足場料金の費用はいくら?見積もりで損しないコツとは?

【投稿日】

【更新日】


外壁塗装にとって「足場」は大切です。

「足場の料金って、いくらかかるの?」
「足場1㎡あたりの単価相場はいくら?」
「足場の費用は自分で計算できるの?」

これら疑問を解決するため「足場代の相場」を中心に、わかりやすく解説します。最後まで読めば、足場代の費用を安くできる方法も分かります。ぜひ、ご覧ください。

Point
  • 1㎡あたり単価700円~800円が足場代の相場。一軒家は15~20万円ほど。
  • 足場代=「足場面積(足場の外周の長さ×足場の高さ)×平米単価」にで求められる。
  • 足場代は安いから良い訳ではない。足場代無料は絶対にダメ。

  • 1. 足場代の相場はどれくらい?

    1.1. 足場代の相場

    一軒家の足場代

    一般的な一軒家の場合、足場代(養生費込み)の相場は次の通りです。

    足場代の費用相場

    •  25~30坪 >> 15~20万円
    •  30~35坪 >> 18~23万円
    •  35~40坪 >> 20~25万円

    もしご自宅の床面積が25~40坪なのに、足場代だけで40万円以上の見積もりを出された場合は注意してください。足場代は見積もり書の中でもごまかしやすい部分なので、本来よりも多く請求されることがあります。実際に、足場に関するご相談の中には「他で見積もりを出したら、足場代だけで50万円だった」といういき過ぎたケースも存在していたのです。

    足場代の単価

    足場代の単価は約700~800円/㎡です。

    また、足場代の他に粉塵の飛散を防止するネットの養生費用が200円/㎡かかります。これはどの外壁塗装工事においても必要になりますので、ご注意ください。

    ※足場の面積は「足場の外周の長さ × 足場の高さ」で求めることが出来ます。(詳しくは、 第2章.足場費用の計算方法をご覧ください。)

    一面のみ塗装の足場代

    一面のみの足場代は、約5~10万円です。
    (横幅:6m × 高さ:6mの場合)

    ただし・・・

    一面のみの足場架けはオススメしません。
    なぜなら一面のみの場合、足場を壁に強力に固定することが出来ず、安定感がなく大変危険だからです。また不安定なことから、塗装職人の仕上がりのクオリティが下がる可能性も考えられます。そのため、外壁一面のみの塗装であっても、安全のために少なくとも3面は足場を組むことが一般的です。

    1.2. 足場代の内訳

    足場代の内訳は、作業員の手間賃以外にも様々な費用が含まれています。

    詳しくは以下の通りです。

  • 作業員の手間賃
  • 足場材のメンテナンス費用
  • 足場材の運搬費
  • 足場材の保管代
  • 足場材の減価償却費
  • 足場材の諸管理費
  • 足場材の修繕費
  • など...

    このような内訳で、足場代が算出されます。

    1.3. 足場代の費用がばらつく理由

    足場代は様々な理由で費用がばらつきます。その理由は次の通りです。

    1. 立地条件のちがい

    立地条件により、通常よりも作業に手間が発生してしまうため、費用が割高になることがあります。割高になる事例には次のようなものがあります。

    • ● 敷地が狭い
    • ● 道路が狭い
    • ● 道路と敷地に高低差がある
    • ● 駐車スペースがない

    2. 足場の種類のちがい

    足場の種類によって費用が異なります。特に「枠組み足場」が最も高額です。

    • ● くさび式足場
    • ● 単管足場
    • ● 枠組み足場

    3. 業者のちがい

    足場の所有・組立など、業者によって事情が違うため、費用が変わります。割高になる事例には次のようなものがあります。

    • ● 自社で足場を所有している場合
    • ● 足場の組み立てを下請けが行う場合
    • ● 足場をリースする場合

    4. 建物の形状のちがい

    建物の面積は同じでも、形状によって費用が異なります。なぜなら足場の費用は、足場の面積で決まるからです。

    • ● 平屋
    • ● 二階建て
    • ● 三階建て

    2. 足場費用を計算で求める方法

    ここでは、足場費用を自分で算出したい方向けに、足場代の計算方法をご紹介します。

    2.1. 足場費用の計算式

    足場代の合計金額の求め方は、次の通りです。

    足場代の合計金額=足場費用養生費用
     :
    足場費用=足場面積(足場の外周の長さ×足場の高さ)×平米単価
    養生費用=足場面積×200円(養生費用の相場)

    ※養生とは:足場に養生シートを被せること。これは飛散防止シートとも呼ばれ、その名の通り、工事現場のごみやがれき、誇りの飛散を防止する役割をもつ。

    2.2. 実際の足場費用の計算例

    実際に、足場料金を計算してみましょう。
    今回は、「縦6m × 横8m × 高さ6m」の2階建てという設定で足場料金を算出しました。(ご自宅の大きさは、平面図・立面図で確認できます。)

    計算の流れは次の通りです。

    • STEP1:足場の外周の長さを求める
    •  ▼
    • STEP2:足場面積を求める
    •  ▼
    • STEP3:足場代の合計金額を求める

    STEP1:足場の外周の長さを求める

    注意点は、次の2つです。

    • ①足場は建物から、0.6m離して設置する ▶ +0.6m
    • ②足場は、建物の両端に0.6mずつ余るよう設置する ▶ ×2

    ※下記参照

    よって、足場の外周の求め方は、

    足場の外周

    =縦幅(6m+0.6m×2)×2面 + 横幅(8m+0.6m×2)×2面
    =14.4m(7.2m×2面) + 18.4m(9.2m×2面)
    32.8m

    STEP2:足場面積を求める

    注意点は、次の2つです。

    • ①足場面積の計算式は「足場の外周の長さ×足場の高さ」
    • ②足場は通常「家の高さ + 1m」の高さで設置する ▶ +1m

    よって、足場面積の求め方は、

    足場面積

    =足場の外周の長さ(32.8m) × 足場の高さ(6m+1m)
    229.6㎡

    STEP3:足場代の合計金額を求める

    前述の通り、足場代の合計金額は次のように求められます。

    足場代の合計=足場費用養生費用

    足場費用・養生費用それぞれの求め方は次の通りです。

    ~足場費用~

    注意点は、次の2つです。

    • ①足場費用の計算式は「足場面積×平米単価」
    • ②足場の平米単価は、700~800円(今回は800円と仮定)

    よって、足場費用の求め方は、

    足場費用

    =足場面積(229.6㎡) × 800円
    183,680円


    ~養生費用~

    注意点は、次の2つです。

    • ①養生費用の計算式は「足場面積×養生費用の相場」
    • ②養生費用の相場は、200円/㎡

    よって、養生費用の求め方は、

    養生費用

    =足場面積(229.6㎡) × 200円
    45,920円



     ▼ ▼ ▼
    ~足場代の合計金額~

    以上の計算結果より

    足場代の合計金額

    足場費用(183,680円) + 養生費用(45,920円)
    229,600円

    「縦6m × 横8m × 高さ7m」の2階建ての家の足場代合計金額は 「229,600円」という結果が得られました。

    この計算例を参考に、ご自宅の足場料金の計算を行ってみてください。

    3. 足場代を節約するには?

    足場代を節約するには、足場を組む回数を減らしましょう。

    なぜなら、足場を2回、3回と組むより、一度にまとめて設置した方が効率が良いからです。


    例えば、以下のような場合だと足場代が安くなります。

  • 屋根と外壁の塗装を同時に行う。
  • 外壁塗装と並行して、雨樋の交換やシーリングの打ち替えなど行う。
  • このように、別々の工事を一度にまとめてしまえば、足場代を節約できます。

    もし、外壁以外に塗装・補修の必要な場所があれば、一度にまとめて依頼して、足場代を節約しましょう。

    4. 足場代は安い方が良い?

    足場代は安い方が良い訳ではありません。

    なぜなら、足場の設置には法律により厳しい制限があるためです。

    例えば、足場の設置基準は「労働安全衛生法」によって定められ、組み立ては「足場の組み立て等作業主任者」という資格が必要になります。

    塗装業者を守るためにも、法律は足場の設置に対して、非常にシビアです。

    このような中、足場代を安く提供することは難しいでしょう。もし安く提供できるとしたら、その業者は法律を破っているかもしれません。

    4.1. 足場代無料ってホント?

    足場代は無料にできません。

    なぜなら、足場代は外壁塗装の20%を占める費用で、無料にすると塗装業者は赤字になるからです。

    また、足場代を無料に見せるため、ほかの費用に足場代を上乗せしている場合があります。

    そのため、足場代無料をPRするセールスは絶対に断りましょう。


    足場代無料を謳うセールスは、もしかすると悪徳業者かもしれません。悪徳業者について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

    4.2. どうして足場は必要?

    どうして足場は必要なのでしょうか?これは、以下の3つの理由が挙げられます。

    理由 概要
    安全確保 作業員が転落してしまう危険性を防ぐため。
    労働安全衛生法により、高さ2m以上の高所作業には足場設置が義務付けられている。
    品質確保 足元を確保して、塗りムラや塗り残しを防ぐ。
    近隣の配慮 塗料や水、粉塵、騒音などが近隣に広がらないように防ぐ。

    このように、足場は作業員の安全、外壁の品質、そして近隣の配慮にも欠かせません。そのため、足場代は必ず支払いましょう。

    5. 複数の業者から相見積もりを取ることが大事

    複数の業者から相見積もりを取りましょう。

    なぜなら、相見積もりを取ることで適切な相場を把握し、信頼できる業者に依頼できるからです。


    例えば、一社だけ見積もりを取ると他の業者と価格を比較できないため、地域の適切な相場を把握できません。

    また、信用できる業者として「ハウスメーカー」がありますが、彼らは下請けを利用するので中間マージンを取られます。そのため、通常より費用が1.5倍~2倍程度かかるため、割高です。


    このような事態にならないためにも、複数の業者から見積もりを貰い、比較検討して、もっとも信頼できる業者に依頼しましょう。

    6. まとめ

    ここまで、足場費用を中心に解説しました。

    まとめると、以下の通りです。

  • 足場代の相場は、平米単価700円~800円程度。
  • 25坪~30坪の家は15~20万円程度が足場代の相場になる。
  • 足場代は「(足場の外周の長さ×足場の高さ)×平米単価」で計算できる。
  • 足場代は安い方が良い訳ではなく、無料は絶対にダメ。
  • 複数の業者から相見積もりを取ることが大事。
  • 足場代は絶対に欠かすことができません。

    もし、適切な費用・相場を知りたいと感じたら、業者に相談してみてはいかがでしょうか?




    関連記事

    外壁塗装は「相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    ✓ 無料で複数業者から一括見積もり可能
    ✓ 中立の立場からスタッフがご相談対応
    ✓ 優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    外壁・屋根塗装 あなたのお家は一戸建てですか?
    外壁塗装
    相見積もり」が重要
    【ヌリカエの特徴】
    無料で複数業者から一括見積もり可能
    中立の立場からスタッフがご相談対応
    優良業者紹介・キャンセル代行も可能
    この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

    監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

    塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

    外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
    TOPへカエル