外壁タイルってどんな外壁材?サイディング、モルタルと徹底比較!

【投稿日】

【更新日】


タイル張りの外壁は見た目も高級感があって、汚れにくく耐久性にも大変優れています。

しかし外壁材としてのタイルのシェア率はサイディングやモルタルと比べて高くないため、
「タイルって他の外壁材と比べて実際どうなの?」
「あえてタイルを選ぶ理由ってなに?」

と考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事ではタイルと他の外壁材との比較を中心に、タイルのメリットやデメリット、注意点について解説していきます。
外壁材は何を選ぶかによって、見た目やメンテナンス性が大きく左右するので、この記事でタイルについて理解しながら慎重に検討していきましょう。

Point
  • ・外壁タイルはサイディングより見た目の高級感が出る
  • ・外壁タイルはモルタルよりひび割れしにくい
  • ・外壁タイルはサイディング、モルタルよりメンテナンス費用が安いが、初期費用は高め
  • ・耐久性が高い外壁タイルだが、メンテナンスは定期的に必要

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

1. 外壁タイルってどんな外壁材?

サイディングやモルタルとの違いを知る前に、そもそも外壁タイルとはどんな特徴がある外壁材なのか説明していこうと思います。

タイルとは土や石を高温で焼き固めて成形したものです。壁や床などに貼り付けられ、外壁以外にも内装や浴室などで普段見かける機会も多いですよね。
土や石は年月が経っても変色せず、腐ったり燃えたりもしないので、半永久的に存在する素材です。
そのため外壁タイルも耐久性が大変高く、劣化がしにくい外壁材として扱われています。

デザイン  
<出典:リクシルHP
価格 7,000円~/㎡
初期費用は高い傾向にある
性能 耐久性
  • ・非常に硬く、外的要因からの傷に強い
  • ・紫外線の影響による色褪せがしにくい
断熱性
  • ・無機物なので熱の伝導率が低い
耐水性
  • ・吸水率が大変低く、凍害が起こりにくい
防汚性
  • ・親水機能で汚れが雨水と一緒に落ちる
遮音性
  • ・タイルの厚みに依存する
    ・遮音塗料の方が効果は高い
重量
  • ・総じて他の外壁材より重い傾向にある
    ・最近は以前のタイルより軽いものも増えてきた
メンテナンス性 頻度 ・約10年周期でメンテナンスが必要
劣化症状 ・汚れ
・シーリングのひび割れ
・タイルのひび割れ、浮き、剥がれ
方法 ・タイル洗浄
・シーリングの打ち増し・打ち換え
・タイル補修、タイル交換

外壁タイルの耐久性は頭一つ抜きんでるほど、優れています。
釘で擦ったり掻いたりしても傷が付かないほど、タイルは外部からの傷や刺激にも強いです。

また紫外線にも影響されにくいので、変色や色褪せしにくく劣化スピードが遅い外壁材なのです。

2. 外壁タイルのメリット

外壁タイルのシェア率は1%以下とかなり少ないですが、むしろ他の外壁材にはない魅力が多くあります。
それでは以下で外壁タイルのメリットについて一緒に迫っていきましょう。

外壁タイルのメリット
①上質感・高級感のある外壁になる
②メンテナンス費用が安く、手入れも簡単
③耐傷性・耐候性が高く、汚れにくい

上質感・高級感のある外壁になる


外壁タイルの見た目は、本物のタイルならではのおしゃれなデザインになります。
サイディングでもタイル柄のデザインはありますが、質感はやはり本物のタイルに勝てません。
実際の外壁タイルは立体感があって、他の外壁材に比類するものはない存在感のある外壁になります。

また最近はタイルのバリエーションも豊富になり、モダン、和風、洋風などさまざまなテイストに対応可能です。

外壁タイルのデザイン例

ボーダータイル


<引用:リクシル HP

二丁掛けタイル


<引用:リクシル HP

二丁掛けタイル×ボーダータイル


<引用:sunclay HP

同じタイルでも印象が全く違いますよね。多彩なスタイルと高級感が演出できるのは外壁タイルの大きな特徴です。

メンテナンス費用が安く、手入れも簡単


外壁タイルは耐久性が高いので、一般的な外壁よりメンテナンス頻度が少なく済みます。またメンテナンス工事も手軽なので費用も安いです。
例えばサイディングと比べてみると、30年~40年でもかなり差がでます。もしそれ以上住む予定があればもっとお得になるのは明白でしょう。

耐傷性・耐候性が高く、汚れにくい

外壁タイルは、石や土を高温で焼き固めて作られています。
そのためとても丈夫で、天候による劣化や色褪せがしにくく、擦り傷や掻き傷などの物理的な衝撃にも強いのです。

また汚れが付着しにくく、雨と一緒に汚れを流れ落とすセルフクリーニング機能があることから、メンテナンスが容易なのも頷けます。


💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

3. 外壁タイルのデメリット

上記で外壁タイルのメリットに触れてきました。魅力を多く感じる外壁タイルですが、もちろん以下のデメリットも存在します。メリットと同じく一つずつ見ていきましょう。

外壁タイルのデメリット
①初期費用が高い
②職人に技術がないと剥離が起こる可能性がある

初期費用が高い

外壁タイルはメンテナンス費用が安いというメリットは先ほど紹介しましたが、導入する際の初期費用は一般的な外壁材より高いです。

それぞれ商品によって値段は変わりますが、外壁タイルはその耐久性の高さゆえに一般的なサイディングの2倍以上はかかると考えておいた方がいいでしょう。

職人に技術がないと剥離が起こる可能性がある

腕の良い職人に施工してもらえると、外壁タイルの基本的なメンテナンスは洗浄とシーリングの補修のみで済む場合が多いのですが、職人に技術力がないとタイルの落下や剥離が起こる可能性があります。

もちろん自然災害などの不測の事態がきっかけで必要になるメンテナンスもありますが、施工不良で起こるタイルの浮きや剥がれの事象も多いので業者選びは念入りに行いましょう。

外壁タイルの施工法

タイルを施工するのに、湿式工法乾式工法という2つの工法があります。
湿式工法は現場で下地を作り、一枚一枚職人が貼り付けていくので、上手に仕上げるにはかなり技術力が必要になります。
乾式工法は、湿式工法より新しい工法で、接着剤でタイルを貼り付けていく方法です。湿式工法より工期も短く済み、職人の技術力も湿式工法より高く問われません。
接着剤ということで不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近は耐震性もかなり高くなってきているのでまず心配はありません。

業者の選び方について詳しくはこちら↓

4. 外壁タイルをサイディングやモルタルと徹底比較

現在、日本の住宅で主流となっている外壁材は「サイディング」「モルタル」です。
外壁タイルのシェアはサイディングとモルタルに比べて決して多いとは言えませんが、あえてタイルを選ぶ方は少なくありません。
この章では外壁タイル、サイディング、モルタルをさまざまな角度から比較していきましょう。

見た目はどう違う?

タイル サイディング モルタル

サイディングは工場で生産されていて、デザインバリエーションが多い外壁材です。
一方、モルタルは現場で左官職人が直接作り上げる塗り壁なので、大変味わい深いデザインになります。

サイディングにタイル柄もありますが、より近くで見ると本物のタイルを使用した外壁タイルの重厚感が伝わってくるでしょう。

性能はどう違う?

外壁材の性能として、耐久性、断熱性、耐火性、耐用年数の観点からそれぞれを比べてみましょう。

 
  外壁タイル サイディング モルタル
耐久性
断熱性
耐火性
耐用年数 40年 25年 30年

タイルは性能の高さはダントツと言っていいほど、他外壁材と比べても非常に優秀です。
サイディングは目立った欠点がなく、総合力のバランスが取れているのが確認できるでしょう。
モルタルは耐久性としてイマイチなのは、ひび割れしやすいという欠点が影響しています。

価格はどう違う?

