あなたに合うサイディングはどれ?種類別メリットデメリットを解説

【投稿日】

【更新日】


サイディングには素材別に4種類あります。窯業系サイディング、金属系サイディング、樹脂系サイディング、木質系サイディングです。
以前は外壁材の主流はモルタルでしたが、施工が簡単でデザインも豊富な窯業系サイディングが現在シェアNo.1となりました。

そんなサイディングの中でも種類によってそれぞれ特徴が異なるので、どうやって選べばよいのか悩んでいる方も多いと思います。
そこで本記事では、サイディングの種類ごとのメリット・デメリットはもちろん、サイディングの選び方、種類別のオススメ商品を解説してまいります!

Point
  • サイディングには窯業系・樹脂系・木質系・金属系の4種類がある
  • ・窯業系サイディングは総合的に優れた安定感のある外壁材
  • ・金属系サイディングは熱に強く軽量な外壁材
  • ・樹脂系サイディングは耐久性は高いけれどシェアが少ない外壁材
  • ・木質系サイディングは天然木を使用した外壁材

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

1. サイディングってそもそも何?

サイディングは現在日本で一番使用されている外壁材です。1980年代まではモルタルという塗り壁が主流でしたが、施工に技術力が必要なことと工期が長くかかってしまうことから、施工が簡単なサイディングのシェアが徐々に多くなってきました。

サイディングは工場で作られた板状のボードを壁の大きさにカットして貼り付けていく方法で施工するのに対して、モルタルは職人が手作業で直接塗っていく方法で施工されます。
ボード同士のすき間から水が入るのを防ぐため、つなぎ目を埋めるシーリングが充填されているのが他外壁材にはないサイディングの特徴です。

サイディングと他外壁材の違い

外壁材には主にサイディング、モルタル、ALC壁、タイルと分類ができます。
簡単にそれぞれの違いを見てみましょう。

サイディングの特徴


工場で作られた板状のボードを壁の大きさにカットして貼り付けていく方法で施工されます。素材によって4種類あり、それぞれ機能や見た目は異なります。

モルタルの特徴


砂とセメントと水を混ぜ合わせて作られます。現場で直接、左官職人が手作業で仕上げていきます。つなぎ目がないので外壁の形状にこだわる必要がありません。

タイルの特徴


粘土を主成分とした原料を焼成して作られた板状のものです。耐久性に優れていますが、初期費用は他の外壁材に比べて高めです。

ALC壁の特徴


ALCとは断熱性・耐火性に特化したコンクリートパネルのことです。非常に軽量ですが、水に弱く費用が高いというデメリットもあります。

2. サイディングの種類ごとの特徴


サイディングは冒頭で紹介した通り窯業系、金属系、樹脂系、木質系と4種類ありますが、それぞれ素材や特徴が異なります。
各種類ごとの特徴を知ることで、自分の家に合ったサイディングを選べることにつながります。本章で一緒におさえていきましょう。

窯業系サイディング

一般的にサイディングといえば窯業系サイディングのことを指します。外壁材の中でサイディングのシェアは8割以上ありますが、そのほとんどが窯業系サイディングだからです。
ここまで普及した理由は木目調、レンガ調、ストーン柄、タイル柄、ボーダー柄などさまざまなデザインに対応でき、総合力に優れているのが大きな要因です。

主な原材料

セメントに木質繊維を混ぜ合わせたものが主な原料

費用相場

3,500~5,000円/㎡

シェア率

外壁材全体の約70%程度

メンテナンス周期

8~10年

メリット


機能性に関しては防火性・遮音性・耐震性についても優れた性能を有しており、総合的に見ても安定感があります。

デメリット


窯業系サイディング自体は吸水性が高いです。そのため塗料の選定を誤ると水が内部に侵入しやすく、季節によっては変形やひび割れの可能性があります。しかし時間が経つにつれ、表面の塗装も劣化するため定期的なメンテナンスが必要です。

最近では窯業系サイディングの中でも、生産時に超高耐候塗料を塗布しメンテナンスまでの期間を長くできたり、シーリングがないシーリングレス加工をしていたりするグレードの高い製品を販売するメーカーも増えているので、メンテナンス頻度を減らしたい方は検討してみると良いでしょう。

商品例
ニチハ:「Fu-geプレミアム
旭トステム:「ガーディナル」

窯業系サイディングを他サイディングと比較しながら特徴を知りたい方はこちら↓

窯業系サイディングはこんな方にオススメ!

  • 初期費用を多くかけたくない方
  • 多くのデザインバリエーションから選びたい方

金属系サイディング

金属系サイディングは熱に強く軽量な外壁材で、モダンなデザインにすることができます。
ガルバ二ウム外壁と呼ばれるものは、ステンレス鋼板を素材として作られた金属系サイディングの仲間です。

主な原材料

溶融亜鉛メッキ鋼板・ガルバリウム鋼板・アルミニウム合金・ステンレス鋼板など

費用相場

4,000~6,000円/㎡

シェア率

外壁材全体の約10%程度

メンテナンス頻度

10年~15年

メリット


金属サイディングの最大のメリットは、断熱性が高く、耐久性が高いという点にあります。断熱と言うのは、外の気温の影響を受けないということです。
その上、室中の気温を一定に保つ性質も兼ね備えているので、寒冷地に向いている材質です。また凍害に対しても強いのが特徴です。凍害とは、湿気や水分が侵入し、それが凍結して発生する劣化のことです。それを防止できるので、寒冷地における耐用年数が長いのもメリットとして挙げられるでしょう。

「金属だから重いのではないか?」という印象を持つ方も多いかもしれませんが、実は非常に軽量な外壁材です。外壁材が軽量であれば耐震性も上がり、建物への負担も少なくできます。
軽量であることから、カバー工法にも向いてます。
※カバー工法とは、現在の外壁材はそのまま上から新しい外壁材を重ね張りするリフォーム方法です。

デメリット


金属系サイディングの弱点は衝撃に弱く、錆ができやすいことです。硬いボールが当たったときに凹んでしまったり、雨や気候の変化によって徐々に劣化や錆が付いてしまう可能性があります。
そして最も注意すべきなのが、沿岸近くに建っている建物は海の潮による塩害の影響を受けることです。塩害の影響を受けると錆・腐敗が進み、メンテナンス費用も高くなってしまいます。

金属系サイディングはこんな方にオススメ!

  • カバー工法を検討している方
  • 凍害が多い寒冷地にお住まいの方

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは非常に耐久性に優れており、非常に耐用年数が長い外壁材です。日本でのシェアはかなり少ないですが、北米では約50%も住宅で使われています。

主な原材料

塩化ビニル樹脂

費用相場

7,000~9,000円/㎡

シェア率

外壁材全体の約2%以下

メンテナンス頻度

10年~20年

メリット


樹脂系サイディングは、耐久性、耐塩害性、耐冷害性、耐候性に優れている上に、シーリングがありません。
メンテナンス頻度が少なく、シーリングの補修もないのでトータルコストが気になる方は検討してみてもよいでしょう。

デメリット


日本ではまだシェアが少ないことから、樹脂系サイディングを扱える業者が多くありません。
樹脂系サイディングは元々、アメリカやカナダなど自然環境の変化が激しい地域で耐久性の高い外壁材として大変人気のある外壁材でしたが、日本での歴史はまだ浅く、日本に合った外壁材なのかというのはまだ未知数といったところです。 そのためデザインやカラーバリエーションは日本での選択肢が少ないのも現状です。

樹脂系サイディングはこんな方にオススメ!

  • 凍害・塩害が多い寒冷地にお住まいの方
  • シーリングのない外壁にしたい方

木質系サイディング

木質系サイディングは無垢の木材を使用したログハウスのようなデザインになる外壁材です。

主な原材料

天然の木材

費用相場

6,000~8,000円/㎡

シェア率

外壁材全体の約2%以下

メンテナンス頻度

7年~10年

メリット


木質系サイディングは、本物の木を使っているからこその温かみと、木材だからこそ作り出せる芸術性があります。木目で統一したとしても、全て同じ模様になる訳ではありません。だからこそのおしゃれだと感じる方も少なくないようです。

デメリット


木材なので火と水に弱いのが弱点です。特に気を付けなければならないのは水の侵入です。侵入したまま放置しておくと、そこから外壁材がどんどん腐敗してしまいます。そのため、こまめに再塗装するなどのメンテナンスが必要な外壁材です。また天然の木材を利用しているため、非常に高価なのも導入のハードルが高いでしょう。

木質系サイディングはこんな方にオススメ!

  • ログハウスのような木の温もりあるデザインにしたい方

3. サイディング種類の選び方

まずコンセプトを決めることが大事!

サイディングの選ぶ上で全ての条件を満たす商品を探すのは大変難しいです。
そこで大切なのは、さまざまな基準から重要視したいコンセプトを決めることです。以下に外壁材を選ぶ際の基準を記載したので参考にしてみて下さい。

【サイディングを選ぶ基準の例】
  • デザイン
  • 初期費用
  • メンテナンス
  • 耐震性
  • 工法
  • 保証などのアフターサービス
  • シーリングの有無
  • 地域特有の症状を防げるか(塩害、凍害など)

この中でいくつかオススメの選び方をご紹介していきます。

デザインで選ぶ

「多くのデザインから選びたい」ということであれば、窯業系サイディングがオススメです。豊富なバリエーションから選べるので、気に入るデザインが見つかるでしょう。
「ログハウスのようなオリジナルのデザインにしたい」のであれば、木質系サイディングでしか表現できない木の温かみを利用してみましょう。
そもそもデザインイメージが沸かないという方は、Pinterest、Instagram、RoomClipなどのSNSで外壁デザインを探してみて、いくつか自分の好みのデザインを集めて、イメージを固めてみましょう。

初期費用で選ぶ

初期費用の安さで選ぶなら、窯業系サイディングがオススメです。他のサイディングももちろん多くのメリットはありますが、初期費用が手頃で大きな欠点のない窯業系サイディングの総合力の高さは群を抜いています。

メンテナンスの少なさで選ぶ

メンテナンスの頻度が少なく手間がかかりにくいのは、金属系サイディングと樹脂系サイディングです。
特に樹脂系サイディングはシーリングを補修する必要もないので、補修費用を考えると大変お得です。

工法で選ぶ

リフォームで「カバー工法」をするなら、重量が軽い金属系サイディングがオススメです。重量が重いほど建物に負担をかけてしまい、耐震性も弱くなってしまうため、金属系サイディング以外はあまりオススメできないのが現状です。
しかし、既存の外壁材を撤去し、新しいサイディングを貼り付ける「張り替え」という工法であれば他のサイディングでも安心してリフォームできます。

4. サイディングの主要メーカー6選

この章ではサイディングのメーカーをご紹介します。それぞれ施工事例がたくさん載っているメーカーサイトを載せたので、気になったメーカーがあれば自分の好みに合うデザインを探してみましょう。

ニチハ

ニチハは窯業系サイディングの市場シェアNo.1のメーカーです。金属系サイディングの生産も行っており、金属系サイディングのメーカーの中でも第2位のシェアです。

【ニチハ】窯業系サイディング施工例

<引用:わが家の壁サイト

【ニチハ】金属系サイディング施工例

<引用:わが家の壁サイト

ケイミュー

ケイミューはニチハに次いで、窯業系サイディングのシェアNo.2のメーカーです。

【ケイミュー】窯業系サイディング施工例

<引用:すまいの外観Designsite

旭トステム

旭トステムは窯業系サイディングのシェアNo.3、金属系サイディングのシェアNo.3のメーカーです。

【旭トステム】窯業系サイディング施工例

<引用:旭トステム株式会社HP

【旭トステム】金属系サイディング施工例

<引用:旭トステム株式会社HP

窯業系サイディングと金属系サイディングのメーカーについて詳しく知りたい方はこちら↓

アイジー工業

アイジー工業は金属系サイディングの中で、3分の1以上のシェアを誇っているメーカーです。

【アイジー工業】金属系サイディング施工例

<引用:アイジー工業株式会社HP

ゼオン化成

ゼオン化成は樹脂系サイディングを生産しているメーカーです。

【ゼオン化成】樹脂系サイディング施工例

<引用:ゼオン化成株式会社HP

TAKAHIRO

TAKAHIROは木質系サイディングを生産しているメーカーです。

【TAKAHIRO】木質系サイディング施工例

<引用:高広木材株式会社HP

5. まとめ

サイディング4種類の特徴や選び方について紹介してきましたが、いかかでしたか。

「サイディングで迷っているなら、窯業系サイディングを選んでおけば間違いない」と言われてはいますが、他のサイディングの特徴も知った上で、ご自宅に合った外壁材ができると一番良いでしょう。

もしどんなサイディングにすればいいか悩んでいるという方は、是非ヌリカエをご利用ください。あなたのお住まいの地域の優良業者を無料で紹介させていただいております。


💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート


関連記事


外壁材って どれも同じ? ピッタリの外壁材 診断します 無料診断スタート
外壁塗装
相見積もり」が重要
【ヌリカエの特徴】
無料で複数業者から一括見積もり可能
中立の立場からスタッフがご相談対応
優良業者紹介・キャンセル代行も可能
この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
TOPへカエル