ヌリカエ納得いく色の組み合わせが見つかる、外壁塗装カラーシミュレーションの使い方

納得いく色の組み合わせが見つかる、外壁塗装カラーシミュレーションの使い方

【投稿日】

【更新日】


以前の記事では、外壁塗装の色の選び方を体系的に書きました。今回は、具体的にどうやって納得いく色の組み合わせを見つけられるか、その手順をカラーシミュレーションをつかって解説します。

家の外観を決めるときは、面積の広いところから決めていくとイメージしやすいので、
 1. 外壁のメインカラー
 2. 外壁のアクセントカラー
 3. 屋根のカラー
 4. 窓サッシ・付帯部分
この4つを上から順番に決めていきます。


最短1分!チャットに答えるだけ

最短1分!チャットに答えるだけ



外壁の印象でメインカラーを決める

まずは外壁に色を載せて、雰囲気を掴みます。イメージが固められるように数パターンの見本をつくってみました。人気の色である白・ベージュ・ブラウン・黒の4パターンです。


どの系統が好みでしょうか?人によって好みは違うため、ご夫婦で話し合って色を決める場合は、この段階でメインカラーを決めましょう。

似合う色は、建物のかたち・外壁材の種類に応じて、ある程度しぼることができます。瓦屋根の和風の家であれば、漆喰を連想させる白系。サイディングであればレンガやタイルに合う茶色系。ガルバリウムであれば黒や青、といった具合です。

まとめると、外壁の色は、建物の形、外壁材や屋根材、見せたい印象をふまえて総合的に決めましょう。細かいところは、外壁の色を基準にあとから決めていきます。

ここでは私の好みで、白にすることにしました。白にすると屋根の色がオシャレに映えます。


色別のメリットデメリットは?

黒は家が暑くなる?

黒は太陽の熱を吸収します。みなさんも、黒い服を着ているときに外に出ると暑く感じた経験があると思います。

外壁の表面も、もちろん黒いほうが熱くなります。問題はその暑さが室内まで影響するかです。

結論から伝えると、体感レベルでは、温度差はほとんどないと言えます。たいてい、外壁材や塗料には断熱効果があったり、壁と外壁の間にある通気層が熱を遮断するからです。


白は汚れが目立つ?

外壁が汚れる主な原因として、

  • 黒い雨だれ
  • カビ、コケ
  • 鳥の糞
  • 砂ぼこりやすす

  • などがあります。白い外壁だと、雨だれやカビ・コケが目立ってしまいます。逆に黒い壁であれば、鳥の糞や砂埃、すすの色が目立ちます。汚れが気になるなら、中間色であるグレーを選ぶのが賢い選択と言えます。

    また、白や黒を選んだとしても、塗料の性能や外壁材の交換などで、汚れを分解したりセルフクリーニングするものもあります。選ぶときは、しっかりと塗料の機能を確認しましょう。


    近所トラブルになる色がある?

    地域によるようですが、真っ黒な家が近くにあるのは不吉だという理由から、近所トラブルに発展する例が意外とあるようです。また、濃くて派手な色の家が景観を壊すという理由から、裁判になった例もあります。

    黒は人気の色ではありますが、場所によっては景観に合わないこともあるので、周囲をしっかり確認することが大切です。近所に似た色の家がある、もしくは隣の家との距離が離れている、ということであれば気にしなくてよい、というように判断することができます。


    屋根は暗めで落ち着いた色を選ぶ

    屋根は全体的に暗くて落ち着いた色にすると、全体のバランスが良くなります。

    試しに屋根に似合う色を15パターンほどピックアップしてみました。見てみると、赤系、青系、緑系など様々ありますが、どれも暗くて彩度が低く、白というより黒に近い色になっていることがわかりますか?



    それでは、リフォームジャーナルさんが調査した人気の外壁・屋根の色組み合わせ結果を参考に、グレー・黒・緑・赤の4パターンでカラーシミュレーションを作ってみます。





    屋根の面積が小さいですが、黒はモダン、緑は落ち着いた感じ、赤は元気さ・活発さを感じます。壁が白いため、屋根はハッキリ主張させるほうが、アクセントが効いてスッキリします。

    逆にグレーは中間色なので、主張も同化もしません。そのため、なんだか中途半端な感じがしませんか?

    まとめると、屋根は落ち着いた、暗めの色を選ぶと失敗はありません。外壁の色に対して主張させるのか、同化させるのかを決めましょう。

    ここで私は、屋根の色を黒することにしました。濃い黒は屋根に重さを与え、家全体に安定感が出るからです。


    最短1分!チャットに答えるだけ

    最短1分!チャットに答えるだけ


    窓サッシや付帯の色でも印象がガラッと変わる

    窓サッシや付帯部の面積は小さいですが、全体の印象を左右する重要な要素です。

    窓サッシは色を変えない方も多いので、こちらの説明はサラっと流すだけでも構いません。ただし、1つだけ覚えていただきたいのは、付帯部分でも「壁の色に同化させるのか」それとも「壁の色に主張させてアクセントをもたせるのか」で選べば間違いがないということです。

    窓サッシは色のバリエーションが少ないので、白と黒の2パターンを用意しました。



    白も悪くはないですが、アクセントが少ないので、全体としてちょっと物足りない感じです。一方、黒にすると、窓がしっかり主張するので全体のまとまりが良くなります。

    このシミュレーションだと窓サッシや付帯は黒が似合いますが、ご自宅の窓の大きさや数によっても、かなり印象がかわります。このシミュレーションでも、仮に窓がもう1つ多かったら、黒は主張し過ぎる印象になったと思います。

    参考として、窓サッシと付帯をグレーにしたケースも用意しました。窓サッシがアルミである場合は、そのほとんどがグレーになります。中間色でどれにも合わせやすい色です。



    良くもなく、悪くもなく、という印象です。決して似合わないわけではありません。

    もしアルミサッシだった場合、塗装するには専門性が必要なので、業者によっては色を変更できない可能性もあります。その場合は、サッシではなく屋根や門柱の色を主張させてアクセントを出すのがいいと思います。


    ツートンカラーでオシャレな外観にする

    ツートンカラーも建物の形状によって変わります。スタンダードなのは1階の色を濃くして安定感を出すもの。失敗もすくないので、すこし冒険してみたい方におすすめです。


    安心感のある家



    1階部分を濃い色をつけると、下部に重みがでて、安定感のある家になります。


    スタイリシュでシャープな家




    縦や横にラインを入れると、目線を誘導でき、スタイリッシュさ・シャープさを演出することができます。

    凹凸で塗り分けて奥行きを表現


    ベランダ部分や玄関部など凹凸で塗り分けることで、奥行きを強調することができます。この家だと奥行きがないので、前の例と比べると、ちょっと物足りない感じです。

    以上がツートンカラーの例となります。一見難しそうに見えますが、パターンは「上部と下部で分ける」「奥と手前で分ける」が基本となり、実はとても簡単なのです。

    ここでも、同系色にするか反対色にするかで、主張度合いを調整し、ピッタリな色を探していくことが有効です。


    最短1分!チャットに答えるだけ

    最短1分!チャットに答えるだけ


    まとめ

    外壁の色の組み合わせは無限にあるように思えて、とても大変な印象がありますが、実はとてもシンプルであることを理解いただけたのではないでしょうか?
    本記事でお伝えしたかったポイント4つを、改めてまとめてみました。

  • 外壁は全体の印象を左右するものなので、最初に決める

  • 屋根は、暗めの落ち着いた色を選ぶ

  • 窓サッシや付帯部分は、建物の形状にあわせて、主張させるか同化させるか選ぶ

  • ツートンカラーは「上部と下部」「手前と奥」を意識すれば失敗はない
  • 色の選び方ガイドでは、理論的・体系的に解説しましたが、手を動かしながら色を変えてみることで納得できる部分ももちろんあります。今回は、実際に具体的な事例をみながら理解したい人の一助となればと想いから筆をとりました。

    ヌリカエ編集部では、ほかにもさまざまな色選びのコンテンツを作成しています。ぜひ他の記事も読んでもらい、外壁塗装の色選びを成功させる人が1人でも多くなることを願っています。

    「記事を読むだけではどうしてもわからない」という方にむけての相談窓口も用意しています。1人で悩むより、実際に話たほうが前に進むケースも多いものです。

    また、色選びを成功させるのも、最終的には良い業者を選べるかという点に集約されます。

    せっかくピッタリの色を選んでも、手抜き工事で3年後に色落ちしてきた、となればこんなに残念なことはありません。色という目に見える部分も大切ですが、それを成功させるためには、下地処理や適切な塗料選びなど、目に見えない部分がもっともっと大切なのです。

    ヌリカエでは、色に強い業者を探すお手伝いも可能です。お困りの方はぜひお問い合わせください。

    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル