「アレスダイナミックTOP」の特徴や費用は? こんな人にピッタリ

【投稿日】

【更新日】


[画像背景出典:三和リフォーム横浜]

リフォーム代の見積もりにあった塗料名などをきっかけに「アレスダイナミックTOP」について調べている方にとっては、

・どのような塗料なのか?
・自分の家の場合、アレスダイナミックTOPは向いているのか?
・向いていない場合、他のオススメはなにか?
・見積もりにあった塗料代は相場通りか?

といった事が、すぐに知りたいでしょう。

先に結論を申し上げると、「アレスダイナミックTOP」は初期費用が少し高めになりますが、耐用年数でみたトータルコストは他社の同等製品より優秀な塗料です。

以下で、前述の疑問への答えも含めて、わかりやすくご説明していきます。
外壁リフォームをご検討中の方の、お役に立てば幸いです。


Point
  • 「アレスダイナミックTOP」は、劣化に強い「ラジカル制御型」塗料のひとつ
  • 現行のラジカル塗料のなかでも最も「耐用年数が長い」
  • 費用は少し高めだが、耐用年数の差で元は取れる
  • 専用の強化剤を併用すれば、雨天でも施工可能
  • この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役 長谷川佳広

    塗装経験年数29年
    千葉を中心に地域に根ざした創業100年を誇る老舗の塗装店の経営をしながら自らも現場に携わる。戸建、アパート、集合住宅、工場、店舗等の外装一切を請け負い、年間施工件数は200件にのぼる



    1. 「アレスダイナミックTOP」とは? 「ラジカル制御型」塗料とは?

    1.1. 外壁用 ラジカル制御型塗料「アレスダイナミックTOP」とは?

    「アレスダイナミックTOP」とは、最大手メーカーのひとつ・関西ペイントが製造販売する外壁用塗料です。

    水性シリコン樹脂を使用した塗料で、施工の際は下塗り用の「アレスダイナミックフィラー」と組み合わせて使用されます。
    さらに、塗料に混ぜて使用する専用強化剤「ダイナミック強化剤」がセットになっており、同強化剤を使用すると雨天での作業が可能になるなどのメリットがあります。

    【表:「アレスダイナミックTOP」概要】
    種別 品名 樹脂 耐用年数 メーカー価格 実勢価格
    仕上げ剤 アレスダイナミックTOP 水性シリコン 約15年 3,700円/㎡~ 約2,600円/㎡
    下塗り剤 アレスダイナミックフィラー 塗料価格に含まれる
    強化剤 ダイナミック強化剤 300円/㎡~ 施工店に確認*

    *強化剤の材料代・工賃をはじめから含む施工店と、含まない施工店があるため。

    紫外線による劣化現象に強い「ラジカル制御型」塗料では国内後発の商品で、汎用塗料と価格がさほど変わらずに、耐用年数は3~5年延びるという特徴があります。
    さらに「アレスダイナミックTOP」は、「ラジカル制御型」塗料のなかでも耐用年数が長い製品です。


    1.2. 「ラジカル制御型」塗料とは? 普通の塗料とどう違うの?

    「アレスダイナミックTOP」の特徴である、「ラジカル制御」とはどのような機能なのでしょうか。

    ラジカル制御とは、紫外線による塗膜の劣化をおさえる機能のことです。

    「ラジカル」とは、乾燥したあとの塗料内に含まれる樹脂に触れることで塗膜の劣化を引き起こす物質です。
    このラジカルは、塗膜内の顔料に含まれる「酸化チタン」が紫外線に当たることで増加します。

    そこで、酸化チタン自体を膜で覆い紫外線を受けにくくすることで、ラジカルの発生を抑える方式が考案されました。
    この仕組みが「ラジカル制御」と呼ばれています。

    *メーカーカタログより

    通常、塗料の耐用年数に影響するのは使用している樹脂の種類です。
    ですが「アレスダイナミックTOP」は、ラジカル制御のはたらきにより、同じシリコン樹脂を使用した汎用塗料に比べて、その耐用年数が長くなるとされています。

    【表:「アレスダイナミックTOP」と汎用塗料の比較】
    樹脂・商品 耐久年数(外壁用) 実勢価格(/㎡) 特徴
    アクリル 5~7年 1,400円~1,600円 最安価。住宅にはほぼ使われない
    ウレタン 7~10年 1,700円~2,200円 価格が安いがやや低耐久
    シリコン 8~13年 2,200円~3,000円 最も頻繁に使われる
    アレスダイナミックTOP 約15年 約2,600円 シリコンと同価格帯で高耐久
    フッ素 15年~20年 3,800円~4,800円 高耐久だが価格が高い

    >>こちらも合わせて読みたい!
    現在主流のシリコン塗料について、特徴や費用対効果を解説しました。
    シリコン塗料の費用対効果は?特徴や選び方を解説!

    住宅用塗料の種類、成分の違いによる価格差、機能差について解説。
    【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方

    ラジカル制御型塗料の特徴や他塗料との違いについて解説しました。
    ラジカル塗料ってなにがすごいの?メリット・デメリットを徹底解説!

    2. 「アレスダイナミックTOP」の特徴、メリット・デメリットは?

    続いて、「アレスダイナミックTOP」と、他塗料を比べた場合の違いについて見ていきましょう。特に、他の「ラジカル制御型」塗料と比べて、どのようなメリット・デメリットの差があるのでしょうか。


    2.1. 「アレスダイナミックTOP」のメリット

    「ラジカル制御型」塗料でもっとも耐用年数が長い

    もともと汎用塗料より耐用年数が長いラジカル制御型塗料ですが、「アレスダイナミックTOP」はそのなかでも最長の「約15年」という耐用年数(期待値)をもちます。

    汎用シリコン塗料と比べて2~5年、他のラジカル塗料と裏べても1~3年長い数値です。


    「チョーキング」が起こりづらくなる

    前述の「ラジカル」が引き起こす主な劣化現象は「チョーキング(白亜化)」です。
    「アレスダイナミックTOP」の使用により、ラジカル制御の効果でチョーキングの発生をおさえることが期待できます。

    チョーキングとは、年月が経った塗膜の表面が粉末化することです。
    チョーキングが起こると、見た目や安全性が下がるだけでなく、絵や衣服が触れてしまった場合に汚れてしまうこともあります。


    雨天でも作業が可能

    「アレスダイナミックTOP」に付属の強化剤のはたらきにより、雨天でも塗装作業が可能となります。
    これにより、天気による施工スケジュールのズレが起こりづらくなります。


    安全、低刺激

    水性塗料であることのメリットとして、「VOC」(揮発性有機化合物)の含有率が少ないことによる安全性、低刺激性が挙げられます。

    これにより、施工中のシンナー臭や、目鼻への刺激が溶剤系(油性)塗料に比べ低く抑えられます。


    その他のメリット

    その他、汎用を含む他塗料にもよく見られるメリットとしては

    ・防カビ、防藻機能
    ・仕上がりがよい
    ・塗りやすく作業しやすい

    を備えます。


    2.2. 「アレスダイナミックTOP」のデメリット

    耐用実績がまだ少ない

    アレスダイナミックTOPの耐用年数は「約15年」と設定されていますが、発売してからまだ5年弱しか経過しておらず、実際の環境で確かめられた数値ではありません。

    本塗料をはじめとしたラジカル制御型塗料は、いずれもまだ実際の自然環境・住宅環境では「経過観察中」と言える段階です。

    *「約15年」の根拠は、メーカーが実施している実験結果です。紫外線を多く放出するランプを置いた実験室で、耐用年数がすでに確かめられた従来製品との塗膜の劣化速度を比較したデータがもとになっています。

    この耐候性促進実験は、塗料の耐用年数の算出にごく一般的に用いられているものです。決して根拠として疑問があるものではありません。


    初期費用が他のラジカル塗料より高め

    ラジカル制御型塗料の中では、塗料代(≒初期費用)が高めの製品です。
    耐用年数の期待値は高いので、トータルコストで見ると平均~安めの価格になります。(後半の比較シミュレーションも参照ください)

    【表:「アレスダイナミックTOP」とラジカル塗料他2製品 比較】
    商品名 アレスダイナミックTOP プレミアムシリコン パーフェクトトップ
    メーカー 関西ペイント エスケー化研 日本ペイント
    発売 2016年 2015年 2012年
    樹脂 水性シリコン 水性シリコン 水性アクリル
    耐用年数(公称) 約15年 13~16年 11~14年
    実勢価格(/㎡) 約2,600円 約2,400円 約2,400円
    特徴 最長耐用(期待値)
    雨天で施行可
    トータルコストが安い 再先発商品
    光沢の種類が多い

    「白色」か「淡色系」でないとラジカル塗料の効果が薄い

    「ラジカル制御型」塗料の効果は、白色やそれに近い薄い色ほど強く発揮されます。

    劣化物質「ラジカル」の発生原因である「酸化チタン」は、白色系の塗料に多く使われる顔料(着色)成分です。

    そのため、「酸化チタン」の含有量が少ない原色系や濃色系のカラーでは、もともとラジカルの発生量が少ないため、「ラジカル制御型」塗料を選ぶメリットがさほどなくなります。

    【参考図:「アレスダイナミックTOP」色見本】

    光沢「なし」のカラーでは雨天の施工不可

    アレスダイナミックTOPの光沢の選択肢は、「ツヤあり」「7分ツヤ」「5分ツヤ」「3分ツヤ」「ツヤなし」の5種類です。

    このうち「ツヤなし」は、アレスダイナミックTOPとセットの「ダイナミック強化剤」の使用ができません。
    強化剤が使用できないと、アレスダイナミックTOPの大きな特徴である雨天時の塗装作業ができるメリットがなくなります。

    3. 「アレスダイナミックTOP」がオススメなのはどんな人?

    3.1. 長耐用の外壁に塗り替えたい人

    価格が手頃で長持ちするラジカル塗料のなかでも、現行で最長の(公称)耐久年数をもちます。

    ・ラジカル制御型塗料にすることをほぼ決めている
    ・次の塗り替えリフォームをなるべく先にしたい

    場合は、検討価値が高い塗料となるでしょう。

    また、「約15年」という耐用期間は、1平米あたりの塗料代が1,000円以上高額な「フッ素塗料」の耐久性に迫る長さです。


    3.2. 天候による工期の遅れを避けたい人

    前述の専用強化剤のメリットが活かされます。

    雨天時での施工も可能になることにより、

    ・梅雨の時期のリフォーム
    ・雨の多い地域の工事
    ・近所への配慮

    など、施工のスケジュール遵守を重視する場合に向く塗料です。

    *雨天での施工が可能かどうかは、雨の程度や施工店の判断も影響します。また、工賃が変わる場合があります。予め事前にスケジュール遵守の重要性を施工店に伝え、確認や相談を行ってください。


    3.3. 家族やペットの安全を重視する人

    アレスダイナミックTOPが水性塗料であることのメリットです。

    光化学スモッグの原因物資である「VOC」をあまり含まないので身体への影響を小さくできます。
    また、塗装中のシンナー臭も少ないので、家庭内・ご近所ともにニオイに悩まされることが減るでしょう。

    アレスダイナミックTOPのみのメリットではなく、ラジカル塗料を含む外壁用の水性塗料全般に言えます。


    3.4. あまりオススメできない人は…

    ・初期費用を重視する人
    他のラジカル塗料に比べて塗料代が少し高めとなります。

    初期費用・トータルコストともに優秀な外壁塗料は、ラジカル塗料「プレミアムシリコン」です。費用と耐久年数のバランスを重視して、外壁を塗り替えたい場合には、こちらをオススメします。

    「ツヤなし」カラーでは雨天施工ができない
    前述の通り、光沢「ツヤなし」のカラーでは、セットの強化剤を使えないため、アレスダイナミックTOPのメリットである「雨天時や湿潤面への施工」が発揮されません。このメリットがなくとも、「アレスダイナミックTOP」はトータルコストに優れた検討価値の高い塗料ですが、「雨天時の塗装可」を理由に本塗料を検討する場合は、ご注意ください。

    4. 「アレスダイナミックTOP」と汎用塗料、他のラジカル塗料は結局どう違う?

    「アレスダイナミックTOP」は、期待耐用年数の非常に長い塗料です。
    そのため、「汎用シリコン塗料」「他のラジカル塗料」に加え、通常は上位グレードとされる「汎用フッ素塗料」と比較しても、検討価値が高い塗料と言えます。

    実際に、外壁の面積を200㎡、期間を30年間と仮定したときについて、各場合の塗料代(初期費用)やトータルコストを見ていきましょう。


    ・「汎用シリコン」塗料との違いは…

    アレスダイナミックTOP 汎用シリコン塗料
    実勢価格(/㎡) 2,600円 2,200~3,000円
    初期費用
    (例:実勢価格*200㎡)
    520,000円 440,000~600,000円
    耐用年数 約15年 8~13年
    30年間で発生する
    塗り替え回数
    約2回 約2.3~3.75回
    トータルコスト
    (初期費用×工事回数)
    約104万円 約101.2万~225万円

    「アレスダイナミックTOP」のほうが初期費用は上がります。しかし耐用年数が長いため、トータルコストではシリコン塗料の一番安い場合と変わらなくなります。
    そして耐用年数が長いぶん、次回のリフォーム工事をより先延ばしでき、工事回数の差でさらに安く済みます。


    ・「他のラジカル」塗料との違いは…

    アレスダイナミックTOP パーフェクトトップ プレミアムシリコン
    メーカー価格(/㎡) 3,300円~ 2,930円~ 2,750円~
    実勢価格(/㎡) 2,600円 2,400円 2,400円
    初期費用
    (例:実勢価格×200㎡)
    520,000円 480,000円 480,000円
    耐用年数 約15年 11~14年 13~16年
    30年間で発生する
    塗り替え回数
    約2回 約2.1~2.7回 約1.8~2.3回
    トータルコスト
    (初期費用×工事回数)
    約104万円 約100.8万~130万円 約86.4万~110.4万円
    塗料の特徴 雨天時の施工が可 香りつきモデル有 コストが優秀

    もっとも初期費用が高いのは「アレスダイナミックTOP」ですが、トータルコストでは3つのなかでは平均になります。
    「初期費用」「トータルコスト」で選ぶならエスケー化研「プレミアムシリコン」、「雨天時の施工可」で選ぶなら「アレスダイナミックTOP」
    ややコストが上がって、バラの香り付きのモデルや、耐用年数を上げた高級版などが存在する「パーフェクトトップ」がきます。


    ・「汎用フッ素」塗料との違いは…

    アレスダイナミックTOP 汎用フッ素塗料
    実勢価格(/㎡) 2,600円 3,800~4,800円
    初期費用
    (例:実勢価格*200㎡)
    520,000円 760,000~960,000円
    耐用年数 約15年 15~20年
    30年間で発生する
    塗り替え回数
    約2回 約1.5~2回
    トータルコスト
    (初期費用×工事回数)
    約104万円 約114万~192万円

    耐用年数の下限は同等です。初期費用・トータルコストともに「アレスダイナミックTOP」使用の場合のほうが安くなります。
    シリコン塗料を選ぶ場合は、前述の「耐用年数が経過していない」ことへの不安など、実績を重視する場合でしょう。

    外壁に「シリコン塗料」「ラジカル塗料」「フッ素塗料」のいずれかを選択肢に入れていた方は、上図の結果を参考に、アレスダイナミックTOPも一考してみてはいかがでしょうか。

    *各実勢価格は、監修者ヒアリングによるものです。施工店により異なる場合が多くあります。

    5. まとめ:「他のラジカル塗料」「シリコン」「フッ素」どれと比べても検討の価値アリ

    「アレスダイナミックTOP」は、他のラジカル塗料、汎用塗料のどちらと比べても、高いコストパフォーマンスが期待できる塗料です。

    初期費用・トータルコストこそ、同じラジカル制御型塗料の「プレミアムシリコン」に一歩譲りますが、
    ・耐用年数の期待値
    ・施工時スケジュールの遵守
    (雨天でも塗装可のため)
    を重視する場合には、「アレスダイナミックTOP」のほうがオススメです。

    また、「フッ素塗料で塗りたいけど、高くて手が出ない」という人にも、検討の価値があります。

    発売後、公称の耐用年数はまだ経過していませんが、外壁塗料で費用・機能ともに優秀な塗料であると言えます。

    以上の内容が、外壁のリフォームを検討中のみなさまのお役に立つことを、お祈り申し上げます。

    ▼インターネット
    関西ペイント アレスダイナミックTOP
    アレスダイナミックTOP カタログ
    関西ペイント 積算価格表
    日本ペイント 1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料 「パーフェクトトップ」
    エスケー化研 プレミアムシリコン
    環境省「すぐにできるVOC対策」

    ▼書籍
    小林敏勝『わかる! 使える! 塗料入門』(日刊工業新聞社 2018)
    平野八州夫『住まいのリフォーム 外壁塗り替え塗装入門』(慧文社 2008)

    ▼専門家(ヒアリング)
    株式会社POD 代表 長谷川佳広 氏



    関連記事



    関連サービス



    ヌリカエとは

    ヌリカエは「塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービス」です。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

    外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

    お見積もりはこちら

    建物種別 必須
    希望工事箇所 必須
    携帯電話番号 必須

    ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

    電話番号を正しく入力してください
    TOPへカエル