外壁塗装のリフォームローン知識を全公開!種類・減税・金利相場

【投稿日】

【更新日】

「外壁塗装は、リフォームローンを使えばお得です」
リフォームローンなら、費用を抑えて、効率的に塗装できます。

しかし...
「ローンの金利って、どれくらい?」
「月々の支払い額や、支払い回数は?」
「リフォームローンを使っても、本当に大丈夫なの?」

といった疑問が浮かんできませんか?

この疑問を解決するために...
「リフォームローンの金利相場」
「金利の支払いシュミレーション」
「具体的なローンの効率性」

について、分かりやすく解説します。

最後まで読めば、ローンを利用すべきか決断できます。ぜひ、ご覧ください。

Point
  • リフォームローンの金利相場は「2~3%」

  • 貯金してからよりも、リフォームローンを受けた方が、費用を抑えられる。
  • ▶貯金している間に、外壁が劣化する。
    ▶外壁が劣化すると「修繕費」がかかる。
    ▶修繕費と金利を比較すると、結果的に金利の方が安い場合がある。

  • 銀行と信販だと、信販のローンを選ぶ人が多い。
  • ▶信販だと、審査が早く、書類を用意する手間もかからないから。


    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/


    1. リフォームローンの金利相場は?

    リフォームローンの金利相場は「2~3%」です。

    これは、銀行・信販を含めた相場になります。「4%以上」の金利も存在しますが、ローンとしては高すぎるため、注意してください。

    リフォームローンを選ぶときは、金利「2~3%」の中から選びましょう。

    1.1. 金利の支払いシュミレーション

    金利の支払いシュミレーションを見てみましょう。

    今回は金利相場「2~3%」の間、「2.5%」を基準に、以下の支払い回数からシュミレーションしました。

  • 36回払い(3年)
  • 60回払い(5年)
  • 120回払い(10年)
  • このシュミレーションを見れば、借入金額と支払い回数によって、金利や、月々の返済額、返済総額などが分かります。

    それでは、シュミレーションを確認してみましょう。


    ※ 企業によって違いがあるため、あくまで目安として参考ください。

    36回払い(3年)

    リフォームローン36回払いのシュミレーションは、以下の通りです。

    借入金額 返済総額 金利総額 月額返済額 年間返済額
    50万円 519,486円 19,486円 14,430円 173,160円
    60万円 623,388円 23,388円 17,316円 207,792円
    70万円 727,290円 27,290円 20,202円 242,424円
    80万円 831,190円 31,190円 23,089円 277,068円
    90万円 935,088円 35,088円 25,975円 311,700円
    100万円 1,038,992円 38,992円 28,861円 346,332円
    110万円 1,142,892円 42,892円 31,747円 380,964円
    120万円 1,246,792円 46,792円 34,633円 415,596円

    次に「60回払い」のシュミレーションを見てみましょう。

    60回払い(5年)

    リフォームローン60回払いのシュミレーションは、以下の通りです。

    借入金額 返済総額 金利総額 月額返済額 年間返済額
    50万円 532,388円 32,388円 8,873円 106,476円
    60万円 638,876円 38,876円 10,648円 127,776円
    70万円 745,357円 45,357円 12,423円 149,076円
    80万円 851,847円 51,847円 14,197円 170,364円
    90万円 958,330円 58,330円 15,972円 191,664円
    100万円 1,064,810円 64,810円 17,747円 212,964円
    110万円 1,171,294円 71,294円 19,522円 234,264円
    120万円 1,277,783円 77,783円 21,296円 255,552円

    次に「120回払い」のシュミレーションを見てみましょう。

    120回払い(10年)

    リフォームローン120回払いのシュミレーションは、以下の通りです。

    借入金額 返済総額 金利総額 月額返済額 年間返済額
    50万円 565,556円 65,556円 4,713円 56,556円
    60万円 678,682円 78,682円 5,656円 67,872円
    70万円 791,810円 91,810円 6,598円 79,176円
    80万円 904,932円 104,932円 7,541円 90,492円
    90万円 1,018,053円 118,053円 8,484円 101,808円
    100万円 1,131,190円 131,190円 9,426円 113,112円
    110万円 1,244,310円 144,310円 10,369円 124,428円
    120万円 1,357,423円 157,423円 11,312円 135,744円

    以上のシュミレーションを参考に、計画的なリフォームローンを考えましょう。

    1.2. 支払い回数

    リフォームローンの支払い回数は「60~120回」が目安です。ローンを選ぶ多く人は、この範囲で支払い回数を決めています。

    また、年数だと「5~10年」です。

    支払い回数を決めるときは「60~120回」に収まる範囲で借入ましょう。


    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

    2. リフォームローンの効率性

    お金が足りずに外壁塗装を躊躇しているなら、リフォームローンを借りた方がお得です。なぜなら、結果的に費用を抑えられるからです。

    さらに、費用を抑えられるだけでなく、すぐに外壁を塗装できます。

    それでは、なぜリフォームローンを借りた方が費用を抑えられるのか、見ていきましょう。

    2.1. 外壁塗装の費用を貯金していたら...逆に「損」

    外壁塗装の費用を貯金していたら、損をしてしまいます。なぜなら、貯金している間も、外壁は劣化するからです。


    例えば、あなたの家の外壁塗装に必要な費用は「100万円」だとします。そして、この金額に達するまで、仮に、あと「2~3年」が必要です。

    ようやく貯蓄した金額が「100万円」に達し、外壁塗装を依頼します。しかし、見積りを確認すると「120万円」でした。一体なぜでしょうか?

    実は...2~3年待っている間に、外壁の劣化が進行していたのです。

    外壁の劣化とは、「ひび割れ・チョーキング・塗装の剥がれ・コケ・藻」などを指します。

    つまり、塗装費用と一緒に、外壁の「修繕費:20万円」が必要になってしまいました。この修繕費を足して「120万円」です。


    もし、2~3年待たずに、すぐ外壁塗装を行っていれば修繕費はかかりませんでした。

    だからといってローンを借りても、結局「金利」を取られます。しかし...実は「金利」の方が修繕費よりも安く収まるかもしれないのです。

    2.2. 修繕費よりも「金利」の方が安い

    まず、あなたの家の外壁塗装に必要な費用は「100万円」だとします。そして、この金額に達するまで、あと「2~3年」は必要です。

    しかし、2~3年待つと「修繕費:20万円」を払わなくてはなりません。


    この修繕費を払わないために、今すぐ「ローン」を借りましょう。

    ローンを借りれば、100万円をすぐに調達できるため、外壁を劣化せずに塗装できます。そのため修繕費を払う必要がありません。

    しかも...リフォームローンの金利相場は「2~3%」です。

    仮に、金利が「2.5%」だとして、100万円借りたとします。

    支払い回数 金利総額 借入期間 月額返済額
    60回払い 約7万円 5年間 約2万円
    120回払い 約13万円 10年間 約1万円

    上記の表を見れば、修繕費20万円を支払うより、金利「約7万~約13万円」を支払う方が、圧倒的に安く抑えられます。

    2.3. リフォームローンを借りて費用を抑えよう

    リフォームローンを借りれば、塗装費用を安く抑えれます。これは、修繕費より「金利」の方が安く済むからです。

    外壁は2~3年も経てば劣化します。劣化した外壁は、塗装前に補修しなくてはなりません。この補修にかかる「修繕費」が20万円程度です。

    一方、ローンの金利相場は「2~3%」なので、120回払いでも金利総額は「約13万~約16万円」で済みます。そのため、結果的に2~3年待つより、ローンを借りた方が費用を抑えられるのです。

    外壁塗装のために貯金している人は、ぜひローンを検討して、費用を安く抑えてください。

    3. ローンのメリット・デメリット

    ローンのメリット・デメリットを解説します。メリットとデメリットを把握すれば、ローンを選ぶときの参考になります。

    例えば、お金が足りないのにローンを使うのは適切か悩んでいても、メリットとデメリットを把握すれば、悩む必要はありません。

    それでは、リフォームローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

    3.1. メリット

    リフォームローンのメリットは、以下の通りです。

  • 塗装の時期を早められる
  • 費用を抑えられる
  • 外壁の劣化を最小限に抑えられる
  • まとめったお金の支出が必要ない
  • 繰り上げ返済可能
  • 高い塗料を選べる
  • 支払い可能金額に応じて最大180回まで分割可能
  • リフォームローンの大きなメリットは、効率化です。なぜなら、お金が足りなくても、すぐに塗装して、外壁の劣化を抑えられるからです。

    また、塗料の選択肢も広がります。

    効率的に外壁塗装を行いたい人は、リフォームローンが最適です。

    3.2. デメリット

    リフォームローンのデメリットは、以下の通りです。

  • 劣化の遅い外壁は不効率
    (ALC外壁、金属サイディングなど)
  • 安くするための有効な手段ではない
  • 以上を確認すると、ローンの活用はALC外壁、金属サイディングといった「劣化が遅い外壁」には不効率です。

    例えば、劣化が早い「モルタル壁、窯業系サイディング」などに適用しましょう。


    またリフォームローンは、安くするための有効な手段ではありません。十分な余裕がある場合、ローンの検討は控えましょう。

    4. リフォームローンを受けるなら、どこ?

    リフォームローンを借りる場合、2つの選択肢があります。

  • 銀行
  • 信販
  • それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

    4.1. 銀行の場合

    銀行だと、金利が安かったり、高かったりします。これは、地方銀行とメガバンクによって金利が違うからです。

    地方銀行だと金利が1%程度で収まる場合もありますが、メガバンクだと金利が4%もかかります。

    そのため、銀行からローンを借りる場合、各銀行を比較しながら選びましょう。

    メリット

    銀行の場合、信販よりも金利が安いのがメリットです。信販だと金利2%~ですが、地方銀行だと金利が1%の場合があります。

    そのため、業者から信販を勧められても、地方銀行から借りた方がお得かもしれません。

    念のため、地元の銀行を調べて、リフォームローンの金利を確認しましょう。

    デメリット

    銀行は以下のようなデメリットがあります。

  • 自分で多くの手続きが必要。
  • 審査が遅い。
  • 特に「審査が遅い」のは厄介です。最悪1ヵ月以上待たされて、結局「審査落ち」になってしまう恐れがあります。

    銀行からローンを組むときは、デメリットを考慮して組みましょう。

    4.2. 信販の場合

    信販の場合、金利が一定していません。時期によって、金利が変動するからです。

    例えば、ローンの申込み数が多いと金利が高くなります。

    そのため、信販からローンを借りる場合、時期を考慮して借入ましょう。

    メリット

    信販の場合、以下のようなメリットがあります。

  • 審査が早い。
  • 審査業者が全て手続きしてくれる
  • 特典がある。
  • 団信に入れる。
  • それぞれ、どのようなメリットなのか解説します。


    ・審査が早い

    信販だと、審査が早く済みます。なぜなら、人ではなく機械が自動的に審査を行うからです。

    そのため、審査は遅くても2日以内、早ければ申込み日に審査結果が分かります。

    早く審査結果を知りたい場合は、信販がオススメです。


    ・審査業者が全て手続きしてくれる

    信販だと、必要な書類をもって手続きする必要がありません。なぜなら、審査業者が全て手続きを行ってくれるからです。

    パソコンやスマホから、24時間365日対応してくれます。わざわざ書類を用意するのが面倒な人はオススメです。


    ・特典がある

    信販だと、特典があります。

    例えば「アプラス」だとTポイントが溜まったり、「オリコ」だと24時間対応のハウスレスキューといった特典が付いてきます。

    信販によって特典が違うため、比較してみてください。


    ・団信に入れる

    信販のローンだと「団信」に入れます。団信とは、仮に名義人が亡くなってしまっても、支払い義務が発生しない制度です。

    そのため、万が一の不祥事が起きても、あとでローンに苦しむ心配はありません。

    ただし、団信に入ると保険料が高くなってしまうため、加入には注意しましょう。

    デメリット

    信販は、以下のデメリットがあります。

  • 金利が安定しない。
  • 年度末だと金利が高い。
  • 先にも述べたように、信販は時期によって金利が変動するため、安定しません。これは、時期によってローンの申込み数が違うためです。

    そのため、「年度末」は金利が高くなってしまいます。

    信販は時期による金利の変動に注意しましょう。

    4.3. 一番利用が多いのは「信販」

    リフォームローンでもっとも利用が多いのは「信販」です。大きな理由は、審査が早く、書類を用意する手間も無いため、多くの人に利用されています。

    また、業者や訪販が紹介しやすいのも理由の一つです。

    「信販」が絶対に良い訳ではありませんが、もし、どこにしようか悩んだら、信販を中心に検討してみてはいかがでしょうか?


    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

    5. リフォームローンを受けるときの注意点

    リフォームローンを受けるとき、以下の点に注意しましょう。

  • 訪問販売でセラミック塗料を提案された場合
  • 塗装業者がローンを紹介しない場合がある
  • 業者は銀行のローンを紹介しない
  • 有担保ローンは、ほぼ無い
  • リフォームローンを借りられない人がいる
  • それでは、注意点を具体的に解説します。

    5.1. 訪問販売でセラミック塗料を提案された場合

    訪問販売でセラミック塗料を提案された場合、注意しましょう。なぜなら、悪徳業者がよく使う「ツール」だからです。

    悪徳業者が「セラミック塗料」を提案するとき、以下のような常套句を発します。

    「セラミック塗料だから長持ちしますよ!」
    「セラミック100%の塗料です!」


    実は...セラミック塗料だから長持ちする訳ではありません。

    塗料の耐用年数は「樹脂」に依存するため、樹脂のグレードによって長持ちするか決まります。また樹脂が耐用年数の決め手になるため、セラミック100%は存在しません。

    もしセラミック100%があったら、塗料として使い物にならないでしょう。

    そのため、セラミック塗料を提案されたら注意してください。


    セラミック塗料について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

    5.2. 塗装業者がローンを紹介しない場合がある

    塗装業者がリフォームローンを紹介しない場合があります。これは、ローンを利用されると、業者への支払いが遅れてしまうためです。

    例えば、経営に余裕のある業者なら、ローンによってすぐの支払いが行われなくても、その分カバーできる受注があるため、問題ありません。

    しかし、カバーできない小規模な業者だと、早急な支払いがないと厳しいため、ローンを紹介しないのです。

    そのためローンを借りたい場合、規模の大きい業者を中心に検討しましょう。

    5.3. 業者は銀行のローンを紹介しない

    業者は、銀行のリフォームローンを紹介しません。正確には「紹介しづらい」ですが、その理由は手間がかかり、時間がかかるためです。

    先にも述べたように、銀行からローンを借りると、自分で多くの書類を用意して手続きし、さらに審査が遅いデメリットがあります。

    反対に「信販」だと、手続きが楽で、審査が早いのがメリットです。

    そのため、早く受注を獲得したい業者は、非効率な銀行のローンより、信販のローンを多く紹介します。

    5.4. 有担保ローンは、ほぼ無い

    リフォームローンで「有担保」は、ほぼありません。なぜなら、外壁塗装の相場が100万円前後だからです。

    100万円前後の金額で、担保が必要なローンは、ほとんどありません。

    そのため、リフォームローンを借りるときは「無担保」という認識で大丈夫です。

    無担保ローンの特徴は?

    無担保ローンは借りやすい特徴があります。なぜなら、厳しい審査がなく、連帯保証人も、事務手数料も必要ないからです。

    ただし有担保と比べると、金利が高く、限度額と返済期間が短い特徴があります。

    金利が高いのはデメリットですが、限度額は「500万円程度」、返済期間は「10~15年」なので、外壁塗装にとっては最適なローンです。

    5.5. リフォームローンを借りられない人がいる

    リフォームローンを借りられない人もいます。これは支払い能力が十分ではないと判断されるためです。

    具体的には、以下のような人たちだと、借りられません。

  • ブラックリスト
    (「信用情報機関」から見て、破産・返済の滞納・遅延・延滞などをしてしまった人)
  • 主婦
  • 学生
  • など...

    以上に該当している人は、リフォームローンを借りられないため、気を付けてください。

    6. 申し込みから融資の流れ

    利用する金融機関を決めたら、さっそく申し込んでみましょう。

    手順としては、以下の通りです。

    信販の場合
    順序 内容
    1
    仮申込み
    2
    仮審査結果のお知らせ
    3
    本申込みの書類が届く
    4
    書類を記入し、本申込み
    5
    融資実行

    銀行の場合
    順序 内容
    1
    仮審査の申込み
    2
    仮審査結果のお知らせ
    3
    審査必要書類の用意(本人確認書・見積書など)
    4
    審査必要書類の提出
    5
    融資実行

    以上の手順を踏んで、リフォームローンの申し込みましょう。

    (正確な手順は、各金融機関によって異なります。詳しくは申込み予定の金融機関にてご確認ください)

    7. リフォームローン以外の選択肢は?

    リフォームローン以外にも、外壁塗装の負担を減らす選択肢があります。

    例えば、以下の通りです。

  • 補助金
  • 住宅ローン減税
  • それぞれ、どのような仕組みなのか解説します。

    7.1. 補助金

    補助金を利用して、外壁塗装の負担を減らしましょう。補助金なら、地域によっては最大30万円まで支給されます。

    ただし、補助金の支給は条件をクリアする必要があり、条件も地域によって違います。

    また、地域によっては補助金を設けていない場合もあるため、あらかじめ確認してから補助金を利用しましょう。


    外壁塗装の補助金について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

    7.2. 住宅ローン減税

    住宅ローン減税を活用して、外壁塗装の負担を減らしましょう。住宅ローン減税を活用すれば、年末調整でローン残高1%が所得税から控除できます。

    ただし、以下の条件を満たさなくてはなりません。

  • 自分の家で行った工事
  • 確定申告が必要
  • エコリフォーム系(工事種別による縛りあり)
  • 「増改築等工事証明書」の発行
    (2級建築士以上でないと発行できない)
  • 100万円以上の工事
  • 年収3000万円以下
  • 床面積が50㎡以上
  • など...

    以上の条件を満たせば、住宅ローン減税を受けられます。ぜひ、ご検討ください。


    住宅ローン減税について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。


    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

    ▼うちにリフォームローンは使える?

    【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

    8. まとめ

    ここまで、外壁塗装のローンを中心に解説してきました。

    まとめると、以下の通りです。

  • リフォームローンの金利相場は「2~3%」
  • 貯金してからよりも、リフォームローンを受けた方が、費用を抑えられる。
  • ▶貯金している間に、外壁が劣化する。
    ▶外壁が劣化すると「修繕費」がかかる。
    ▶修繕費と金利を比較すると、結果的に金利の方が安い場合がある。

  • 銀行と信販だと、信販のローンを選ぶ人が多い。
  • ▶信販だと、審査が早く、書類を用意する手間もかからないから。

    以上を参考に、リフォームローンを検討してみてください。

    もし、ローンを受けるべきか迷っていたら、業者に相談してみましょう。



    関連記事

    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル