外壁塗装に高圧洗浄は必須?高圧洗浄の方法と費用を解説!

【投稿日】

【更新日】

外壁塗装をする前に工程として、高圧洗浄というものがあります。

この記事では、「高圧洗浄って?」という方から、
・知っている高圧洗浄にはどのような種類と注意点があるの?
・費用はいくら?
とお悩みの方の疑問を解消していきたいと思います。

外壁塗装をする際の工程は、基本的に下記の通りに進んでいきますが、今回は高圧洗浄に焦点を当てていきたいと思います。


「まずは外壁塗装の工程の基礎知識についてを知りたい」という方は下記記事がオススメです。
> 外壁塗装の正しい工程と目的。現場の職人だからわかる重要な工程とは?

1. 高圧洗浄って何?

高圧洗浄とは、外壁を塗装する際に欠かせない重要な工程のことを指します。

簡単に説明すると、外壁や駐車場の床にこびりついたコケや藻などの汚れを高圧洗浄機と呼ばれる特殊な機械を使って、洗浄機から発する水の圧力により汚れを落としながらクリーニングしていく作業です。

この作業をすることによって外壁の塗装をする前の準備をおこなうという目的があり、外壁にとっては大切な工事になります。

外壁の汚れを落としていくのは手作業では大変です。そのような頑固にこびりついた壁汚れをきちんと落としてくれるのが高圧洗浄です。

1-1. 外壁塗装に高圧洗浄は必要か

外壁塗装をする前に高圧洗浄は必要か?と疑問に思う方もいるでしょう。

結論から言いますと高圧洗浄は必要です。以下にポイントをまとめましたので、ポイントごとに解説していきたいと思います。


高圧洗浄が必要な理由

  • 見た目をキレイにするため
  • 塗料の密着性をよくするため

①.見た目をキレイにするため/
高圧洗浄が必要な理由としては上記の2つです。

まず1つ目は、高圧洗浄で見た目をキレイにすることで、これから塗装工事を行う準備をしていきます。高圧洗浄機は強力な水圧を出すことができるので、目に見えて外壁の汚れを落とす効果があります。もしこれから塗装工事をしない部分があっても、工事と同時に見た目の印象を変えることができ、洗浄でコケ、藻、カビなどの汚れを落とすことができます。

特に駐車場などのコンクリート部分の汚れがはげしい場合は、見違えるように汚れを落とすことができます。

②. 塗料の密着性をよくするため
高圧洗浄が必要な理由の2つめは、塗料の密着性をよくするためです。

これから塗装を行っていく場合に、外壁に汚れがこびりついた状態で新しい塗料を塗っても、塗料の効果を発揮することができません。コケ、ほこり、藻などの上から塗ってもすぐに剥がれてきてしまったり、耐久力を持続させることは難しいでしょう。

その状態を洗浄によってクリーニングし、塗装ができる状態にもっていきます。

2. 高圧洗浄の種類

高圧洗浄は、外壁やそのほかの部分の汚れを落として、塗装の準備をする前段階になります。汚れの状態によっても洗浄方法が異なる場合があります。
以下に主な洗浄の方法を表にまとめていますので、クリーニングする状況に合わせて参考にしてください。



2-1.高圧洗浄|ストレート噴射

高圧洗浄の種類には主に3つの洗浄方式があります。1つ目は、ストレート噴射と呼ばれるごく一般的な洗浄方法となります。

噴射する水が扇状やまっすぐ噴射されるタイプのもので、一般的な壁面などによく使用されます。

適用水量が毎分12L以上の高圧洗浄機を使い、強力な水圧で汚れを落としていきます。基本的には外壁専用の噴射ノズルとなっています。

2-2.高圧洗浄|トルネード噴射

高圧洗浄は外壁だけでなく、場合によっては屋根も同時に行います。

このトルネード噴射タイプは、基本的に屋根に使用しますが、状況に応じて外壁にも使用します。

トルネードタイプはストレートタイプのものより強力に水圧を出すことになりますので、外壁の状態によっては壁面そのものを傷つけてしまう可能性があります。
外壁に使用する際は、水圧を調整しながら壁面の状態に合わせて使用します。

