業者決定前に必見! 屋根修理の費用、業者の選び方、保険の使い方の基礎知識

【投稿日】

【更新日】



本記事では、屋根の修理・リフォームをお考えの方へ向け、
あらかじめ知っておきたい基礎知識をまとめた内容をお届けいたします。

「そろそろメンテナンスの時期だ」と言われた方から、
実際に屋根の損傷や雨漏りなどが起こっていてお急ぎの方まで、

  • 自分の場合、費用はどのくらいが適正か?
  • どのような工事になるか? 工期はどのくらいか?
  • そもそも、いまメンテナンスが必要なのか?
  • 不具合の応急処置はあるか? 方法は?

といった疑問を解消できるよう、
ヌリカエの記事全体からエッセンスを抜き出した構成になっています。

本記事で屋根修理の流れをつかみ、より詳しく知りたい内容は紹介されている記事を参照する、といった使い方をしていただければ幸いです。


Point
  • 金属屋根なら「板金業者」、非金属なら「瓦葺業者」に修理を依頼
  • 費用は、損傷程度・屋根材により4,500~12,000円/㎡の幅アリ
  • 雨漏り修理の工期は、最短で1~3日、長いと2週間ほど
  • 悪徳業者は「訪問営業」「値引きで即決を迫る」のが特徴

  • 1. うちの屋根の種類はどれ? 屋根材で依頼業者と修理法が変わる

    屋根材 外観 対応業者
    ガルバリウム
    鋼板
    板金業者
    金属製の屋根材に対応
    ジンカリウム
    鋼板
    トタン
    スレート
    瓦葺業者
    金属製以外の屋根材に対応
    粘土瓦・
    セメント瓦
    アスファルト
    シングル

    1.1. 依頼先は「板金業者」か「瓦葺業者」

    屋根は、屋根材の種類によって、修理可能な業者に違いがあります。
    屋根の修理やリフォームを考え始めたら、まずは自宅の屋根の種類を確認しましょう。
    また、屋根材を把握することで、費用相場や工事方法の判断にも役に立ちます。

    屋根材が金属製であれば「板金工事業者」、それ以外であれば「瓦葺(かわらふき)業者」が依頼先となります。

    屋根工事は専門性が高く、塗装施工店などとは別の業者が担当するのが普通です。

    2. うちの屋根修理の費用はいくら? ~屋根材別編~

    種類 粘土瓦 スレート瓦 ガルバリウム
    鋼板
    アスファルト
    シングル
    セメント瓦 トタン
    費用目安(㎡) 8,000~
    12,000円
    4,500~
    8,000円
    6,000~
    9,000円
    6,000~
    8,000円
    6,000~
    8,000円
    3,000~
    6,000円
    (塗装)
    耐用年数 50年以上 20年前後 30年前後
    (塩害地域では約15年)
    20~30年 20~30年
    (塗装は10年おき)
    約8~10年
    メリット ・耐油年数が長い
    ・再塗装が不要
    ・材料費、工費が安価
    ・軽量(耐震性が高まる)
    ・耐久性、防水性が高い
    ・軽量(耐震性が高まる)
    ・強風でも剥がれにくい
    ・軽量(耐震性が高まる)
    ・断熱性が高い
    ・雨音が小さい
    ・価格が安い
    ・軽量(耐震性が高まる)
    デメリット ・価格が高い
    ・重量が重い
    ・葺き替えには向かない
    ・耐用年数が比較的短い
    ・定期的なメンテナンスが必要
    ・断熱性が少ない
    ・雨音が大きめ
    ・真夏の屋根直下が暑くなる ・重量が重い
    ・葺き替えには向かない
    ・強風に比較的弱い
    ・耐久性、防音性ともに低い

