遮熱塗料「クールタイト」の特徴・費用対効果は? こんな人にピッタリ

【投稿日】

【更新日】

屋根のリフォームをご検討中の方なら、「遮熱塗料」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

カタログや見積もりにある「ガイナ」「サーモアイ」「クールタイト」…などの塗料名から知ったり、
業者に「夏場に涼しくなる」「省エネになる」と勧められて遮熱塗料を知った、という方が多いかと思います。

遮熱塗料の検討にあたって知りたいのは、
・自分の場合、遮熱塗料を使ったほうが本当にいいか
・業者に勧められたとおりの塗料でいいのか

ということでしょう。

ですが、カタログやネット記事から、そこまでの判断がつく情報を探すのは難しい現状があります。

そこで本記事では、遮熱塗料のひとつ「クールタイト」をご検討中の方に向けて、

・「クールタイト」の特徴やコストパフォーマンス
・「クールタイト」がオススメできる場合、向いていない場合
・向いていない場合、他の検討候補

の判断ができるよう、詳しく解説してまいります。

Point
  • 「クールタイト」の塗料価格は安価耐用年数はやや短い
  • 「川・海沿い」「雨・雪の多い地域」「金属製の屋根」なら前向きに検討
  • 遮熱効果を最重要視する場合は、他の塗料がベター


  • 1. 「遮熱塗料」とは?「クールタイト」とは?

    1.1. 屋内の暑さを和らげる「遮熱塗料」

    そもそも遮熱塗料とは、普通の塗料とどう違うのでしょうか。

    遮熱塗料とは、一般の「シリコン塗料」や「フッ素塗料」などに遮熱効果をもたせたもので、
    ひとことで言うと「太陽光を反射する力が強い塗料」のことです。

    これにより、
    ・建物の表面温度や、室内の暑さを和らげる
    ・夏場の冷房代を節約する
    ・住宅の熱損傷をおさえる

    効果が期待できます。

    一般的な塗料に比べて、価格は2%ほど高くなりますが、
    冷房代の節約により十分に元を取ることができるので、
    ヌリカエ編集部では「屋根の塗装には遮熱塗料をオススメ」しています。

    使用によって、冬場の暖房効率が少し下がってしまいますが、
    夏場の遮熱・冷房効率アップの効果のほうが大きいので、さほど気にする必要はありません(※1)。

    >>こちらも合わせて読みたい!
    遮熱塗料の特徴や、代表的な遮熱塗料について解説しています。
    遮熱塗料のススメ。効果・実績・費用、すべてをまとめました。

    ※1 環境省の調査によると、「クールタイトSi」の空調代削減効率について、冬場の暖房効率減少を差し引いても「東京都で1361円/年」「大阪府で5823円/年」の電気代が節約できるとの実験結果が出ています。[ 「ヒートアイランド対策技術(建築物外皮による空調負荷低減等技術)実証試験報告書」13ページ目より。2019年8月6日閲覧 ]

    1.2. 「クールタイト」シリーズとは

    「クールタイト」シリーズは、大手メーカー「エスケー化研」が製造する屋根用遮熱塗料です。

    樹脂の違いにより5種類あり、それぞれ耐用年数が異なります。耐用年数が長いものほど、価格も高くなります。

    品名 種別 耐用年数
    クールタイトF 油性・フッ素 8~10年
    水性クールタイトフッソ 水性・フッ素 8~10年
    クールタイトSi 油性・シリコン 6~8年
    水性クールタイトシリコン 水性・シリコン 6~8年
    クールタイト 油性・ウレタン 5~7年

    また、同シリーズの下塗材と組み合わせて、金属製の屋根の耐久性・遮音性を上げる「クールタイトEL工法」という塗替え工事ができます。効果は、サビや熱変形に強くなる、屋根の雨音が軽減されるというもの。
    「カラー鋼板」「ガルバリウム鋼板」などの金属屋根の家にお住まいで、これらの効果に期待される方にオススメできます。

    塗料のカラーバリエーションも多く、他社製を含む同等商品のなかでは最多の41種類。デザインの幅が広い塗料です。

    2. 「クールタイト」の特徴は? 遮熱効果とその他のメリット


    では、「クールタイト」の遮熱能力と、その他の効果を見ていきましょう。

    2.1. 遮熱効果は、遮熱塗料のなかでは平均的

    クールタイトは優秀な遮熱効果をもつと言えますが、より効果の高い塗料もまた他に存在します。

    塗料の遮熱効果は「日射反射率」という、太陽熱を塗膜(塗料の表面)が跳ね返す率で表されます。

    クールタイトの日射反射率は「約80%」(メーカー公表値。もっとも効果の高い白色の値)です。

    遮熱塗料としてJIS規格を通過した塗料には、概ね70%~90%の日射反射率をもち、
    なかでも80%前後の数値をもつ製品が多くなっています(※2)。
    クールタイトの遮熱効果は「平均的」と言えるでしょう。

