外壁の張り替え費用の相場はいくら?一部分のみ張り替え費用・重ね張りとの違いも解説

【投稿日】

【更新日】


「塗装」に比べて費用も高く、工期も長めな外壁の「張り替え」。
業者に言われるまま進めてしまって、あとで後悔したくないですよね。

「外壁の張り替え費用はいくら?」
「外壁の部分張り替え費用はいくら?」
「外壁の張り替え時期はいつ?」
「外壁張り替えの工期や工程は?」

今回はこれらの疑問にお答えすべく「外壁の張り替えにかかる費用」を中心に、「外壁材別・坪別・部分別費用相場」や「張り替えと重ね張り、どちらがおすすめか?」などを解説します。

Point
  • 張り替えの費用相場は、30坪の家で平均約165万円
  • 部分張り替えには、範囲によって20~50万円ほどかかる。
  • 外壁張り替えは、外壁の内部浸水や腐食のリスクが疑われる場合に必要
  • 自宅の場合はいくら?

    自宅の場合はいくら?


    1. 外壁の張り替え費用はいくら?

    1-1. 外壁張り替えの費用相場

    まず、気になるのが「外壁張り替えにはいくら必要?」ということですよね。

    一般的な30坪の家の場合、外壁張り替えの費用相場は約150万円~200万円程です。ヌリカエの調査によると費用相場の平均は、およそ165万円となりました。
    ※足場代・材工費・シーリング材工費・既存壁の解体・処分代・諸経費などを含む

    外壁の張り替え費用は、建物の劣化状況や大きさによっても一人一人異なります。しかし、実際に工事をする前に「平均金額(=費用相場)」を知っておくことで、どれくらいのお金が必要なのかを知ることが出来るため、外壁張り替えを進めやすくなります。
    特に外壁の工事が初めての方にとっては、慎重に情報収集しておくことが工事を成功させるコツと言えます。

    1-2. 外壁の張り替え費用の内訳

    外壁張り替えの費用相場が、30坪であれば165万円ほどとお伝えしましたが、費用の内訳は一体どうなっているのでしょうか?

    参考までに、外壁張り替えにかかる各工程と、それぞれの1平米あたりの施工単価をまとめました。ぜひご活用ください。

    【表:外壁張り替え1平米あたりの費用】
    内容 平米単価 備考
    足場 700~800円/㎡
    既存外壁材の撤去 1,000~1,500円/㎡
    防水シート張り 300~600円/㎡
    胴縁組み 800~1,200円/㎡ 縦組みの場合
    新外壁材 4,000~6,000円/㎡ 窯業系サイディングの場合
    目地のシーリング 800~1,200円/m 平均60mほど
    業者諸経費 工事費の10~20% 諸経費で30万円以上することも

    まずは、30坪の家を例に費用をご紹介しました。
    ここからは、より詳しく費用についてみていきましょう。

    2. 【外壁材別】外壁の張り替え費用は?

    外壁の張り替え費用は、お家の坪数だけでなく、張り替える外壁材の種類によっても異なります。この章ではそれぞれの費用のちがいをみていきましょう。

    外壁の張り替えには、サイディングボードという成形済みのパネルが最も一般的に用いられますが、ここではより詳しい費用をお伝えするために、代表的な4種類のサイディングについて張り替え費用を解説していきます。

    2-1. 窯業系サイディングへの張り替え


    30坪の場合:約110万円 ~ 約160万円
    ※足場代・材工費・シーリング材工費・既存壁の解体・処分代・諸経費などを含む

    • ● 一戸建て住宅において、最も使われている外壁材
    • ● 材質:セメント・陶器・繊維
    • ● 価格:¥4,000~¥6,000 / ㎡
    • ● メンテナンス周期:7~8年
    • ● メリット:価格が安い・機能性に優れる
    • ● デメリット:重量が重い・つなぎ目部分の劣化が早い

    2-2. 金属系サイディングへの張り替え


    30坪の場合:約125万円 ~ 約175万円
    ※足場代・材工費・シーリング材工費・既存壁の解体・処分代・諸経費などを含む

    • ● メッキ塗装され、断熱材が裏打ちされた金属製の外壁材
    • ● 材質:ガルバリウム・ステンレス・アルミ
    • ● 価格:¥5,000~¥7,000 / ㎡
    • ● メンテナンス周期:10~15年
    • ● メリット:軽量・高耐久・水に強い
    • ● デメリット:デザインの種類が少ない

    2-3. 木質系サイディングへの張り替え


    30坪の場合:約150万円 ~ 約200万円
    ※足場代・材工費・シーリング材工費・既存壁の解体・処分代・諸経費などを含む

    • ● 無垢の自然木を使用した外壁材
    • ● 材質:自然木・天然木
    • ● 価格:¥7,000~¥9,000 / ㎡
    • ● メンテナンス周期:7~10年
    • ● メリット:木の温かみがある・断熱性に優れる
    • ● デメリット:火や水に弱い・工賃が高い

    2-4. 樹脂系サイディングへの張り替え


    30坪の場合:約165万円 ~ 約220万円
    ※足場代・材工費・シーリング材工費・既存壁の解体・処分代・諸経費などを含む

    • ● 塩化ビニール樹脂で作られた外壁材。国内流通1~2%程。
    • ● 材質:塩化ビニール
    • ● 価格:¥8,000~¥10,000 / ㎡
    • ● メンテナンス周期:10~20年
    • ● メリット:価格が安い・軽量
    • ● デメリット:凍結に弱い・国内の取り扱いが少ない

    ※サイディング以外の外壁材の種類に関してお知りになりたい方はこちらの記事へ。

    ここまで、お家の全面張り替えについてご説明してきました。しかし「こんなに高いお金を払うこと出来ない・・」という方もいるのではないでしょうか?
    そのような方に向けて、ここからは「全面張り替え」よりも安く済ませられる「部分張り替え」についてご説明します。


    自宅の場合はいくら?

    自宅の場合はいくら?

    3. 部分的に張り替えをすることもできる

    外壁材を張り替える範囲が全面に及ばず、ごく一部のみの場合には、部分的な張り替えで対応することも可能です。この場合は、全体工事より当然ながら費用も抑えられます。よくある部分張り替えのケースと費用は次の通りです。

    部分張り替えのよくあるケース

    • ● 外壁一面のみ張り替え:30~60万円
    • ● 台風で一部分のみ破損:10~20万円

    注意点としては、工事費用は外壁面積によって変化しますが、全面ではなく部分張り替えだから足場代が安くなるということはないという点が挙げられます。

    外壁面積 費用 広さの目安
    5㎡ 約22万円 約3畳
    10㎡ 約30万円 約6畳
    20㎡ 約40万円 約12畳
    30㎡ 約55万円 約18畳

    外壁の補修についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

    4. 外壁の張り替え時期は何年?劣化の目安は?

    ここまでは、外壁材別の費用相場や部分張り替えの費用などをご紹介してきました。
    ただ「本当に今やるべきなのか?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

    この章では、張り替えのベストなタイミングはいつか?を判断するための目安となる情報をご紹介します。

    4-1. 目安は、ひび割れ・築年数20年

    外壁張り替えを行う時期の目安は、次の2つです。

    • ● 「ヒビ割れ」以上劣化(反り・剥がれ)がある場合
    • ● 築年数が20年以上経過している場合

    劣化症状別に、張り替えが必要か?塗装や洗浄で足りるか?をまとめました。ご自宅の外壁の状況と見比べてみてください。

    必要工事 劣化症状 特徴 費用目安
    張り替え 壁材の剥がれ
    深刻度:★MAX
    外壁が剥がれ落ちている状態。
    既に内部腐食の可能性も高い。
    緊急で張り替えが必要。
    150~200万円
    張り替え ヒビ割れ・反り
    深刻度:★★★★★
    外壁の防水性能はもはや皆無。
    放置すると、湿気により建物内部の部材が腐食する。
    緊急で補修が必要。
    150~200万円
    部分張り替え 物理的な破損
    深刻度:★★★★
    部分的に外壁が破損している状態。
    放置すると、浸水する可能性がある。
    緊急度は高いが、費用は押さえやすい。
    25~60万円
    塗り替え 塗膜の剥がれ
    深刻度:★★★★
    塗膜の防水機能が低下した状態。
    放置すると、ひび割れ(クラック)が起こる。
    早急に塗り替えが必要。
    70~100万円
    塗り替え チョーキング
    深刻度:★★★
    塗料が乾燥し、白い粉状になる。
    放置すると、塗膜の剥がれや膨れが発生する。
    塗り替えに最適な時期。
    70~100万円
    塗り替え 退色・色あせ
    深刻度:★★
    特に紫外線量の多い部分で発生する。
    放置すると、防水性能が低下し、ゆがみが生じる。
    塗り替えに最適な時期。
    70~100万円
    高圧洗浄 藻・カビ
    深刻度:★
    塗膜の防水機能の低下により発生する。
    特に日当たりの悪い箇所に生じ、放置すると広がる。
    高圧洗浄などが必要。
    3~5万円

    外壁の工事全般についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

    4-2. 過剰な提案をしてくる業者に注意!

    外壁の張り替えを検討される際に、注意してほしい点があります。

    それは、本当は外壁の張り替えをする時期ではない(外壁に大きな劣化がない)にも関わらず、張り替えを提案してくる業者が一定数存在するということです。 そのまま業者の提案を鵜呑みにし張り替えをしてしまうと、本来(塗装や部分張り替えをした場合よりも)50~150万円高い金額を支払うことになりかねません。

    施工業者にとって、張り替えは外壁塗装工事に比べて単価が高い分、業者の利益も大きい工事になります。そのため、業者にとっては塗装よりも、張り替えの方が「うまみ」があるのです。勿論、全ての業者が悪いというわけではありませんが、本当は張り替えが必要ではないのに、張り替えを提案する業者も中にはいる、という事実をご理解いただけたら幸いです。

    5. 外壁張り替えの工程・工期は?

    ここまで、費用相場と張り替え時期をご紹介してきました。
    では実際に「どんな流れで、どれくらいの期間必要なの?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

    外壁張り替えの手順や期間は、どの家どの業者でも全て同じという訳ではありません。下地の劣化状況や外壁材の種類、天候や施工地域によっても異なります。
    特に、外壁張り替えが初めての方は工程(工事の流れ)や工期(工事の期間)を把握し、安心して張り替え工事を迎えられるようにしましょう。

    5-1. 外壁張り替えの工程・工期

    外壁張り替えには、通常 およそ15~23日 ほどかかります。実際の張り替え工程は次のように進んでいきます。

    ~外壁張り替えの工程・工期~

    • 【1~2日】足場設置・養生
    •  ▼ 
    • 【3~5日】既存外壁の撤去
    •  ▼ 
    • 【2~4日】下地補修
    •  ▼ 
    • 【7~9日】新外壁の貼り付け
    •  ▼ 
    • 【1~2日】金物類取り付け
    •  ▼ 
    • 【1~2日】足場解体・清掃

    1つ1つ順番に解説していきます。

    ①【1~2日】足場設置・養生

    張り替え箇所が高いところにある場合は、必ず足場を組み立てることになります。養生とは、塗装しない部分をビニールやシートで覆うことです。

    ②【3~5日】既存外壁の撤去

    次に、今までの古い外壁材をはがし撤去します。カビやコケが発生している外壁材が多く、ひび割れが発生していると内部浸水の恐れもあります。

    ③【2~4日】下地補修

    下地にカビやひび割れなどの劣化が発見された場合、ひび割れをコーキングで埋めたり、剥がれやサビをケレンで除去するなどの補修を行います。

    ④【7~9日】新外壁の貼り付け

    下地補修後、防水シートを張り、その上から新たな外壁材を張り付けていきます。

    ⑤【1~2日】金物類取り付け

    外壁材を直接、釘で留めず専用金具を使い固定することで、外壁のひび割れを防ぐとともに、釘跡が目立たない工法も存在します。

    ⑥【1~2日】足場解体・清掃

    足場解体や養生はがしの後、施工不備がないか?など、住宅の最終点検を行います。

    5-2. 外壁張り替え工事期間中の注意点

    張り替え工事期間中は次のような点に注意しましょう。

    工事期間中の注意点

    • お茶出しは特に必要なし
    • 気になることは全て伝えよう
    • 後片付け出来ているか要チェック
    • 変更点は口約束ではなく、書面で

    他にも、工事が始まると職人等様々な人が家を出入りするようになります。工事をスムーズに行うためにも外回りを整理整頓しておくなど、職人が作業しやすい環境を事前に作っておくことも大切です。

    6. まとめ:張り替えは必ず相見積もりを!

    外壁の張り替えは、30坪の住宅でも160万円以上の費用がかかる、外壁工事の中でも特に高額な工事になります。
    余計な出費を増やさないため、適正な見積もり額の知識や、費用の少ない塗り替え工事で済むかどうかの目利きが重要になります。

    >特に、もし次のようなセールストークに心当たりがある場合、即決してはいけません。

    • ● 見積もり業者から契約を急かされていませんか?
    • ● キャンペーンと称して、足場代が無料になると言われていませんか?
    • ● 見積もり書の内容が「工事一式」と詳細な記載が省かれていませんか?

    このような場合、一括見積もりサービスを活用し、3~4社から相見積もりを取得することで失敗を防げます。なるべく希望施工内容を統一し、条件を同じにしたうえで見積もり依頼をしましょう。

    一番簡単に外壁張り替え相場を調べるには、複数の業者から一度に見積もりを取得できる一括見積もりサービスを使いましょう。一括見積もりサービスとは、インターネットから外壁張り替え業者に無料で見積もり依頼できるサービスです。



    入力はたったの30秒で、1回の情報入力で複数の業者に見積り依頼をできるので、自分で調べるよりも早く正確に自宅の外壁張り替え費用がわかります。


    外壁リフォーム全般について全体像を把握されたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。
    >> 【外壁】リフォーム工事の費用はいくら?3つの工法別相場を徹底解説!


    自宅の場合はいくら?

    自宅の場合はいくら?



    関連記事

    外壁の張り替えは「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル