雨どいの修理方法は? 原因・直し方・費用は「外見」で分かる

【投稿日】

【更新日】

雨どいの修理

本記事は、ご自宅の雨どいの詰まりや破損を初めて経験された方に向けた記事です。

記事では、以下のような疑問を解決いたします。

  • あなたのケースの原因と最適な修理方法は?
  • 雨どいの修理は自分でできるか?
  • 修理を業者に頼むと費用はいくらか?
  • 修理費用を安く済ませるには?

「雨どいの様子が何となくおかしいが壊れているか判断がつかない」という方から、「ひどくなる前に修理を急ぎたい」という方まで、役に立つような解説を行いました。
本記事がお力になれば幸いです。

ヌリカエルちゃん

雨どいって外壁材とかに比べたら軽いし、素人でもカンタンにDIYできそうな工事に思えるけど…

ちょっと待って! 「高所作業」「水仕舞い(*1)と、難しい工事の条件が2つも揃ってるよ!!

ヌリカエル先生
*1 水仕舞い(みずじまい)とは、建物に降った雨水が、屋内に入ってきたり建材にしみ込まないように行う排水・防水対策のことです。
Point
  • 高さが「1階部分の軒」までで、異常原因が「詰まり」なら自分で直せる
  • 雨どい修理の費用は、「軒樋」の交換で3~5万円、「縦樋」の交換で2~5万円、雨どいの「塗装」で3~5万円が目安。
  • 雨どい修理は比較的安価。DIYよりも業者に直してもらうのがオススメ

  • ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ



    1. 雨どいを修理しないとどうなる?

    ヌリカエルちゃん

    そもそも雨どいって何のためにあるの?

    屋根に降った雨が外壁に伝わらないようにするためだよ。壊れた雨どいを放っておくと、窓枠から室内に水が入ってきたり、外壁や家の躯体が腐りやすくなったりするよ!

    ヌリカエル先生

    雨どいの役割とは?

    異常のない雨どい

    雨どいとは、屋根に落ちた雨水を、下水や地上へ誘導するための設備のことです。

    雨どいが無かった場合、屋根に落ちた雨水は外壁を伝って地面に向かって落ちることになります。
    そうなると、外壁にある窓枠や窓のサッシから室内に水が漏れやすくなってしまいます。
    さらに、流れる水の侵食作用で外壁材が傷むスピードが早くなり、その内部の建物の基礎の老朽化も早まるでしょう。

    雨どいは、外壁の表面に水が流れる時間を減らし、雨漏りや湿気だらけ家になるのを防いでくれているのです。

    もしも雨どいの異常を放置したら?

    もしも雨どいの水漏れや脱落を放置した場合、異常のある部分の真下の外壁が、浸食作用で傷み始めます。
    これは、雨天時に外壁に直接降る雨水だけではなく、屋根に落ちた雨水によっても外壁が傷むということです。

    雨水で侵食されてしまった外壁

    雨どいを壊れたままにしておいた場合、建物の雨どい以外の場所にも、以下のような悪影響が出てしまいます。

    • 外壁の傷みが早くなる
    • 外壁が水を多く含んで、室内が湿気っぽくなる
    • 壊れた雨どいの真下の部屋に雨漏りが発生する

    雨どいの修理費用は、外壁塗装や雨漏り修理に比べればずっと安い費用で済みます。
    外壁材や室内に二次被害が発生してしまう前に雨どいを修理するのが、賢いうえにお得に済む対処法と言えるでしょう。

    2. 雨どいの外見でわかる! 異常の原因と修理方法

    ヌリカエルちゃん

    雨どいのトラブルって言っても色々あると思うんだけど…、どんな工事になるか先にわからない?

    大丈夫! 雨どいトラブルの外見で判断できるよ!!

