【屋根面積】意外と間違いやすい計算方法とポイントをわかり易く解説

【投稿日】

【更新日】



屋根工事を計画する際に、誰もが気になるのが工事費用ではないでしょうか。
業者に工事費用を問い合わせると、必ず聞かれるのが屋根の面積です。
屋根の面積によって工事価格が変わってしまうので、適正な価格を知る上で屋根面積を抜きにしては語れません。

しかし、一般の方でご自宅の屋根面積を正確に答えられる方はほとんどいないのではないでしょうか。
また、業者から詳細な見積もりをとっても、業者によって屋根の面積が大きく違っている場合もあります。
見積金額が適正な価格なのかどうかを知るためにも、大まかにでも屋根面積の計算方法を知っておくと便利ですよね。
本記事では、誰でも簡単にできる屋根面積の計算方法についてお伝えしたいと思います。


↓↓屋根塗装全般の価格相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓




目次




1. 屋根面積の計算方法の概要!屋根面積=建築面積ではない理由とは?


屋根面積は建築面積とは違う? 屋根面積が建築面積よりも大きくなるワケ

屋根の面積は、1階の床面積(建築面積)と同じと思われている方もいらっしゃると思います。
しかし屋根には軒の出があるので、床面積と同じにはなりません。

屋根を上から見た場合の「床面積+軒の出」の面積(屋根投影面積といいます)から屋根の面積を計算します。 よって屋根面積は軒の出がある分床面積よりも大きく、軒の出が長くなるほど大きくなります。


屋根面積は屋根の勾配によって変わる? 屋根面積と屋根勾配の関係とは?

皆さんは、中学校の頃に数学で習った三平方の定理(ピタゴラスの定理)を覚えているでしょうか。
床面積が三角形の底辺部分の面積になるのに対して、屋根の面積は三角形の斜辺部分の面積になります。
よって屋根面積の計算では、三角形の斜辺の長さを求める必要があります。

三角形の斜辺の長さは、角度が急になるほど長くなりますよね。
したがって屋根の面積は「床面積+軒の出」の面積が同じでも、屋根勾配が急になるほど大きくなることがわかると思います。





2. 屋根面積計算の方法~わかりやすい屋根面積の出し方とは?


図面があれば誰でも正確に屋根の面積が計算できる!

前の章を読んで、屋根面積を計算するのは素人では難しいと感じている方も多いと思います。
でもご安心ください。図面があれば、誰でも簡単に屋根面積を計算することができます。
ここではその方法をご紹介したいと思います。


屋根勾配から勾配伸び率を調べる

まずは立面図を見てください。 屋根の近くに三角形と10や6などの数字が書かれていると思います。 これが屋根勾配になります。

4/10なら10mに対して4mの勾配が付いていることを示しています。これをもとに三角形の斜辺の長さを求めれば良いのですが、その都度三平方の定理を使って計算する必要はありません。

インターネットで「勾配伸び率一覧」と検索すると、三角形の勾配に応じて、底辺に対して斜辺(屋根の部分)の長さを求める場合の倍率が表示されています。

この数字のことを勾配伸び率といいます。

4/10(4寸勾配)の屋根であれば勾配伸び率は1.077です。


屋根面積の計算式

勾配伸び率がわかれば、いよいよ屋根面積の計算です。 屋根面積は下の式で正確に計算することができます。

屋根面積=屋根投影面積(床面積+軒の出面積)×勾配伸び率(この場合は1.077)

この様に軒の出寸法と屋根勾配がわかれば、誰にでも正確に屋根面積を計算することが可能になります。


図面がなくても大丈夫。床面積からおおまかに屋根面積を出す2つの方法とは?

では図面がない場合に、屋根の面積を計算する方法はないのでしょうか。
その場合にはあくまでも目安としてですが、1階の床面積からおおよその屋根面積を求める方法があります。

    1. 屋根勾配が緩い場合 → 屋根面積 = 1階の床面積 × 1.2
    2. 屋根勾配が急な場合 → 屋根面積 = 1階の床面積 × 1.5

屋根勾配によって係数が変わりますが、図面がなければご自宅の屋根勾配が急なのかどうかもわからないと思うかもしれません。
その場合は、お隣や近所の家の屋根と比較する、屋根に上って歩けそうかどうかで判断する(屋根に上がって容易に歩けそうであれば緩い勾配)など、あくまでも印象で良いと思います。

ほかにも瓦の枚数を数えて面積を計算する方法(和瓦は1坪あたり53枚使われています)があります。

瓦の枚数÷53=屋根面積(坪) になります。

ただし、瓦の種類によって多少異なる場合もあります。





3.屋根面積の間違いやすいポイント!屋根形状や工事の見積によってどう違う?

屋根面積の計算方法についてご理解していただけましたでしょうか。
この章では、屋根面積の間違いやすいポイントについてご紹介しておきたいと思います。


屋根面積は屋根勾配によって変わるが、屋根形状によって変わることはない!

屋根には様々な形状があります。 代表的なものとして切妻屋根や寄棟屋根、片流れ屋根などがありますが、どんな屋根形状でも軒の出と勾配が同じであれば、屋根面積は同じになります。
屋根面積は前の章でご説明した様に、「屋根投影面積×勾配伸び率」で計算できるので、屋根形状の違いは屋根面積には一切影響しません。


屋根形状が複雑な場合には注意が必要!

屋根の投影面積から計算する方法では、屋根の面積は屋根形状によって変わることはないとご説明しましたが、例外があります。
屋根が一体ではなく、複数の屋根が重なり合う複雑な形状の屋根の場合には注意が必要です。

この場合は、屋根の重なり合った部分を加えて計算する必要があるため、図面があっても、素人では正確に計算するのは容易ではありません。

あくまでも目安として考えましょう。


塗装工事を行う際の屋根面積に注意!

ここまで屋根面積を計算する方法をお伝えしてきましたが、屋根の塗装工事を行う際の見積書数量の計算方法は多少異なります。

塗装工事では、実際に塗装を行う部分の面積を計算します。
波型の瓦や、工場や倉庫などの折板屋根は凹凸があるため、表面積が増えます。
そのため、屋根面積にさらに一定の係数(屋根材ごとに異なる)を掛けて算出します。
塗装工事の見積書の数量をチェックする際には、屋根面積の数量と異なる場合もあるので、注意が必要です。





4.屋根面積の計算に不安を感じたら、専門業者に相談してみよう!

ここまでの説明で何となく理解できても、実際に自分で計算するのは不安に思われる方もいるでしょう。
単純な様でいて、慣れていないと非常に間違いが起こりやすいのも事実です。 しかも最終的な工事金額にも大きく影響するので、慎重に検討したいものです。

また、屋根の施工業者に実際に屋根の状態を見てもらい、施工方法が決定しないと、正式な見積書を作成してもらえません。

最近は屋根面積の計算方法についても、無料で丁寧に教えてくれる業者も多い様です。
少しでも不安がある様なら、自分一人の力で判断するのではなく、早いうちからプロに相談して間違いのない計画を立てることをお奨めしたいと思います。





5.まとめ

いかがでしたでしょうか?屋根面積を正確に知りたい場合の計算方法は 屋根面積=屋根投影面積×勾配伸び率 です。

また図面がない場合の概算面積の計算方法は
屋根面積=1階の床面積×1.2または1.5 です。

この2つの式さえ覚えておけば、実際にメジャーなどを使って屋根の面積を測らなくても、屋根の面積を計算することができます。

高すぎる屋根工事の見積は、過剰な数量が原因である場合が多いので、計算方法を知っておけば後から後悔する恐れが半減します。

もちろん、屋根の施工業者に実際に屋根の状態を見てもらうのが一番おすすめです。

ヌリカエでは、国内最大級の業者ポータルサイトとして、年間1万件以上、地域の厳選優良業者様のご紹介を行い、過去に5千件以上のご契約実績がございます。利用料完全無料、不要なセールス一切なし、キャンセル代行無料ですので、ご検討中の方は、ぜひ、この機会にご利用ください。


↓↓【参考】外壁塗装の価格相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓



外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください