ヌリカエ屋根修理のプロを見分ける5つの鍵!悪質業者の手口も紹介

屋根修理のプロを見分ける5つの鍵!悪質業者の手口も紹介

【投稿日】

【更新日】


屋根修理が必要になったとき、たくさんある業者から信頼できる腕のいいプロを選ぶのは大変ですよね。残念ながら、住人自身の目から見えにくい屋根修理を扱う業者の中には、悪質な業者が少なくないのも事実です。

そこでこの記事では、

 ・優良な屋根修理のプロを見分けるためのポイント
 ・悪質業者の手口の具体例

をご紹介します。ぜひ、業者選びの参考にしてください。


▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

1. 屋根修理のプロを見分ける5つの鍵とは?

まずは、優良な業者を見分けるポイントをご紹介します。
ポイントは以下の5つです。

1.1. 屋根修理のプロは、調査が終わるまで費用の話をしない

屋根修理を依頼した場合、一般的には以下のステップで修理が行われます。
反対に、この流れ通りに修理を進めず、調査の前から金額や割引について言い出す業者は、悪徳業者の可能性も出てくるでしょう。

優良業者の仕事の進め方
  1. 診断・調査
  2. 見積もりの提示(お金の話はここで初めて!)
  3. 契約
  4. 修理
  5. 支払い

重要なのは、契約までの間に「事前調査」と「見積もりの提示」という2つのステップ踏んでいることです。
この事前調査の際、優良なプロの業者であればしっかりと屋根に上がって損壊の現状を確認します。

これがもし、聞き込みのみで調査を済ませてしまうような業者は、お世辞にも優良とは言い難いでしょう。
なぜなら、屋根の損壊の実情は、場合によって様々であり、素人の話を聞いただけではどのような修理が必要になるかを判断することはできないからです。

また、支払いのタイミングについても、工事の前に全額先払いを強く要求してくる業者は、資金繰りが怪しい可能性があるので、避けたほうが無難でしょう。

1.2. 屋根修理のプロは屋根裏のチェックもする

屋根は一枚の板でできているものではなく、複雑な構造を持っています。
そのため屋根の表面をチェックしただけで屋根裏の損壊の気づくことができない場合があるのです。

例えば、雨漏りで悩んでいる住宅のケースで、屋根の表面部分だけを調査し、屋根の表面である瓦や漆喰を新しくしたとします。
しかし、実際は屋根下の木材が雨漏りのせいで腐ってしまっていた。知らずに放置しておくともっと大きな被害になってしまいます。

これは、屋根調査の際に屋根裏まで調査しなかったことが原因です。
優良な業者であれば、屋根の表面のみならず、屋根裏までチェックして見積もりを提示してくれるはずです。

1.3. 屋根修理のプロは、損壊部分の説明に写真や動画を見せる

一般の人が、屋根の上に登って現状を確認するのは、難しいですよね。
かと言って、屋根の損壊がどのような状況か、業者がチェックしてくれても、口頭で説明されただけでは納得しづらいですよね。

実際、「近所の屋根を修理していたら、お宅の家の屋根にも修理が必要な個所を見つけました」というような営業トークで、工事を提案してくる業者もあります。
実際にはそのような個所は無いのに、信用して無駄な工事費用を払うのは避けたいですよね。

そのためにも、調査をして費用の説明をする際に、動画や写真など映像を使って現状を伝えてくれる、信頼できる業者に修理を依頼するようにしましょう。

1.4. 屋根修理のプロの説明は、素人にもわかりやすい

素人である顧客にとっては、専門用語を使った説明を聞いても実際にどのような修理が行われるのか理解できないことがほとんどです。
しかし、知識と経験が豊富な優良業者は、修理方法を分かりやすく説明してくれます。

また、説明したうえで修理の工程を書面にも残してくれる業者は、とても信頼できるプロの屋根修理業者と言えるでしょう。
顧客から疑問が出た場合も、丁寧に答えてくれるはずです。

こういった業者としては手間のかかる作業であっても優良なプロはおろそかにしません。
それは、優秀な業者ほど、工事内容と費用を事前にしっかりイメージしてもらうことを重要であると理解しているためです。

一方で悪徳業者は説明を疎かにすることが多いです。
それは説明しないことで顧客から疑問が出ることを阻止し、何よりも契約を結んで早く工事にとりかかればいいという思考なのです。

1.5. 屋根修理のプロの出す見積りは、内訳が細かい

事前の調査が終わったら、必要な修理に基づいて見積りが作成されます。
この見積り書についても、優良な業者を見分けるポイントがあります。

それは、「詳細な内訳が記載されている」かどうかです。
屋根修理には、足場代、修理物品原価、交通費、人件費・・・など、複数の項目が費用としてかかります。
これらが、計測した屋根の「面積」や、修理に必要な「資材の種類・量」など、それぞれの内容と金額について明記されている見積書は、信頼できる業者のものと考えてよいでしょう。

これに対して、悪徳業者は見積もりを「修理代金一式」のように曖昧な一つの文言のみで提示します。
これは、項目ごとの費用をわかりにくくして、全体として法外な値段の契約を取り付けるための手口です。
見積もりの内訳が詳細に分けられていない業者には注意が必要でしょう。


▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/

2. 悪徳業者による屋根修理トラブルの例

同時に悪質な業者とはどのような手口を使うのかもを知っておくことで、悪徳業者を避けることにもつながります。

ここからは、悪徳業者による屋根修理トラブルをいくつかご紹介します!

2.1. 悪徳業者は、突然訪問してきて住人の不安を煽る

訪問販売は悪徳業者の代表的な手口です。
悪徳業者は具体的に以下のような言葉を使って、あなたに屋根修理の契約をさせようとします。

悪徳業者による訪問トークの例

 ・「近くの屋根を修理していたら、お宅の屋根が壊れているのを見つけました」
 ・「早く修理しないと大変なことになります」
 ・「今日契約すればお安くします」
 ・「無料で調査いたします」

かなり悪質なケースだと、無料調査と言って屋根に上った際に、わざと屋根を破壊し、それを修理するための料金を取ろうとする事例もあります。
屋根修理業者を名乗る人物が突然訪問でやってきた場合、うかつに屋根に上がられないように注意しましょう。

また、訪問販売ではその日のうちに契約を取ろうと、値引きなどの甘い話をされるケースもあります。
いくら安くなると言われても、相場価格を調べずに修理の契約を結ぶと、後になって相場の数倍の値段であったと判明することもあります。

訪問販売の業者はハッキリと「結構です」と断って構いません。
実際に屋根に損傷があったとしても、あなた自ら優良業者を探せば良いだけであり、訪問販売に飛びつく必要はないのです。

2.2. 悪徳業者は、「火災保険で無料で直せる・安く直せる」とアピールする

「火災保険を使えば無料で屋根修理が出来ます」という謳い文句で修理を提案する業者もあります。

確かに、加入している火災保険によっては、台風などの自然災害の被害などに保険金が下りるケースもあります。

前項の訪問販売を断ったほうがいい理由と同様に、そのような心当たりがあり、屋根修理が必要になった場合は、火災保険に詳しい屋根修理業者に、自分から火災保険を使った修理を相談するのがよいでしょう。

「屋根修理で火災保険が使える場合」について知りたい方はコチラ
火災保険のトラブルで屋根修理に失敗しない方法  

しかし、そのような被害に遭った覚えはないのに、保険を使った修理を持ち掛けられた場合は要注意です。

悪徳な業者は以下のような手順で詐欺を働く可能性があります。

悪徳業者による保険金持ち逃げのパターン
     
  1. 業者から「台風で壊れた屋根を無料で修理しませんか?」と電話がある
  2.  
  3. 勧誘に乗ると、調査員が来て屋根の状態をチェックする
  4.  
  5. 調査員から渡された見積もりと損壊写真を保険会社に送る
  6.  
  7. 保険金が支払われ、それを業者の口座に振り込む
  8.  
  9. 業者と音信不通になり、屋根の修理は行われない

「保険を使って」「無料で修理」といった甘い言葉に騙されないようにしましょう。

2.3. 悪徳業者には工事保証制度がない

悪徳業者の中は、少しでも自社の利益を増やそうと、手抜き工事を行います。
手抜き工事のせいでまた修理をやり直したら、余計にお金がかかって損をしてしまいますよね。

こういった業者は、工事の内容に責任を持てない自覚があるため、「工事保証」もしっかりと行っていない可能性があります。

依頼する業者がしっかりと工事をやってくれるかどうか確かめるためにも、「保証」についてを事前に業者に確認しておくことは大切です。
しっかりと工事の内容を保証してくれる業者であれば、万が一工事に不備があったとしても、それを認めて無料で工事をやり直すはずです。

2.4. 悪徳業者は、前払いを強く要求してくる

総工費にもよりますが、工事をする前に全額前払いを要求してくる場合は注意したほうが良いでしょう。
支払ってしまってから連絡が取れなくなって、泣き寝入りすることになってしまうかもしれません。

屋根修理は工事が終わってから支払いをするのが一般的だということを頭に入れておきましょう。

3. 優良な業者を選ぶには?

さて、ここまで優良な業者と、悪徳業者の特徴についてお話しましたが、優良な業者を選ぶためにはまず「優良な業者に出会う」必要がありますよね。

自分だけで優良な業者を見つけ出すのが難しい、と感じる方には、一括見積りサイトを使うことをお勧めします。

3.1. 一括見積りサイトで相談することのメリット

①多くの業者に依頼することで、相場がわかる

一括見積りサイトで、どのような業者がいいのか等の希望を伝えると、リクエストに沿った優良な業者を複数社紹介してもらうことができます。
複数の会社に依頼することで、自分が今からやろうとしている工事の価格が、どれくらいなのか、相場がわかるようになります。
すると、その相場よりあまりにかけ離れた業者などは優良業者ではないのでは、と見抜けるようになりますよね!

②業者間のサービスを比較できる

業者によって、価格や工事保証の期間も様々です。複数の業者を紹介してもらうことで、業者間のサービスを比較することができます。
その結果、より安く工事ができたり、より信頼できる業者に依頼ができるというメリットがあります。


もし特定の業者と付き合いがなかったり、今やりとりをしている業者とは別の業者から見積もりを取り寄せたい場合は、当サイト「ヌリカエ」でも一括見積りサービスを提供していますので、ご活用いただけると大変うれしく思います。


▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する ▶ https://www.nuri-kae.jp/

▼チャットで近くの優良業者を確認する

【30秒】無料で診断する https://www.nuri-kae.jp/


関連記事



外壁塗装
相見積もり」が重要
【ヌリカエの特徴】
無料で複数業者から一括見積もり可能
中立の立場からスタッフがご相談対応
優良業者紹介・キャンセル代行も可能
この記事の監修者:株式会社POD 代表取締役  長谷川佳広

監修者:株式会社POD 代表 長谷川佳広

塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。

外壁・屋根塗装あなたの地域の相場は?
TOPへカエル