微生物汚染

微生物汚染とは、藻やカビ、ダニを原因とした外壁などの汚れのことを指します。これらの微生物が塗布された塗料の有機成分等を栄養源として繁殖することで発生します。汚染された部位は撥水効果が低下して吸水しやすくなるため、クラックやチョーキング現象(外壁の塗料が落ちて粉を吹いたように見える状態)を引き起こしやすくなります。微生物汚染に強い塗料としては光触媒塗料が有名です。この塗料を塗布した外壁は紫外線が当たった際に微生物を含む有機物を分解するため、汚染を防ぐ効果があります。

無料見積もり依頼