外壁・屋根塗装を安くする業者選びのポイント

【投稿日】

【更新日】



「外壁や屋根を塗り替えたいけれど、費用が高すぎる…」こんな思いから、なかなか塗り替えに踏み切れない人も多いのではないでしょうか。たしかに外壁や屋根を塗り替えるとなると、100万円程度の費用がかかるため、すぐに決断できないのは当然のことです。

少しでも安い費用で高品質な塗装工事をしたいのが万人の思いでしょう。

今回は外壁・屋根塗装を安くする方法・注意点について解説します。


目次


1. 外壁塗装は安くできる


外壁塗装はどこに依頼しても同じような費用ではありません。同程度の品質(塗料のグレード)でも、高い費用がかかる依頼先もあれば、比較的リーズナブルな費用で施工できるところもあります。

高くつく依頼先とは、ハウスメーカーや工務店・リフォーム会社のこと。
比較的リーズナブルな依頼先とは、塗装専門業者のことです。


何故、ハウスメーカーや工務店・リフォーム会社に依頼すると高い費用になるかというと、自社で施工するのではなく、塗装専門業者(下請け)に施工をさせて管理だけを自社でするという方法をとるからです。その際、実際に工事にかかる費用に、ハウスメーカーなどの儲けが上乗せされます。

同じ商品でも生産者から直接買う場合と、多くの問屋が入っている商品を買う場合とで価格に違いがあるのと同じ理由です。

またハウスメーカーなどに依頼する場合は、担当者がハウスメーカー側の営業マンとなるため、塗装工事についての専門性がありません。塗装に関しての疑問点などを質問しても正確な答えが返ってくるとは限りません。

このような理由からも、塗装専門業者に依頼することをオススメします。高品質な外壁・屋根塗装をリーズナブルな費用で施工できる可能性がもっとも高いといえるでしょう。



2. 見積もりで安くなる理由


また塗装費用を安くするためには、複数の塗装業者から相見積もりを取ることも大切です。

一社だけの見積もりでは、適正価格がいくらなのかわかりません。高価な商品を買う場合、何店舗も回って値段を確認したり、インターネットで価格を調べたりするのが一般的ですが、高額な費用のかかる外壁塗装も同じことです。適正価格を知るための手段が相見積もりなのです。

相見積もりを取る際、塗装業者に対して相見積もりだということを隠しておく必要はありません。
相見積もりですがお願いできますか?」と尋ねて、快く引き受けてくれる業者に依頼しましょう。

相見積もりだと伝えておくことで、他店との競争心理が働き、見積もりの価格にサービスを反映させてくれるかもしれません。また相見積もりによって、他社は○○円だったと、交渉の材料にもなるでしょう。




3. 安くする際、気をつけるポイント


しかし塗装工事は安ければいいというものではありません
相見積もりのもう一つの目的が、希望に沿った工事を安心して任せられる業者、信頼できる業者を探すためのものです。

安いだけで依頼先を決めてしまうと、本来は10年以上もつ塗装が、数年で塗膜のはがれなどが発生し、再塗装する必要に迫られる可能性もあります。そうなっては、返って出費が多くなってしまいます。

そんなことにならないためにも、見積書の内容はしっかり確認する必要があります。以下は見積書のチェックポイントです。

内容がわかりやすく詳細に記載されている

見積書によっては、「○○工事一式」という表記が多く、明細が明らかにされていないものがあります。このような見積書は注意しましょう。
必ず事前に「一式」の中に何がどれだけ含まれているかの確認が必要です。
一方よい見積書は、工事の内容が細かく記載され、説明を受けなくても工事内容が理解できます。

塗料のメーカー名、商品名がきちんと記載されている

使用する塗料のメーカー名や商品名を確認しましょう。「シリコン塗料」とだけ記載されている見積書は要注意。
シリコン塗料にも、高性能で高価なものもあればそうでないものもあります。商品やメーカーによっても価格に差があります。

塗装面積と使用する塗料の缶数が正確か

塗装面積(平米数)と使用塗料の缶の数がきちんと記載されているでしょうか。見積書によっては、「○○坪」としか記載されていないこともあります。坪数からは、正確な塗装面積がわからず、必要な塗料の量もわかりません。
塗装業者が実際に塗装面積を算出する場合は、メジャーを使用して建物の外壁面を正確に測って計算します(図面からも計算可能)。

必要な項目が抜けている

外壁や屋根塗装の項目だけでは不十分です。たとえばサイディング外壁の場合はコーキングの打ち替え工事や打ち増し工事が必要になります。また外壁塗装の基本は下塗り・中塗り・上塗りの3工程が基本になっているため、それぞれの工程で何が使用されるのか明確にしなければなりません。
さらに外壁・屋根部分だけでなく、付帯部の塗装(木部や鉄部)も、「付帯部一式工事」ではなく、どのような塗料が使用されているか記載されていることも大切です。

極端に高い、安い見積もりに注意

外壁塗装に関連する足場代や飛散防止ネット代・養生代・高圧洗浄代をはじめ、塗料のグレードによって相場というものがあります。たとえば足場代なら600~800円/㎡、飛散防止ネット代は100~200円/㎡、高圧洗浄代は100~300円/㎡など。工事内容別に費用相場を把握し、極端に高い見積もりや極端に安い見積もりには注意しましょう

「安ければ注意しなくてもいいのでは?」と思う人もいるでしょう。しかししっかりした塗装工事をするためには、相場範囲内での費用が必要なのです。相場より極端に安い価格にはやはり何か裏があると考えるべきでしょう。




4. 外壁塗装を安くする際の流れ


  1. まずは地元の塗装業業者やご近所さんに紹介された塗装業者、インターネットの一括見積サイトなど、外壁塗装の見積もりを依頼する業者の候補を絞りましょう。
    相見積もりを依頼するのは何社でもいいのですが、多すぎると返って迷ってしまいます。
    3社~4社程度に絞り込んだ方がいいでしょう。

  2. 候補の塗装業者が決まったら、同じ条件(塗料のグレードや施工方法など)で見積もりを依頼します。

  3. 見積もりが提出されたら、項目ごとにそれぞれ比較・検討していきましょう。この際に外壁や屋根の施工面積の測量ミスや計算ミスがないかも確認してみましょう(測量や計算ミスもたまにあります)。

  4. 候補の業者から、納得のいく塗装業者があれば工事を依頼することになりますが、何か一つでも疑問点があれば事前に納得がいくまで確認しておくことが大切です。
    また依頼しようと決めた業者なら、依頼を前提に値引きができないか交渉してみましょう。
    値引きの幅は、総額から1割が限界です。それ以上の値引きを求めたら、塗装の品質にかかわります。




5. 本当にリーズナブルな外壁塗装とはどういうものでしょうか?


たとえば50万円で施工できたけれど、5年しかもたなかったら年間10万円です。かたや、100万円の費用がかかったけれど、15年もったら年間7万円弱。外壁塗装を施工するには、2週間程度の期間、足場や飛散防止ネットに囲まれた生活をしなければならず、不自由で面倒な思いをしなければなりません。できれば塗り替えサイクルは長いほどいいでしょう。

塗り替えのサイクルを長くするには、塗料の性能も大切ですが、塗装業者の丁寧で正確な塗装技術や知識も不可欠なのです。このようなことからも、安いだけで選ぶのは避けて、信頼できる塗装業者を選ぶようにしてください

厳選された業者の相見積もりをとるには

外壁塗装の正確な金額を知るためには、「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき重要なことが、複数社から見積もりを取得して「比較をする」こと!

・「適正価格かどうか?」
・「工事内容は適切か?」
・「要望を聞いて提案してくれているか?」

などが判断でき、失敗しない外壁塗装工事ができるのです。

工事案は、それぞれの業者で異なってきます。1社のみの見積もりでは、その工事案が自宅に最も適切なものなのか、判断ができません。

複数の業者に見積もりを取ることによって、もっとも自分の希望に沿った外壁塗装工事はどれなのか、選ぶことができるのです。

そんな方は、カンタンに無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

厳しい審査基準を満たした自社施工管理の塗装専門店から一括で複数の見積りを取ることができるサイトです。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください