シーラー・プライマー

外壁塗装を行う際に、外壁材を塗装する面に最初に塗布するものを下塗り材と言います。下塗りを行う目的は、中塗り、上塗りがよく密着出来るようにする為であり、塗装面を整える目的もあります。シーラーとプライマーは下塗り材の代表的な種類です。シーラーは、塞ぐという意味があり、塗装面に吸い込ませることにより中塗り、上塗りがそれ以上にしみこまないようにする働きがあります。プライマーは塗膜の密着性を高める為に最初に塗る下塗り材で、金属面に塗布する場合はサビ止め効果がある塗料を塗布します。

無料見積もり依頼