塗装の基礎知識

外壁材のおすすめは?

外壁材のこと、難しくてどう選べばいいか分からないと思っていませんか?
外壁材選びは住まいの今後のメンテナンス費用にも大きく関わってくる問題です。
どうせ選ぶならシッカリ選んで満足のいく塗替えをしましょう。

外壁材はどんな種類のものがある?

外壁材は『塗り壁』と『サイディング』の大きく2種類

外壁材は大きく『塗り壁』と『サイディング』にわかれます。
塗り壁とはいわいるモルタルの壁や、土塗り・漆喰の壁のことで一昔前の住宅でよく見られる壁材です。
サイディングはセメントや木質をボード状に整形した人造外壁材のことで、現在は塗り壁よりサイディングの外壁が主流となっています。

モルタル

サイディング

『塗り壁』の主流はモルタル、漆喰

塗り壁はモルタル、漆喰、土塗りが主流です。
モルタル(吹付け仕上げ塗材)はセメント・砂・水を混ぜて作ったモルタルを下地とし、上から塗料を吹き付けで仕上げる工法です。
デザインの自由度が高く、曲面の壁にも問題なく塗装できますが一方ではひび割れや汚れが目立ちやすい材料でもあります。

漆喰は水酸化カルシウムや炭酸カルシウムを主成分とし、城郭や土蔵にも使用されています。
漆喰は不燃性素材で燃えにくく、美しい白色が特徴ですが、一方で汚れが目立つデメリットがあります。

『サイディング』の主流は窯業系サイディング材

サイディングは窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4種類がありますが現在では窯業系のサイディング材が主流です。
デザインや種類が方法で品質も均一、施工が簡単なため比較的安価なこともあり、日本で急速に普及しました。

外壁材のおすすめは?

外壁材の比較表

画像価格再施工
サイクル目安
メンテナンス、費用について
モルタルイメージ
モルタル
2,000円/m2

7,000円/m2
8-10年メンテナンス期間はモルタルの質、施工する職人の腕によって大きく変わる。
質の低いモルタルはクラック(ひび割れ)が発生しやすい。
費用はサイディングと大きな差はない。
漆喰イメージ
漆喰
6,000円/㎡

20,000円/㎡
10年~非常に耐久性が高く、汚れやひび割れがない限り10年から30年以上補修の必要がない。
ただし地震等で割れが発生した場合や、環境によっては苔などの汚れが発生した場合はメンテナンスが必要になる。
施工にかかる期間が長いため価格は高い。
サイディング(窯業系)イメージ
サイディング
(窯業系)
3,000円/㎡

15,000円/㎡
7~8年現在日本で最も多く普及しているサイディング材で、デザインが豊富で比較的低価格なことが特徴。
塗料の塗替えやコーキングの打ち替えのメンテナンスが必要なため、施工のサイクルは他と比較して短い。
サイディング(金属系)イメージ
サイディング
(金属系)
4,000円/㎡

8,000円/㎡
10~15年軽量・断熱性・防音性等の特徴があるが、一方で錆やへこみに弱いという特徴がある。
素材はガルバリウムかアルミが多く、アルミの方が価格が高い分錆びにくい。
汚れや錆の発生を抑えるため、年に数度水洗いが必要。
表面塗装を行う場合、塗料によってはより短いサイクルで再塗装が必要になる。
サイディング(木質系)イメージ
サイディング
(木質系)
7,000円/㎡

20,000円/㎡
10年他のサイディングより価格が高いが、天然木の風合いが魅力。
地域によっては消防法の関係で施工できない。
防火性能を持つものも開発されているが、メンテナンスの手間がかかるケースもある。
サイディング(樹脂系)イメージ
サイディング
(樹脂系)
9,000円/㎡

12,000円/㎡
10年~20年原材料はほとんどが塩化ビニール製。
北米で50年の実績があり、劣化や変色がほとんど無いのが特徴。
製品によっては30年程度耐久性がある製品も存在する。
ただしデザインの数が少ないことや、施工が可能な工務店も少ないため日本での普及率は非常に低い。

※価格については、いずれも足場・諸経費等の費用は含んでいません。また実際に施工する材料のグレードによっても価格が異なるためあくまで目安価格となります。

価格で選ぶならモルタル、デザインなら窯業系、
耐久性なら樹脂系サイディングか

外壁材はどれも一長一短で、残念ながら安くてオシャレで高耐久の外壁材は存在しないのが現状です。価格の面ではモルタルが優れますが、施工品質やモルタルの質次第で大きく施工金額が変わるので注意してください。窯業系サイディングはデザイン性に優れ、新築でも人気の素材ですので、ある程度の価格でオシャレな家にしたい方にはおすすめできる素材です。
樹脂系サイディングは耐久性に優れますが、価格が高額になるケースも多いので、実際に見積もりをとって検討してみてください。

外壁の張り替え工事は塗装に比べて高額になるケースが多いので、業者の方と相談してじっくり決めましょう。

簡単30秒入力で優良塗装業者を無料でご紹介!
  • いきなり塗装業者から電話がかかってくることはありません。
  • しつこい営業もありませんので、またはお気軽にお問合わせください。

記事一覧

無料見積もり依頼