ベランダ防水の種類とメリット・デメリット ~FRP・ウレタン・シート、どれがオススメ?

【投稿日】

【更新日】


本記事は、ベランダ防水工事をお考えの方に向けて、

・ベランダ防水工事にはどんな種類があるか?
・自分が選ぶべきベランダ防水工事の方法はどれか?

が判断できる解説を行いました。

先に結論から申し上げると、ベランダ防水工事のなかでもっとも多くの方にオススメできるのは「FRP防水」です。

その理由は、「防水性能」「耐用年数」「工事費用」「維持費用」のどれをとっても、FRP防水には弱点がないからです。

もちろん、他のベランダ防水工法である「ウレタン防水」「シート防水」を選ぶほうが理にかなう場合もあります。
今から、3種類のベランダ防水工事それぞれの特徴、メリット・デメリットを比べていきましょう。


本記事のポイント
  • ベランダ防水には「FRP防水」「シート防水」「ウレタン防水」の3工法がある
  • 維持費と使い勝手の観点から、最もオススメなのは「FRP防水」。次いで「シート防水」
  • 「ウレタン防水」は他の2工法が採れない場合の選択肢に

  • 1. ベランダ防水とは? 3種類の工法を解説

    1-1. ベランダ防水をしないと、家はすぐ雨漏りする

    ベランダは、そのままでは水が建物内に侵入する恰好の入り口になってしまうため、防水工事が不可欠です。

    ベランダは、雨や生活排水などを一年中受け止めています。
    仮にベランダの材質が、塗れても問題のないコンクリートだとします。その場合でも、長年ベランダに染み込み続けた水が、建物内に染み込むのは時間の問題なのは明白です。
    建物内に水が染み込み続けるということは、室内の湿気、壁紙の剥がれやシミ、雨漏りなどに常に悩まされることになります。
    それを防ぐために、ベランダ、とくに床面には、建材がむきだしの状態ではなく、防水工事を施す必要があるのです。

    1-2. ベランダ防水は「FRP」「ウレタン」「シート」の3種類

    「防水工事」は、家の建材の表面に「防水層」を作り、水を家の内部に通さずに流す機能をもたせる工事のことを指します。
    木やコンクリートといった家の建材の表面に、雨などをはじくコーティングをするイメージです。

    ベランダ防水工事には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

    ①「FRP防水」

    素の状態のベランダに、プラスチック製の防水繊維を敷き、その上に樹脂を塗って硬化させる方法です。
    硬さの感じられる床面になります。
    住宅のベランダやバルコニーのほか、ビルやマンションの屋上などにも幅広く使われています。

    ②「ウレタン防水」

    素の状態のベランダに、液体状のウレタン樹脂を厚く塗って硬化させる方法です。
    ゴム状で弾力のある床面になります。
    住宅では、ベランダやバルコニーのほか、屋上などにも使用されています。

    ③「シート防水」

    素の状態のベランダに、ビニールやゴムでできたシートを張り付ける方法です。
    シートを張り付けるといっても、機械で熱溶着をするため簡単にズレることはありません。
    住宅のベランダのほか、既存の防水層の上から重ねて施工されることもあります。

    では、「FRP防水」「ウレタン防水」「シート防水」について、それぞれ比べて見ていきましょう。

    2.「FRP防水」の特徴、メリット・デメリット

    「FRP防水」の特徴 ・メリット:衝撃や摩擦に強い、工期が短い
    ・デメリット:紫外線に弱い、広い面積には不向き
    ・施工費用:1平米あたり「4,000~8,000円」
    ・維持費用:約5年ごとに「1万7000~3万円」
    (平均的な10㎡のベランダの例)

    [ 画像出典(キャプチャ元) ]

    2-1. FRP防水とは? 特徴と工程

    FRPとは、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です。
    FRPは、バスタブや自転車のボディパーツ、ロケットなど、防水性に加えて「軽さと強度」が求められる場面で使われています。

    ベランダ防水でも、強度が重視される場合に向いています。

    FRP防水でベランダを工事する際の工程は、

    ① ベランダにFRP製のロールマットを敷く
    ② FRPの上に液状の樹脂を塗って乾燥させる

    の、2工程です。

    2-2. FRP防水のメリット

    メリット① 歩き回っても傷みにくい

    FRP防水は、固くて丈夫な仕上がりになるため、耐荷重性・耐摩擦性に優れています。
    そのため、人や車の往来が多い「屋上駐車場」にも使用されることが多いです。

    メリット② 軽量なため建物に負担をかけない

    FRP防水層は、1平米あたり4kg前後と他の防水層に比べて軽量です。
    そのため、築年数が経った木造住宅のベランダなど、重さに弱いであろう住宅に向いています。

    メリット③ 工期が1~2日で済む

    FRP防水は、塗膜の乾燥を待つ工程が少ないのも特徴です。
    唯一、乾燥待ちが必要なトップコートの樹脂も、数時間程度で乾燥します。
    そのため、トップコートを何層か塗り重ねる工事であっても、1~2日で防水工事が完了します。

    2-3. FRP防水のデメリット

    デメリット① 約5年に一度の塗り替えが前提

    FRPはプラスチックのため、紫外線に弱い素材です。
    そのため、表面のトップコートが剥がれた場合の影響が大きく、マメな塗り替えをすることが重要になってきます。
    目安としては、5~6年に一度はトップコートを塗り替えるべきです。

    デメリット② 木造かつ広い面積に不向き

    FRP防水は、「木造」と「広い面積」の条件が重なる床面には施工できません。
    その理由は、FRPの防水層は固くて伸縮性が少ないためです。
    そのため、湿度による変形が大きい上記の環境では、ヒビが生じやすくなってしまいます。

    デメリット③ 金属面に不向き

    FRPは、鉄にくっつきづらく、前述の伸び縮みに弱い特徴もあり、金属面も施工できません。

    2-3. FRP防水がオススメな人

    ここまで説明してきたメリット・デメリットから、以下のような人はベランダ防水にFRP防水を選ぶのがオススメです。

    「FRP防水」はこんな人にオススメ

    • ベランダ防水の工事を短く済ませたい
    • 床が金属素材ではない

    3.「シート防水」の特徴、メリット・デメリット

    「シート防水」の特徴 ・メリット:日差しの強い場所に向く
    ・デメリット:凹凸がある床は不可、約15年ごとの交換が前提
    ・施工費用:1平米あたり「3,500~7,500円」
    ・維持費用:約15年ごとに「3万5000~7万5000万円」
    (平均的な10㎡のベランダの例)

    [ 画像出典(キャプチャ元) ]

    3-1. シート防水とは? 特徴と工程

    シート防水とは、塩化ビニール等のシートをベランダに熱溶着する工法です。
    継ぎ目部分もなくすことができるので、防水性を心配する必要はありません。
    平らで面積が広い部分に向くため、ベランダのほか屋上などでもよく使われています。

    シート防水でベランダを工事する際の工程は、

    ① 下地に緩衝シートを張る
    ② 熱溶着につかう金属ディスクを打ち込む
    ③ シートを敷いき、金属ディスクと熱で接着

    の、3工程です。

    3-2. シート防水のメリット

    メリット① 日差しの強いベランダに向く

    シートの材質として主流な塩化ビニールは、紫外線や熱に強い素材です。
    そのため、FRP防水やウレタン防水よりも、日差しがよく当たるベランダに向いています。

    メリット② 歩き回っても傷みにくい

    耐摩擦性が高いため、FRP防水層と同様に上を人が歩いても傷みにくい素材です。

    3-3. シート防水のデメリット

    デメリット① 凹凸がある床には施工不可

    シートを敷く施工である都合上、平らな面にしか施工ができません。
    凹凸がある面のほか、熱溶着用の金属ディスクが打ち込めないような狭い場所、複雑な形状には対応できないことがあります。

    デメリット② 約15年ごとの全交換が前提

    塩化ビニールは、寿命が近づくと途端にもろくなりはじめる素材です。
    そのため、耐用年数の約15年おきに再工事が必要となります。
    この再工事は、FRP防水のようにトップコートの塗り替えだけは済まないため、ほぼ同じ工事費用が再度かかります。

    デメリット③ 業者の熟練が必要

    シート防水では、シートの重なりをきれいに溶着させる作業が重要になります。
    その理由は、この作業が不完全だとシート内部に水が侵入し、雨漏りの原因になるからです。
    シートの溶着作業は難しいため、塩化ビニールのシート防水に慣れた業者をしっかり探す必要があります。

    3-3. シート防水がオススメな人

    ここまで説明してきたメリット・デメリットから、以下のような人はベランダ防水にシート防水を選ぶのがオススメです。

    「シート防水」はこんな人にオススメ

    • ベランダの日差しが強い
    • ベランダが広いか、屋上も施工したい
    • ベランダの床に凹凸がない

    シート防水は、FRP防水が向かない、広いベランダ・日差しの強いベランダの防水工事をお考えください。

    4.「ウレタン防水」の特徴、メリット・デメリット

    「ウレタン防水」の特徴 ・メリット:材質を選ばず施行可
    ・デメリット:品質が職人の腕に大きく依存、経年劣化に全体的に弱い、工期が長め
    ・施工費用:1平米あたり「3,500~7,500円」
    ・維持費用:約12~13年ごとに「3万5000~7万5000万円」
    (平均的な10㎡のベランダの例)

    [ 画像出典(キャプチャ元) ]

    4-1. ウレタン防水とは? 特徴と工程

    ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り重ねる防水工法です。
    仕上がりは、ゴム状で弾力のある床になります。
    狭い部分や複雑な形状の部分でも施工しやすいため、防水が必要なあらゆる床面に幅広く使われています。

    ウレタン防水でベランダを工事する際の工程は、

    ① 液状のウレタン樹脂をコテで塗り拡げる
    ② 乾燥を待って、計2~3回塗り重ねる

    の、2工程です。

    4-2. ウレタン防水のメリット

    メリット① 材質や形状を選ばず施工可

    ウレタン防水は、基本的には液状のものを塗り広げる作業です。
    そのため他の工法に比とは違い、ベランダの素材・形状・面積を問わずに施工することができます。
    他の方法では、材質の相性が合わなかったり、狭くて作業機械が入らない場合などが起こり得ますが、ウレタン防水であればその心配はありません。

    4-3. ウレタン防水のデメリット

    デメリット① 品質は職人の腕次第

    ウレタン防水は、手作業で行われます。
    適切な厚みをもたせながら均一にウレタン樹脂を塗るのはプロでも気を使う作業で、経験豊富な職人に依頼することが不可欠です。
    腕のいい職人は忙しいことが多いため、施工を引き受けてくれるのが難しいかもしれません。

    デメリット② 10~15年ごとの塗り直しが前提

    ウレタン防水の塗膜は、耐用年数が近づいて薄くなってくると、あっという間に紫外線や熱に弱くなります。
    そのため、寿命である10~15年ごとに、再度防水工事が必要になってきます。
    この再工事は、FRP防水のようにトップコートの塗り替えだけは済まないため、ベランダ防水工事1回分と同じ費用が再度かかります。

    デメリット③ 工期が3~10日と長め

    ウレタン防水工法は、乾燥にひと晩かかる防水材を複数回塗り重ねるため、他の工法に比べて工期が長くかかります。
    家庭のベランダであれば3~7日、屋上などの広い場所ならば5~10日は必要です。


    以上、ベランダ防水の3工法についてご説明してきました。
    では、結局ベランダ防水工事はどの工法を選べばよいのでしょうか?

    4-3. ウレタント防水がオススメな人

    ここまで説明してきたメリット・デメリットから、以下のような人はウレタン防水にシート防水を選ぶのがオススメです。

    「ウレタン防水」はこんな人にオススメ

    • ベランダの形状が特殊が(凹凸がある、入り組んでいる等)

    費用面や性能面では「FRP防水」「シート防水」に比べメリットはなく、他2つの防水工法が採れない場合の選択肢と考えてください。

    5. ベランダ防水は結局どの工事がいい?

    5-1. 「FRP防水」がもっとも多くの場合にオススメ

    当編集部としては、FRP防水で施工し、5~6年ごとにトップコートを塗り替えて維持していくのがオススメと考えています。

    防水性能については、3工法とも施工に不備があれば差はありません。
    選択基準にするべきは、第一に防水性能を万全な状態に保つための「維持費用」、第二に普段の「ベランダの使いやすさ」です。

    FRP防水の維持費は、3工法のなかではもっとも安く済みます。
    他の工法では、寿命が近づいたら全体を新しく塗装・交換することになりますが、FRP防水は表面のトップコートの塗り直しで済みます。
    トップコートの塗り替え頻度こそ5~6年ごとと短いですが、1日で終わる作業であり、なによりトータルコストが安いことは見逃せません。

    FRP防水のベランダの使い勝手もがいいのも魅力的です。
    FRP防水層の、歩き回っても剥がれにくく、重いものを置いても耐えられる性質は、洗濯物干し多い家庭ほど活躍します。

    ただし、FRP防水は床面積が広い場合には不向きという特徴もあるので、その場合は他の方法を選ばなければいけません。
    では広いベランダの場合、シート防水とウレタン防水のどちらが向いているのでしょうか?

    5-2. 床面積が広ければ「シート防水」

    FRP防水が採れない場合に、次点でオススメなのが「シート防水」です。

    残るシート防水もウレタン防水のどちらも、面積の広い床に対応可能な防水工法ではあります。
    しかし、比較ポイントとしてあげた「維持費用」「ベランダの使い勝手」ともに、シート防水のほうがウレタン防水に勝ります。

    シート防水は、ウレタン防水より長持ちが期待できるぶん維持費も安くなります。 また、シート防水は上を歩いても剥がれにくいぶん、「使い勝手」でも軍配が上がります。

    5-3. 「ウレタン防水」は、他の2工法がとれない場合の手段

    ウレタン防水工法を選ぶ場合は、FRP防水もシート防水も使えない場合のみとなるでしょう。
    例えば、床面に凹凸がある、シートの施工ができないほど狭い部分がある、などの場合です。

    ウレタン防水は、本記事での採用順位こそ低い工法でしたが、防水性能や使い勝手に問題がある工法というわけではありません。
    あくまで、編集部の考える「維持費用」と「使い勝手」の比較軸では優位にならなかっただけにすぎません。
    ご自宅がウレタン防水のベランダの方や、条件的にウレタン防水で施工することになった方も、気にする必要は決してありませんので、ご安心ください。


    以上、本記事があなたのご自宅のベランダ防水の検討に役立てば大変幸いです。


    塗装・防水工事 あなたのお家は一戸建てですか?
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル