チョーキング

チョーキングとは、塗装の表面の樹脂が風雨や紫外線などにさらされたために劣化し、塗料の顔料が白く浮かびあがって粉を吹いたようになる現象をいいます。日本語では、白亜化現象ともいい、触ると学校などで使われる白墨はチョークのような白い粉が手に着くことからチョーキングといわれています。塗装は一定の年月が経過すると寿命がきてしまうため、特に施工に問題がない場合でも起こりうるのですが、やはり立地条件に合った塗装を行っていないと早めにこの現象が生じると考えられています。そのため、チョーキングが生じた場合には立地条件に適した塗装を行って建物などの表面を保護すべき、というサインが現れているといえます。

無料見積もり依頼