パーフェクトトップの費用対効果は?メリット・デメリットを徹底解剖!

【投稿日】

【更新日】

新しいジャンルの塗料として誕生した「ラジカル塗料」。そのラジカル塗料の代表的存在と言えば、日本ペイントの「パーフェクトトップ」です。

国内で初めて誕生したラジカル塗料として注目されている塗料で、今後ますます需要が高まっていくであろうと言われています。今回はそんな魅力あるパーフェクトトップの特徴について解説していきます。


↓↓塗料全般について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください↓↓



1. 大注目のラジカル塗料とは?ラジカル塗料の基本

ラジカル塗料には、ラジカルという物質が入っているわけではありません。ラジカル塗料とは、正確に言うと「ラジカル制御型塗料」と言います。またはハイブリット塗料・ハルスハイブリットとも呼ばれています。

1.1. ラジカルって何?

ラジカルとは、紫外線や気候の変化によって起きる塗料の劣化を引き起こすエネルギーのことです。ラジカルという劣化因子が生まれることで、塗料が剥がれたりチョークのように白い粉が付着するチョーキング現象が起こります。
このラジカルは、塗料に含まれる酸化チタンという顔料が原因です。この酸化チタンに、ラジカルを制御する力を加えたものがラジカル制御型塗料です。

1.2. ラジカル塗料の優れた耐久性とコストパフォーマンス

国内で多く使用されている塗料は主に5種類で、最も需要が高いのはシリコン塗料だと言われています。ラジカル塗料は新しいジャンルとして誕生してから、まだ間もない塗料です。
それぞれの耐用年数と価格相場について見てみましょう。

耐用年数

価格(㎡)

アクリル塗料

5~8年

1,000~1,500円

ウレタン塗料

8~10年

1,200~2,200円

シリコン塗料

10~15年

2,500~3,500円

ラジカル塗料

12~15年

2,500~3,500円

フッ素塗料

15~20年

3,500~4,500円

ラジカル塗料は、シリコン塗料以上、フッ素塗料未満という位置づけです。シリコン塗料よりも耐久性に優れていると言われていますが、価格帯はシリコン塗料と同等レベルを維持しています。そのため、シリコン塗料よりもコストパフォーマンスに優れているとして、大変注目されているジャンルです。

2. パーフェクトトップとは?

出典:日本ペイント

パーフェクトトップは初めて日本市場に誕生した、ラジカル塗料です。2012年に販売が開始されて以来、最も多く供給されているラジカル塗料です。

分類

1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料

メーカー

日本ペイント株式会社

適用外壁

モルタル、窯業系サイディング、コンクリート、ALC、鉄部、アルミ、FRP、亜鉛メッキ、木部、金属系サイディング

ツヤの状態

つや有り、5分艶、3分艶、つや消し

価格

15kg 15,000円

2.1. 日本ペイントが開発した初のラジカル塗料

日本ペイントは創業以来130年の歴史を誇る、塗料メーカーです。国内では唯一、塗装と表面処理を総合的に扱っており、幅広い技術力を持ちます。パーフェクトトップは、日本ペイントが扱う「パーフェクトシリーズ」という商品に含まれる塗料のひとつ。ラジカル制御技術で、シリコン塗料の耐久性を超える新しいジャンルの塗料を誕生させました。
パーフェクトトップ以外には、ローズの香りがするパーフェクトトップローズや最高級グレードのパーフェクトセラミックトップGなどがあります。

2.2. Wで劣化を防ぐラジカル制御技術

日本ペイントが開発したラジカル制御技術によって、ラジカルの発生を防ぎ高い耐候性を発揮します。その方法は、ラジカルの発生要因とされる酸化チタンに、ラジカルを封じ込める性質を持たせることで劣化を防ぎます。また、紫外線の刺激を軽減する光安定剤をプラスし、W効果で耐久性を高めています。

3. パーフェクトトップの特徴

パーフェクトトップには様々な特徴があります。

・はっきりと美しい艶ができる
・耐久性が高い
・塗りやすい
・安全性が高い

それではそれぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

3.1. 艶が美しい

パーフェクトトップの艶の輝きは、他の塗料に比べてハッキリとした光沢が特徴です。仕上がった外壁表面を50倍の顕微鏡で確認すると、一般の水性塗料ではぼんやりしているのに対し、パーフェクトトップ(つや有り)の場合は、表面のツヤがはっきりしているのが分かります。
塗料に含まれるポリマーが塗膜の小さな隙間までキレイに埋めてくれるため、ち密な塗膜を形成してくれます。

3.2. 耐候性に優れている

パーフェクトトップの主成分はアクリル樹脂ですが、シリコン塗料以上の高い耐久性を持っています。耐候性を調査する試験では、2000時間のストレスにも耐え光沢を保持し、その後2500時間経過すると、シリコン塗料との差は明らかになりました。

3.3. 手間がなく塗りやすい

パーフェクトトップは水性1液型なので、手間がなく塗りやすいといった特徴があります。水性1液型の塗料は、シンナーや硬化剤などを混ぜ合わせる手間がありません。また、塗膜を平らにならしやすく、刷毛跡が残りにくいため塗りやすい傾向があります。

3.4. においが少なく安全性が高い

パーフェクトトップは、シンナーの鼻をつくようなニオイが少ない塗料です。また、ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆なので、安全性が高いことがポイントです。

4. パーフェクトトップのメリット・デメリット

パーフェクトトップには魅力的な特徴ばかりではなく、一方でデメリットもあります。比較して見てみましょう。

メリット

デメリット

・コストパフォーマンスが良い

・水性で扱いやすく塗りやすい

・仕上がりの光沢感が美しい

・事例や実績が少ない

・専用の下塗り用塗料を使う必要がある

4.1. パーフェクトトップのメリット

パーフェクトトップは機能性だけでなく見た目の美しさや扱いやすさもあり、業者にとってもメリットが多い塗料です。

シリコン塗料よりもコストパフォーマンスが良い

パーフェクトトップは、シリコン塗料よりもやや耐用年数が長いと言われていて、耐久性に優れている塗料です。しかしながら、価格帯はシリコン塗料とほぼ変わりません。同等の価格であれば、パーフェクトトップのほうがお得感があります。

水性1液型で扱いやすく、伸びが良いので塗りやすい

パーフェクトトップは塗装業者の評価も高い塗料です。水性1液型なので、他の液と混ぜる手間もなく、水性で安全性が高いため扱いやすいことが魅力です。また、塗料の伸びが良く塗りやすいという意見も多くあります。「作業効率が良い」「綺麗に塗れる」と専門業者にも人気がある塗料です。
外壁の美しさは施工する職人さんの腕によっても変わります。そのため、パーフェクトトップは、なるべく施工会社の技術力に左右されないよう、塗料の伸びや軽さを高めています。

ツヤが滑らかで仕上がりが美しい

パーフェクトトップは、仕上がりが美しくツヤが滑らかと評価されている塗料です。パーフェクトトップの塗膜表面は凹凸が少なく滑らかに仕上がります。均一に光沢ができるため、その仕上がりは滑らかで上品な輝きがあります。

4.2. パーフェクトトップのデメリット

パーフェクトトップにはデメリットもあります。

販売開始されてから間もないため実績が少ない

パーフェクトトップが販売されたのは2012年であるため、まだまだ実績が多くありません。パーフェクトトップで塗装された住宅が耐用年数を超えた例はなく、実際にどのような経過を辿るのかがわからないのです。
もちろん、日本ペイントでは劣化状況の試験は何度も繰り返し行われていますが、実際に年数が経った外壁の情報や口コミが少ないことも事実です。

鉄部や木部などには同シリーズの下塗り専用塗料が必要である

水性タイプのパーフェクトトップは、下塗りの塗料の性質や建材の種類によっては対応できないことがあります。パーフェクトトップ自体は上塗り用の塗料であるため、建材に合わせた下塗り用の塗料を用意する必要があります。
例えば、モルタルやコンクリートの外壁にはパーフェクトフィラー、金属系サイディングやアルミ・鉄部にはパーフェクトプライマーを使います。建材によって下塗り用塗料を変更しなければならない手間はありますが、裏を返せば「どんな建材にも対応できる」というメリットもあります。

5. 結局、パーフェクトトップってどうなの?

・シリコン塗料に代わって主流の外壁塗料になる可能性大
・コストパフォーマンスに優れた人気上昇中の塗料

シリコン塗料よりもコストパフォーマンスが良いとされるラジカル塗料。そのフラッグシップとなった「パーフェクトトップ」。名の通り、パーフェクトな性質を持ち、ラジカル塗料の中でもトップクラスの実力があると言えるでしょう。
現在、最も需要がある塗料はシリコン塗料ですが、そのシリコン塗料よりもコストパフォーマンスが良いとあれば、今後は確実に需要が伸びてくると期待されています。また、パーフェクトシリーズは種類が豊富であるため、様々な建材にも対応できることが魅力です。

5.1. パーフェクトトップはこんな人におすすめ!

・初期コストもランニングコストもできるだけ費用を抑えたい人
・ツヤが美しく仕上がりが良い塗料を探している人
・新しい物、期待されている物を先取りするのが好きな人

パーフェクトトップは耐用年数が長く、手の出しやすい価格で提供されています。初期費用はさることながら、メンテナンス費用も削減できる可能性が高いでしょう。できるだけコストを抑えたい人にはおすすめの塗料です。
また、塗りやすくツヤも滑らかなので、職人さんの腕に左右されない美しい仕上がりを期待したい人にもおすすめします。

6. まとめ

パーフェクトトップをはじめとする、日本ペイントのパーフェクトシリーズは、外壁用塗料だけでなく、屋根・ベランダ・内壁にも対応できる専用塗料もあります。特に屋根やベランダに使用する塗料には、ラジカル制御技術の他、遮熱効果や防水効果も高めました。全体的な住宅リフォームをお考えであれば、併せて検討してみるのもいいでしょう。
住宅の塗り替えを検討する時には、まず「どんな塗料を使うべきか」と考えてみてください。色や仕上がりイメージだけでなく、家を守れる”強さ”も大切。迷ってしまうことがあれば、まずは専門業者に無料で相談・見積もり依頼をしてみるのもおすすめです。

お見積もりはこちら

建物種別 必須
希望工事箇所 必須
携帯電話番号 必須

ショートメッセージサービス(SMS)にて見積りと相場情報をお送りしております。SMSを受信できる携帯電話番号にてご登録いただくことをお勧めいたします。

電話番号を正しく入力してください