ガルバリウムの色は結局どれがいい?見本とオススメを紹介!

【投稿日】

【更新日】

塗装しにくいといわれているガルバリウムですが、販売されている製品にはさまざまな色があります。色の種類は、どの色を使えばよいか迷ってしまいそうなほど多彩です。一方でガルバリウムには、屋根や外壁に使われやすい色とそうでない色があることも事実です。

本記事ではまず、ガルバリウム鋼板にはどのような色があるかを説明します。その後、よく使われる色やおすすめの色、色選びのポイントについて解説します。

「まずはガルバリウム鋼板の基礎知識についてを知りたい」という方は下記記事がオススメです。
ガルバリウム屋根って何?人気の理由を徹底解説!


1. ガルバリウムは、メーカーにより選べる色が異なる

ひとくちにガルバリウム鋼板といっても、製品の色は多彩です。またさまざまなメーカーから発売されています。ここでは代表的な製品として、日鉄住金鋼板や淀川製鋼が発売している色を紹介します。ガルバリウムにおける色のイメージをつかんで頂ければ幸いです。

またニスクカラーSGLやヨドカラーGLなど、地域によって選べる色が異なる製品もあります。このため使いたい色がお住まいの地域に対応しているかについては、あらかじめ確認しておきましょう。

1.1. 日鉄住金鋼板「ニスクカラーSGL」は豊富な色が特徴

日本でガルバリウム鋼板を最初に発売した日鉄住金鋼板には、ニスクカラーGLという製品があります。スタンダード鋼板でありながらマグネシウムを加えることで、防食効果を3倍にすることができました。

色の種類も豊富で、つやありタイプが16種類、つや消しタイプが12種類あります。この他に寒冷地用のつや消しタイプとして、6種類の色も用意されています。


【つやあり見本】

http://www.nisc-s.co.jp/products/img/nisccolor-sgl_im20.png
出典:日鉄住金鋼板「ニスクカラーSGL」


【つや消し見本】

出典:日鉄住金鋼板「ニスクカラーSGL」

【つや消し(寒冷地版)見本】

出典:日鉄住金鋼板「ニスクカラーSGL」


1.2. 日鉄住金鋼板「耐摩カラーSGL」は、ひび割れや白さび対策が向上

日鉄住金鋼板では、「耐摩カラーSGL」も販売しています。塗膜に特殊ガラス繊維が混ざっていることが特徴です。これにより、ひび割れや白さびが発生しにくくなるメリットがあります。

耐摩カラーSGLはつや消しタイプのみとなりますが、18種類の色が用意されています。


【耐磨カラー見本】

出典:日鉄住金鋼板「ニスクカラーSGL」

1.3. 東日本・西日本限定色がある「ヨドカラーGL」と「ガルバリウムカラー萠」

ガルバリウム鋼板は、さまざまなメーカーから提供されています。淀川製鋼もその1つで、さまざまなガルバリウム製品を提供しています。

つやありの「ヨドカラーGL」とつやなしの「ガルバリウムカラー萠(きざし)」は、ともに地域限定色が多いことが特徴です。

・ヨドカラーGL:全国対応7色、東日本専用2色、西日本専用3色


【色見本】

出典:淀川製鋼「ヨドカラーGL」

・ガルバリウムカラー萠:全国対応4色、東日本専用6色、西日本専用10色


【色見本】 出典:淀川製鋼「ガルバリウムカラー萠」

2. ガルバリウムは、色によって物件の印象が変わる

ガルバリウムにはさまざまな色がありますが、一番使われている色は黒です。各施工会社のWebサイトを見ても、黒を使った事例はたくさん出てきます。また似た色として、ダークグレーも使われます。

一方で黒以外の色では、シルバーや白、青を使った例が比較的多くなっています。ここでは黒やダークグレー、シルバー、白、青を使った事例を紹介し、物件の印象を確認していきます。

2.1. 黒やダークグレーでかっこよく

黒を住宅に使うと、重厚感や高級感が出るようになります。どっしりと構えた存在感も印象的です。また、かっこよい家になることも魅力の1つです。

似た色として、ダークグレーがあります。日光の当たり具合によって黒がグレーのように見えたり、逆にダークグレーが黒のように見えたりします。このため外観を比較するという観点では、黒とダークグレーの差はそれほどありません。

但し黒よりもダークグレーのほうが、泥はねが目立たない特徴があります。汚れが気になる方は、ダークグレーを選ぶとよいでしょう。



出典:屋根と暮らしのスタイルマガジンRoofstyle

2.2. シルバーでスタイリッシュに

ガルバリウム鋼板の住宅では、シルバーも比較的よく使われる色です。メタリックな印象には、近未来や明るさなどが感じられます。またクールでスタイリッシュな印象もあり、おしゃれな印象も与えられます。

シルバーは黒やダークグレーのような高級感がないかわりに、シンプルですっきりした印象も特徴の1つです。また汚れが目立ちにくい点もメリットとしてあげられます。

出典:屋根と暮らしのスタイルマガジンRoofstyle

2.3. 青を使って個性的に

住宅のなかには、青のガルバリウム鋼板を使っている場合もあります。青は三原色の1つですから、目立つ家になりやすいことが特徴です。

このため個性的な家にしたい場合や、目立たせたい場合に適しています。例えば緑の中に建つ家として、存在感をアピールすることは1つの例です。また青を使うことにより、スタイリッシュな印象を与えることもできます。

出典:夢工房キッチンくらぶ

3. 複数の色を組み合わせる方法もある

外壁などにガルバリウムを使う際は1色だけという場合も多いですが、複数の色を組み合わせることも可能です。複数の色を使うことで自宅にアクセントを付けたり、単色とは異なる印象を与えることができます。

ここでは一例として、シルバーと白でまとめた例と、ブルーとブラウンを使った事例を紹介します。

3.1. シルバーと白でまとめる

シルバーと白は色の違いはあっても、「白く輝く」という観点では同系統の色です。このため適度なアクセントをつけつつ、住宅全体のまとまりも持たせる上では適した組み合わせです。

また単に白だけを使った場合に比べて、シルバーを組み合わせることによりスタイリッシュな印象を与えることもできます。


出典:i.u.建築企画

3.2. ブルーとブラウンで、存在感と落ち着きを両立させる

ブルーとブラウンの組み合わせも、よい組み合わせの1つです。この場合、ブラウンの部分は木材を使う場合もあります。

ブルーとブラウンを使うことで自宅の存在感を適度に出しつつ、同時に落ち着きや高級感も表すことができます。住宅は人が安らぐ場所でもありますから、適切な色使いの1つといえるでしょう。

出典:鈴木工務店

4. 色に関心がない人でも、住宅の色選びが重要となる理由

ここまで解説した通り、住宅の色選びは家そのものの印象に影響します。このため普段色に関心を持たない方でも、住宅の色選びは重要です。

ここではその理由を2点解説していきます。

4.1. 汚れや色あせが目立つ色と、そうでない色がある

住宅の色には、汚れや色あせが目立つ色とそうでない色があります。

グレーやシルバーなどの中間色は、汚れや色あせが目立ちにくい色です。ガルバリウム鋼板をお使いの方は、長く使うために選んだ場合も多いでしょう。このため、長期間使っても古く見えにくい色としておすすめです。

これに対して黒や白は、汚れが目立ちやすい色です。但しガルバリウム鋼板は、汚れが付きにくいことも特徴の1つです。外壁の場合はホースで水をかければ落とせる汚れも多いため、きれい好きの方はあえて黒や白を選ぶこともあるでしょう。

一方で赤や紫は、色あせしやすいことが特徴です。特に原色で使う場合はその傾向が顕著ですから、使うことはおすすめできません。また実際の建築事例でも、赤や紫のガルバリウム鋼板を使った例はあまり見かけません。

4.2. 屋根と外壁の調和が重要

住宅の色選びは、屋根と外壁の調和が重要です。このため、同じ色でまとめることは1つの方法です。

一方で屋根と外壁を異なる色にする場合は、自宅全体の印象を崩さない色使いが求められます。このためには、似た系統の色でそろえると違和感がありません。本記事で紹介した事例のほかには、以下のような例があげられます。

・黒の屋根に、グレーやベージュの外壁にする
・明るい緑色の屋根に、白の外壁を合わせる
・茶色の屋根に、ベージュの外壁を合わせる

一方で青と黄色の組み合わせなど、原色どうしの組み合わせは望ましくありません。それぞれの色が自己主張をしてしまい、自宅としてまとまって見えにくくなります。このような色使いをすると目立つことは確かですが、それが良いこととは限りません。少なくとも奇抜な印象にならないように、配慮が必要です。

従って「色は何でもいいから、とにかく塗ればよい」といかないことには、注意が必要です。

5. ガルバリウムの色選びにおいて、知っておきたいこと

ガルバリウムの色を選ぶ際には機能や見ばえだけでなく、他にも知っておきたい点があります。

特にガルバリウムの場合、自分で色を変えた場合はうまく塗れないおそれがあります。また地域によっては、外壁や屋根に使える色が条例で決められている場合もあります。このため、ガルバリウムの塗装は専門業者に任せることが安心です。

