DIYでベランダを塗装することは可能か?費用の目安・節約金額・塗装方法を解説!

【投稿日】

【更新日】

ベランダも、雨風や紫外線にさらされて劣化が起きる部分。しかし人から見えない部分でもあるので、できるだけ節約したい方の中には自分で防水塗装をしようかと検討する方も多いでしょう。

この記事では、ベランダ塗装の劣化症状別に「DIYできるかどうか」「DIYにした場合にどれくらい節約できるのか」について、説明していきます。

Point ・「トップコート」の塗りなおしであれば、DIYで問題ない
・DIYは節約にはなる。しかし、劣化状況次第ではプロに診断してもらうことを推奨
・下層まで損傷いているのに、放置すると長期的に雨漏り等に繋がる恐れがある

▼「業者依頼」と「自分でDIY」どっちが安い?

▼業者依頼とDIYどっちが安い?



1. ベランダ塗装はDIYできる?症状別に解説!

まず、ベランダの塗装は2層でできており、ベランダ下地の上に防水層、その上にトップコートという構造になっています。
DIYでベランダの塗装をする場合は、この「トップコート」の塗りなおしであれば、お勧めできます。

何故かというと、「トップコート」の下の「防水層」は、FRP防水という加工をされていることが多く、このFRPの材料は、一般的には手に入れることも、使用することも困難だからです。


なお、防水層の劣化を防ぎ、なるべくベランダ塗装を長持ちさせたいのであれば、5年に1度くらいにはトップコートの塗りなおしをしたほうが良いと言われています。できれば亀裂や、剥がれを見つける前からお手入れしたいですね!

2. 「トップコート」の塗りなおしでメンテナンスOKな症状は?

この記事を見ている方の中には、「ベランダ塗装に亀裂や剥がれを発見したけれどどうしよう・・・」と思っている方もいるかもしれません。

ここからは、症状別に、トップコートの塗りなおしだけでOKな場合と、プロの業者に頼んだほうがいい場合をご説明します。

レベル1:トップコートが色褪せてきたものの、亀裂や剥がれは見られない
レベル2:ところどころトップコートに小さな亀裂や剥がれがある
レベル3:トップコート全体が劣化して薄くなっている(防水層が見えてきている)
レベル4:トップコートが剥がれ、防水層にも損傷がある
レベル5:雨漏りする部分がある

大きく上の5段階で分けた場合、レベル1とレベル2の段階であれば、対策はトップコートの塗り直しでOKです!

レベル3以上の損壊が見られる場合は、防水層もしくはベランダ下地から修理が必要になるので、業者に修理を依頼することをお勧めします!

もし損壊がひどいのにトップコートの対処で済ませてしまった場合、防水層やベランダ下地の劣化に蓋をして、見えないところでどんどん悪化させることになってしまいます。

3. ベランダ塗装DIYでどれくらい節約できるの?

もちろん、DIYに自信がない方や忙しい方、確かな仕上がりを求める方はトップコートの塗りなおしだけでも業者に依頼することができます。

ここでは、業者でトップコートの塗りなおしを依頼した場合と、DIYで行った場合の価格の差を、具体例を挙げてご紹介します。

リアルな金額で比べるために、5㎡(3畳弱)のベランダの想定とします!

3.1. 業者で行った場合

トップコートの種類は、ポリエステル系とウレタン系があります。
価格は業者によって様々ですが、1,700~2,500円/㎡ ほどが相場のようです。

5㎡のベランダでしたら、8,500~12,500円くらい、ということですね!

業者に依頼するメリットとしては、汚れがひどい場合の高圧洗浄なども、プロの腕で行ってくれることです。追加費用がかかることもありますが、綺麗に仕上げたい人にはお勧めです。

3.2. 自分で塗る場合

ホームセンターや通販などで塗装用具を買う必要がありますね!
お勧めのトップコートだと、以下のようなものがあります。

①日本特殊塗料
プルーフロンC-200専用トップコート
5㎡なので、0.7Lでいいですね!インターネットなどでも2,000円前後で売っています。

②アトムハウスペイント
水性防水塗料 遮熱トップコート グレー 1.5Kg

こちらも5㎡分の、1.5Kgで3,000円前後です。

また、塗料のほかに以下の用具も必要です。だいたいの相場も合わせてご紹介します!

  • 塗装用ローラー:1500円程度
  • ハケ:100円程度
  • ビニール手袋:100円程度
  • バケツ:100円程度
  • 塗装用ローラーさえしっかりしたものを買えば、あとは100均でも揃えられそうです!
    最低でも、これだけ用意すれば大丈夫でしょう。

    DIYでトップコート塗装を行った場合、4,000円~5,000円で塗装ができそうです!

    というとで、5㎡のベランダのトップコート塗装をDIYで行うと4,500~7,000円ほど節約できることがわかりました!もちろん、もっと広いベランダの場合は節約できる金額ももっと大きくなりますよ!(その分作業は大変になりますが。。。)

    4. 業者に依頼する場合のポイント

    DIYをすれば確かに節約にはなりますが、初めてで不安という方や、トップコートだけでは処置が足りないという方は、塗装業者に相談しましょう。また、防水層のFRP素材も10年に1度は再工事をするべきと言われています。その際にも業者に依頼すべきですね!

    業者に依頼する場合にもいくつかポイントがあるのでご紹介します!

    4.1. 外壁塗装をする予定があるなら、同じタイミングでベランダ塗装を依頼する

    外壁塗装で信頼できる業者を見つけられたのなら、その業者にベランダのことも相談するのが良いでしょう。まとめて工事ができたり、業者を探す手間も省けますね!外壁塗装は10年を目途に、FRP素材も10年を目途にメンテナンスをするのが良いので、同じタイミングにしておけば忘れずに済みそうです。

    4.2. 改めて業者を探す場合は複数社で検討しましょう

    これは外壁塗装についても同様ですが、塗装業界は相場の分かりにくい業界です。また、悪徳業者の被害に遭うケースもありますので、このような事態を避けるためにも、複数の業者に相談して、それぞれ「いくらで工事を行ってくれるのか」、「アフターケアはしっかりしてくれるのか」などをしっかり確認し、その中から一番信頼できると思った業者を選択するようにしましょう。


    ▼「業者依頼」と「自分でDIY」どっちが安い?

    ▼業者依頼とDIYどっちが安い?




    関連記事



    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル