水切り

雨水が外壁面や庇の裏面を伝って、壁を汚したり室内に侵入しないように、庇の先端や窓の下枠部分・基礎などに取り付けるL字型の雨仕舞金具です。木造では外壁から伝わった雨が、土台に侵入しないように土台水切りを設けます。年数が経過して外壁のメンテナンスを行う際にも水切りが破損していないかチェックし、必要であれば同時に修繕することも重要となります。高断熱・高気密住宅の基礎外断熱に対応する、出幅の大きな水切り型換気用部材などもあります。

無料見積もり依頼