特徴としてはストレートタイプに比べて水の飛散防止ができ、屋根に使用する場合は一番上の作業になりますので、近隣の家に水が飛び散らないように注意しなくてはいけません。そのようなことを避けるためにもトルネード噴射により水の飛散する範囲を抑えて洗浄を行うことができます。

2-3.バイオ洗浄

高圧洗浄の中でも少し特殊な洗浄方法で、壁面や洗浄する箇所にバイオ洗浄剤と呼ばれる液体を塗布して少し時間を置いたあと、洗浄していくというものです。

外壁は経年劣化とともにカビで壁面が黒色や緑色などに変色してしまいます。
通常の高圧洗浄でも汚れは水圧で落とすことはできるのですが、まれに根の部分までカビがこびりついているケースもあります。そのような場合はバイオ洗浄にてカビを落とす必要性が出てきます。

サッシ周りにできる雨だれや、水田に面している壁面などにはかカビが多く発生してしまいますので、カビが多く発生してしまっている場合はバイオ洗浄にてクリーニングしましょう。

3.外壁の高圧洗浄にかかる費用

外壁を高圧洗浄する場合は、業者に依頼するのがおススメです。屋根や外壁を自分で洗浄するにはけがやのリスクなどがありますし、しっかりと洗浄できているかの判断も難しい場合があります。
高圧洗浄にかかる費用は、基本的には貸し出しの水道費用と業者の技術費用の2つです。

費用項目 日数 種類 費用相場
水道代 半日~1日 高圧洗浄・バイオ洗浄 1,200~2,000円
技術費 半日~1日 高圧洗浄・バイオ洗浄 高圧洗浄100円~300円/㎡バイオ洗浄
高圧洗浄450円~850円/㎡

3-1.高圧洗浄用の業者に貸し出す水道費用

外壁の高圧洗浄にかかる費用の水道代は、依頼主負担です。自宅にある水道を業者に貸し出すことが一般的で、水を業者に持ってきてもらった場合は運搬費などでかえって高額になってしまいます。

水道代はお住いの地域によって異なるのですが、一般的に東京都の場合で計算すると、約1200円~2000円が高圧洗浄の水道費としてかかると想定してください。

高圧洗浄機は1分間におよそ12~15リットルの水の使用量となります。

洗浄は外壁の汚れ具合によって作業時間が異なり、1日~半日で作業することになりますが、1日使用してもだいたい2000円と考えて大丈夫です。

東京都の場合、上水道と下水道で計算式は異なりますが、上水道は5立方メートル1立方メートル1000リットルまでは基本料金内で使用可能です。

下水道の場合は8立方メートルまで基本料金内で使用可能です。

上水道の場合は1か月の使用する水の量を日割り計算で1日当たりを算出します。下水道は半月分で区切り算出するため、上下で異なります。

水道費の計算はかなり複雑なためここでは控えますが、おおよその金額は上記に記載した通りなので、参考にしていただいて大丈夫です。

3-2.高圧洗浄を業者に依頼する作業費用

外壁の高圧洗浄を業者に依頼する際は、作業をしてもらうための費用も必要です。

業者は専用の高圧洗浄機を持っていますので壁面や屋根のクリーニングに高い効果を出すことができます。

作業は外壁や屋根の汚れ具合によりますが半日~1日で作業は終えることができます。

基本的な費用の相場は、通常の高圧洗浄の場合は1㎡あたり約100円~300円。バイオ洗浄を行う場合は洗浄剤が必要になりますので1㎡あたり450円~850円となります。