    ヌリカエル先生
    雨どいの症状 よくある原因 修理方法
    雨どいから水が溢れている 落ち葉やゴミの詰まり 横樋(集水器)の掃除
    雨どいから水が出てこない 落ち葉やゴミの詰まり 縦樋の掃除
    雨どいに穴が空いている 経年劣化 部分的な交換
    雨どいが割れている 風災・雹・雪の重み 雨どいの部分交換 ※火災保険の対象
    雨どいが傾いている・歪んでいる 風災・雪の重み 雨どいの部分交換 ※火災保険の対象
    支持金具の緩み・歪み 金具のネジ締めや交換
    雨どいが外れている 支持金具の緩み・歪み 金具のネジ締めや交換
    経年劣化 雨どいの部分または全体の交換

    まずは、お住まいで起こっている雨どいのトラブルに最適な修理を把握しましょう。
    雨どいによく起こる異常と想定される原因、対応する修理方法を上の表にまとめました。

    雨どいから水が溢れている場合

    屋根のふちについている雨どい(集水器)から、雨水が直接地面に溢れてしまっている場合、雨どいに落ち葉などのゴミが溜まっていてるせいで、水の流れが止まってしまった状態だと考えられます。

    原因は「ゴミの詰まり」。掃除で解消


    発生箇所が一階部分の屋根の雨どいであれば、作業の危険も少ないためDIYで解決できるでしょう。
    脚立を使って水が溢れる部分をチェックし、自分でゴミを取り除いてもOKです。

    二階以上の高さの場合は、高所で危険なため業者に点検を依頼することをオススメします。

    雨どいから水が出てこない場合

    屋根側の雨どいから水が溢れていないのに、地面側にある出口から水が出てこない場合は、縦樋のどこかに詰まりが起こっていると考えられます。

    原因は「縦樋の詰まり」。これも掃除で解決


    この場合はまず、雨どいを傷つけないように注意しながら、届く範囲で棒や工具を縦樋に入れて詰まりを探ってみましょう。
    異常が解消しなければ、異常はある程度高所にあると思われます。
    業者に依頼して点検・修理を受けましょう。

    雨どいに穴が空いている場合

    原因には、経年劣化による穴空きが考えられます。
    業者に依頼して、劣化している部分を交換してもらいましょう。

    原因は「経年劣化」が濃厚。業者による交換を


    交換ではなく、接着剤などによる補修も可能ですが、原因が経年劣化の場合は繰り返し発生する可能性が高いため、交換のほうが後々安く済む場合が多いです。

    雨どいの耐用年数は15~20年が目安です。

    雨どいが割れている場合

    台風や大雪が去ったあとに雨どいの割れを発見した場合は、直前の風災による飛来物や、雪の重みが原因として考えられます。

    原因は、飛来物による外傷が濃厚


    業者に依頼し、破損した部分を交換・補修してもらいましょう。
    また、風災などにより発生した修理費用の支払いには火災保険が使用できる場合がほとんどです。

    前項と同様に経年劣化が原因の場合も考えられます。

    ▼「火災保険を使用した修理」について詳しく知りたい方はコチラ
    >> 火災保険のトラブルで屋根修理に失敗しない方法  

    雨どいが傾いている、歪んでいる場合

    前項と同様の風災や雪災が原因と、支持金具の緩み・歪みによる原因が考えられます。
    まずは業者を呼んで点検を受けてください。

    原因は「雪の重み」や「支持金具の歪み」など


    [ 画像出典 1 2]


    風災・雪災が原因の場合は、雨どいの交換・補修の作業となります。

    支持金具に原因があった場合は、ネジ締めや金具の交換作業となります。

    雨どいが外れている場合

    雨どいが金具から外れて落ちかけている場合は、支持金具の異常が考えられます。

    原因は、支持金具の外れが濃厚


    雨どいが外れて完全に落ちてしまっている場合は経年劣化が疑われ、金具と雨どいパイプ両方の作業が発生すると思われます。

    雨どいが外れている場合は、作業の緊急度が高いため、早めに修理業者と連絡をとりましょう。


    3. 雨どい修理の費用相場は?

    雨どい修理方法と費用相場 一覧

    雨どい修理工事 単価の費用相場
    雨どいの撤去 500円/m
    雨どい(軒樋)の取り替え 【塩ビ製】
    2,200~4,000円/m
    【ガルバリウム鋼製】
    3,600~5,000円/m
    雨どい(縦樋)の取り替え 【塩ビ製】
    1,800~2,100円/m
    【ガルバリウム製】
    2,700~4,300円/m
    集水器の取り替え 【塩ビ製】
    3,500~5,300円/個
    【ガルバリウム製】
    9,000~1.1万万円/個
    雨どいの金具交換 2,000~3,000円/個
    雨どいの塗装 700~1,000円/㎡

    雨どい(あまどい)の修理にかかる費用は、軒樋の交換で約3~5万円、縦樋の交換で約2~5万円、雨どいの塗装で約3~5万円です(作業長を10mとした場合)。
    この費用に加えて、高所作業用の足場代が別途15~20万円かかる場合があります。

    修理作業の単価の価格相場を上の表にまとめました。
    工事前に提出される見積書にも単価が記載されていますので、上の表と金額を比べてみて、検討にお役立てください。

    お金をかけずに自分で直せるのは「低所の詰まり」のみ

    ヌリカエルちゃん

    結局、タダで自分で直せるのはどんな場合?

    低所かつ掃除で直る場合。「落ち葉やゴミの詰まり」が原因のトラブルで、高さは「1階の屋根の雨どいまで」だね!

    ヌリカエル先生

    DIYで解消できるのは「低所の詰まり」のみ

    本章で紹介した原因のうち、業者を呼ばずに解決できる可能性があるのは「詰まりが原因と思われる」かつ「発生部位が低所」の部分のみとお考えください。それ以外は作業の危険度が上がるため、業者に対応を依頼するようにしましょう。
    「低所」とは、高くても一階部分の屋根に接する雨どいを目安にしてください。

    4. 雨どいをDIYで直すのがオススメできない理由

    [ 画像出典 ]

    雨どい修理のDIYは「割高」「高難度」「危険」

    雨どいの詰まりや破損などのトラブルを、「自分で直せそう」と考えている方は多いのではないでしょうか?

    確かに雨どいは、外壁材や屋根材に比べれば重量もなさそうだし、新しい部品があれば素人でも交換作業ができそうなイメージがあります。
    しかし、私共としては「雨どいの修理を素人が行うべきではない」と強くご注意を申し上げます。

    その理由は3つあります。

    DIYをすすめない理由1: 雨どいのDIYは「割高」である

    雨どい修理は、DIYで作業してもあまり安くなりません。
    業者に直してもらっても、自分で部品を購入して交換するのとおそらく1~2万円も変わらないでしょう。

    DIYをすすめない理由2: 雨どいのDIYは「高難度」である

    雨どいをはじめとした「雨仕舞い」(雨水の排水)に関わる部分は、プロでも相当気を使う工事になります。
    もし素人作業の結果、住宅の雨仕舞いが不完全になってしまうと、雨漏りが頻発したり、家の躯体が腐り始めたりして、家に住めなくなってしまうリスクが高まります。

    DIYをすすめない理由3: 雨どいのDIYは「危険」である

    雨どいの修理作業は、高所かつ広範囲になります。
    工具を落として家や人を傷つけてしまうだけでなく、自分が作業中に脚立から落ちてしまう危険は無視できません。

    このように、雨どい修理は簡単に思えて実は難しく、作業中・作業後のリスクも大きいと言えるのです。

    雨どい修理を「DIY」する費用とメリット・デメリット

    安全性やリスク以外にも、雨どい修理のDIYには数々の難点があります。
    ここで、雨どい修理をDIYで行う場合の費用と、メリット・デメリット両面を見てみましょう。

    ヌリカエルちゃん

    雨どい修理のDIYには、何ひとつイイことが無いってこと?

    メリットがまったく無いワケではないけど、ほとんどの人にとっては実感できない程度だよ

    ヌリカエル先生

    雨どい修理のDIYにかかる費用

    修理内容 費用目安
    雨どいの清掃 0円
    雨どいの部分修理 1~2万円
    雨どいの全体交換 3~10万円 ※DIY非推奨

    DIYのメリット

    「費用が少し安く済むこと」の1点のみと言えます。
    しいて付け加えれば、DIYや日曜大工が好きな方にとっては楽しみが減ることでしょうか。

    DIYのデメリット

    すでにご説明した「不完全な雨仕舞のリスク」「高所作業の危険性」以外にも、下記のような難点があります。

    • 適合する雨どいや金具を調べるのが大変
    • 専用の工具・のこぎり・接着剤などが別途必要
    • 雨どいの交換長や角度の計算が必要

    ただパイプを買ってきて交換するだけでは済まない作業であるとイメージできるかと思います。
    また、専用の工具を買い足す差額で、プロの業者に頼んだ場合との費用差も縮まります。

    【!】『どうしても雨どい修理をDIYで行いたい』『専用工具を知りたい』という場合は「雨どいペンチ」(約3,700円~)、「塩ビカッター」(約4,000円~)、「金属鋸」(約2,500円~)などの工具をホームセンターや通販サイト探してみてください。

    雨どい修理を「業者に依頼」する費用とメリット・デメリット

    今度は反対に、雨どいの修理を業者に依頼した場合について検討してみます。

    ヌリカエルちゃん

    雨どい修理を業者に依頼したら、やっぱり費用が高いんでしょ?

    1~2万円は高くなると思う。だけど、部品や工具を買う手間がなくなるのと、高所作業をしなくてよくなるのが大きいよ!

    ヌリカエル先生

    雨どい修理を業者に依頼した場合の費用

    修理内容 費用相場
    雨どいの清掃 1~2万円/1箇所
    雨どいの部分修理・交換 1~3万円/1箇所
    雨どいの塗り替え塗装 5~20万円
    雨どいの全体修理・交換 15~60万円

    業者作業のメリット

    • 確実な異常解消が期待できる
    • 部品や工具の手配が不要
    • 高所作業を自分しなくてよい

    DIYの場合とは反対に、安全性・確実性が期待できます。

    業者作業のデメリット

    • 費用がDIYより高くかかる
    • 業者選びの手間が発生

    費用については、DIYより「高くかかる」と言っても、部分修理なら2万円前後の差です。
    DIYでうまくいかずに異常が広がってしまう可能性や、結局は業者に依頼する可能性を考えると、決して高い金額ではないと私共は考えます。

    また、業者選びの手間については、この先の解説で解消していきます。


    ▼最短1分!チャットに答えるだけ

    ▼最短1分!チャットに答えるだけ


    5. 雨どいの修理費用を安くするには?

    ヌリカエルちゃん

    雨どい修理は業者に頼んだほうがいいのは分かったけど、できるだけ安く済ませたいな~

    「相見積もり」というイイ方法があるよ! 近場の業者をひとつも知らなくても大丈夫!

    ヌリカエル先生

    「雨どいの修理判断と費用」について、考えられる原因なども交えてご説明してきました。

    最後に1点、雨どいの修理工事を検討中の方によくある不安を解消したいと思います。
    雨どい工事を発注をする際、業者の腕や提示費用に不安がある場合は、複数の業者から「相見積もり」をとることがオススメです。

    相見積もりで費用を必ず比べよう

    相見積もりには、工事を安く・質を良くする効果がある

    3社ほどの業者から相見積もりをとることで、

    • ・適正金額が見えてくる
    • ・業者の説明力や人柄が比べられる
    • ・感じの悪い業者を避けられる

    というメリットがあります。

    とくに、良心的な業者であればかなり安く済む工事である雨どい修理をご検討中の場合、1社だけとやりとりをして決めてしまうのはややリスキーと考えられます。

    無料で複数の業者を呼んでもらう方法

    「そんなにたくさんの業者に心当たりがない…」という方は、よろしければこのページの相場チェックから、相見積もりの照会をぜひご利用ください。
    当サービスを経由して相見積もりをしていただいた方へのサービスとして、業者へのキャンセル連絡が必要な場合に、お客様にかわって当社が連絡をお引き受けいたします。

    相見積もりを進めていく中で「この業者は感じが悪いな」と思ったり、「他の業者に決めてしまった場合の連絡が気まずい」という場合も、喜んでご連絡を代行させていただきます。

    以上、本記事があなたのご自宅の雨どい修理の検討に役立てば大変幸いです。



     
       
          外壁・屋根修理       あなたのお家は一戸建てですか?    
         
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル