塗装の基礎知識

費用と相場、塗料の種類

外壁塗装の見積もりには大きく、以下の項目の要素が含まれます。(人件費をのぞく)
・下地補修費用
・洗浄費用
・塗装材費用
・足場組立解体費

こちらのページでは「足場工事」と「塗装材」費用について詳しく解説していきます。
なお単価として算出している金額はおおよその目安となるものですのでご了承ください。
単価からあまりにもかけ離れた費用を提示してくる業者には注意しましょう。

足場工事について

項目内容単位単価
仮設足場2階建てm2¥750
3階建てm2¥800
屋根足場必要な場合m2¥800
養生m2¥200

仮設足場

安全に塗装工事を行うために必要となる足場の組み立て、解体費です。
完璧な塗装をするには足場を組むことは不可欠です。

足場なしで作業出来ると言う業者にはまず注意するようにしましょう。
単価にご自身の建築面積延べ床面積を掛けておおよその塗装工事費用を算出してみてください。

外壁塗装の塗料の種類

塗料の種類耐用年数単位単価主な適応素材特徴
アクリル系塗料5~8年m21,000~1,200円モルタル
サイディング
ヒビ割れしやすい
ウレタン系塗料8~10年m21,800~1,200円モルタル
サイディング
紫外線に強く水はじきもよく長持ちする
防汚性に劣る
シリコン系塗料10~15年m22,500~3,500円モルタル
サイディング
紫外線や汚れに強く防汚性も高い
フッ素系塗料12~20年m23,500~4,500円モルタル
サイディング
耐久性に優れている
光触媒・無機塗料15~20年m25,000~5,500円モルタル
サイディング
汚れが非常に付きにくい
遮熱・断熱塗料(ガイナ)15~20年m25,000~5,500円モルタル
サイディング
温度差で2~3度の断熱・遮熱効果がある

下塗り

壁に穴が空いていたり、ひび割れしている場合は先に補修作業が入ります。
補修がないまま塗装だけしてしまうと雨漏りやさらなるひび割れを引き起こしてしまう可能性もあります。
業者に診断を依頼し、判断してもらいましょう。

下塗り材は素材と上塗り材を密着させます。
ウールローラーや砂骨ローラーを使い、クラック(ひび割れ)処理とともに塗装していきます。
劣化の程度によっては下塗りを二回行う場合もあります。

上塗り

上塗りは素材を守り、見た目の良い状態を保つために行う作業です。
だいたいのケースで同じ材料を二回塗り重ねることになります、これにより適度の厚みを出すことが可能です。
また、塗料の選び方については費用と耐用年数にかなりばらつきがありますので、慎重に選ぶことをオススメします。

屋根塗装の塗料の種類

箇所と種類塗料の種類耐用年数単位単価特徴
トタン屋根アクリル系塗料4年m21,000~1,200円性能、耐用年数共に低い
ウレタン系塗料6年m21,500~1,700円密着性に優れている
シリコン系塗料13年m21,800~2,000円価格と耐久性のバランスが良く、一番人気の塗料
フッ素系塗料18年m23,500~4,500円価格、耐久性ともに高い、大きい住宅向き
断熱塗料18年m23,500~4,500円暑さと寒さ対策の他に紫外線カットも
コロニアル屋根アクリル系塗料4年m2700~1,000円性能、耐用年数共に低い
ウレタン系塗料6年m21,500~1,700円密着性に優れている
シリコン系塗料13年m21,800~2,000円価格と耐久性のバランスが良く、一番人気の塗料
フッ素系塗料18年m23,500~4,500円価格、耐久性ともに高い、大きい住宅向き
断熱塗料18年m23,500~4,500円暑さと寒さ対策の他に紫外線カットも
瓦屋根アクリル系塗料4年m21,000~1,200円性能、耐用年数共に低い
ウレタン系塗料6年m21,800~2,000円密着性に優れている
シリコン系塗料13年m22,500~3,500円価格と耐久性のバランスが良く、一番人気の塗料
フッ素系塗料18年m23,500~4,500円価格、耐久性ともに高い、大きい住宅向き
断熱塗料18年m24,000~5,000円暑さと寒さ対策の他に紫外線カットも
雨どい塗装アクリル系塗料4年m21,000~1,200円性能、耐用年数共に低い
ウレタン系塗料6年m21,000~1,200円密着性に優れている
シリコン系塗料13年m21,300~1,800円価格と耐久性のバランスが良く、一番人気の塗料
フッ素系塗料18年m22,500~3,500円価格、耐久性ともに高い、大きい住宅向き

下塗り

主にスレートと上塗り材の密着を目的として行われます。上塗り材のようにスレートを保護する役目は果たしません。
スレートの傷みが激しい場合はシーラー(下塗り材)塗りを二回行います。

上塗り

屋根の素材を守り、塗り残りを防ぐため、同じ塗料をローラーを調整し二回塗ります。
外壁と同じく、耐用年数が長かったり遮熱機能を持つ塗料などは単価が高いです。

縁切り

屋根塗装に必要不可欠の工程です。
スレートとスレートの間を塗料が塞いでしまうと毛細管現象で雨水が吸い込まれて排水されにくくなり、雨漏りや腐食の原因となります。
これを回避させるためにタスペーサーと呼ばれる部材をスレートとスレートの間に差し込みます。

簡単30秒入力で優良塗装業者を無料でご紹介!
  • いきなり塗装業者から電話がかかってくることはありません。
  • しつこい営業もありませんので、またはお気軽にお問合わせください。

記事一覧

無料見積もり依頼