一般的な30坪の家で算出すると、費用はおよそ18000円~50000円となるのが一般的な相場です。

費用についてはしっかりと見積もりを確認し、計算式が適正に出されているかどうかを確認しましょう。

業者の使用する高圧洗浄機は基本ガソリンタイプのものなので、洗浄時にかかる費用は主にこの3つです。

4.外壁の高圧洗浄の主な工程

外壁の高圧洗浄をする主な工程は基本的には、足場組み立て後の汚水の飛散防止シートの設置→洗浄用の水の確保、洗浄機の準備→高圧洗浄となります。

高圧洗浄の主な工程

①. 水の飛散防止シートの設置

外壁の高圧洗浄をおこなった場合、壁面についた汚れを水で洗い流します。

その際に汚水が足場の外に飛んでしまい近隣の家に飛散しないように注意しなくてはなりません。

そのようなことにならないよう飛散防止シートを足場まわりに張り、汚水が飛び散るのを防ぎます。

②. 洗浄用の水、洗浄機の準備

外壁の高圧洗浄のための水を準備します。基本的には依頼主の水道を借りて業者が大きなタンクを持参してその中に水をためていきます。

洗浄作業は大量の水を高圧で噴射するため、タンクにためずに作業をおこなうことができません。

洗浄機の準備もし、ホースなどを家の周りに設置していきます。

③.高圧洗浄

飛散防止シート、水、洗浄機の準備が整ったら外壁の高圧洗浄に入っていきます。

基本的に洗浄中に水が滴り汚水が流れて壁面を汚さないように屋根から洗浄をおこない、その後壁面の洗浄をします。

徐々に上から下へ汚水を流していき、最後に駐車場などのコケや汚れを落として完了となります。高圧洗浄は半日から~1日で終了し、完了後はしっかりと外壁を乾燥させます。

乾燥までしっかりとできていないと壁面が濡れた状態のままになってしまいますので、基本的には1日乾燥時間を設ける必要があります。

5. 外壁の高圧洗浄の注意点

外壁の高圧洗浄を業者に依頼する際は、以下のポイントに注意して洗浄を行いましょう。

ご自身の家をメンテナンスする大事な作業になりますので、いい加減な業者に依頼してトラブルなどが起きないように注意することが大切です。

以下にまとめていますので是非参考にしてください。

外壁の高圧洗浄の注意点

外壁の高圧洗浄をする際は、業者にしっかりと近隣へのあいさつをしてもらうようにしましょう。高圧洗浄をおこなった場合は、前述の通り洗浄水が飛散する可能性があります。近隣に車が止まっている場合や、洗濯物を干している場合は、思わぬトラブルの原因になってしまうことがあります。高圧洗浄をおこなっている最中も、洗浄機に騒音などが発生いたします。しっかりと事前に了解を得て近所の方にご迷惑にならないように気を付けましょう。

外壁の高圧洗浄をしている時に、空いている窓などがあると洗浄水が家の中に入り込んでしまい水浸しになってしまいます。業者は事前に窓の締め忘れがないか確認しますが、高圧洗浄当日にきちんと家の中から確認しましょう。窓のカギも閉め忘れると、洗浄中に水圧で窓が開いてしまうことがあります。窓の締め忘れと、鍵のかけ忘れがないかしっかりと確認が必要です。

外壁の高圧洗浄は、半日~1日の作業になります。当日に洗浄を希望する箇所をすべて業者にお願いできるように、駐車場などの車は別の場所に停車させるのが良いでしょう。駐車場も洗浄してほしい場合は、車が停車していると十分に洗えないことがあります。希望する場合は車だけでなく、家の外に置いてあるものをしっかりと移動しておきましょう。

今回は、外壁の高圧洗浄について必要性と注意点を解説しました。これから工事を検討される方は是非参考にしていただき、高圧洗浄の必要性をしっかりと認識したうえで工事に取り掛かってください。外壁や屋根を新たに塗装する際は、しっかりと高圧洗浄で家にこびりついている汚れを落として塗装に備えましょう。

関連記事





関連サービス




ヌリカエとは

ヌリカエは塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービスです。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください
TOPへカエル