サイディングはどう選ぶ?種類別メリットデメリットを解説

【投稿日】

【更新日】


サイディングは建物の外壁に使用する外壁材の一種で、『サイディングボード』とも言います。
本記事では、サイディングについてのメリット・デメリットを交えながら種類ごとの特徴を解説します。

Point
  • サイディングには窯業系・樹脂系・木質系・金属系の4種類がある
  •  ▶外観の印象・安さを重視するなら、窯業系サイディング
  •  ▶耐久性・安さを重視するなら、樹脂系サイディング
  •  ▶木の温もりや独特の外観を重視するなら、木質系サイディング
  •  ▶耐久性・断熱性を重視するなら、金属系サイディング

1. サイディングの種類ごとの特徴

1.1. 種類別の特徴一覧


サイディングには主に4種類存在します。
本章では、各サイディングの特徴・メリットデメリットを解説していきます。

窯業系サイディング




窯業系サイディングはセメントに木質繊維を混ぜ合わせたものを主な原料としています。
『新品同様に見せたい』『他の家にはない模様を使いたい』など、さまざまな依頼主の要望に応えられるのが窯業系サイディングです。防火性・遮音性についても優れた性能を有しており、総合的に見ても安定感があります。
それでいて総合的な価格帯は他の外壁材よりも安く、迷ったら窯業系サイディングにする人も多く存在します。そのため、住宅外装シェアの70%を占めているとも言われているくらいです。
そんな窯業系サイディングのデメリットは、『吸水性が高い』という部分です。吸水性が高いということは、それだけ水が内部に侵入しやすく、季節によっては変形やひび割れの可能性があります。特に、梅雨の季節には雨と暑さによる膨張によって変形することが多いです。
これを防ぐために、表面を塗装するなどしています。しかし、時間が経つにつれて表面の塗装も劣化していきます。メンテナンスの手間などもかかってくるので、几帳面な人の方が向いているサイディング外壁であるとも言えるでしょう。

樹脂系サイディング




樹脂系サイディング最大のメリットは、『全般的な耐久性が高い』ことです。耐久性、耐塩害性、耐冷害性、耐候性などに優れているので、多くの地域で真価を発揮することでしょう。
軽量であるため、運搬や施工も容易なので全体的に工期が短くなります。撥水性にも優れているので、雨などの侵入を防ぎ、劣化するのを防ぎます。再塗装などのコストも掛からないので、費用も安めになりやすいです。
デメリットとしては、全体的に薄めに作られていることから遮音性には難があります。外からの音は当然ですが、赤ちゃんの泣き声や楽器の音なども外に漏れやすくなってしまうので注意しなくてはいけません。

木質系サイディング




木質系サイディングのメリットは、本物の木を使っているからこその温かみと、木材だからこそ作り出せる芸術性です。木目で統一したとしても、全て同じ模様になる訳ではありません。だからこそのおしゃれとも言えます。
デメリットとしては、木材ですから火と水に弱いです。火は燃えてしまうからですが、問題は水です。水分が侵入したまま放置しておくと、そこから腐ってしまいます。そのため、こまめに再塗装するなどのメンテナンスが必要になります。
また、天然の木材を利用しているため非常に高価なものになります。予算に余裕がなければ難しいかもしれませんね。

金属系サイディング




金属サイディングの最大のメリットは、『全般的に耐久性が高い』といった部分です。特に断熱性に関しては最も高い性能を持っています。断熱と言うのは、『外の気温の影響を受けない』ということです。その上、『中の気温を一定に保つ』という性質も兼ね備えているので、寒冷地や季節に向いている材質です。
そして、寒冷地に起こりやすい凍害に対しても強いのが特徴となっています。凍害とは、湿気や水分が侵入し、それが凍結して発生する劣化のことです。それを防止することが可能なので、寒冷地における耐用年数が長いのもメリットとして挙げれるでしょう。
金属ということで『重いのでは?』と考える人もいると思いますが、実は非常に軽量なんです。そのため、取り扱うのも比較的容易で、意外と多くの家屋で使われています。
逆にデメリットとしては、急激な温度変化による変形や外部からの衝撃による変形が多いことです。夏などには大きく曲がることもありますし、固いボールが当たってしまうと凹んでしまうこともあります。割れることはないのですが、意外と目立ってしまうものです。
そして、天敵とも言えるのが錆です。金属なので、雨や気候の変化によって徐々に劣化や錆付いてしまいます。最も注意すべきなのが、沿岸沿いに建っている建物です。海の潮による塩害の影響を大きく受けるため、沿岸沿いの建物には向いていません。


1.2. 補足:何を基準に選ぶべきなのか?

サイディングを選ぶ基準には以下のようなものが挙げられます。

  • 総合的な予算(トータルコスト)
  • サイディングの種類
  • 色やデザイン
  • 耐用年数
  • メーカー
  • 保証サービスなどのアフターケア

特に、「総合的な予算」と「色やデザイン」に関しては注意が必要です。
「総合的な予算」に関しては、サイディング製品の価格だけではなく、施工費についても算出しておくことが重要です。特にリフォームする場合は、選択する工法により費用が大きく変わります。
また「色やデザイン」に関しては、サイディングの種類によって選べる色とデザインが異なるので、事前に優先順位を決めておくことが重要です。
本記事下部に、サイディングの色とデザインをより詳細に記載した記事があるので、そちらもぜひ参照してみてはいかがでしょうか?




2. タイプ別(状況別)オススメのサイディング



それぞれどのような方やどのような家に向いているのかをまとめました。


2.1. 外観の印象・安さを重視するなら、窯業系サイディング

デザインや色遣いなどの外観の印象を重視するなら、窯業系サイディングがおすすめです。コストパフォーマンスも良く、全てにおいて平均以上の性能を有しているので、特にこだわりがない人でも安心して選ぶことができます。

  代表製品

2.2. 耐久性・安さを重視するなら、樹脂系サイディング

全体的に耐久性が高く衝撃にも強いので、子供の多い家庭や集合住宅地に住んでいる人にオススメです。遮音性には難があるので、注意しましょう。

  代表製品

2.3. 木の温もりや独特の外観を重視するなら、木質系サイディング

独特な外観や、木の温もりが好きな人に向いています。断熱性にも優れているので、地域によって検討してみるのもよいと思われます。ただし、消防法で防火指定のある地域では使用できません。

  代表製品

2.4. 耐久性・断熱性を重視するなら、金属系サイディング

全体的に耐久性が高く、凍害にも強いので寒冷地域に住んでいる人にオススメです。金属の中でも以下のような種類があるので、重視するポイント別に製品を選びましょう。


  • スチール系:風に強くデザインが多い
  • アルミ系:最も柔らかく施工しやすい
  • ステンレス系:高額だが耐久性が最も高い

代表製品

関連記事



関連サービス

ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

外壁塗装の相場はこちら
相場を確認する
外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら
外壁塗装
相見積もり」が重要
【ヌリカエの特徴】
無料で複数業者から一括見積もり可能
中立の立場からスタッフがご相談対応
優良業者紹介・キャンセル代行も可能
この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
TOPへカエル