和瓦

現在リフォームをしていない家の屋根の種類は、和瓦、コロニアル、トタン瓦の3種が多くなっています。その中で和瓦とは、粘土質の土を瓦の形に成型し乾燥した後、1000度1250度で焼いた屋根材です。別名では、日本瓦や粘土瓦と呼ばれています。特徴としては、他の屋根材の様に塗装の必要もなく、陶器なので耐久性、断熱性に優れています。また、メンテナンスも基本的には不要で、瓦の美しさを長く保つことができます。しかし、その一方で衝撃によって割れやすい、重いので耐震性には劣るなどのデメリットもあります。

無料見積もり依頼