足場料金の費用はいくら?見積もりで損しないコツとは?

【投稿日】

【更新日】


屋根や外壁を塗装する際に必ず必要とされる足場。
足場がないと塗装作業に支障をきたすことはわかっていても、工事が終われば必要がなくなってしまうものなので、ほとんどの方が足場代はできるだけ安い方が良いと思っていることでしょう。

では「足場代の相場」とはいったいどれ位なのか、「足場費用」はどのようにして計算するのか・・・等々、
あまり解説されない足場に関する様々な疑問について解説します。

「まずは外壁塗装の相場の基礎知識についてを知りたい」という方は下記記事がオススメです。
外壁塗装の相場はいくら?相場と見積もりが異なる理由を徹底解説!

【30秒】外壁塗装の相場をシミュレートする → https://www.nuri-kae.jp/

1. 足場費用の相場はどれくらい?

塗装工事の際の足場費用は、足場を掛ける面積1㎡あたりの単価をもとに算出するのが一般的です。

足場を掛ける面積とは、「足場の外周の長さ×足場の高さ」です。

通常は1㎡あたり700円~800円程度が相場で、塗装工事では足場代の他に、飛散防止用の養生シート掛けの費用が200円/㎡程度かかります。

一般的な25~30坪程度の家の場合、足場代と養生シート掛けで15~20万円程度が目安です。

見積書の足場費用の中には、足場組みや解体する際の職人の手間賃のほか、足場材の修理やクリーニングなどのメンテナンス費用、運搬費、保管代などが含まれています。
尚、足場材の減価償却費と諸管理費、修繕費から計算された費用のことを「損料」といいますが、職人の手間賃に損料を加えたものが足場代になります。

2. 足場の費用がばらつく理由

2.1. 建物の立地条件の違い

足場は一般的な2階建住宅の場合、組み立てに1日、解体に半日程度かかるため、足場の単価はこの手間賃を基準に設定されるのが一般的です。 しかし、敷地が狭くて隣の家との隙間が狭い場合や、道路と敷地に高低差がある場合、敷地の前面道路に足場の運搬車両が駐車できない場合など、建物の立地条件によっては手間賃が余分にかかってしまうので、割増費用が発生することがあります。

2.2. 足場の種類の違い

2階建住宅の塗装工事を行う場合には、一般的に「くさび式足場」と呼ばれる足場が使用されますが、足場には他にも「枠組み足場」や「単管足場」などの種類があり、足場の種類によって費用が異なります。 3階建の住宅の場合には「枠組み足場」を使用するため、費用が若干多くかかります。

2.3. 業者による違い

足場材を自社で所有していて、組み立てまで自社で行う場合や、下請けの足場業者に依頼する場合、足場材をリースする場合など、それぞれの業者の事情によって費用が異なるケースがあります。

2.4. 建物の形状による違い

同じ床面積30坪の住宅でも、建物形状によって足場の費用が異なります。 足場費用は足場の面積によって決まるためで、その理由は後程詳しくご説明します。

3. 足場費用の計算方法

3.1. 足場費用を自分で計算するには?

見積書の足場費用が適正なのかどうかは気になるものです。 足場費用の計算方法を知っておけば、業者の見積価格が適正なものなのかどうか自分で判断することができるので、是非覚えておくと良いでしょう。

前述の通り、足場の単価は700円~800円/㎡、養生シートの単価は200円/㎡程度が目安になります。

次に足場の面積を計算します。
足場は建物から60cm程度離れた場所に設置するので、足場の面積は外壁面積よりも少し大きくなります。
足場を組む外周の長さを求めて、足場の高さを掛ければ足場面積になります。
(足場の単価+養生シートの単価)×足場面積が塗装工事で必要になる足場費用です。

3.2. 実際に足場費用を計算してみよう!

それでは実際に足場費用を計算してみましょう。

一例として、建物の平面形状が6m×9mの2階建、寄棟屋根の建物(建築面積54㎡、延べ床面積108㎡=32.6坪)の足場面積を計算してみましょう。

足場は建物から60cm程度離して設置するので、足場の外周の長さは以下の計算になります。

(60cm+6m+60cm)×2+(60cm+9m+60cm)×2=34.8m

この建物の軒の高さを6mとすると、足場は通常軒先から1m程度上まで立ち上げて設置するので、足場の高さは7mになります。
よって足場の面積は

足場面積=足場の外周の長さ×足場の高さ=34.8×7=243.6㎡
となります。

この数量に単価を掛けたものが足場費用になるので、
足場代=243.6㎡×700円~800円/㎡=170,520円~194,880円
養生シート代=243.6㎡×200円/㎡=48,720円
合計金額は、219,240円~243,600円です。

上記は最も簡単な例ですが、実際には建物の一部が平屋だったり、屋根が切妻だったりするので、計算が少し複雑になります。

しかし計算方法の基本さえ覚えておけば、業者の見積をチェックする際の目安にはなるので、法外な見積もりを排除することが可能です。
是非参考にして欲しいと思います。

4. 足場は必ず必要なのか? 足場の設置が必要な理由とは

一般的な外壁塗装を行う際に、足場費用が占める割合は工事費全体の2割程度になるといわれています。 決して安い費用ではありません。 足場は工事が終わると解体してしまって後に残らないものなので、できれば安くすませたいものです。 しかし屋根や外壁を塗装する上で、足場は絶対に欠かすことができないものです。 その理由は以下の通りです。

4.1. 職人の安全のため

足場を設置する最大の目的は、作業員の安全確保のためです。 一昔前までは、ごく簡易的な足場を組んで塗装工事を行うケースもたびたびありました。 しかし万一現場で転落事故が発生すれば、最悪のケースでは死亡事故になってしまうこともあります。 そうなってしまえば、工事の発注者側の精神的な負担も大きなものになります。

高さ2m以上の高所作業を行う際には、労働安全衛生法で足場の設置が義務付けられています。
近年では事業者のコンプライアンスの上でも、足場設置は不可欠です。
事故がなく無事に工事を終えることも、品質のひとつだと思うことが大切です。

4.2. 品質確保と作業効率アップのため

無理な姿勢での危険な作業では、品質の低下を招きやすくなってしまいます。 作業が雑になり、塗りムラや塗り残しが生じる可能性があります。 良い品質を保つためには、足元の安定が不可欠です。 また作業効率を高めるためにも、足場は重要な役割を果たします。

4.3. 近隣や通行人への配慮のため

足場に飛散防止用の養生シートを張ることで、高圧洗浄水や塗料が前面道路や隣地へ飛散するのを防ぐことができます。 工事中のトラブルを未然に防ぐため、また近隣に迷惑をかけないための最低限のマナーとして、足場のシート掛けが欠かせません。

5. 足場代は安い方が良い? 足場代無料ってホント?

足場には設置基準があって、労働安全衛生法で細かく定められています。 いくら価格が安くても設置基準が守られていなければ,法律違反になって危険なのでお奨めすることはできません。 そして足場を組み立てるためには、「足場の組み立て等作業主任者」という有資格者を配置する必要があります。 決して誰もが足場を組み立てることができるわけではありません。

これらのルールを守らずに万一事故が発生してしまうと、施工者の責任は免れません。
それだけ制約が多い足場の組み立てを、無料で提供できるはずがありません。

「足場代を無料にします」などというセールストークには、十分に注意する必要があります。
足場代が無料になっている代わりに、他の工事項目に足場代を上乗せしている可能性があります。
見積書をチェックする際には、工事項目ごとだけでなくトータル金額にも注目することが重要です。

6. 足場代を節約するためには

適正な足場を組むためには、相応の費用がかかるのは避けられません。 しかし足場は仮設工事なので、なるべく最小限の費用で抑えたいと思うのが普通でしょう。 足場代を節約するためには単純に価格を安くするのではなく、足場を組む回数を減らすことが最も有効な方法です。

そのためには、屋根と外壁の塗装を同時に行う、外壁塗装に併せて雨樋の交換やシーリングの打ち替えなどの外部工事を一緒に行うなど、足場が必要になる工事を一度にまとめて行うことをお奨めします。

7. 屋根、外壁塗装を行う際には複数の業者から相見積もりをとることが重要

足場費用について実際に計算を行ってご説明しましたが、あくまで本記事の計算はモデルプランを用いた一例でしかありません。

実際には、地域性と業者による価格差の影響が最も大きく、例えば中間マージンをとるハウスメーカーだと同じ工事内容でも1.5倍~2倍程度かかる場合もあります。
また、知人・友人に頼む人の中には、詳しく聞くことができずに知らずに損をしてしまう人も少なくありません。

工事業者を焦って決めてしまう前に、複数の、できれば面識のない業者から相見積もりを取ることで、その地域での費用相場を正しく把握し、その上で信頼できる業者に工事を依頼することがきわめて重要です。

8. まとめ

足場代はできるだけ安いのに越したことはありませんが、作業がしにくくて品質の低下を招いたり、転落事故などが発生したりしたら全く意味がありません。悩む前に信頼できるプロに相談すると良いでしょう。

【30秒】外壁塗装の相場をシミュレートする → https://www.nuri-kae.jp/

外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください
TOPへカエル