瓦屋根

建築物などに用いられる瓦屋根は、屋根材のひとつであり、日本瓦とも呼ばれるその種類は、大きく分けて釉薬を施した陶器瓦と、瓦の表面に炭素膜を形成させるべく燻化されたいぶし瓦の2つに分類されます。現在、建築物などの屋根に使用されている瓦の殆どは、愛知県の三州瓦、淡路島の淡路瓦、島根県の石州瓦の三大産地で製造されており、屋根材としての瓦屋根は、耐久性が高くメンテナンス性に優れ重厚感があります。なお、その他の屋根材と比較して価格は高めで、重量があるため耐震性が劣る傾向にあります。

無料見積もり依頼