費用単価
  • 外壁タイル:7,000円~9,000円/㎡
  • サイディング:3,500円~5,000円/㎡
  • モルタル:1,500円~4,000円/㎡

タイルはサイディングの約2~3倍、モルタルの約2~5倍も単価が高いです。

もしタイルにリフォームする場合、既存の外壁材の撤去費用と施工費も加算されます。そうすると少なくとも10,000円/㎡以上、商品や工法によっては50,000円/㎡近くまで費用が上がる場合もあります。

将来的にその家に長く住み続ける予定がある方にとって、初期費用が高くてもトータルコストを抑えられるのは大変魅力的です。
費用に関しては「初期費用が安ければいい」「メンテナンス費用が安ければいい」と一概には言えないので、ご自身のライフサイクルに合った外壁材をよく検討しましょう。

メンテナンスの費用はどう違う?

メリットの章で外壁タイルはメンテナンス費用が安いと説明しましたが、実際に外壁タイル、サイディング、モルタルでどれぐらい変わってくるのでしょうか。
40年同じ家に住んだと仮定して、メンテナンスの累計費用がいくらになるか、10年ごとに比べてみました。

  10年後 20年後 30年後 40年後
外壁タイル 30万~50万円 60万~100万円 90万〜150万円 120万~200万円
サイディング 80万~120万円 160万~240万円 240万~360万円 320万~480万円
モルタル 80万~100万円 160万~200万円 240万~300万円 320万~400万円

タイルにするとメンテナンスコストがサイディング、モルタルに比べて大変安いので、40年間で200万~380万円近くお得になります。
トータルコストを抑えるようにするか、最初に準備できる予算を抑えるかライフステージに合わせて慎重に選択しましょう。

結局どれがいいの?こだわり別のオススメ外壁材

メンテナンス性を重視するなら、外壁タイルがオススメ
初期費用の安さを重視するなら、サイディングがオススメ
味わい深いデザインを重視するなら、モルタルがオススメ

5. 外壁タイルの注意点

ここからは外壁タイルを採用する前に知っておきたい注意点についてまとめました。
後悔ない外壁材選びのためにも、よく確認しておくことが大切です。

タイルも劣化症状は発生する

タイルは耐久性が高い外壁材ですが、まったく劣化症状が出ないというわけではありません。
経年による劣化や、施工不良に劣化は起こりうるので、症状別にどんなメンテナンスが必要になるのか見ていきましょう。

タイルに汚れが付く

タイルには雨と一緒に汚れを洗い流すセルフクリーニング機能があり、外壁材の中でも汚れが付きにくい特徴を持っています。
しかし外壁は常に外にさらされているため、雨では流しきれない汚れが付着することもあります。
コケやカビ、虫の死骸の跡などの汚れが目立ってきたら、タイルの洗浄を行いましょう。

業者に洗浄を行ってもらう場合は、高圧洗浄バイオ洗浄という方法があります。
高圧洗浄とは、水圧を使って汚れを取り除く方法で、単価相場は1㎡あたり200~300円程度です。
もし高圧洗浄でも落としきれない汚れの場合は、バイオ洗浄といって薬品を塗布して洗浄する方法を使用します。バイオ洗浄の単価相場は1㎡あたり250~500円程度で、高圧洗浄より少し高めですが、バイオ洗浄は汚れの予防効果も望めます。

低い場所に気になる汚れがあったら自分で洗浄してもOK!

手の届く範囲に汚れを見つけたら、薄めた中性洗剤を付けてスポンジやブラシなどでタイルを洗浄しましょう。
汚れは付着して日が浅いほど落ちやすいので、半年に1回汚れの点検と洗浄を行えば更にタイルが長持ちします。
しかし高いところは危険なので、ブラシで届く範囲内に注意して行って下さい。

タイルが浮く

タイルが浮いてしまった場合は、エポキシ樹脂をタイルに注入し、浮きを固定する必要があります。
タイルに穴を開けて注入するので、業者の経験や技術力がとても重要になる補修方法です。
費用相場は、1ヶ所につき約500~1,000円です。

タイルの浮きは、落下にも繋がりかねないので見つけたら早めに業者に相談しましょう。

タイルにひび割れ、剥離が起こる

タイルにひび割れ、剥がれ、剥離などが起きてしまった場合は、該当部分のタイルを交換しなければなりません。
費用はタイルの商品によっても変わります。もちろん同じ商品が用意できればいいのですが、生産が終了していれば代わりの商品を使うことになります。

シーリングは定期的に補修が必要である


上記でタイルに起こりうる劣化症状に関して説明してきましたが、実際のメンテナンス工事の内容は、主にシーリングの補修となるでしょう。
タイルの継ぎ目であるシーリングは、寿命から考えて少なくとも10年に1度は必ず補修しなければなりません。

シーリング補修の費用相場

打ち替え:約700円~1,200円/m
増し打ち:約500円〜900円/m
※打ち替えとは・・既存のシーリング材を取り除いてから、新しいシーリング材を充填すること
※増し打ちとは・・既存のシーリング材を残したまま、上から新しいシーリング材を充填すること


外壁タイルの目地やシーリング(コーキング)については詳しくはこちら↓

腕が良い業者を探さなければならない

デメリットの章でも紹介しましたが、タイルが剥がれてしまうのは業者の施工不良であることが多いです。
タイルが剥がれて高いところから落下してしまうと、通行人がケガをする恐れもあります。
そのため、安全のためにも技術力の低い業者に施工を任せるのは何としても避けたいですよね。

そこでポイントなのはタイルの施工事例が充実している業者を選ぶことです。
しかし1つの業者だけ見ても事例が充実しているか判断するのは難しいので、複数業者から見積もりを取って話を聞くことが大切です。
タイルの施工経験はどのくらいあるのか、施工事例の写真を見せてもらえないかはもちろん、工事が適正価格であるか、相談事も気軽に乗ってくれそうかなど多角的な視点で業者を比べて自分に合う業者を探しましょう。

6. 人気の外壁タイルメーカー・ブランド

ここからは外壁タイルの主要メーカー・ブランドをご紹介します。
全面張りだけでなく、一部分にタイルを使用するような組み合わせデザインも人気ですので、さまざまなデザイン例と共に一緒に見ていきましょう。

リクシル

水を使わず、接着剤でタイルを張り付けていく「はるかべ工法」を用いた外壁タイルを取り扱っています。
公式HPは施工事例も豊富で、テイスト別、カラー別に検索できるので自分のイメージに合う外壁タイルを探しやすいでしょう。

リクシルの外壁タイル施工事例①



リクシルの外壁タイル施工事例②


<引用:リクシル HP

アイコットリョーワ

建材タイル生産販売量が日本一のメーカーです。
アイコットリョーワのタイルはカフェや大学、空港など幅広いところで使用されています。
表面積が50㎠以下のタイルを組み合わせたモザイクタイルやボーダータイル、二丁掛けのレンガタイルなどを取り扱っています。

アイコットリョーワの外壁タイル施工事例①



アイコットリョーワの外壁タイル施工事例②


<引用:アイコットリョーワ HP

sunclay

sunclayは、オフィスビルや大型施設を手がけてきた平田タイルの自社ブランドです。
高い親水性でセルフクリーニング効果を発揮し、遮音性や耐火性にも優れた外壁タイルを取り揃えています。

sunclayの外壁タイル施工事例①



sunclayの外壁タイル施工事例②


<引用:sunclay HP

7. まとめ

いかがでしたか。
外壁タイルはメンテナンスの手間が減るので、初期費用の高さは悩ましいですが、かなり魅力的な外壁材ですよね。

デザイン性も抜群ですが、写真と実物の印象はかなり違ってくると思います。
検討している方は、是非ショールームや展示会などに足を運んでみて下さい。


💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート

💬外壁材の正しい選び方がわからない…

カンタンな診断で最適な外壁材がわかる >無料診断スタート


関連記事

外壁材って どれも同じ? ピッタリの外壁材 診断します 無料診断スタート
外壁塗装
相見積もり」が重要
【ヌリカエの特徴】
無料で複数業者から一括見積もり可能
中立の立場からスタッフがご相談対応
優良業者紹介・キャンセル代行も可能
この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
TOPへカエル