5.1. 景観地区に指定されている地域では、使える色に制約がある

お住まいの地区によっては、自治体によって「景観形成推進地区」(景観地区)に指定されている場合があります。もし一般住宅も対象となる地域の場合、外壁や屋根に使える色は条例により制限されます。このため観光地でない地域の方でも注意が必要です。

条例の内容は自治体で決めるものですから、景観地区内で使える色も地区ごとに異なります。しかし多くの自治体では、中間色かつ落ち着いた色だけが使えるように指定されています。このため鮮やかな色や原色は、ごく一部であっても建物には使えない場合が多いです。

また塗り替えであっても色を変える場合は、事前に届け出が必要な自治体があります。なかには、1ヶ月前までに届け出が必要という場合もあります。従って外壁や屋根を塗り替えたいと思った場合は、事前に景観地区の対象地域内かどうか調べることが必須です。

5.2. つやの有無や、近隣がまぶしくならないことも考慮が必要

ガルバリウム鋼板には、つやありとつやなし(つや消し)の2種類があります。それぞれ以下の特徴がありますから、十分に検討した上で選ぶことが大切です。

・つやあり:光を反射し、新築のように輝いて見える。汚れが落ちやすい
・つやなし:落ち着いた印象に見える。つやありタイプよりは汚れが付きやすい

またつやあり塗料の場合は光を反射しやすいため、近隣がまぶしくなる場合もあります。特に屋根に使う場合は、注意が必要です。

5.3. ガルバリウムの塗装は、専門業者への依頼で安心

ガルバリウムの塗装は、熟練の技術を持つ業者でないと難しいものです。加えて思い通りの色が出るか、また近隣の迷惑にならないかといったチェックも欠かせません。

さらに塗装後の自宅が条例に反しないようにするため、事前に景観地区の対象地域内かどうかなどの確認も必要です。これらの事前確認をDIYで行うことは、手間がかかり大変です。

このためガルバリウムの塗装は、専門業者への依頼が安心です。業者へ相談することで実際の色がどのようになるか、近隣の迷惑にならないかを専門家の目でチェックできます。

また地元の業者であればその土地の気候風土だけでなく、周辺自治体の条例もよく知っています。このため、適切な手続きを取った上で良質な作業をしてくれることが期待できます。

6. 結局、屋根や外壁の塗装におすすめの色はどれ?

ガルバリウム鋼板にはさまざまな色があります。どの色を選ぶとよいかは、あなたが求める家の雰囲気や機能によって異なります。

6.1. 落ち着いた雰囲気を出したい場合

落ち着いた雰囲気を出したい場合は、黒やダークグレーを選ぶとよいでしょう。つや消しを使うと、より落ち着いた雰囲気となります。

自宅に重厚感を与えることで、少しのことには動じないという安定感も見せることができます。あなたの城ともいえる自宅には、適した色といえるでしょう。

6.2. 明るい雰囲気を出したい場合

明るい雰囲気にしたい場合は、シルバーや薄いグレー、白などを選ぶとよいでしょう。これらの色は、まわりの雰囲気とあわせやすいことも特徴の1つです。自宅の色を明るくすることで、家族の気持ちも明るくなることも期待できます。

またつやありのタイプを選ぶとピカピカに見えるため、新築の家のような感じとなります。新しく見える家に住むと、いい気分になりますね。

6.3. 自宅を目立たせたい場合

ご自宅を目立たせたい場合は、青など原色に近い色を選ぶことになります。その場合でも、周りに配慮することは必要です。あまり目立ちすぎると奇異に映り、近寄りがたい家となってしまう場合もあります。

なお赤や紫などは色あせしやすいため、使用には特に注意が必要です。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか?ガルバリウム鋼板といっても、さまざまな色があります。このため、好みの色に塗装することは可能です。一方で選んだ色により自宅の印象は大きく変わりますから、イメージにあうかどうか事前によく検討しましょう。またつやありを選ぶ場合は、近隣の迷惑にならないかどうかのチェックも欠かせません。

ヌリカエでも国内最大級の業者ポータルサイトとして、年間1万件以上地域の厳選優良業者様のご紹介を行い、過去に5千件以上のご契約実績がございます。利用料完全無料、不要なセールス一切なし、キャンセル代行無料ですので、ご検討中の方はぜひこの機会にご利用ください。


外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください
TOPへカエル