    2.1. 平米あたり4,500~12,000円まで幅アリ

    屋根材を代表する「粘土瓦」以外にも、「スレート」「アスファルトシングル」「ガルバリウム鋼板」など様々な材質があります。

    屋根の修理・リフォームを検討している時だけでなく、他の素材への「葺き替え」工事を考えている場合にも、各屋根瓦のメリット・デメリットやメンテナンス費用をおさえておきましょう。

    屋根瓦の種類について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    工事費用は屋根の形状で千差万別
    住宅の屋根は、家ごとに形状や勾配が千差万別なため、家の広さと屋根の面積が対応していない場合も多くあります。そのため、家の坪数から目安となる屋根面積を出すことは非常に難しいです。
    新築時の書類などが残っていない場合、ご自宅の屋根面積は業者に計測してもらって知るのが良いでしょう。計測方法は、業者によっても異なる場合があるので、修理費用をよりお得にするためにも、相見積りをとるのが重要です。

    屋根面積の計算方法について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    3. うちの屋根修理の費用はいくら? ~工法別編~

    工法 外観 作業内容 費用
    葺き替え ・土台を再工事
    ・瓦をすべて交換
    約80~200万円
    葺き直し ・土台を再工事
    ・同じ瓦を敷き直す
    約60~180万円
    カバー工法 ・既存の屋根はそのまま
    ・新しい屋根をかぶせる
    約80~120万円
    塗り替え ・土台と瓦はそのまま
    ・瓦を再塗装
    約40~80万円
    部分修繕 ・土台や瓦を補修、交換
    ・範囲は限定的
    約5~50万円

    3.1. 屋根修理の工法はおもに5つ

    トラブルが起こった屋根の修理は、下記5つの方法のいずれかで行われます。
    それぞれの作業内容や費用の目安は、下記のとおりです。

    もっとも大掛かりで費用も高めな「葺き替え」

    「葺き替え(ふきかえ)」とは、既存の屋根材を全てはがし、新しい屋根材を取り付ける工法です。

    破損やトラブルを根本から解決できるうえ、新しい屋根材を自由に選ぶことができるのが大きなメリットです。
    一方で、工事費用は最も高額となり、工期も長くなるのが一般的です。

    屋根の葺き替えについて詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。


    元の屋根材を再利用する「葺き直し」

    「葺き直し(ふきなおし)」とは、前項の「葺き替え」工事を、元の屋根材はそのままに行うものです。

    瓦に損傷がない場合は、費用を抑えながら下地の修理のみを行うことが可能です。


    葺き替えより安いが古い屋根が残る「カバー工法」

    「カバー工法」とは、もともとある屋根をそのままに、上から新しく屋根材を取り付ける工事です。

    工期も短く、費用も葺き替えほどはかからないのがメリットですが、屋根が重くなるので、荷重や重心のバランスが変わります。
    最悪の場合、新たな重みで住宅にトラブルが起こる可能性もあります。

    アスベストを使用している屋根の修理の場合、安全上の観点からカバー工法がよく用いられます。

    カバー工法について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。


    修理というよりメンテナンスに近い「塗り替え」

    「塗り替え」は、屋根の再塗装を行い、軽めの損傷や美観の回復を行う工事です。
    トラブルが起きてからの工事というよりも、定期的なメンテナンスのために行われることが多いでしょう。


    足場の要否で値段が大きく変わる「部分補修」

    屋根全体には及ばない修復・交換を行う工事です。
    雨漏りなどのトラブルを受けて、屋根の傷みが全体に至っていない場合には、この部分補修が行われます。

    作業に足場が不要であれば安く済むことも多いですが、足場が必要な場合は費用が10~20万円加わります。

    屋根修理時の注意点について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    屋根のリフォームを安く済ませるふたつの知恵

    • 約10年に一度を目安に、屋根の塗り替えを行う
    • 屋根と外壁の塗り替え時期を合わせて工事を一度に済ませ、足場代を節約する

    屋根の損傷や劣化が建物の内部に達している場合、「カバー工法」や「葺き替え工事」をする必要が発生し、高額なリフォームとなることがあります。これらの工事は、塗装の2倍~4倍ほどの費用がかかるため、長期的に見た場合はトラブルが起きる前に塗り替えをしたほうが、費用を抑えることができます。

    また、外壁の再塗装も同時に行えれば、足場代が二重に掛からずお得です。一般的に、屋根は外壁に比べて劣化が早いので、ふたつの最適なリフォーム時期はずれることが多くあります。そこで、屋根に外壁よりも耐用年数の長い塗料をつかうことで、タイミングを合わせることが可能になります。

    4. 屋根用塗料の選び方

    グレード 耐用年数 材工価格 特徴
    アクリル樹脂 5~6年 1,400~1,600円 塗り替えには
    あまり使われない
    ウレタン樹脂 6~8年 1,700~2,200円 防水性に優れる
    シリコン樹脂 8~12年 2,300~3,000円 費用と耐用年数の
    バランスが良い
    ラジカル塗料 10~15年 2,500~3,000円 シリコンと同等価格で
    耐用年数が長い
    フッ素樹脂 15~20年 3,800~4,800円 樹脂としては
    もっとも高級
    光触媒塗料 15~20年 4,200~5,000円 太陽光に反応し
    自己洗浄効果アリ
    無機塗料 20~25年 4,500~5,000円 紫外線の影響を
    ほぼ受けない

    *「耐用年数」は屋根に塗装した場合。

    4.1. 最低でもシリコン、できればフッ素を

    住宅用に用いられる塗料の樹脂には、「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」の4つのグレードがあり、それぞれ価格と耐用年数が異なります。

    また「機能性塗料」と呼ばれる、一般的な塗料にはない性能をもった塗料も存在します。
    これらは、使用されている樹脂こそ前述の4種類のいずれかですが(無機塗料を除く)、耐用年数と価格帯がガラリと変わることから、樹脂のグレードと同列に比較されることが多くなっています。

    使用する塗料は、「シリコン」~「フッ素」のグレードのものをオススメします。
    屋根は、外壁に比べて劣化が激しいため、可能であればフッ素塗料で塗り替えると、長い目で見て得になります。

    屋根用塗料について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    屋根用塗料の耐用年数について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    4.2. 失敗しない 屋根のカラーの選び方

    屋根の形状や外壁の色、ときには近隣の家の色によって、合う色・合わない色は大きく変わるものです。

    住宅の屋根には、どちらかと言うと暗めの色が使われることが多くなっています。
    周囲から浮きすぎない、ダークグレー、黒、濃茶、深緑などが定番となっています。

    一方で、遮熱性を意識した明るめの色が使われることも増えてきています。
    カラーシミュレーションなどで、事前にイメージを確認しつつ色を決めていきましょう。

    屋根のカラーの選び方について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    屋根には遮熱塗料の使用をオススメ

    ヌリカエでは、屋根用には「遮熱塗料」の使用をオススメしています。
    「遮熱塗料」とは、太陽熱を跳ね返す力の強い塗料のことで、屋根材の熱劣化をおさえる働きや、夏場の冷房代を削減する効果が期待できます。
    汎用塗料に比べて、価格も約2%ほどしか変わりません。塗料の耐用年数(10年前後)以内にはじゅうぶん回収可能です。

    遮熱塗料について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    5. うちの屋根修理の費用はいくら? ~雨漏り編~

    全体補修 部分補修
    工事内容 ・葺き替え
    ・葺き直し
    ・カバー工法
    ・塗り替え
    ・瓦交換
    ・一部の葺き直し など
    工期 1~2週間 1~3日
    費用 塗装:40~80万円
    カバー工法:80~120万円
    葺き替え・葺き直し:60万円~200万円
    5~30万円
    付帯部分の交換発生で+5万円、
    足場が必要になると+10~20万円

    5.1. 同じ雨漏りでも原因で金額は大きく変わる

    同じ雨漏りでも、屋根の部分的な補修で済む場合もあれば、全体的な工事に及ぶ場合もあります。

    瓦のズレや一部破損などが原因の場合は、工事期間は1~3日間、費用は約5~30万円
    全体の劣化や、傷みが深層に達している場合は全体補修となり、工期は1~2週間、費用は工事内容によりおおよそ40~200万円程度になります。

    また、別途雨漏りの原因の調査(散水費用など)がかかる場合もあります。

    雨漏りの修理について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    雨漏りの応急処置について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    6. 屋根修理と火災保険 こんな原因で保険はおりる?

    補償範囲の例 保証対象の例 保険料 備考
    火災保険 家屋・家財 火災、落雷、破裂・爆発、
    風災、雪災、雹災
    自己負担額の
    設定によっては
    保険金がおりない
    ケースも
    住宅総合保険 家屋・家財 火災保険の補償対象

    水害、盗難、破損、
    いたずら書き など
    同上
    オールリスク
    タイプ
    家屋・家財

    外灯・ベランダ
    など
    住宅総合保険の補償範囲

    機械設備の事故、
    ガラス破損など広範囲
    少額の損害も
    実費で補償など、
    自由度が高い

    6.1. 「火災保険」のみでカバーするのは難しい

    火災保険には大きく3つのタイプがあり、補償の内容が充実すると収める保険料も高くなっていきます。

    この時注意したいポイントは「自己負担額」
    自己負担額とは、契約の際に月々の保険料を決めると同時に、実際に損害を受けた際「いくらの被害額から保険金を受け取れるのか」が変わってくるものです。
    「自己負担額を0円」にすれば少額な被害からでも保険金が下りますが、代わりに保険料は高くなります。

    屋根修理と保険について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    7. 良い業者・悪い業者の見分け方

    良い業者 悪い業者
    パターン ・調査結果を画像で提示
    ・見積もり額の内訳が詳細
    ・原因や工法を詳しく説明する
    ・アフターフォローがある
    ・訪問営業
    ・「無料点検」を提案
    ・不安、緊急性をあおる
    ・値引きを理由に成約を急がせる
    工事結果
    の違い
    ・再修理が必要ない
    ・必要以上のことをしない
    ・根本原因を解決する
    ・正常な部分に悪影響がでない
    ・すぐに再修理が必要になる
    ・異常のない範囲も修理する
    ・間に合わせの修理のみ
    ・正常だった部分に異常が起こる

    7.1. いい業者に出会える探し方

    屋根の修理は早急に行うのが理想的ですが、修理業者は信頼できるものを選ばなければなりません。
    万一悪徳業者に依頼をしてしまうと、ずさんな工事で最終的に大きなコストがかかったり、想像以上の金額を請求されたりする恐れがあるためです。

    悪徳業者と優良業者で、工事結果の違いと勧誘手口の違いを知っておけば安心です。

    危険な業者の見抜き方について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

    8. まとめ:まずは自宅の屋根材を確認しよう

    見積額が相場に収まっているか、採られる工法は適切かといった判断をするための第一歩として、ご自宅の屋根材が何かをまずは確認しましょう。

    また、屋根は専門性の高い工事となるため、業者によって見積り額に差が出る場合が多くあります。
    なるべく相見積りをとり、自宅の修理作業が得意で安く済む業者に出会える確率を高めるのがオススメです。

    本記事で紹介した基礎知識と、各詳細記事にある内容がお役に立つことをお祈りいたします。


    ▼専門家(ヒアリング)
    株式会社POD 代表 長谷川佳広 氏

    関連記事

    屋根塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    屋根修理 の相場を知りたい方はこちら
    Q. あなたのお家は
    一戸建てですか?
    建物種別
    必須
    希望工事箇所
    必須
    電話番号
    必須
    電話番号を正しく入力してください
    ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。
    外壁塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    TOPへカエル