下塗り

外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3工程を行います。外壁塗装の仕上げを頑丈に、美しくする為に必要なのが下塗りです。まず、水洗いで汚れを落とし、ひび割れや欠損の修理といった下地処理を行った後で、壁面の状況に合った塗料を選んで下塗りを行います。下塗りの効果は、素材と素材を保護する上塗り塗料を健全に密着させることです。また、塗装を長持ちさせることにも繋がります。下塗り材は、シーラー、浸透性シーラー、フィラー、微弾性フィラーという種類があります。

無料見積もり依頼