工事に使われる
シリコン 10~15年 2,300円~3,000円 最も頻繁に使われる
フッ素 12~15年 3,800円~4,800円 比較的大きな家で使われる

2. シリコン塗料は、こんな方にオススメ!

2.1. 塗装が初めてで、どの塗料を選べばよいかわからない方

シリコン塗料は、現在最もスタンダードに使われている「無難な塗料」と言われています。他の塗料と比較して突出した性能を持つわけではないですが、価格や性能、耐用年数などを総合的に判断し、最も使い勝手の良い塗料です。そのため、初めて塗装をするという方は特に、まずはシリコン塗料から検討し始めてみるのが良いかと思います。


2.2. しっかりと施工実績があり、安心できる塗料をお使いになりたい方

従来のアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料のほかに、近年、シリコン塗料の1つ上のグレードとしてラジカル塗料が普及してきました。しかし、このラジカル塗料をはじめとした新しい塗料は、まだ実績が豊富ではないため、本当に表記通りの耐用年数があるのか?などの不確定要素が残存します。それに対し、シリコン塗料は現在最も使われている塗料でもあり、地域の塗装会社でも施工実績がしっかりとある塗料ですので、安心できる塗料と言えます。


3. シリコン塗料の選び方

では、シリコン塗料を選ぶ際に重要なポイントは一体何でしょうか?
シリコン塗料を選ぶ場合は、以下の2点が特に重要になってきます。

まず、「使用方法の違い」についてです。
これは、「1つの缶の液体だけで塗料として使う事が出来る(1液型)」か、「2つの異なる缶の液体を組み合わせて塗料として使うの(2液型)」かの違いのことです。
一般にそれぞれ、以下のような特徴を持ちます。
1液型は、安価・作業性が高い・耐久性が低い・再利用可能
2液型は、高価・作業性が低い・耐久性が高い・再利用不可


次に、「臭いや耐用年数の違い」についてです。
これは、塗膜補助材である溶剤類の種類によって塗料を分類する方法で、水によって塗膜主要素を溶かすものを水性塗料、水以外の薄め液(シンナーなど)によって塗膜主要素を溶かすものを油性塗料と呼びます。
一般にそれぞれ、以下のような特徴を持ちます。
水性塗料は、安価・臭いがない・作業性が高い・耐久性が低い
油性塗料は、高価・臭いがある・作業性が低い・耐久性が高い


以上の情報をまとめると、以下のようになります。
ぜひ 「失敗しない塗料の選び方」の記事もチェックしてみてください。



4. オススメできるシリコン塗料の人気製品




4.1.  1液型・水性 のシリコン塗料

オーデフレッシュSi100水性(日本ペイント)

【 環境に配慮したい方 にオススメ】
1液水性反応硬化形シリコン系塗料。オーデフレッシュシリーズの1液水性塗料です。下塗りから上塗りまで全てに水性塗料で施工可能。臭いが少なく安全で環境に優しい塗料です。

ハナコレクション100水性(日本ペイント)

【 耐久性にこだわりたい方 にオススメ】
1液水性反応硬化形セラミック変性シリコン樹脂塗料。塗料にバラの芳香を付けていることが特徴で、塗装時に塗装臭が目立ちにくくなります。またセラミックが配合されているため耐久性に優れ、防藻・防カビ作用もあります。


4.2.  1液型・油性 のシリコン塗料

エスケープレミアムNADシリコン(エスケー化研)

【 耐久性・経済性にこだわりたい方 にオススメ】

超耐候形一液NAD特殊シリコン樹脂塗料。架橋にも使われている強靭な塗膜により、優れた耐久性を発揮します。また、特殊NADシリコン樹脂塗料を使用しているため、ほかの塗料よりも肉持ち感・高級感のある仕上がりになります。さらに、1液型タイプのため、作業効率にも優れており、長期的なトータルコストにも優れます。

シリコンルーフⅡ(日本ペイント)

【 光沢感にこだわりたい方 にオススメ】

1液反応硬化形シリコン変性樹脂屋根用塗料。特に、光沢感・抗体阿求が特徴の屋根用1液シリコン樹脂系塗料です。積雪・滑雪などの厳しい自然環境に耐える、高い耐久性を持ち、速乾タイプなので、冬場の塗装においても高い作業性を実現します。そのため、積雪量の多い地域でよく使われる塗料です。


4.3. 2液型・水性 のシリコン塗料

パワーオーデフレッシュSi(日本ペイント)

【 汚れが気になる方 にオススメ】
超低汚染水性2液形シリコン樹脂系塗料。特殊低汚染化成分が配合された塗料で、一般的なシリコン塗料よりも高い親水性を発揮し、汚れが付着しにくくなります。また塗膜表面は低帯電性で緻密なため、汚染物質が定着しにくくなっています。さらに強力な防藻・防カビ機能を持ちあわせています。

アレスアクアセラシリコン(関西ペイント)

【 ひび割れを防ぎたい方 にオススメ】
超低汚染2液水性シリコン樹脂系塗料。低汚染性・耐候性・弾性追従性に優れ、水性なので臭いが少ない塗料です。2液タイプのため、ベースと硬化剤を指定の比率で混合、電動ミキサーで攪拌(かくはん)し、調整後は可使時間内に使い切る必要があります。


4.4. 2液型・油性 のシリコン塗料

クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)

【 ツヤと防汚性を長く保ちたい方 にオススメ】
超低汚染・超耐久性NAD型特殊アクリルシリコン樹脂塗料。セラミック複合の特殊技術で従来にない超低汚染性を実現。超耐久性・防藻・防カビ性に優れ、透湿性塗膜によって内部結露を防止します。塗装用シンナーで希釈するため臭いが少ない塗料です。

水性セラタイトSi(エスケー化研)

【 汚れが気になる方 にオススメ】
超低汚染型水性アクリルシリコン樹脂塗料。塗膜表面が低帯電性となり、大気中の排気ガスや粉塵による汚れが付着しにくい構造になっています。また付着した汚れも塗膜が親水性に優れているため、雨によって徐々に除去されていきます。さらに特殊設計によってカビや藻などの微生物による汚れにも抵抗性がある、完全水性システムの安全性が高い塗料です。



5. 補足:シリコン塗料を選ぶ際の注意点

シリコン塗料を選ぶ際は、シリコン樹脂の含有率に注目することも重要です。(含有率の低いものでは20%以下、高いものでは45~65%程度のものもあります。)
例えば、シリコン含有率の高い塗料(含有率45~65%)には以下が挙げられます。


  • 水性セミシリコン(エスケー化研)
  • クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)
  • セラMシリコンⅡ(関西ペイント)

シリコン樹脂の含有率が高いものほど、シリコン樹脂の持つ高性能を発揮しますが、含有率が低いと全ての面で性能が劣ります。
そのため、シリコン塗料だからすべて安心、ではありません。大手塗料メーカーなどの信頼性の高い塗料を選び、あまり低グレードのシリコン塗料は選ばないのがオススメです。余裕があれば、事前に各塗料メーカーのサイトなどで、シリコン樹脂の含有率を調べておくのが良いでしょう。




関連記事





関連サービス



ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください