【2023年最新】伊勢原市でリフォームにおりる補助金は?金額・条件・申請手順も解説

  • 【更新日】2023-07-11
伊勢原市のリフォーム補助金制度まとめ

伊勢原市にお住まいの方で住宅のリフォーム等をお考えでしたら、自治体から出る補助金を使って費用を安くできる可能性があります。

本記事では、伊勢原市にある内装・外装リフォームや耐震化・省エネ化改修などの工事に出る補助金制度と、補助条件・金額の決まり方などを役所・役場の情報よりもやさしく解説します。

「リフォーム補助金の一般知識」について知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

Point
  • 伊勢原市にあるリフォーム補助金は7つ
  • 伊勢原市では省エネ化、バリアフリー化、耐震化、ブロック塀除去などの工事が補助金の対象

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

伊勢原市のリフォーム補助金の一覧

伊勢原市にある住宅リフォーム等を対象にした補助金制度は、以下の7つです。

制度名 補助金額
木造住宅耐震改修工事等補助制度 費用の50%~全額(上限10万円~110万円)
危険ブロック塀等撤去等補助金制度 費用の50%~75%(上限10万円~15万円)
伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金 設置機器による(上限10万円)
重度障害者住宅設備改良費の助成 全額(上限60万円~100万円)
神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金 費用の全額(上限50万円~100万円)
アスベスト含有調査に対する補助制度 費用の全額(上限16万円~25万円)
神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金 費用の3分の1(上限1万円~15万円)

※表内の制度名を押下すると解説箇所にジャンプします。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

① 木造住宅耐震改修工事等補助制度

制度名 木造住宅耐震改修工事等補助制度
受付期間 2023/4/1(土)~(先着制)
助成金額
  • 費用の50%~全額(上限10万円~110万円)
支給条件
  • 旧耐震基準の木造住宅であること
  • 2階建て以下であること
  • 昭和56年以降に増築をした場合、床面積が延べ床面積の半分未満であること
  • 市内に対象となる木造住宅を所有し、かつ居住していること 等
助成対象工事
  • 耐震診断
  • 耐震改修工事
  • 除却工事
問合せ先 都市部 建築住宅課 営繕係
神奈川県伊勢原市田中348
TEL:0463‐94‐4790

伊勢原市の木造住宅耐震改修工事等補助制度は、市内の木造住宅や沿道木造住宅において、耐震改修工事をする場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は施工費用の50%~全額(上限10万円~110万円)です。

申し込み条件として、耐震改修等の補助金交付が決定した同一年度の3月20日までに補助対象事業を完了し、実績報告書を提出する必要があります。また、本事業にて自宅の耐震改修工事を行った場合、 所得税額の特別控除と固定資産税額の減額措置を受けられる可能性があります。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

② 危険ブロック塀等撤去等補助金制度

制度名 危険ブロック塀等撤去等補助金制度
受付期間 2023/4/1(土)~(先着制)
助成金額
  • 費用の50%~75%(上限10万円~15万円)
支給条件
  • 伊勢原市内において危険ブロック塀等を所有する者であること
  • 令和6年2月29日までに当該工事費用の支払いが完了すること
  • コンクリートブロック塀、レンガ石や大谷石等の石造塀、万年塀などであること。また、その門柱並びに基礎であること
  • 道路面から1.2メートル以上、かつ、ブロック塀等の高さ60センチ以上で、担当職員の事前調査により危険と判断したブロック塀等であること 等
助成対象工事
  • ブロック塀等を撤去
  • 安全な工作物等設置
問合せ先 企画部 危機管理課 危機管理係
神奈川県伊勢原市田中348
TEL:0463-94-4865

伊勢原市の危険ブロック塀等撤去等補助金制度は、地震の際に転倒や倒壊のおそれがある危険ブロック塀等の撤去や、フェンス等の安全な工作物の工事を行う場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は施工費用の50%~75%(上限10万円~15万円)です。

事前調査申請書を提出し、担当職員による現地調査を受け、市から、事前調査結果通知書を受領する必要があります。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

③ 伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金

制度名 伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金
受付期間 2023/4/1(土)~2024/3/15(金)(先着制)
助成金額
  • 設置機器による(上限10万円)
支給条件
  • 伊勢原市に住民登録をしていること
  • 補助金の交付を申請する日の属する前年度の2月16日から補助金の交付を申請する日の属する年度(以下「当該年度」という。)の2月15日までの間に市内にネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを新築し、若しくは購入し、又はネット・ゼロ・エネルギー・ハウスに改築していること
  • 国又は神奈川県からネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの導入について補助金の交付決定を受けていること
  • 市税等の滞納がないこと 等
助成対象工事
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの新築
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの購入
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへの改築
問合せ先 経済環境部 環境対策課 環境衛生係
神奈川県伊勢原市田中348
TEL:0463-94-4737

伊勢原市の伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの導入、または購入を行う場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は設置機器に応じた額(上限10万円)です。

受付予定件数が10件と少ないため、制度を利用できるかどうかの確認が必要です。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

④ 重度障害者住宅設備改良費の助成

2021

制度名 重度障害者住宅設備改良費の助成
受付期間 不明(先着制)
助成金額
  • 全額(上限60万円~100万円)
支給条件
  • 1・2級の身体障害者手帳を持っていること
  • 知能指数35以下であること
  • 3級の身体障害者手帳を持っていて、知能指数50以下であること
  • 18歳以上65歳未満で下肢または体幹機能障がい1・2級で、移動が困難であること 等
助成対象工事
  • お風呂、キッチンなどのバリアフリー工事
  • トイレ、玄関などのバリアフリー工事
  • 天井走行式移動リフトの設置
  • 環境制御装置の設置 等
問合せ先 保健福祉部 障がい福祉課 障がい福祉係
神奈川県伊勢原市田中348
TEL:0463-94-4720

伊勢原市の重度障害者住宅設備改良費の助成は、障がい者が暮らしやすい住宅になるように玄関・台所・浴室・便所・廊下等をバリアフリーリフォームする場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は原則全額(上限60万円~100万円)です。
ただし、世帯所得(納税額)に応じて自己負担が発生する場合があります。

身体障害者手帳に記載のある障がいに対応した部分の改造のみが対象となります。この制度の利用は世帯に1回限りです。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

⑤ 神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金

制度名 神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金
受付期間 2023/4/27(木)~2023/12/28(木)(先着制)
助成金額
  • 費用の全額(上限50万円~100万円)
支給条件
  • 必ず工事開始の1か月以上前に事前申請を行うこと
  • 年度末(令和6年3月29日)までに工事、代金支払い、住宅引渡しの全てを終えること
  • 事業が完了してから2か月以内に実績報告書を提出できること
  • 制度が定める要件を満たした設備であること 等
助成対象工事
  • 県内の新築建売のZEHを購入する事業
  • 県内にZEHを新築する事業
  • 県内の既存住宅をZEHに改修する事業
問合せ先 環境農政局 脱炭素戦略本部室 ZEH補助金担当者
神奈川県横浜市中区日本大通1
TEL:045-210-4115

神奈川県全域が対象のの神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金は、中小工務店が施工するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の導入を行う場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は施工費用の全額(上限50万円~100万円)です。

この制度は、国や市区町村が提供する助成制度との併用ができる場合があります。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

⑥ アスベスト含有調査に対する補助制度

2021

制度名 アスベスト含有調査に対する補助制度
受付期間 不明(先着制)
助成金額
  • 費用の全額(上限16万円~25万円)
支給条件
  • 神奈川県内の12市(横浜、川崎、相模原、横須賀、平塚、鎌倉、藤沢、小田原、茅ケ崎、秦野、厚木、大和)を除く市町村の建物であること
  • 平成元年以前に建築確認を得て着工され、アスベスト含有のおそれがある吹付け材が施工されていること
  • これまでにアスベスト含有調査を実施していない建築物であること
  • 申請者は対象建築物の所有者、区分所有者の団体又は管理者であること 等
助成対象工事
  • アスベスト含有調査
問合せ先 県土整備局 建築住宅部 建築安全課
神奈川県横浜市中区日本大通1 市庁舎11階
TEL:045-210-6257

神奈川県全域が対象ののアスベスト含有調査に対する補助制度は、民間建築物における吹付けアスベスト等の対策を促進するため、含有調査を行う場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は施工費用の全額(上限16万円~25万円)です。

補助制度を利用する前に、事前相談書を作成し必要書類を添付して窓口に提出します。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

⑦ 神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金

制度名 神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金
受付期間 2023/4/27(木)~2023/12/28(木)(先着制)
助成金額
  • 費用の3分の1(上限1万円~15万円)
支給条件
  • 必ず工事開始の1か月以上前に事前申請を行うこと
  • 神奈川県内にある住宅であること
  • 申請者が常時居住すること
  • 耐震性能を確保した住宅であること 等
助成対象工事
  • 窓の改修工事
  • 壁の改修工事
  • 天井の改修工事
  • 床の改修工事 等
問合せ先 環境農政局 脱炭素戦略本部室 既存住宅省エネ改修事業費補助金審査事務局
神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル913号室
TEL:080-4680-6681

神奈川県全域が対象のの神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金は、既存住宅の省エネ改修工事を行う場合に、費用の一部を補助するというものです。

補助金額は施工費用の3分の1(上限1万円~15万円)です。

この制度は、国や市区町村が提供する助成制度との併用ができる場合があります。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

伊勢原市のリフォーム補助金の申請の流れ

リフォーム補助金の支給は、多くの自治体で先着順もしくは抽選制になっており、予算も限られています
補助金を受け取りたい場合は、見積もりや申請にかかる時間を見越して、早めに取り掛かりましょう。

