屋根の張り替え費用はいくら?見積もりで損しないコツとは

【投稿日】

【更新日】

屋根の全面リフォームには、最も手軽に行うことができる塗装工事からカバー工法によるリフォーム、張り替え(葺き替え)まで様々な方法があります。

屋根は築後20年以上経過したら雨漏りが生じる前に、屋根材の張り替えをはじめとする大がかりな修繕工事を検討する必要があります。

そんな中で、既存の屋根の経年劣化が著しい場合や、屋根の軽量化を目的とする場合に最も適した方法が張り替えです。

しかし張り替えには既存の屋根材の撤去がともなうので、どれくらいの工事費用がかかるのか見当がつかないという方も多いことでしょう。
計画的に屋根の改修を行う上で、あらかじめ屋根の張り替え費用の目安を知っておくことはとても重要です。

そこで今回は、屋根の張り替え費用についてご紹介したいと思います。

「屋根だけでなくは外壁塗装の相場ついても知りたい」という方は下記記事がオススメです。
外壁塗装の相場はいくら?相場と見積もりが異なる理由を徹底解説!

【30秒】外壁塗装の相場をシミュレートする → https://www.nuri-kae.jp/

屋根の張り替え費用の内訳

屋根は建物の寿命を左右する大事な部位です。
屋根の防水性・耐久性を維持するためには、築後の経年劣化に合わせた適切な補修をすることが求められています。
しかし、長期間メンテナンスを怠ってしまった場合や、建物の築年数が古い場合には、補修では間に合わずに張り替えが必要になってしまう場合があります。

また、屋根の重さは建物の耐震性にも大きな影響を及ぼします。
近年では、建物の耐震補強を目的として、張り替えによる屋根の軽量化リフォームもたびたび実施されています。

では屋根の張り替えには、どの様な費用が必要なのでしょうか。

➀既存の屋根材の撤去費用
屋根を張り替えるためには、古い屋根材を撤去して廃棄処分する費用がかかります。
既存の屋根材によって費用が大きく異なります。
張り替えには既存屋根材の撤去費用が必要になる分、カバー工法による葺き替えと比較して一般的にコストは上がります。

➁下地(野地板)の増し張り費用
張り替えが必要になるほど傷んでしまった屋根は、下地の傷みも激しい場合が多く、釘やビスが効かなくなっていることが少なくありません。
既存の屋根材を撤去しても、そのままの下地では新しい屋根材を葺くことができないケースが多い様です。

したがって、下地の増し張り費用をあらかじめ見込んでおく必要があります。
既存の野地板の上に、新しい野地板を重ね張りします。
張り替え費用が予想以上に高くつく要因のひとつです。

また稀にですが、野地板の下の屋根垂木や小屋組みの交換や補修が必要になるケースもあります。
この場合には、さらに補修費用が膨らみます。
事前に専門業者による調査をしっかりと行い、想定外の出費を極力抑える様にしましょう。

➂ルーフィング(防水シート)貼り費用
屋根材の施工に先駆けて、ルーフィングを新たに貼ります。
屋根を張り替える場合には、必ず必要になる費用です。

➃屋根材本体とその施工費用
屋根材の種類により、屋根材の価格や施工費が異なります。
目的に応じて、最適な屋根材を選ぶ必要があります。

➄板金工事費用
棟板金、軒先・ケラバ水切り、谷などの板金金物の材料と施工費です。
同じ屋根面積でも、屋根形状によって数量が大きく変わります。

➅その他にかかる費用
その他に仮設足場代、搬入費、片付け清掃費、諸経費、必要に応じて雪止め取り付け、雨樋交換などの項目が見積書に加算されます。

屋根の張り替え費用の相場

一般的に屋根の張り替え費用は、屋根の面積で計算されます。
屋根工事業者は㎡あたりの単価をもとに、屋根の面積を掛けて工事金額を算出します。
しかしこれらの単価には共通のものはなく、業者がそれぞれ自分たちの都合で設定しているので、注意が必要です。

一方、インターネットで「屋根の張り替え費用」を検索すると、「○○円~○○円」や「○○円~」という形で表記されているケースがほとんどだと思います。

屋根の張り替え費用は前の章でご説明した様に、様々な工事項目から構成されています。
既存屋根材の種類や下地の増し張りの有無、新しい屋根材の種類、板金工事の有無、足場の数量などの違いによって、たとえ屋根面積が同じでも価格帯には幅が生じます。

また諸経費なども業者によって設定が異なるので、あなたの家の屋根の張り替え費用の見積金額は、業者により違います。
ひとつの業者から見積もりをとっただけでは、それが適正な価格かどうかはわかりません。
それでは適正価格を知るためにはどうしたらよいのでしょうか。

実はある程度の相場を知っておくことで、業者選定の目安にすることは十分に可能です。
次の章からは、「屋根の張り替え費用」を構成する工事項目ごとの相場をひとつずつ見ていきましょう。

屋根張り替え費用の工事項目別単価

屋根の張り替え費用を構成する工事項目ごとの相場は以下の様になります。

➀既存屋根材の撤去費用  (廃材処理費は撤去費に含みます)
・粘土瓦(陶器瓦)の場合
 古瓦撤去       2,000円~3,000円/㎡  ※乾式工法(土なし)の場合

・化粧スレートの場合
 屋根材にアスベストが含まれているかどうかによって、撤去費に大きな差が生じます。
 既存の屋根材が2004年以前に作られたものだと、人体に有害なアスベスト(石綿)を含んでいる可能性があります。
 無石綿化粧スレート撤去  1,200円~2,000円/㎡
 石綿化粧スレートの撤去  3,000円~4,000円/㎡

・トタン屋根の場合
 瓦棒葺き屋根撤去   1,200円~2,000円/㎡

・セメント瓦の場合
 古瓦撤去       2,000円~3,000円/㎡

➁下地(野地板)の増し張り費用    2,000円/㎡

➂ルーフィング(防水シート)貼り費用   650円/㎡

➃新規屋根材の材料費と施工費の合計
・粘土瓦          8,000円~12,000円/㎡
・化粧スレート       4,500円~8,000円/㎡
 ※商品により価格差があります
・ガルバリウム鋼板(横葺き) 6,000円~9,000円/㎡
・アスファルトシングル   6,000円~8,000円/㎡
・セメント瓦        6,000円~8,000円/㎡

➄板金工事費用
・棟板金         2,000円~3,000円/m
・軒先、ケラバ水切り   1,500円~2,000円/m

屋根張り替えの費用の具体的計算例

実際に張り替え費用を計算してみましょう!

この章では、前の章の工事項目ごとの価格相場を参考にしながら、実際に屋根の張り替え費用を計算してみましょう。

既存の屋根材を新しく張り替えるパターンは数多くありますが、ここでは代表的な組み合わせをいくつか取り上げてみたいと思います。

具体的計算例条件
・屋根面積80㎡(24坪)の切妻屋根とし、屋根勾配は4寸勾配とする(急勾配でない)
・既存屋根材の撤去、処分を含む
・下地(野地板)の増し張り工事を含む
・新規下葺き(ルーフィング)、新規瓦桟(粘土瓦、セメント瓦の場合)を含む
・板金工事、雪止め瓦、足場費用、諸経費は含まない

➀粘土系屋根材(粘土瓦)を化粧スレート系屋根材に張り替える場合
 ・既存粘土瓦撤去   2,000円×80㎡=160,000円
 ・下地の増し張り   2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り  650円×80㎡=52,000円
 ・化粧スレート葺き  4,500円×80㎡=360,000円
    計732,000円(9,150円/㎡)~になります。

➁粘土系屋根材(粘土瓦)をガルバリウム鋼板屋根材に張り替える場合
 ・既存粘土瓦撤去   2,000円×80㎡=160,000円
 ・下地の増し張り   2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り  650円×80㎡=52,000円
 ・ガルバリウム鋼板葺き(横葺き)  6,000円×80㎡=480,000円
    計 852,000円(10,650円/㎡)~になります。

➂化粧スレート屋根材(アスベスト含む)を化粧スレート屋根材に張り替える場合   
 ・既存化粧スレート撤去  3,000円×80㎡=240,000円
 ・下地の増し張り     2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り     650円×80㎡=52,000円
 ・化粧スレート葺き    4,500円×80㎡=360,000円
    計 812,000円(10,150円/㎡)~になります。

➃化粧スレート屋根材(アスベスト含む)をガルバリウム鋼板屋根に張り替える場合
 ・既存化粧スレート撤去  3,000円×80㎡=240,000円
 ・下地の増し張り     2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り     650円×80㎡=52,000円
 ・ガルバリウム鋼板葺き(横葺き)  6,000円×80㎡=480,000円
    計 932,000円(11,650円/㎡)~になります。

➄化粧スレート屋根材(アスベストを含まない)をアスファルトシングルに張り替える場合
 ・既存化粧スレート撤去  1,200円×80㎡=96,000円
 ・下地の増し張り     2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り     650円×80㎡=52,000円
 ・アスファルトシングル葺き 6,000円×80㎡=480,000円
    計 788,000円(9,850円/㎡)~になります。

➅セメント瓦を粘土系屋根材(粘土瓦)に張り替える場合
 ・既存セメント瓦撤去   2,000円×80㎡=160,000円
 ・下地の増し張り     2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り     650円×80㎡=52,000円
 ・粘土瓦葺き       8,000円×80㎡=640,000円
    計 1,012,000円(12,650円/㎡)~になります。

⑦瓦棒葺きトタン屋根材をガルバリウム鋼板屋根に張り替える場合
 ・既存瓦棒葺き屋根撤去  1,200円×80㎡=96,000円
 ・下地の増し張り     2,000円×80㎡=160,000円
 ・ルーフィング貼り     650円×80㎡=52,000円
 ・ガルバリウム鋼板葺き(横葺き)  6,000円×80㎡=480,000円
    計 788,000円(9,850円/㎡)~になります。

以上7つの例をもとに検証しましたが、既存の屋根材と新設する屋根材の組み合わせの違いによって、屋根の張り替え費用は9,150/㎡から12,650円/㎡まで価格差が生じていることがわかります。
トータル費用で280,000円の差なので、決して小さくありません。

また実際の見積書には、上記の金額のほかに板金工事代、足場代、諸経費(工事費の5~10%程度)などが加算されます。
いずれも現場状況や業者により価格差があるので、良く内容を確認することが大切です。

「屋根の張り替え費用」を正確に知りたいなら、屋根工事専門業者に相談を!

「屋根の張り替え費用」を、既存の屋根と新設する屋根の組み合わせごとに実際に計算してみましたが、いかがでしたでしょうか。

本記事の計算は、あくまでも目安になる金額を知るためのものです。

実際には地域性や業者による価格差があり、例えば中間マージンが発生する大手リフォーム会社やハウスメーカーに依頼した場合、同じ工事内容でも見積もり金額が1.5倍ほどになることもあります。

また屋根工事業者にも、屋根材の種類によって得意不得意があります。
一般的には、金属屋根や化粧スレート屋根の施工が得意な業者は、瓦屋根を施工しないことが多く、反対に瓦業者は金属屋根の施工は行わないこともあります。

直接施工をしなければ作業を外注することになるので、やはり中間マージンが発生します。

この様に屋根工事では、採用する屋根材に応じて施工業者を選定することが大切です。

また、地域での費用相場を正しく把握し、適正な価格で工事を発注するためには、複数の業者から相見積もりを取得することが不可欠です。
そして本記事を参考にして、価格が大きくかけ離れていないかどうかを必ず検証して欲しいと思います。
単価が極端に高くなっている場合は、自社で直接施工を行わず、中間マージンが発生している可能性があります。

まとめ

屋根を常に良い状態に保つことは、建物を長持ちさせる上でとても効果的です。
しかし、屋根の張り替えは、単に古くなった屋根材を新しいものに変えるだけが目的ではありません。
瓦屋根からガルバリウム鋼板へ葺き替える「耐震対策としての屋根の軽量化」や「建物の断熱性向上」を目的とすることも可能です。

この様なリフォームを行う場合には、国や各自治体が実施している耐震リフォームや省エネリフォームの補助金制度の対象になる場合があります。

皆さんがお住まいの地域の補助金制度に詳しい業者に相談すると良いでしょう。
業者によっては、補助金の申請を代行してくれることもあります。

ヌリカエでも、国内最大級の業者ポータルサイトとして、年間1万件以上、地域の厳選優良業者様のご紹介を行い、過去に5千件以上のご契約実績がございます。

利用料完全無料、不要なセールス一切なし、キャンセル代無料ですので、ご検討
中の方は、ぜひ、この機会にご利用ください。

【30秒】外壁塗装の相場をシミュレートする → https://www.nuri-kae.jp/


外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください