サンダー

建築用語の中で「サンダー」とは2種類の意味があり、1つ目は木材や金属の研磨をしたり、錆をおとしたりというような使われ方をします。もう一つは、金属を削って切り落としたりする事を言います。本来は金属を削り切り落とすものは「グラインダ」という工具が使われますが、建築現場では両方を「サンダ」と呼び、その時々の状況に応じて使い分けているようです。電動のサンダーの中でも、オービタルサンダ・デルタサンダ・ランダムサンダ・ディスクサンダ・ベルトサンダなどの種類があり、その中でもオービタルサンダが一般的に使われています。

無料見積もり依頼