手続きにかかる期間

補助金の申請手続きの各段階にかかる期間は以下が目安です。

  • 業者を呼んでから見積もりが届くまでは1ヶ月~1ヶ月半
  • 申請から支給決定通知は約3~4週間
  • 工事完了報告から補助金振込は約1ヶ月

自治体によってて多少異なる場合があります。詳細に知りたい場合は各制度の担当課まで問い合わせください。

申請手順

補助金申請の流れ・やること・期間

実際の補助金の申請の流れは、おおむね次のようになっています。

  1. 役所への事前相談
  2. 見積もりを取る
  3. 必要書類を入手
  4. 必要書類を提出
  5. 審査結果の通知
  6. リフォーム工事の契約・開始
  7. 実績報告書と請求書を提出
  8. 補助金の振込み

Step 1:役所への事前相談

リフォーム工事をしたい住宅の情報をあらかじめ自治体の担当課に伝え、制度対象となるかを確認します。
相談前には老朽化の状況を写真に取るなどしておくとより良いでしょう。

Step 2:リフォームの見積もりを取る

リフォーム補助金の申請には、業者の工事見積もり書が必要なことがほとんどです。
そのため、業者を呼んで現地調査・見積もり取得をこの段階で行う必要があります。

業者を呼んでから見積もり書の取得には1ヶ月~1ヶ月半かかることもあります。
見積もり取得にかかる時間を考えると、事前相談より先に見積もり依頼を行うのもよいでしょう。

Step 3:必要書類を入手

自治体のウェブサイトにいくと申請書類がダウンロードできます。
記入をすすめ、必要な添付資料などの準備をはじめます。

様式は補助金制度の担当課(多くは建築関係、都市整備関係)の窓口などでも入手できることもあります。

申請時に必要なことが多い書類等
工事の見積書
不動産登記全部事項証明書(土地・建物)
工事着手前の写真
工事を含むの立面図、平面図
付近の見取り図
住民票
納税証明書 または 非課税証明書

Step 4:申請書類を提出

手配・記入が終わった申請書を、窓口か郵送で提出します。
多くの自治体は、申込みは予算内での先着順になっています。多くは新年度から募集が始まるため、早めに応募することが大切です。

Step 5:審査結果の通知

役所への申請からおおよそ3~4週間後、審査結果と申請が通った場合は着工の許可がでます。
通知方法ははがき等の郵送か、抽選結果の掲示(役所窓口・ウェブ上など)で行われることが多いようです。

Step 6:リフォーム工事の契約・開始

この段階でリフォーム工事を開始します。
途中経過や完了後の記録写真が必要な自治体もありますので、必要に応じて確保しましょう。

Step 7:実績報告書と請求書を提出

工事が完了したら、実績報告書や請求書を作成し、提出します。
工事完了日から1ヶ月程度の提出期限が設けられていることが多いのでご注意ください。

Step 8:補助金の振込み

完了報告後、不備等がなければ約1ヶ月ほどで補助金が振り込まれます。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

伊勢原市のリフォーム業者の探し方

伊勢原市にお住まいの方でリフォーム業者の心当たりがない方向けの無料の相談窓口があります。

  • 伊勢原市内の優良業者の紹介
  • 伊勢原市内のリフォーム工事の適正金額・相場
  • 面倒な相見積もりの手配の代行

補助金制度や、あなたの地域のデータに詳しい相談員が、上記を一切無料でご回答・アドバイスしています。

本ページから問い合わせをいただいた方向けのサービスとして、相見積もりをとったあと、依頼する業者以外へのの気まずいキャンセル連絡を相談員が代行することも可能です。

費用が高すぎる業者・トラブルを起こしやすい業者を避け、安心・リーズナブルな業者と出会うためには相見積もりの取得は非常に有効です。
相談員の手配した業者の中からかならず工事を決める必要もありませんので、費用相場の照会だけでも下記のリンクからお気軽にお問い合わせください。

市区町村を選ぶだけ

※1時間以内に124人が ヌリカエで補助金診断しました。

まとめ

以上、伊勢原市のリフォーム補助金制度と、申請時に気をつけたい注意事項についての解説でした。

住宅リフォームをお考えの際は、新築時のハウスメーカーよりも、地元の施工業者に相談するほうが安くて高品質な工事を受けられるためオススメです。
当ページからも、あなたの家の場合の適正費用をチェックしたり、業者からの相見積りを手軽に取り寄せることができますので、この機会にご利用いただければ幸いです。

最後に本記事の要点を振り返ってみましょう。

伊勢原市で補助金対象となるリフォーム工事は?

伊勢原市では、耐震化・防災化、ブロック塀対策、省エネ化、バリアフリー化、アスベスト対策のリフォームが補助金の対象です。詳しく知りたい方は伊勢原市のリフォーム補助金の一覧をご覧ください。

伊勢原市の「木造住宅耐震改修工事等補助制度」とはどんな制度?

市内の木造住宅等を耐震改修した場合に、施工費用の半額~全額(上限10万円~100万円)が補助される制度です。詳しくは木造住宅耐震改修工事等補助制度をご覧ください。

伊勢原市の「伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金」とはどんな制度?

創エネ設備をそなえつつ、省エネ性能が高い設備を導入している「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を市内で新築・購入・改修した場合に、機器等に応じた額が補助される制度です。詳しくは伊勢原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス補助金をご覧下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

リフォーム あなたの場合の金額は?
TOPへカエル