硬化剤って?工事前に必ず知っておきたい塗装の基礎知識!

【投稿日】

【更新日】

外壁や屋根の塗料には、硬化剤を混ぜて使うタイプのものがあります。硬化剤とはその名の通り硬化、つまり塗料が固まるのを早めるための薬剤です。 外壁塗装で人気の塗料にも使用されている薬剤ですが、どのような仕組みになっているのかはあまり解説されていません。

本記事では、前半に硬化剤とはそもそも何か、どのような塗料に混ぜるのか?について解説します。後半では硬化剤を使用する有名メーカーの商品や利用する際に知っておきたいポイントを解説します。

本記事を読むことで、硬化剤について知っておきたい基礎知識をおさえることできます。

「まずは塗料の基礎知識について知りたい」という方は下記記事がオススメです。
【外壁塗装】賢い塗料の選び方とは?種類・費用・メーカー、全て教えます!

【30秒】外壁塗装の相場をシミュレートする → https://www.nuri-kae.jp/


1. 硬化剤とは

硬化剤とは、主材料に加えることで主材料を硬化を促進させるものを指します。塗料における硬化剤も、主材料の硬化を開始あるいは促進させるために添加されます。

硬化剤が主材料に添加されると、塗料は数時間ほどで固まってしまうため、硬化が完成するまでに塗装を終えなくてはなりません。使い切れなかった塗料は廃棄することになりますから、塗装する分だけ計算して硬化剤を加える必要があります。

1.1. 硬化剤が必要なのは「2液型塗料」

塗料には、「1液型塗料」と「2液型塗料」の2つの種類があります。1液型塗料とは、塗料単体で硬化する塗料です。塗布して一定時間経つと、塗料に含まれている水やシンナーなどの溶剤が揮発し、塗装が完成します。

一方、2液型塗料とは、塗料が「主材」と「硬化剤」の2つにわかれています。主材はそのままでは乾燥しないため、使う分だけの主材を容器に移し、硬化剤を追加してから塗装します。1液型塗料と比べると硬化剤を混ぜる手間がかかりますが、硬化剤を混ぜない限り主材が固まりませんので、1液型塗料より長期間保管することができます。

1.2. 硬化剤は主材とセットで販売される

大抵の2液型塗料は、主材と硬化剤がセットで販売されています。セットで販売されていない場合も、どの硬化剤と合わせて使用するかかならず缶に記載されていますので、正しい硬化剤を合わせて使用するようにしてください。

1.3. 硬化剤の配合量は決められている

硬化を促すための硬化剤ですから、大量に混ぜるとその分、固まるまでの時間が短縮されそうなイメージを持つかもしれません。しかし、実際には、硬化剤は固まるための成分が入っているのではありません。

硬化剤には、主材に混ぜることで、時間経過によって溶剤が揮発して乾燥する本来の塗料(1液型塗料)になる成分が入っているだけです。そのため、硬化剤を大量に取材に混ぜても、硬化スピードが速くなることはないのです。

硬化剤の配合量は、塗料によって厳密に決められています。塗料本来の持つ優れた機能が発揮できるためにも、かならず正確に主材と硬化剤の重量を量り、正しい割合で混ぜるようにしましょう。

2. 有名メーカーの硬化剤を使う2液型塗料を紹介

ほとんどすべての塗料メーカーでは、単体で使用できる1液型塗料と、主材と硬化剤に分かれる2液型塗料の両方が販売されています。手軽に使えるのは缶を開けてすぐに塗れる1液型塗料ですので、DIY用には1液型塗料を選ぶ方が多いでしょう。

しかし、大量に購入して長期保管することが多い工務店等の業者では、使用する分だけ主材と硬化剤を配合する2液型塗料を使用することが多いです。有名塗料メーカーの代表的な2液型塗料を紹介します。

2.1. 日本ペイント「ファインシリコンフレッシュ」

日本ペイント株式会社の「ファインシリコンフレッシュ」は、環境に配慮した超低汚染型のアクリルシリコン樹脂塗料です。1.5㎏セットと3㎏セットの2製品あり、1.5㎏セットは1.25㎏の主材と0.25㎏の硬化剤が、3㎏セットは2.5㎏の主材と0.5㎏の硬化剤がそれぞれセットになっています。

日本ペイント「ファインシリコンフレッシュシリーズ」

塗りやすく乾燥までのスピードも速い

シリコン樹脂が入っている塗料は、厚みが出やすく、塗り重ねる回数が減るというメリットがありますが、厚みが出る分、塗りづらさを感じるものもあります。しかし、ファインシリコンフレッシュは塗りやすさにこだわった塗料ですので、刷毛やローラーを滑らかに動かすことができ、均一な厚さで塗ることが可能です。また、塗りやすい塗料は塗装時に刷毛に気泡が発生しやすくなるのですが、ファインシリコンフレッシュは気泡を抑える機能もあり、塗りむらも発生しにくいです。

しかも、ファインシリコンフレッシュは乾燥までの速さにも定評があります。塗り重ねるときは1回塗るごとにしっかりと乾燥させなくてはなりませんので、乾きにくい冬場は塗装工期が長くなりがちです。しかし、ファインシリコンフレッシュは乾燥までのスピードが速いため、冬場でも工期が長引かずに、スピーディに施工を終えられます。

鋼構造物以外はほぼすべてOK

ファインシリコンフレッシュは、鋼構造物以外ならほとんどすべての素材に塗装することができます。サイディングボードやモルタル、コンクリートといった一般的な素材だけでなく、ステンレスやアルミなどの金属にも対応可能です。素材によらず優れた発色を示しますので、見たままの色を壁面でも再現できます。

微生物が発生しにくい

ファインシリコンフレッシュは最先端のバイオ技術で、微生物が発生しにくくなっています。カビや藻などの微生物が生じにくくなるため、美しい外観を長期間保つことができるだけでなく、建物の腐敗を防ぐため建物自体の寿命も長くなります。

2.2. エスケー化研「クリーンマイルドシリコン」

エスケー化研のクリーンマイルドシリコンは、主材と硬化剤を混ぜ合わせるアクリルシリコン樹脂系の2液型塗料です。弱溶剤タイプですのでにおいも少なく、外壁はもちろん内壁塗装にも使用できます。塗装可能な素材は多く、サイディングボードやモルタル、ALCパネル、スレート板、コンクリート、鉄板、亜鉛メッキ鋼板、アルミ、ステンレスなどに対応します。

エスケー化研「クリーンマイルドシリコン」

耐久性が高い

日本は気候の変化が激しい国ですので、耐候性が低い塗料を使用すると四季折々の変化で塗料の劣化が進み、早期にはがれや浮きが起こります。クリーンマイルドシリコンは、雨や雪、風、暑さや寒さなどの気候の変化に対して高い耐性を示します。塗料と建物の寿命を長くするためにも、クリーンマイルドシリコンなどの耐候性の高い塗料を使いましょう。

なお、エスケー化研のクリーンマイルドシリーズは、アクリルシリコン樹脂が含有された「クリーンマイルドシリコン」だけではありません。特殊フッ素樹脂塗料の「クリーンマイルドフッソ」、ウレタン樹脂を使った「クリーンマイルドウレタン」の計3種類があります。

いずれも耐候性に優れた塗料ですが、とりわけクリーンマイルドフッソとクリーンマイルドシリコンは高耐候性塗料です。キセノンランプを5,000回照射する実験では、クリーンマイルドフッソもクリーンマイルドシリコンも、塗りたて直後の80%以上の光沢を保持しました。

美観維持効果が高い

クリーンマイルドシリコンは塗膜表面が帯電しにくくなっており、汚染物質が塗装面に付着しにくくなっています。また、塗膜の架橋密度が高いために汚染物質が定着しにくく、さらに親水性の高さによって汚染物質が流されやすくなっています。低帯電性と高架橋密度、高親水性の3つの特性により、塗装したての美しさを長期間保つことができるのです。

2.3. 関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

関西ペイントのアレスダイナミックTOPは、1液型塗料と2液型塗料の2種類があります。ただし、1液型塗料と2液型塗料の主材は同一で、高湿度地帯や塗装面が湿っている場合のみ、硬化剤を使用して2液型塗料として使用します。なお、2液型塗料として使用売る場合は、主材の重量に対する硬化剤の重量が100:1.1と、硬化剤の割合が非常に少なく設定されています。

関西ペイント「アレスダイナミックTOP」

紫外線による劣化が少ない

塗料に含まれている酸化チタンに紫外線が作用すると、「ラジカル」と呼ばれる物質が発生し、塗膜を破壊して塗料の劣化を促進します。つまり、塗料を長持ちさせるためには、できるだけ塗料が紫外線の影響を受けないようにすることが大切なのです。

アレスダイナミックTOPにはシリコンレジンが配合されており、塗料に紫外線が入り込むことを防御します。また、シリコンレジンをくぐりぬけて入り込んできた紫外線を、「UVトラップ」と呼ばれる独自の成分が無害化し、紫外線による壁面へのダメージを最小限に抑えます。

ツヤの程度を選択できる

アレスダイナミックTOPは、ツヤの程度を4段階から選択できます。色や機能だけでなく、ツヤの程度で塗料を選びたい方は、アレスダイナミックTOPを検討してみましょう。

3. 硬化剤と強化剤は何が違う?

2種類の液体を混ぜて作る2液型塗料は、通常は主材と硬化剤に分かれています。しかし、関西ペイントのアレスダイナミックTOPのように、主材と強化剤の2つに分かれていることもあります。

硬化剤と強化剤はいずれも主材の乾燥を早めるという目的の物質です。しかし、硬化剤がないと主材は固まらない(あるいは固まるまでに長時間がかかる)のに対し、強化剤がなくても主材は固まる(数時間で固まる)という違いがあります。

実際に、各メーカーでは、乾燥環境下なら主材だけでも1液型塗料として使えるものに添加する物質を「強化剤」と呼ぶことが多いです。一方、乾燥環境かどうかに関わらず、主材だけでは固まらない塗料に添加する物質を「硬化剤」と呼ぶことが一般的です。

4. 時間をかけて塗装するときは2液型塗料が便利

缶を開ければすぐに使える1液型塗料は便利ですが、管理状態が悪いとすぐに固まって使えなくなってしまうというデメリットがあります。何度かに分けて外壁を塗るときなど、時間をかけて塗装をするときは、使用する分だけに硬化剤を混ぜこむ2液型塗料が便利です。塗装の計画に従って、最適なタイプの塗料を選んでください。

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください
TOPへカエル