    一方で、「ガイア」「サーモアイ」「クールサーム」などの製品には「90%以上」の日射反射率を公表しているものあります。

    クールタイトを使用することで十分な遮熱効果を得ることができますが、
    遮熱効果を最重要視するならば、他の製品が選択肢となるでしょう。

    ※2 一般社団法人 日本建築業連合会による調査・試験結果「機能性建築材料の性能調査 4.遮熱断熱塗料」より。2019年8月6日閲覧

    2.2. 耐候性が高く、見栄え・効果が長持ち

    クールタイトには、遮熱成分のほかに塗料の耐久性を高める成分が含まれています。

    高耐久性樹脂の使用により、経年による塗料のツヤ・見栄えの劣化を遅らせることができます。この効果を「耐候性」といいます。

    下の図は、汎用のウレタン塗料と、同じくウレタン樹脂のクールタイトの耐候性を比べた実験結果です。
    3000時間のキセノンランプ照射後の光沢維持率は、汎用塗料「約39%」、クールタイト「約81%」と、倍以上の差が示されています(※3)。

    クールタイトであれば、塗りたての見栄えのよい状態がより長く続き、塗料の遮熱効果も長持ちしやすいでしょう。

    ※3 エスケー化研「クールタイトシリーズ」カタログより。高輝度のキセノンランプ照射による耐候性の実験結果。グラフの出典も同

    2.3. 川・海沿いの湿気に強い

    クールタイトには、特殊設計による「防かび・防藻」効果により、微生物由来の汚れを防ぐ効果があります。


    (出典:エスケー化研「クールタイトシリーズ」カタログより)

    屋根の表面にコケなどの汚れが付きにくくなるだけでなく、汚れによる遮熱効果ダウンを防いでくれるので、お家が川沿い・海沿いにある場合にはオススメできます。

    2.4. 金属屋根の「防サビ」「遮音」効果があり、「熱変形」を保護する

    前述の、金属屋根に用いることができる「クールタイトEL工法」により、金属屋根の性能を上げる、次の3つの効果が期待できます。

  • 雨音などを約10dB下げる「遮音効果」。クールタイトの塗膜の弾性が高いことによる。
  • サビを防ぐ「防食効果」。屋根の金属と接する下塗材に、防食成分が含まれている。
  • 「金属の保護効果」。下塗材が、温度変化で伸び縮みする金属との密着を保ち、熱劣化への抵抗力が高まる。
  • なお、「クールタイトEL工法」には、塗料として「クールタイト」シリーズを選択することに加えて、
    ・屋根の建材が金属(カラー鋼板、ガルバリウム鋼板など)であること
    ・下塗材に、同社「クールタイトELベースコート」を用いること
    が必要です。

    同工法での作業を希望する場合は、業者に指定をしましょう。

    3.「クールタイト」のコストパフォーマンスは?

    続いて、「クールタイト」の価格と耐用年数から見たコストパフォーマンスを見ていきましょう。

    3.1. クールタイトの価格自体は安い

    メーカー公表の「設計価格」と、ヌリカエの監修者からヒアリングした「実勢価格」をもとに、「クールタイト」と他同等塗料のコストパフォーマンスを比較してみましょう。
    本記事では、施工業者が実際に見積もった塗料代である「実勢価格」を、塗料が何年間効果を保てるかをあらわす「耐用年数」で頭割りした「1年あたりの実勢価格」を重視しています。

    品名 設計価格 実勢価格 耐用年数 1年あたりの実勢価格
    クールタイトSi 3,750円/㎡ 約2,200円/㎡ 6~8年 約275~367円
    サーモアイSi 3,950円/㎡ 約2,450円/㎡ 8~12年 約204~306円
    アドグリーンコートEX 3,650円/㎡ 約3,650円/㎡ 8~12年 約313~469円
    ガイナ 5600円/㎡ 約3,800円/㎡ 15~20年 約190~253円

    クールタイトの 価格自体は安価で、初期費用が抑えられる 遮熱塗料であることがわかります。

    ただし、クールタイトは耐用年数が短いぶん、1年間あたりのコストパフォーマンスは良くない結果となりました。

    もっとも、価格自体は安いので、

  • 屋根だけをすぐにリフォームしたい
  • 6~8年後には全体的な再リフォームや、退去を考えている
  • という場合には有用です。
    塗料は「設計価格」より安くなる場合がほとんど
    塗装業者から見積もりをとった場合の塗料代は、上表の各メーカー設計価格より安くなる場合がほとんどです。実際にヌリカエ加盟店の施工会社に訪ねたところ、「サーモアイSi」の場合では1平米あたり「2000円代後半~約3000円」。「クールタイトSi」では「2000円台前半」で塗料代を出す業者が多いとの見解でした。

    3.2. 他の遮熱塗料のコスト・特徴比較

    他の遮熱塗料のコストパフォーマンスや、オススメできる場合について、さらにもう数例加えて比べてみましょう。
    他製品に関しては、「クールタイトSi」と同等のシリコン塗料、ないし同価格帯製品と比較しました。

    クールタイトSi サーモアイSi アドグリーンコートEX ガイナ
    実勢価格(㎡/年) 約275~367円 約204~306円 約313~469円 約190~253円
    耐久年数 6~8年 8~12年 8~12年 15~20年
    日射反射率(最大) 約80%以上 約90%以上 約90%以上 約90%以上
    メリット 塗料が安い
    多数の防護効果
    遮熱性能が高い
    トータルコストが安い
    安全・低刺激
    放熱効果アリ
    仕上がりがキレイ
    遮熱性能が高い
    断熱効果アリ
    長耐用年数
    デメリット 耐用年数が短い ツヤありのみ
    セメント瓦が適用外
    コストが高い
    対応業者がまだ少ない
    初期費用が高い
    汚れがつきやすい
    オススメできる人 すぐ再リフォーム・退去する人
    水辺・金属屋根
    遮熱効果とコストパフォーマンスを両方求める人 きれいな外観を長く保ちたい人 冬場の暖房効率も上げたい人
    ※各製品、ラインナップ中「シリコン樹脂」のもの、もしくは同等の製品で比較。

    それぞれに価格差やメリット・デメリットがあります。
    クールタイト以外の塗料を積極的に検討したい場合に、お役立てください。

    4.「クールタイト」がオススメなのはこんな人

    4.1. そもそも「遮熱塗料」を使うべきか?

    「遮熱塗料とは?」の項目でも触れたとおり、ヌリカエ編集部としては「屋根には遮熱塗料の使用をオススメ」しています。

    年々酷化する日本の夏の気温、省エネ効果で投資がすぐに回収できる点などの現状もあります。屋根には遮熱塗料を積極的に検討することをご推奨します。

    それでは、遮熱塗料のなかでもクールタイトをオススメできるのは、どんな人・場合でしょうか。

    4.2. 「クールタイト」をオススメできる人

    「川・海沿い」「降水量の多い地域」に住んでいる人

    クールタイトの「防カビ」「防食」「防汚」効果が発揮できる環境です。
    湿気や雨・雪の影響による建材や塗装の傷みを、より効果的におさえることができます。

    さらに、金属屋根の住宅に住んでいる方は、前述の「クールタイトEL工法」により、さらに屋根を劣化から守ることができます。
    屋根に「カラー鋼板」「ガルバリウム銅板」などを使った住宅にお住まいなら、クールタイトを検討する価値は上がります。

    6~8年以内に再リフォームをする人、退去する予定の人

    クールタイトの価格は安いですが、耐用年数が比較的短いです。

    そのため、耐用年数の 6~8年後を目処に、
    ・再度屋根をリフォームする
    ・家を退去する、手放す

    予定がある場合には、他の塗料よりもコストパフォーマンスが良くなります。

    また、屋根にトラブルがあるなどの理由で、屋根だけを急いで直し、全体のリフォームは数年後に行う予定の人にもピッタリです。

    クールタイトは全国的に長く実績のある塗料なので、業者もすぐに手配・施工してくれる場合が多いです。

    濃いめの色で屋根を塗りたい人

    概要で触れた通り、クールタイトはカラーバリエーションが豊富な塗料です。
    他製品では少ない、濃い色も豊富に揃っています。

    ※出典:エスケー化研「クールタイトシリーズ カラーバリエーション」2019年8月6日閲覧

    なお、遮熱効果は白に近い薄い色のほうが高いので注意が必要です。

    4.3. 「クールタイト」があまり向かない人は…

    ・遮熱効果を最重要視する人
    前述の通り、クールタイトの「日射反射率」は、高い色でも「約80%以上」。一方、他社製品には「サーモアイ」や「ガイナ」など、90%前後の塗料もあります。遮熱性のより高い屋根に塗替えたい場合は、クールタイトは検討対象外となります。

    ・コストパフォーマンス、耐用年数を重視したい人
    クールタイトの耐用年数は短めです。塗料の価格自体は安いですが、塗替えの頻度は上がるため、長い目でみたコストパフォーマンスはあまり良くありません。
    また、工事の回数が増えると、手間やご近所への影響も生まれます。20年~30年以上住み続ける場合は、検討対象には入りづらくなります。


    以上、遮熱塗料「クールタイト」を例に、屋根の塗替えにあたって知っておくべきことや、塗料選びの判断基準などを解説いたしました。

    遮熱塗料の価格差や得意分野を理解して、あなたの希望や、お住まいの地域・環境にピッタリの屋根塗替えができますよう、編集部一同お祈り申し上げます。



    関連記事



    関連サービス



    ヌリカエとは

    ヌリカエは「塗装業者を探す人と塗装業者をつなげるマッチングサービス」です。 塗装業界のスペシャリストである『専門アドバイザー』がお客様の要望をしっかりとヒアリングし、最適な業者をご紹介致します。 検討段階で、塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせ可能です。

    外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら
    Q. あなたのお家は
    一戸建てですか?
    建物種別
    必須
    希望工事箇所
    必須
    電話番号
    必須
    電話番号を正しく入力してください
    ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。
    外壁塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    TOPへカエル